弱虫 ペダル 548。 弱虫ペダルネタバレ最新548話の感想と考察!「登りたい!」

弱虫ペダル【最新話590話】の「歌をうたって」ネタバレや感想!|漫画X

弱虫 ペダル 548

Contents• 弱虫ペダル 前回540話のあらすじ インターハイ3日目、最終日。 ゴールまで残り50m。 真波と坂道は全力を振り絞りゴールゲートを目指します。 残り40m、30m、20mと、ゴールラインが近づいてきます。 のこり10mで、まだ二人は並びます。 二人、並んだままでゴールへと飛び込んだのでした。 救護所で横たわる手嶋は、3人が追いついてきた時の事を考えていました。 手嶋は少しも迷わず、3人にゴールを託したのです。 先にゴールしたのは坂道。 坂道は空に向かい、大きく左手を掲げたのでした。 弱虫ペダル 最新541話のネタバレ! 最新巻、読みました。 「繰り返します」とアナウンスが叫びます。 インターハイ3日目、最終日。 群馬県国道最高地点、渋峠に最初に到達したのは、 「総北高校ゼッケン1番 小野田坂道選手です!!」 大きな歓声が上がりました。 「2度目の頂 インターハイ総合優勝は今年も 千葉 総北高校!!」 アナウンスが続きます。 ゴールで待っていた総北サポーターズの人々が 「小野田!」と叫びながら、坂道の方へと走り出します。 同じくハコガクのサポーターたちも 「真波!!」と叫び、飛び出すのでした。 坂道と真波はまだ自転車を走らせ、息を整えます。 「総北!!」と喜ぶ声や、 「あと少しだった!!箱根学園!!」と悔しがる声、 「山王…あいつ…ハコガクを二度も止めやがった!!」と呆然と見つめる視線が、坂道と真波を見守ります。 そして人々は 「最高だったぞ」と二人に称賛を送るのです。 大興奮の中、二人は自転車を漕ぎます。 「皆……大興奮だよ」 真波が坂道に声をかけました。 「走ってる時はー 集中してて ……気づかなかったよ」 真波の言葉に、 「…うん」と答える坂道。 坂道も、ゴールしてからこの声援の大きさに気が付きました。 そして勝負が終わったことにも気がついたのです。 坂道は真波の方に顔を向けます。 皆の3日間の、全力の闘いが、終わったのです。 この3日間を二人は振り返ります。 パレードの時に言葉を交わした二人は、このゴールでまた、言葉を交わすのでした。 「終わった…2度めのオレたちの勝負が」と真波も言います。 二人の約束 坂道は真波に 「ありがとう…」と伝えます。 真波は 「オレは すげー くやしんだけど?」と返します。 坂道は慌てて謝ろうとしますが、 「けど」と真波は言葉を続けます。 「全開でやった 出せるものは出した 後悔はないよ」と言い切るのでした。 「スッキリしてる あの空みたいに」という真波の言葉に、坂道は空を見上げました。 並んで走る二人の体が揺れ始めました。 「来年もし 2人ともインハイ出れてやる機会があったらー」そう言いながら、真波の肩がカクッと落ちました。 「…うん」と答えながら、坂道の腕もズルッとハンドルから滑ります。 「初日の山岳賞にしよう」 「うん」 二人はお互いに体で支え合うように、自転車に乗ったまま、もたれかかります。 