ガストン 声優。 美女と野獣の声優 ベル、野獣、ガストンの声はだれ?ほかは何の声優?

映画【美女と野獣】キャスト(声優)とあらすじ、見どころ紹介!アニメも実写もどちらも大満足のディズニー傑作!

ガストン 声優

あらすじ【アニメ版・美女と野獣】 森の奥にある城に、若く美しいがとても我儘で傲慢な王子が住んでいた。 ある夜、醜い老女が城を訪ね、一輪のバラをあげるかわりに城に一晩泊めてほしいと頼む。 しかし王子は老女の醜さを理由にそれを断る。 老女は「見かけで人を判断すると、心の奥底の真実が見えなくなってしまう」と忠告するが、王子は聞く耳を持たず再び追い返そうとした。 するとその瞬間に老女は美しい魔女に変わり、優しい心を持たず人を見た目で判断する王子と、王子をそのように育てた召使いたち、さらにその城全体に魔法をかけてしまう。 そして王子は恐ろしい野獣の姿に、召使いたちは家財道具の姿になってしまった。 自らの醜い姿を恥じて城に閉じこもった王子に対し、魔女はどんな物をも映し出す魔法の鏡と初めに見せた一輪のバラの花を置き消えていった。 そのバラの花びらが全部散るまでに、王子が人を愛し人に愛されるという「真実の愛」を見つけなければ、王子たちにかけられた魔法が解けることはない。 王子は絶望し、失意の内に十年の歳月が流れた。 とある街に住む発明家モーリスの娘・ベルは街一番の美貌の持ち主で、読書と空想が大好きな父親想いの娘だった。 ベルはそんな自分の夢見がちな性分を風変わりと捉える街の人々に馴染めず、街一番のハンサムで人気者だが乱暴で下品なうぬぼれ屋である狩人・ガストンの執拗な求婚に辟易していた。 モーリスが発明大会に出かけた日、愛馬フィリップが父を乗せぬまま戻ってきたのを見たベルは父に何かあったに違いないと考え、フィリップと共にモーリスとはぐれた森の奥地の城へとやってくる。 モーリスは森で道に迷った上に狼達に襲われてフィリップとはぐれ、たどり着いた城で一夜の宿を頼んだ。 それを見かねた蝋燭のルミエールとティーポットのポット夫人はモーリスをもてなそうとしたのだが、怒った城の主である野獣に不法侵入者として牢に捕らえられていたのだ。 解放を願うベルは父と引き換えに自分が城に留まることを申し出る。 野獣はその条件を受け入れ、反対するモーリスを強制的に魔法の馬車に乗せ街へと追い返してしまった。 こうして城に残ることになった失意のベルを、ポット夫人やルミエール、置き時計のコグスワースなど家財道具に変えられた城の召使たちは快く受け入れもてなしてくれた。 ベルも次第に気を取り直し城の生活になじもうと努力するが、礼儀知らずで我がままな野獣の凶暴な振る舞いに耐えかねて城を飛び出してしまう。 そして吹雪の中で野生の狼に襲われるが、すんでの所で駆けつけてきた野獣に救われる。 その事件をきっかけにベルは醜く横暴な野獣の心の中に残る優しさに気づき、野獣も彼女の優しさに触れお互いに心を通わせるようになる。 日々をともに過ごしていく中で、野獣は徐々に人間らしい心を取り戻してベルに想いを寄せるようになり、ベルもまた、野獣に惹かれていくのだった。 2人だけの舞踏会を開いた日の夜のこと、楽しさの中にも父のことを想い沈んだ表情を隠せないベルのために、野獣は魔法の鏡を与えてモーリスの姿を映し出させる。 