ほん 怖 2019 秋。 ほん怖好き30代人妻が選んだ!「ほんとうにあった怖い話 」ランキング ベスト10!

佐藤健:10年ぶり「ほん怖」出演 「怖すぎて苦情が殺到するかも」

ほん 怖 2019 秋

こんにちは!ルノンキュルのりんごです。 服選びにはその人のコンプレックスが 反映されます。 コンプレックスを隠す目的で 自分と真逆の出で立ちをしている人が多いのです。 最近続いたお客様の傾向で 特に多いのが、自分を 「怖そうと言われる」 「近寄りがたく見える」 と思っている人が 可愛いファッションやヘアメイクをしている。 逆に、自分を 「見くびられやすい」 「すぐ頼み事をされる」 と思っている人が 威圧感のあるファッション・ヘアメイクを しているパターンです。 身につけるもので 自分の印象の補正をやろうってのは正解です。 着るものやヘアメイクには その役割がちゃんとありますので 活用は絶対したほうがいい。 でも、真逆の情報操作をしている場合は 「あ、この人ここを隠したいんだな」って 見たらすぐにわかります。 隠そうとするものが余計に 際立って見えてきます。 つまりは自信がないんだなってことも 伝わってきます。 お笑い芸人さんの衣装は それを敢えてやることで コミカルさを出しています。 今いくよさんやMr. オクレさんは 自分の個性とかけ離れた 服を着ているから面白いんです。 怖そうに見えるって思ってる人が 可愛く見せよう、幼く見せようとするのは、 それとおんなじで、 「本当はそういうキャラじゃない」ことばかりを 強調してしまいます。 スタイリングの基本は、 自分の個性を最大に引き立てること。 これが出発点で、 補正やアレンジはあとからついてきます。 コンプレックス発信の服選びは 絶対に失敗します。 そうじゃないと、そこをアピールできませんもの。 ちなみに、 私も人生の大半、 怖い、イカツイと思われてると思って 過ごしてました。 たまに持病の キュートに見せたい病がやってきて、 パステルカラーのふんわりしたスカートなど 買ってしまってました。 私の魅力はそこではない、 別のものだ と理解できたときに 世界は大きく開けました。 そう、 実はめちゃめちゃいいんです。 「見くびられる」「すぐ頼まれる」 という人は 「親しみやすさ」「優しさ」「純真」 「キュート」「若々しい」「真面目」 という人です。 魅力があるのに軽く扱われるとしたら、 そこに自信がないが故です。 持ってる宝物を コンプレックスにしちゃってるとは 本当にもったいないこと。 謙虚で優しい人に多いですね。 でも謙虚と自分の良さを認めることは 相反するものではありません。 女っぽくない。 頼りなく見える。 老けて見える。 冷たく見える。 おとなしく見える。 あなたが欠点と思っているところは 180度反対から見ると 一番の良さに変わるかも。 自分の一番の魅力を知っていただくのが 私の仕事の最初の1歩となります。 魅力を伝えるためにに私は コンサル中、言葉という言葉を駆使して 散弾銃のように喋りまくります。 めちゃくちゃワード飛ばしますね、 とよく言われます。 そんな私が大好きな Doveの 観るたびに泣いちゃいます。 私も仕事を通して みなさんにこういう体験を提供したい! 自分をもっと好きになる、視点が変わる、 人との関係が変わる 自分の良さは見えてないものです.