「去年の藤堂さんと巻島さんみたいに」 二人はそう約束するのでした。 勝ったのは坂道。 2年連続で総北高校の勝利です。 勝った方も負けた方も全力を出しきりました。 もちろん勝ち負けはありますけれど、「後悔はない」という真波も言葉がとても爽やかです。 坂道は勝ちましたが、もし負けていたとしてもきっと清々しい気持ちになっていたのではないでしょうか。 きっと2人にとっても、今までで一番楽しい勝負ではなかったのかと思います。 2人ともお疲れ様でした! おすすめレベル 登録時 初回登録時に50%OFFクーポンがもらえる 月額 月額&新規登録無料 本を購入した分だけお支払い お得な特典 漫画が9,000冊以上無料で読み放題/オリジナル背表紙本棚/スマホ、タブレット、PCにも複数対応 YahooJAPANグループが運営する創業19年の老舗の電子書籍店。 各出版社との信頼が厚く、扱う作品が世界最大規模の品揃え! コミックを一気読みしたい方にまとめ買いでお得なセールも! また、いつでもお得なセールやキャンペーンを開催しています。 漫画をこよなく愛す方におすすめなサイトです。 約9,000冊以上の漫画が無料で読み放題!しかも作品は毎日更新! また、お支払いは 携帯料金と一緒に決済が可能という事も嬉しいですね! おすすめレベル 登録時 90%OFFのお買い物クーポンがもらえる (割引限度額500円) 月額 月額&新規登録無料 本を購入した分だけお支払い お得な特典 40万冊以上の作書籍が試し読み可能!無料作品も配信中 初回の登録は不要!(登録無料)GoogleアカウントやMy Sony IDやをお持ちの方は 新規登録不要ですぐはじめることができます! 試し読みできる作品は400,000点以上! 無料作品も随時配信中! マンガに加えてラノベやその他雑誌を多く読む方にドンピシャなサイトです! BLや2. 複数持ちでも対応しています。 書籍を購入するとポイントが貯まるだけでなく、購入金額に応じて会員ランクがアップする優待プログラムも嬉しい特典です。 おすすめレベル 無料期間と付与ポイント 31日間/ 初回無料登録で600ポイント 月額 1,990円 お得な特典 毎月1,200ポイント付与/全作品40%ポイントバック/雑誌と動画が見放題 漫画作品はもちろん、アニメ作品数が業界トップクラス。 購入時の ポイント40%バックはかなりのメリットですし 、毎月1,200ポイントの付与が圧倒的にお得です。 真波は最後に「来年は初日の山岳賞にしよう」と言っています。 坂道も「うん」と答えていますが、来年もまた2人がゴールを競うことになりそうですね。 どんなにプレッシャーが大きくても、それに負けるような2人ではありませんから…。 そして、坂道もいよいよ3年生。 最高学年になります。 チーム内での責任も大きくなります。 こんなに控えめな性格で、下級生の指導ができるのか、ちょっと心配ではありますが、来年目指して頑張って欲しいです! それでは今回はこのへんで! 記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました!.