そこに映し出されたのは、病身のままベルを探し求めて森をさまよった末に行き倒れたモーリスの姿だった。 彼は酒場で騒ぐガストンたちに野獣の存在を知らせ助けを求めたものの相手にされず、1人でベルを助けに行ったのである。 狼狽するベルの姿を見た野獣は、自分の中のベルへの愛情を自覚しつつ、愛するベルの気持ちを思いやり、ベルに魔法の鏡を与えた上で解放する。 自分に対するベルの愛情を確かめられぬまま彼女を手放してしまえば、2度と魔法が解けないことを知りながら。 父を助け街に戻ってきたベルは、ガストンが自分の結婚を承諾させるために「城に野獣がいる」と主張するモーリスを狂人として精神病院に入れようと企んでいることを知り、激しく彼を拒絶。 モーリスの言うことが事実であることを証明するために魔法の鏡で野獣の姿を見せるが、その際のベルの様子から彼女と野獣の関係を察したガストンは嫉妬に駆られ、野獣が恐ろしい存在であると街の人々に嘘をつき。 そして野獣を殺すべく人々を炊き付けて扇動し城へ夜襲をかけに向かってしまう。 自宅の地下貯蔵庫に幽閉された二人は途方に暮れるが、ベルの鞄にこっそり隠れてやってきたポット婦人の息子・ティーカップのチップの妙案により脱出。 野獣に襲撃を知らせるために大急ぎで城へと引き返す。 一方、野獣はベルを失った絶望に塞ぎ込んで自暴自棄に落ち込み、侵入者の報告を受けても何ら手を打とうとしない。 主人と城を守るべく、召使い達はルミエールの一計で本物の家財道具になりすまし、侵入者たちの不意を突いてから一斉に反撃を開始、撃退することに成功する。 騒ぎの中一人野獣の居場所を突き止めたガストンは、背後から矢を放って奇襲し野獣をバルコニーに追い詰める。 それでもなお野獣は力なく倒れたまま動こうとせず、徹底的に痛めつけられてしまう。 だがガストンが止めを刺そうとした刹那、駆けつけたベルの叫び声を耳にして生気を取り戻した野獣は反撃を開始する。 ついにガストンを追い詰め、怒りと共にバルコニーから落とそうとした野獣だが、命乞いをする彼の姿を見て命を奪うことは思いとどまり、出て行けと言い放つ。 だがその温情が仇となり、屋根を伝ってバルコニーに上りベルと念願の再会を果たした直後、背後からガストンに脇腹めがけて短剣を突き立てられてしまう。 その拍子に2人は共にバランスを崩し、ガストンは谷底へ落下して消滅。 野獣はベルに掴まれかろうじて救われるものの瀕死の重傷を負い、もはや虫の息に陥ってしまう。 途切れ途切れに愛と別れの言葉を口にし事切れた野獣の亡骸にすがり、ベルは涙を流しながら愛を告白する。 皆が悲しみにくれる中、突然空から流星が振りそそぎ、野獣の身体が光に包まれたかと思うと、そこには美しい立派な若者が立っていた。 瞳の色で彼が野獣だと分かったベルは嬉しそうに駆け寄り、二人がを交わすとと共に城は元の輝く姿に、召使い達は元の人間の姿に戻った。 ベルの愛の告白により、ついに野獣は愛し愛されることを学ぶ試練を乗り越え、自身と城にかけられた呪いから解き放たれたのだ。 wikipedia.

次の

【美女と野獣】吹き替え(日本語)声優キャストは?実写映画なのに注目か?