次の

『ほんとにあった怖い話(ほん怖)~2019年夏の特別編~』を放送する方法を発見したよ~ん【心霊番組・怖いテレビ】

ほん 怖 2019 秋

重点項目、ポスター/リーフレットなど• 2018年の発生件数は3万7981件• ワースト1は放火(疑いを含む)で、 この原因による死者数は302人• 3つの習慣と4つの対策 危険を見落とさないで! このページに掲載している数値等は、消防庁HPおよび資料から出典した2次情報です。 数値等を再利用される場合は、出典元データーをご使用ください。 秋季全国火災予防運動の概要• 期間:令和元年11月9日(土)から11月15日(金)までの1週間• 標語 :「ひとつずつ いいね!で確認 火の用心」 重点項目• 住宅防火対策の推進• 乾燥時及び強風時火災発生防止対策の推進• 放火火災防止対策の推進• 特定防火対象物等における防火安全対策の徹底• 製品火災の発生防止に向けた取組の推進• 多数の者が集合する催しに対する火災予防指導等の徹底 火災予防運動のポスター が公開している火災予防、防火対策のリーフレットをまとめています。 それぞれPDFで表示・印刷できます。 職場や店舗、学校、ご家庭に掲示することで、火災予防が期待できると思います。 年間630万件以上の出動回数 「火事です」または「救急です」をはっきり言う• 住所は正しく、詳しく言う。 (目印となる公園、建物、交差点名を伝える)• 状況をわかりやすく言う。 (〇階建てのビルで〇階が火事。 誰(なに)がどうしたかを正確に伝える)• 通報者の名前、連絡先を正しく伝える• 通報後はしばらく現場にいる。 1日あたり1万7375件の救急出動 消防庁のによると、年間の救急出動件数(2018年)は634万2147件で、1日あたりの平均では1万7375件です。 このうち火災による出動件数は、年間で2万3169件(搬送者数は5,331人) と発表されています。 火災の発生状況(2018年) 2018年(平成30年)に、全国で発生した火災の発生件数は3万7981件です。 死者数は1,427人、負傷者数は6,114人です。 1日あたり約104件の火災が発生し約3. 9人が死亡、約16. 8人が負傷しています。 数値の出典: 発生状況• 島根県:4. 47件• 長野県:4. 高知県:4. 25件• 山梨県:4. 16件• 三重県:4. 02件• 宮崎県:3. 99件• 熊本県:3. 94件• 茨城県:3. 92件• 岡山県:3. 91件• 長崎県:3. 89件 全国でもっとも低かったのは、富山県で1. 59件(全国で2件以下は富山県のみ)です。 総出火件数においても170件で全国でもっとも少なくなっています。 また10万人あたりの死者数でみると、長野県と青森県が2. 22人でもっとも多く、もっとも少ないのは高知県で0. 55人です。 (全国平均は1. 12人) 出火原因の1位は放火(疑いを含む) 全火災の確定原因の1位は「たばこ」ですが、「放火」は疑いを含めるともっとも多く、建物火災では「こんろ」がもっとも多くなっています。 火の消し忘れ、油火災にご注意を! おもな原因 全火災での出火原因ワースト10• たばこ:3,414件(9. たき火: 3,095 件(8. こんろ: 2,852件(7. 放火: 2,784件(7. 放火の疑い :1,977件(5. 火入れ: 1,856件(4. 電灯電話等の配線: 1,642件(4. 電気機器: 1,405件 (3. 配線器具: 1,297 件(3. ストーブ:1,197件(3. 7人に1人)が亡くなっています。 比較対象は異なりますが、同年の飲酒運転による死者数(198人)の約1. 6倍です。 特殊な原因 発生件数は少ないものの、下記のような火災も発生しています。 