まち カド ま ぞ く ミカン。 まちカドまぞく 8話 感想

『まちカドまぞく』の陽夏木ミカンとかいう女

まち カド ま ぞ く ミカン

高柳知葉 助っ人魔法少女として、多魔市に来た。 動揺すると関わった人に「ささややかな困難」が降りかかる呪いにかかっている。 名前同様に服装や髪の色もオレンジがイメージカラーになっていて、魔法少女時のコスチュームもオレンジ色が基調。 私服もオレンジ模様のスカートを愛用しています。 オレンジの髪を右サイドだけお団子ヘアーにしていて、サイドをジグザグにした髪型とツリ目気味の目が特徴的です。 面倒見の良い性格で、困っている人がいると世話を焼くなど、かなりまともな性格。 そのため、レギュラーキャラの間では主にツッコミ役となっています。 ただし味覚に関してはかなり人よりズレており、酸味の利いた柑橘類の味以外は受け付けないらしく、あらゆる食べ物や飲み物を柑橘類の味付けにしてしまう困った一面があります。 血液型はロマンチストのO型。 誕生日は11月3日で、さそり座の女。 休日にはかわいいお店を巡りウインドウショッピングをしているようです。 担当声優は高柳知葉(たかやなぎ ともよ)さん。 魔法少女なのに厄災をもたらす存在 出典 : Amazon. jp ミカンは意地っ張りでややツンデレっぽいところもありますが、基本的には真っ当な性格の魔法少女で、根はとても良い子。 ポンコツを極めたシャミ子や筋トレが趣味の桃と比べると、女の子らしい女の子の常識人です。 しかし、とある理由によって本人も周囲の人々も苦労が絶えない生活を送っています。 ミカンには「関わった人に小さな困難が生じる呪い」がかかっていて、彼女が動揺することで発動します。 気絶するとその力は一気に高まり、大きな危険に見舞われることもあるため、自分の体調管理には人一倍注意をしながら暮らしています。 ただし、この彼女の呪いは、元々は全く違う類いのものでした。 発端となったのはミカンの父親で、作中の10年前、娘を守るために「ウガルル」と呼ばれる存在を召喚します。 ウガルルはシャミ子の父ヨシュアの出身地・メソポタミアの強力な怪物。 ただし召喚したのは本物ではなく、その怪物に形を似せて、単純なルーチンのみで行動する護衛特化型の使い魔でした。 しかし、予想外のことが起こります。 使い魔として召喚されたこのウガルルは、魔法少女の素質のあったミカンの魔力を糧にしたことで複雑な存在となり、また用意されていた依代は脆弱だったため召喚の際にすぐ壊れてしまい、ウガルルはミカンの体内へ宿ることになります。 一方で知能はあまり与えられていなかったため、守護者としての使命を「ミカンを困らせるものを全て破壊する」という極端な形で果たすようになり、その結果、ミカンは「動揺すると周囲をムチャクチャにしてしまう」という呪われし性質を内在することになったのです。 周りの人々に迷惑をかけてしまうため、一時は実家の工場の倉庫に閉じこもるしかありませんでしたが……桃とその義姉・千代田桜(ちよだ さくら)によって助けられ、桜がミカンに「キツめの呪いを笑える感じにする結界」を施したことでウガルルの呪いは「ミカンが浮かれたり焦ったりすると関わった人に小さな困難が生じる」程度に弱まったのです。 桜の助力によって、自分さえ気を付ければ他人との共存がどうにか可能となったミカンは、その後魔法少女となり、クロスボウを武器に活躍を見せています。 狙撃の腕はかなりのもので、1km先の目標物さえも射貫くほどの精度を誇っていますが、逆に目標物が近いと緊張してしまい全然当たらなくなる模様。 呪いを抑えるために自分を律しているはずですが、その割にメンタルは弱いようです。