ガストン 声優

ベル — エマ・ワトソン/昆夏美(こんなつみ) 本作のヒロインで、ディズニーには珍しい一般庶民出身の女性。 美人な容姿にポジティブな心の持ち主で、父親の身代わりとして野獣の城で人質となり、一緒に暮らし始めるも、恐れることなく野獣に向かい合っていく勇敢なキャラクターだ。 そんなベル役を演じるのは、ご存知ハリー・ポッターのハーマイオニー・グレンジャー役で有名になったイギリス人女優のエマ・ワトソン。 本作では美しい歌声とダンスも披露している。 一方の日本語吹き替え版には日本のミュージカル女優昆夏美が登場。 そのせいか声優デビューとなる本作ではいきなり主役に大抜擢されている。 野獣 — ダン・スティーヴンス/山崎育三郎(やまざきいくさぶろう) もとは美男子だったにも関わらず、魔女に呪いをかけられて醜い姿になってしまったのがこの野獣。 傲慢で、冷たく、人と接するのが苦手で、ベルに対してもどう接していいか分からず、乱暴な態度を取るキャラクター。 しかしながらベルの優しさに触れることで少しずつ人間らしさを取り戻していく。 そんな野獣を演じるのはイケメンイギリス人俳優のダン・スティーヴンス。 世界的にはほぼ無名に等しいものの、その甘いマスクから、今後女性ファンを中心に人気に火かつくこと間違いなし。 一方の日本語吹き替え版にはミュージカル俳優の山崎育三郎が出演。 舞台やドラマを中心に活躍する俳優で、歌手もこなすマルチタレント。 元モーニング娘の安倍なつみの夫としても知られている。 映画出演は、「夏休みのような1ヵ月」のみで声優もこれが初挑戦。 ガストン — ルーク・エヴァンズ/吉原光夫(よしはら みつお) 本作の悪役にして、ベルに恋心を抱く、野蛮な男といえばガストン。 英雄気取りで威張っていて、町の女性たちからは人気があるだけにベルも自分のものにできると信じている自惚れ屋。 劇中には何かとベルの邪魔をしてくるやっかいなキャラクターだ。 そんなガストンを演じるのはイギリス人俳優のルーク・エヴァンズ。 「タイタンの戦い」、「インモータルズ -神々の戦い」、「ホビット」などに出演したことで知られる長身のイケメン俳優で、ディズニー映画に出演するのはこれが初。 一方の日本語吹き替え版は舞台俳優の吉原光夫。 劇団四季の舞台「美女と野獣」でもガストン役を演じてるだけあって、セリフもストーリーも歌もお手のもの。 外見もワイルドで、ガストン役にはぴったりだ。 ポット夫人 — エマ・トンプソン/岩崎宏美(いわさきひろみ) 野獣の城に住むポットの姿のメイドといえばポット夫人。 呪いでポットの姿にされているものの、本来の姿はぽっちゃりした老女。 性格は温厚で、料理が上手なのが特徴で、他の使用人たちの間ではボス的存在。 そんなポット夫人を演じるのは、イギリスのベテラン女優エマ・トンプソン。 「ハワーズ・エンド」でアカデミー主演女優賞を受賞した実力派で、「ハリー・ポッター」シリーズのシビル・トレローニー役でも有名。 最近では、ディズニー製作の「ウォルト・ディズニーの約束」にも出演している。 一方の日本語吹き替え版は歌手の岩崎宏美が抜擢されている。 長年歌手として活動している傍ら、ミュージカルやテレビドラマやミュージカルでは演技も経験。 歌手としてのキャリアも申し分ないためか、今回ついに本作でディズニー映画の声優として大抜擢された。 モーリス — ケヴィン・クライン/村井國夫(むらいくにお) ベルの父親で、発明家の老人といえばモーリス。 あまり使えなさそうな奇抜なものを発明することから村人たちからは奇異な目で見られる存在で、ベルが村で浮いてしまうのも彼の存在あってのこと。 しかしベルからは尊敬されており、唯一の家族であることから絆は深い。 ひょんなことから野獣の城に迷い込んでしまったばかりに牢屋に入れられてするなど、なにかと不運なキャラクターでもある。 