ロボット掃除機:ロボット掃除機が電気ストーブなどにぶつかり、ソファーなどに接触することでの火災。 東京都内では、2018年12月、2019年1月の2カ月で2件発生• 住宅用のワックス:油の成分が空気中の酸素と反応して自然発火。 (フローリングワックスなどを行った時は、使用した布を放置しないこと)• 室内飼いのペット:猫のオシッコによる配線のショート、犬が調理器具、暖房器具などのスイッチを押すことが原因となったもの、またウサギ(げっ歯類等)は、電気コードをかじるこで発火の原因になります。 収れん火災:水の入ったペットボトル、鏡、アクセサリーの吸着盤などが太陽光を収束(レンズ効果)させ、可燃物に当たることで発生する火災。 太陽の高度が低い秋から冬に多く発生するといわれています。 ひとつずつ「いいね」で確認しましょう! おやすみ前、お出かけ前の習慣に。 また年末・年始に長期留守にする場合は十分な確認、放火対策・防犯対策もお忘れなく。 放火は狭い地域で連続して発生するケースも少なくありません。 放火または疑いがある火災が発生した場合は、地域の安心メール等からの情報を活用し、放火を防ぐ対策を共有することが大切です。 「警察白書|2019年版」によると放火の検挙率は、2018年が78. 現住建造物放火罪(人が住んでいる建物・乗り物などへの放火)は、「死刑または無期、5年以上の懲役」と非常に重い罪です。 命を守る7つのポイント 火災のニュース等では焼死と報道されるケースが多くみられますが、焼死に至る約8割は煙や可燃物が燃えることで発生する有毒ガス(一酸化炭素、塩化水素、シアン化水素など)によって、逃げ遅れることが原因といわれています。 寝たばこでは灰皿にたまった吸殻が燃えるだけで、有毒物質を含む大量の煙が部屋に充満します。 煙に気づき目が覚めても自由に身動きが取れずに、逃げ遅れるケースも少なくありません。 3つの習慣• 寝たばこは絶対やめる。 ストーブは燃えやすいものから、離れた位置で使用する。 (こたつの中で衣類を乾かさない)• ガスコンロなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。 (わずかな時間でも、忘れてしまえば長い時間です) 4つの対策• 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。 (10年を目安に交換)• 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。 「乾燥注意報」は火災に厳重警戒! 冬から春は空気が乾燥する季節。 天気予報などで「乾燥注意報」を耳にすることも多くなります。 警報などと違い聞き流すことが多いかもしれませんが、火の取り扱いには十分な注意が必要です。 2019年1月(昨シーズンの冬)は、太平洋側を中心に雨がほとんど降らず、異常な乾燥状態が続きました。 関東地方や東海地方で降水量が平年の0%だった地域も多く、多数の死傷者を出す火災が目立ちました。 1月4日:横浜市中区寿町の簡易宿泊所で火事。 2人が亡くなり8人が負傷しています。 1月17日:神奈川県横須賀市の住宅で火事。 男女2人が亡くなっています。 1月22日:秋田県能代市富町で店舗兼住宅など4棟を全焼する火事。 この火事では消火活動にあたっていた消防士の2人(26歳と32歳)が亡くなっています。 1月25日:東京都足立区で住宅4棟が焼ける火事。 2人が亡くなっています。 1月27日:東京都日野市で住宅1棟が全焼する火事。 3人が亡くなり1人が意識不明の状態。 1月31日:北海道小樽市で2階建て木造住宅が全焼する火事。 4人が亡くなっています。 1月30日:東京都八王子市の住宅で火事。 この火事で住人とみられる男性1人が消火活動にあたっていた男性消防士(20代)が亡くなっています。