次の

まちカドまぞく ぷにこれ! キーホルダー(スタンド付) ミカン

まち カド ま ぞ く ミカン

高柳知葉 助っ人魔法少女として、多魔市に来た。 動揺すると関わった人に「ささややかな困難」が降りかかる呪いにかかっている。 名前同様に服装や髪の色もオレンジがイメージカラーになっていて、魔法少女時のコスチュームもオレンジ色が基調。 私服もオレンジ模様のスカートを愛用しています。 オレンジの髪を右サイドだけお団子ヘアーにしていて、サイドをジグザグにした髪型とツリ目気味の目が特徴的です。 面倒見の良い性格で、困っている人がいると世話を焼くなど、かなりまともな性格。 そのため、レギュラーキャラの間では主にツッコミ役となっています。 ただし味覚に関してはかなり人よりズレており、酸味の利いた柑橘類の味以外は受け付けないらしく、あらゆる食べ物や飲み物を柑橘類の味付けにしてしまう困った一面があります。 血液型はロマンチストのO型。 誕生日は11月3日で、さそり座の女。 休日にはかわいいお店を巡りウインドウショッピングをしているようです。 担当声優は高柳知葉(たかやなぎ ともよ)さん。 魔法少女なのに厄災をもたらす存在 出典 : Amazon. jp ミカンは意地っ張りでややツンデレっぽいところもありますが、基本的には真っ当な性格の魔法少女で、根はとても良い子。 ポンコツを極めたシャミ子や筋トレが趣味の桃と比べると、女の子らしい女の子の常識人です。 しかし、とある理由によって本人も周囲の人々も苦労が絶えない生活を送っています。 ミカンには「関わった人に小さな困難が生じる呪い」がかかっていて、彼女が動揺することで発動します。 気絶するとその力は一気に高まり、大きな危険に見舞われることもあるため、自分の体調管理には人一倍注意をしながら暮らしています。 ただし、この彼女の呪いは、元々は全く違う類いのものでした。 発端となったのはミカンの父親で、作中の10年前、娘を守るために「ウガルル」と呼ばれる存在を召喚します。 ウガルルはシャミ子の父ヨシュアの出身地・メソポタミアの強力な怪物。 ただし召喚したのは本物ではなく、その怪物に形を似せて、単純なルーチンのみで行動する護衛特化型の使い魔でした。 しかし、予想外のことが起こります。 使い魔として召喚されたこのウガルルは、魔法少女の素質のあったミカンの魔力を糧にしたことで複雑な存在となり、また用意されていた依代は脆弱だったため召喚の際にすぐ壊れてしまい、ウガルルはミカンの体内へ宿ることになります。 一方で知能はあまり与えられていなかったため、守護者としての使命を「ミカンを困らせるものを全て破壊する」という極端な形で果たすようになり、その結果、ミカンは「動揺すると周囲をムチャクチャにしてしまう」という呪われし性質を内在することになったのです。 周りの人々に迷惑をかけてしまうため、一時は実家の工場の倉庫に閉じこもるしかありませんでしたが……桃とその義姉・千代田桜(ちよだ さくら)によって助けられ、桜がミカンに「キツめの呪いを笑える感じにする結界」を施したことでウガルルの呪いは「ミカンが浮かれたり焦ったりすると関わった人に小さな困難が生じる」程度に弱まったのです。 桜の助力によって、自分さえ気を付ければ他人との共存がどうにか可能となったミカンは、その後魔法少女となり、クロスボウを武器に活躍を見せています。 狙撃の腕はかなりのもので、1km先の目標物さえも射貫くほどの精度を誇っていますが、逆に目標物が近いと緊張してしまい全然当たらなくなる模様。 呪いを抑えるために自分を律しているはずですが、その割にメンタルは弱いようです。