そんなモーリスを演じるのはアメリカ人俳優のケヴィン・クライン。 「ワンダとダイヤと優しい奴ら」でアカデミー助演男優賞を受賞した文句なしの演技派俳優にも関わらず、最近では出演作に恵まれず、メインストリームからは遠ざかっているので、この作品で復活するかどうかに注目。 一方の日本語吹き替え版は、舞台、テレビドラマ、バラエティなどで長年活動している大ベテラン俳優の村井國夫。 声優としても洋画の吹き替えを数多くこなした経験を持ち、ハリソン・フォードの声を担当することが多い。 ル・フウ — ジョシュ・ギャッド/藤井隆(ふじいたかし) ガストンの手下で、いつもガストンに間取り付いて行動する小太りの男といえばル・フウ。 身体は小さいが、ずる賢く、強い者に付いて世渡りをしていく、ごますりキャラだ。 そんなガストンを演じるのは、アメリカ人俳優のジョシュ・ギャッド。 コメディー役をやることが多く、外見までもル・フウにぴったり。 「アナと雪の女王」でオラフの声を担当したことで知られ、声優としてはアドリブでレコーディングをすることを得意としている。 一方の日本語吹き替え版は、お笑い芸人の藤井隆が起用されている。 テレビやラジオ番組のパーソナリティーとして活躍しているのに対して、実はミュージカルの舞台も数多く踏んでいるマルチなタレント。 声優としてもポケモンやクレヨンしんちゃんなどに出演したこともあり、ディズニー映画でのパフォーマンスに注目したい。 コグスワース- イアン・マッケラン/小倉久寛(おぐら ひさひろ) 本作の癒し系キャラで、野獣の城に住む可愛いらしい時計といえばコグスワース。 野獣の執事で、性格は至って生真面目。 なにかと時計の針を回す癖があり、感情的な一面も持つ。 ちなみにポット夫人とはパートナー的な関係。 そんなコグスワースを演じるのは、イギリスのベテラン俳優イアン・マッケラン。 「X-メン」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに出演したことで有名で、70歳を超えてもなお多くの映画作品に出演するなど、精力的に活動を続けている。 一方の日本語吹き替え版には俳優の小倉久寛が担当。 ドラマ、映画、バラエティ、舞台、ナレーションなど活動が多肢に渡るベテラン俳優で、声も顔も一度見聞きした忘れられないインパクトを持つ。 チップ — ネーサン・マック/池田優斗(いけだゆうと) こちらもかなりの癒し系で、ポット夫人の子供チップ。 呪いでティーカップの姿にされており、ベルにすぐに懐くほど甘えん坊なキャラクター。 ティーカップのふちが欠けているのが特徴。 そんなチップを演じるのはイギリス人俳優のネーサン・マック。 俳優としての経歴は英ドラマ「Babylon」に出演したのみで、ほぼ無名。 そんな新人がディズニー映画の大作で脇役を勝ち取っている。 一方の日本語吹き替え版には今子役で大活躍中の俳優、池田優斗。 テレビドラマ、映画、声優、ミュージカルとなんでもこなすスーパー子役で、ポスト福くんの呼び声も。 「リトルプリンス 星の王子さまと私では主人公の少年を演じるなど、声優としてのキャリアもスタートさせている末恐ろしい存在だ。 ルミエール — ユアン・マクレガー/成河(そんは) 野獣の城で給仕係として働く蝋燭といえばルミエール。 もてなし上手で、ダンスと歌が大好きなキャラクター。 マイペースで、ルールに縛られない性格なため、生真面目なコグスワースとはしばしば衝突する。 慌てると蝋燭がドロドロになるのが特徴。 そんなルミエールを演じるのはイギリスが世界に誇る国際俳優ユアン・マクレガー。 「トレイン・スポッティング」で主演を演じて一躍有名になり、その後英米の作品に出演し続けている人気俳優で、スターウォーズシリーズで、若き日のオビワン・ケノービーを演じたことでも有名。 