次の

怖いテレビ2019心霊番組放送予定リスト 世界の怖い夜は最恐ノンストップ 世にも奇妙な都市伝説|ENTAME walker

ほん 怖 2019 秋

『赤い執着』のあらすじ 岡山県岡山市、宮岡真衣(中条あやみ)は半年前に両親を亡くし、幼い妹の宮岡彩花(粟野咲莉)と暮らしていくため、大学を辞め、昼間はクリーニング工場で働き、夜は居酒屋で休みなく働き、毎日、妹に不憫な思いをさせまいと必死に働いていました。 そんな中、居酒屋で働いた後、自宅に帰り、自宅の団地のエレベーターから出ると、何か気配を感じて、団地の下を見ると、真っ赤な服を着た女が、こちらを見上げていました。 宮岡真衣(中条あやみ)は不気味に思いつつも、同じ団地の住人だろうぐらいにしか思っていませんでした。 翌日、その話を居酒屋の常連である吉岡(昴生・ミキ)と後輩の大谷(泉澤祐希)に話すと、夜帰るのも遅いんだろうし、気を付けた方がいいと言われます。 その日、居酒屋で働いた後、自宅に帰ると、また何か気配を感じて、団地の下を見ると、またも真っ赤な服を着た女が、こちらを見上げていました。 さすがに恐怖を感じた宮岡真衣(中条あやみ)は、すぐに部屋の中に入ります。 翌日、居酒屋で大谷(泉澤祐希)から「いきなりこんなこと聞くのもあれなんですけど、最近、何かおかしなことなかったですか?もしあるなら早めにきちんと対処した方がいいかもしれません。 」と言われ、宮岡真衣(中条あやみ)が昨日あったことを話そうとしますが、トイレから帰ってきた吉岡(昴生・ミキ)がナンパしてると勘違いし、それ以上、昨日あったことは話すことはできませんでした。 そして、その日、自宅に帰宅すると、大谷(泉澤祐希)に言われたことが気になった宮岡真衣(中条あやみ)は少しでも気を紛らわすために、塩を玄関に置くと、それが効いたのか、真っ赤な服を着た女を見かけることはなくなりました。 その後、宮岡真衣(中条あやみ)は宮岡彩花(粟野咲莉)と遊ぶ時間もなくなるほど、今まで以上に働きづめでしたが、宮岡彩花(粟野咲莉)が成人式を迎えるまでは頑張ろうと、そう思いながら日々を送っていました。 そんなある日、再び何か気配を感じて、団地の下を見ると、そこには誰もおらず、安心したのも束の間、振り返ると、そこには真っ赤な服を着た女の姿が!? あまりの恐怖に宮岡真衣(中条あやみ)は、すぐに部屋の中に入ると、宮岡彩花(粟野咲莉)から「明日、何の日か覚えてる?」と聞かれ、宮岡真衣(中条あやみ)は「明日は…彩花の誕生日じゃない?」と答えます。 どこか上の空の宮岡真衣(中条あやみ)に宮岡彩花(粟野咲莉)は「本当に覚えてた?」と聞きますが、宮岡真衣(中条あやみ)は「当たり前でしょ!彩花の大好きなイチゴがたくさん乗ったケーキ買ってくるからね!」と答えると、宮岡彩花(粟野咲莉)は「やった!約束ね!」と大喜びするのでした。 翌日、真っ赤な服を着た女のことが頭から離れなくなってしまった宮岡真衣(中条あやみ)は仕事でミスを連発し、慌てて帰宅すると、イチゴのケーキを買って帰るのを忘れてしまいます。 すると、宮岡彩花(粟野咲莉)は「お姉ちゃん、私のことなんて、どうでもいいんだね!この間だって買い物に行く約束したのに、仕事が入ったからって連れていってくれなかったじゃない!楽しみにしてたのに…パパとママ、絶対に約束は守ってくれたよ!本当はお姉ちゃん、私のこと邪魔だと思ってるんでしょ?」と言います。 それを聞いた宮岡真衣(中条あやみ)は「バカ言わないで!何でそんなこと言うの?誰のために毎日こんなに頑張ってると思ってるのよ!」と言ってしまい、宮岡彩花(粟野咲莉)は1人部屋に入っていってしまうのでした。 翌日、大谷(泉澤祐希)に出くわした宮岡真衣(中条あやみ)は、真っ赤な服を着た女のことを話すと、大谷(泉澤祐希)の家系は代々神主をやっていて、神主である父親がお祓いしたお札とお清めの塩を渡し、もし次に真っ赤な服を着た女が現れたら、何があっても絶対に離さずに持っていることと、真っ赤な服を着た女に何かされても、絶対に視線を合わせないようにすること、もし目を合わせれば、家族にも悪い影響を及ぼすことを忠告されます。 その日、自宅に帰宅し、団地のエレベーターに乗ると、勝手にエレベーターが止まり、ドアが開いたまま動かなくなってしまいました。 宮岡真衣(中条あやみ)は急いで階段で、自宅に向かい、ドアを開けようとすると、真っ赤な服を着た女が近付いてきて、宮岡真衣(中条あやみ)は大谷(泉澤祐希)に言われた通りに、お札とお清めの塩を握りしめたまま、視線を合わせないように耐え続けます。 そして、全身真っ赤な服を着た女が去っていくと、お札とお清めの塩が真っ赤になっていました。 後日、真っ赤な服を着た女は宮岡真衣(中条あやみ)と宮岡彩花(粟野咲莉)に取り憑いていたことがわかり、その後、宮岡真衣(中条あやみ)は宮岡彩花(粟野咲莉)となるべく一緒にいるようにし、平穏な日々を送っていましたが、宮岡彩花(粟野咲莉)が真っ赤な服を着た女を見たと言言い出したことから、今も真っ赤な服を着た女が執着しているのかもしれないと宮岡真衣(中条あやみ)は恐怖を抱くのでした。

次の