次の

「まちカドまぞく」を1話から最終話まで全話完全無料で視聴できる方法を紹介〜アニメ〜

まち カド ま ぞ く ミカン

シャミ子はやっぱり良い子 シャミ子は常に桃に勝てずに、もしかしたら桃に見下されてるんじゃないかと考えていました。 そんなシャミ子に、友達の杏里が、桃とテスト勝負すればいいんじゃないかと提案します。 そしてシャミ子はそれだったら桃に勝てるはずだと、かなり自信満々な気持ちで桃にテストで勝負を挑みます。 どうしてシャミ子は、テスト勝負だったら桃に勝てると思ったのか、それは桃がシャミ子に対して、強く筋トレを勧めている姿を常に見ていたので、桃は脳筋で、脳みそも筋肉だと思うから、勉強は出来ないはずだ! シャミ子はそういう考えがあったから、勉強だったら桃に勝てると思ったみたいです。 しかし残念な事に、そんなシャミ子の考えは浅はかでした。 勉強が出来なくて脳筋だと思っていた桃の中間のテストの答案は、かなりの高得点で、完全に勉強も出来る優秀な子だったのです。 まさか勉強も出来ると思ったいなかったシャミ子は、桃は脳筋だと思っていたことを、本人を目の前にしながら、言ってしまうのです。 もちろん桃は、そんなシャミ子の脳筋発言に、少々イラっとしている様子でした。 桃からしたら自分が勉強が出来なくて、筋肉の事しか考えない脳筋女子高生だと思われていた事が、納得出来なくて、不満な気持ちを強く感じていたんだと思います。 でもそれは普通の反応なのかもしれません。 しかし杏里は、すぐに桃の苦手な教科を聞いて、負けたらシャミ子がきつい筋トレをすると言って、その勝負を受けます。 だけどシャミ子は、どれだけ勉強しても、まったく頭にあまり入らず悩んでいたら、リリスが悪魔のささやきを、シャミ子に言って、カンニングをすればいいと言うのです。 シャミ子はもちろんそれを拒否しますが、これで桃に勝てば、一歩優位にたてると言って、そうすれば、家族を楽にさせられるかもしれないと、リリスは悪魔のささやきをするのです。 そしてシャミ子は罪悪感を感じながら、偽装工作をご先像にしますが、桃がシャミ子に、見下していないという言葉を聞いて、シャミ子は桃と正々堂々と勝負したいと思い、偽装工作したご先像を手放し、真面目にテストを受けるのでした。 シャミ子はやっぱり真面目な魔族で、どれだけリリスに悪魔のささやきをされたとしても、どれだけ家族のためだとリリスに言われても、桃に対してズルをしたくない気持ちが、かなり強かったんだと思います。 シャミ子は桃の想いを、裏切りたくない思いが強かったみたいです。 シャミ子とミカンのデート 休日にミカンに呼び出されたシャミ子は、桃がいないみたいだと言いますが、どうやらミカンの呪いの克服の練習を一緒にしてほしいと言うのです。 シャミ子はすぐに逃げたかったですが、ミカンはそうはさせてくれませんでした。 ミカンは呪いで、自分が緊張したり動揺したりすると、周りにちょっと不幸な事態に巻き込まれるという呪いが発動するので、出来ればシャミ子は巻き込まれたくない思いがありました。 しかしミカンの必死のお願いに、シャミ子は諦めて一緒に怖い映画を見る事になり、シャミ子は初めての映画館での映画を楽しみます。 映画鑑賞前は、ミカンがシャミ子の手を握って、気持ちを落ち着かせようとしていました。 それだけだったらデートのような雰囲気ですが、ミカンは動揺しないように必死で、魔力の流れを抑えようと、息を止めていたり、ミカンは映画が始まりしばらくして、気絶してしまいます。 映画鑑賞を終えて、シャミ子は初めての映画鑑賞を楽しめたみたいで、今度はミカンも楽しめる映画を見ようと、ミカンに言うのです。 たぶんシャミ子は、こんなに楽しい映画を見させてくれたのに、ミカンはまったく楽しめずに、気絶していたので、それではもったいないし、ミカンが楽しんで映画鑑賞が出来ないと、考えたのかもしれません。 シャミ子はミカンも楽しんで映画を見てほしいという、ミカンに対しての、優しい想いがあったんだと思います。 シャミ子はプチ修羅場に巻き込まれる 映画鑑賞を終えた二人の前に、ゆるキャラ映画の観賞を終えた桃が現れ、かなり楽しんでいる様子でした。 特にたまさくらちゃんというゆるキャラが一番のお気に入りのようで、たまさくらちゃんの魅力をシャミ子に語るのです。 どうやらたまさくらちゃんは公式キャラみたいなのですが、フォロワーは80人ぐらいしかいないみたいで、あんまり人気ではないみたいです。 しかしそんな桃だったのですが、シャミ子とミカンが二人でデートして(遊んで)いたことを、なんだか寂しそうな表情で見つめていて、ミカンは必死に弁明しようとしますが、桃は淡々として、落ち込んだ感じで、その場から離れます。 桃からしたら、ミカンにもシャミ子にも、遊びに誘われなかったから、一人でゆるキャラ映画を見て楽しもうと思って、楽しんでいたんだと思います。 そして楽しんで劇場内から出たら、シャミ子とミカンが楽しそうに二人で会話している姿を見て、内心とんでもない孤独感を、感じたのかもしれません。 そしてその後三人は、ちょっとしたプチ修羅場状態になってしまい、かなり気まずい感じになってしまいました。 ある意味ミカンの呪いが出たのかもしれません。 まちカドまぞくアニメ9話の魅力まとめ アニメ9話では、ミカンとシャミ子の仲が縮まったようです。 桃つながりで、一緒にいる事はあっても、二人で一緒に行動することがなかったので、二人で一緒に映画を見て、まるでデートのような感じでいた。 (しかし実際はミカンの呪いの克服に、シャミ子が付き合わされただけです) そして映画を見終わった後、シャミ子はミカンに、自分の事をシャミ子と呼んでほしいと言って、シャミ子の中で、ミカンは魔法少女だけど、大事な友達みたいな感覚になったのかもしれません。 しかしその後桃が現れて、プチ修羅場みたいになってしまい、少々ぎこちない空気になってしまいました。 がんばれシャミ子!.

次の