一方の日本語吹き替え版には俳優の成河が出演。 長年劇団で活躍し、その後多くのテレビドラマにも出演。 映画では「脳内ポイズンベリー」の越智役で知られている。 マダム・ド・ガルドローブ- オードラ・マクドナルド/濱田めぐみ(はまだめぐみ) 呪いでタンスの姿に変えられたオペラ歌手といえばマダム・ド・ガルドローブ。 ベルを励ます役回りで、その名前には「口の大きな女支配人」という意味がある。 そんなマダム・ド・ガルドローブを演じるのは、アメリカ人歌手&女優のオードラ・マクドナルド。 女優としては主にブロードウェイで活動してきており、トニー賞を複数回受賞するなどの実力者だ。 一方の日本語吹き替え版には同じくミュージカル女優の濱田めぐみが起用されている。 プリュメット — ググ・バサ=ロー/島田歌穂(しまだ かほ) 魔法によって毛ばたきの姿になった野獣の城に住むメイドといえばプリュメット。 外見も声もキュートなキャラクターで、ルミエールの恋人役でもある。 そんなプリュメットを演じるのは、アフリカ系イギリス人女優のググ・バサ=ロー。 英ドラマ「ドクター・フー」に出演したことがきっかけで有名になり、その後テレビドラマや映画に継続して出演している。 最近ではウィル・スミス主演の「コンカッション」にも参加した。 一方の日本語吹き替え版は女優や歌手として活躍するベテランタレントの島田歌穂。 歌手としては紅白にも二度出場。 女優としては「シンデレラ」や「レ・ミゼラブル」などの舞台に立っている。 >> 関連記事 >> >> >> >> >> >> >> >>.

次の

実写版「美女と野獣」吹き替え声優キャスト一覧

ガストン 声優

STORY 魔女の呪いによって 野獣の姿に変えられてしまった 美しい王子。 だが野獣の姿になった彼を愛するものなどいるはずがなく、独り心を閉ざし本当の自分を見失っていく。 そんな絶望な日々に光を与えたのは、心に孤独を抱えながらも、自分の輝きを信じて生きる 、聡明で美しい女性、 ベル。 このふたりの出会いがお互いの 運命を次第 に変えていく。 ベル役:エマ・ワトソン ヒロインでありヒーローのような主人公ベル。 村では美しいのに変わり者と言われていて、彼女はいつも本を片手にすごしています。 幼い頃に母を無くし父親とふたり暮らしで、とても心が強く心優しい女性です。 大切の父親の身代わりとなり、野獣の城で一緒に暮らし始めますが、彼女は勇敢に野獣に立ち向かっていきます。 ベル役を演じているのはエマ・ワトソン。 『ハリー・ポッター』のハーマイオニー・グレンジャー役を演じていたことは有名ですよね。 ベルを演じる姿は素敵な女性に成長したなあと惚れ惚れしてみてしまいした。 エマ・ワトソン自身も読書が大好きだそうで、 ぴったりの配役ですね! 『美女と野獣」打破、美しい歌声とダンスも披露しています。 実はエマ・ワトソン、『ラ・ラ・ランド」の出演オファーを受けていたそう。 『美女と野獣』の撮影時期が重なってしまったので辞退をしたそうなんです。 野獣役:ダン・スティーブンス もとは イケメンの王子様だったのですが、魔女に呪いをかけられて 醜い野獣になったしましました。 なぜそうなってしまったのかを考えると、 そのシーンだけでも十分に教訓がありますね。 野獣になってしまったことで、さらに心がすさみ、傲慢になり、人と接することができず、乱暴な態度を取ってしまうのです。 そんな 野獣の心をベルが溶かして癒していくのです。 野獣はベルの優しさに触れることで少しずつ、人間らしい優しさを取り戻すのです。 この野獣を演じるのはイギリス人のイケメン俳優のダン・スティーヴンスです。 今後の活躍が楽しみですね。 ガストン役:ルーク・エバンス ディズニー映画になくてはならない悪役。 裏の主人公と言える存在です。 悪役ですがベルに恋心を抱いている、 野蛮な男・ガストン。 町の女性たちからは人気があるのですが、ベルは見向きもしないので、ますます厄介な人に。 こんな彼がいるので『美女と野獣』も盛り上がるのですが、、、。 ガストンを演じるのはイギリス人俳優のルーク・エヴァンズ。 「タイタンの戦い」、「インモータルズ -神々の戦い」、「ホビット」などに出演したことで知られるイケメン俳優です。 ミュージカルの経験もある歌声はとても素敵です。 ポット夫人役:エマ・トンプソン 野獣の城に住むポットの姿のメイド・ポット夫人。 呪いでポットの姿にされてしまいました。 ポットになる前の姿もポットのようなぽっちゃりした可愛いおばあさんです。 とても優しくお世話好きな性格で、料理も上手。 使用人たちの間ではみんなを仕切る リーダーのような存在です。 ポット夫人を演じるのは、イギリスのベテラン女優エマ・トンプソン。 「ハワーズ・エンド」で アカデミー主演女優賞を受賞した実力派です。 エマ・ワトソンと共演している「ハリー・ポッター」シリーズのシビル・トレローニー役でも有名ですね。 モーリス役:ケビン・クライン ベルの父親で、 発明家のモーリス。 発明家なので、実用性のないものなども作っていることに村人たちからは 変わり者と見られています。 ベルは変わり者でも愛情いっぱいに育ててくれてお父さんを大切に、尊敬をしています。 トラブルメイカー的な要素もあるお父さんですが、 何だか憎めない可愛い人です。 そんなモーリスを演じるのはアメリカ人俳優のケヴィン・クライン。 「ワンダとダイヤと優しい奴ら」でアカデミー助演男優賞を受賞した 演技派俳優です。 実物はモーリスとは違いスレンダーな俳優さんですよ。 ル・フウ役:ジョシュ・ギャッド joshgad がシェアした投稿 — 2020年 2月月9日午後1時52分PST ガストンの手下のようにいつも一緒に行動する 小太りの男・ル・フウ。 強い者に付いて世渡りをしていくずる賢いキャラクター。 ディズニー作品ではお決まりの欠かせない役どころですよね。 ル・フウを演じるのはアメリカ人俳優のジョシュ・ギャッド。 コメディー役をやることが多く、どことなくル・フウに似ていますね。 「アナと雪の女王」で オラフの声を担当したことで有名になりました。 コグスワース役:イアン・マッケラン 野獣の城に住む可愛いらしい時計のコグスワース。 ちょっと 天然で癒し系のような存在です。 もともとは野獣の執事で、生真面目な人。 時計の針を回す癖がなんとも 可愛いですね。 ちなみにポット夫人とはパートナー的な関係です。 コグスワースを演じるのは、イギリスのベテラン俳優イアン・マッケラン。 「X-メン」シリーズや「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズに出演しています。 長い芸歴を持つ俳優さんなので、出演作は一度は目にしたことがあるとおもいますよ。 チップ役:ネーサン・マック 愛くるしいカップの子供チップ。 ポット夫人の子供なのですが、呪いでティーカップの姿にされてしまいました。 甘えん坊なキャラクターはとても可愛らしいですね。 そんなチップを演じるのはイギリス人俳優のネーサン・マック。 俳優としては英ドラマ「Babylon」に出演経験があるだけの新人です。 今後の活躍が楽しみですね! ルミエール役:ユアン・マクレガー 野獣の城で給仕係として働く蝋燭といえばルミエール。 『be our gest』のダンスと歌が印象的でしたね。 ルールに縛られない自由な一面があるので、生真面目なコグスワースとはしばしば衝突する。 その衝突もこの作品の見どころのような気がします。 とてもおもしろい演出は慌てると蝋燭がドロドロになるで注目です。 ルミエールを演じるのはイギリス出身の国際俳優ユアン・マクレガー。 「トレイン・スポッティング」で主演きっかけに大ブレイク。 その後数々の作品に出演している人気俳優で、 スターウォーズシリーズでは若き日の オビワン・ケノービを演じたことでも有名ですね。 映画「ムーラン・ルージュ」では素敵な歌声を聞くことができましたよね。 マダム・ド・ガルドローブ役:オードラ・マクドナルド gugumbatharaw がシェアした投稿 — 2019年10月月2日午後12時10分PDT 魔法によって 毛ばたきの姿になってしまったメイドのプリュメット。 外見も声もキュートな彼女は、ルミエールの恋人です。 プリュメットを演じるのは、イギリス人女優のググ・バサ=ロー。 英ドラマ「ドクター・フー」に出演したことで有名になりました。 様々な作品に出演していますが、最近ではウィル・スミス主演の「コンカッション」にも出演していますよ。 声優としては今作が初めてなんだそうですが、映画の中の歌声はとても素晴らしい物でした! 野獣役:山崎育三郎 野獣役はミュージカル俳優の山崎育三郎さん。 舞台やドラマを中心に活躍する俳優さんですが 声優は今作が初挑戦。 余談ですが、奥様は元モーニング娘の安倍なつみさんです。 ガストン役:吉原光夫 ガストン役は舞台俳優の吉原光夫さんです。 劇団四季の舞台「美女と野獣」でもガストン役を演じてるので、雰囲気はぴったり! 外見もワイルドで、ガストン役にはぴったりですね。 ポット夫人:岩崎ひろみ ポット夫人は歌手の岩崎宏美が演じています。 歌手としての活動されているイメージが強いですが、ミュージカルやテレビドラマやミュージカルにも出演されているんです。 歌手としての実力はとても高いので、今回も 美しい歌声を聴きことができます。 モーリス役:村井國夫 大ベテラン俳優の村井國夫さんがモーリス役を演じています。 舞台、テレビドラマ、バラエティなどで長年活躍されていますね。 声優としてはハリソン・フォードの声を担当することが多く、様々な映画も吹き替えの経験があるのだそう。 ル・フウ役:藤井隆 お笑い芸人の藤井隆がル・フウ役を演じています。 テレビやラジオ番組に出演されていますが、実は ミュージカルの舞台も経験されているそう。 吉本新喜劇からミュージカルまで 、幅広く舞台で活躍されているんですね。 声優としてもポケモンやクレヨンしんちゃんなどにも参加されています。 コグスワース役:小倉久寛 コグスワース役は俳優の小倉久寛さんが演じています。 ドラマ、映画、バラエティ、舞台、ナレーションなど活動何でもこなす ベテラン俳優さんです。 お顔を見ると コグスワースぴったりですね! チップ役:池田優斗 チップ役は 大活躍中の子役・池田優斗さんが演じています。 テレビドラマ、映画、声優、ミュージカル、、活躍の場は広がるばかり。 「リトルプリンス」 星の王子さまと私では主人公の少年を演じるており、声優としても活躍中です! ルミエール役:成河(そんは) ルミエール役は俳優の成河さんが演じています。 長年劇団で活動し、その後多くのテレビドラマ出演しています。 映画では「脳内ポイズンベリー」の越智役を演じて 一気に有名になりましたね。 マダム・ド・ガルドローブ役:濵田めぐみ マダム・ド・ガルドローブ役はミュージカル女優の濱田めぐみさんが演じています。 劇団四季時代には様々な主演を演じてきました。 プリュメット役:島田歌穂 ベテラン歌手の島田歌穂さんがプリュメット役を演じています。 女優としては「シンデレラ」や「レ・ミゼラブル」などの舞台に立っています。 演技も歌もこなせる実力版女優さんです。 奥行きのあるすばらしい素晴らし歌声の持ち主なんですよ。 まとめ 『美女と野獣』はキャストも吹き替え版の声優さんもとても魅力的ですね。 アニメのキャラクターが そのまま人間になったような配役になっています。 実写・アニメーション・吹き替え・と3つの映像で楽しめる『美女と野獣』は家族で楽しめる不朽の名作です。

次の