次の

弱虫ペダルネタバレ予想 第548話「マウンテンバイクへの誘い」

弱虫 ペダル 548

漫画弱虫ペダルの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 ちなみに545話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 これから弱虫ペダルのネタバレを含む内容をご紹介します。 もし文章のネタバレではなく絵付きで弱虫ペダル【第546話】が読みたい!ということであれば U-NEXTで今すぐに週刊少年チャンピオンの2019年28号が無料で読めますよ。 弱虫ペダル【第546話】のネタバレ 坂道の夏休み… 早朝、坂道は気分がノリノリでロードバイクを走らせていました… インターハイが終わり、録り溜めしたアニメも見て、本の注文も無事に完了し、歌を歌いながら走る坂道は上機嫌でした… 坂道は、暑い夏の最中、今泉のアドバイスに従い、涼しさを感じるには山に行くことが大事だと聞きそれに従い走っていました。 束の間の夏休みを利用して、坂道は、今回一人で峰ケ山へサイクリングに来ていました。 走りながら、坂道は、今泉と鳴子の事を思い出します… それぞれの夏休み… インターハイが終了し、自転車部も5日間の休みに入りました。 鳴子は、大阪の祖母の居る大阪に戻ることになりました。 お好み焼きが食べたくてうずうずしている鳴子… 今泉は、家族でハワイに行ってくると言います。 各々それぞれの夏休みを満喫することになりました。 坂道は、一人サイクリングで楽しんでいました。 いつもの練習やレースと違い、のんびり自分のペースで走る坂道… 小さな神社や、階段等発見をしていきます。 いつもと違う景色が見れて、新鮮さを感じて感動する坂道。 その時、坂道の眼にある物が目に入り急停車します。 それは、以前自転車部の先輩達が昔話をしていた峰ケ山の旧道の入口でした… 峰ケ山を斜めに横切るように存在している旧道。 行けば泣きを見ると聞いていました。 以前、旧道に行った手嶋は、後悔したと言っていたことを坂道は思い出していました。 そんな事を思い出し、坂道の心臓の鼓動が急に高まります。 不安よりも、興〇とドキドキ感が止まらない坂道… いつもなら一人だと避けている坂道。 でも、チャレンジしたいという積極的な気持ちになっていました… 峰ケ山の旧道… 坂道は、旧道を走り始めました。 坂道「この先、見たことない景色が広がっている事だけは確かだ!!」 坂道は、旧道を突き進んでいきます。 しばらく走ると、ガードレール無き狭き道に突入していきます。 道も更に狭くなり、路面も荒れてきました。 それでも何とか走れて行けると手ごたえを感じた坂道。 その頃、寒咲自転車店では、あるお客が坂道のインターハイの偉業を称賛していました。 優勝した坂道なら、峰ケ山の旧道に行けるんじゃないかと話を始めました。 しかし、店に居た通司は言います。 通司「無理すね」 今の坂道では、旧道の山頂には着けないと断言する通司… 一方、その坂道は、目の前の景色を見て絶句していました… それは、峰ケ山の旧道の半分から上が凄惨だったからでした。 そこは、通称、ガレ場と言われた場所… 荒れた土と岩の未舗装路でした。 到底ロードバイクで登ることはできない。 降車して歩いて行くしかない… 愕然とし、頂上を諦めようとする坂道。 そこに一台の自転車に乗ったライダーが走ってきました。 それは、山専用のMTBでした… 漫画弱虫ペダルの最新話&話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめてあります。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるので直ぐに週刊少年チャンピオンが無料で読めます!! 今回の弱虫ペダルの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! 弱虫ペダル【第546話】の感想と考察 坂道達の束の間の休日。 貴重な学生時代の夏休みがスタートしました。 鳴子達が県外や海外へ出かける中、坂道は一人峰ケ山サイクリング… ここまで自転車漬けはもう頭が下がりました。 いつもの練習やレースと違い、歌を歌いアニメも見れてオタク色満載の坂道。 歌っている時の表情が幸せそうでなんか少し癒されました。 自分のペースで走り、神社を見つけたり新たな発見をしていく坂道。 遂に旧道の入口を見つけます。 いつもだと回避するのに、今回はチャレンジ精神旺盛の坂道。 旧道を登っていきます。 が、ガードレールもなく危ない道。 ちょっと冷や冷やでした。 通司は、今の坂道は山頂に着けないと断言していました。 厳しい指摘に、ガレ場で土俵にすら立てない坂道。 愕然として諦める決意をしようとした際に、目の前に現れた山専用のMTB。 坂道は、MTBに乗ることになるのでしょうか? 今までと違う世界が広がりそうな予感がします。 坂道が、旧道を走りどんな変化をもたらしていくのか? 続きが気になります!! 次回の弱虫ペダル【第547話】掲載の週刊少年チャンピオン2019年29号発売日は6月20日になります! まとめ 以上、弱虫ペダル【第546話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

弱虫ペダル ネタバレ最新541話の感想と考察!「ゴールの後に」

弱虫 ペダル 548

Contents• ロードバイクでは不可能だと諦めて帰ろうとするが…!? しかし無理強いはよくない、と再び山道を登り始めました。 坂道はメットを被り直すと、引き返そう、と山道に背を向けます。 チャレンジしたくてこの道に入ってきました。 頂上まで行きたかったのです。 MTBが登っていくのは見ました。 ロードバイクで登れるかどうかは、まだ試していないのです。 ガタガタの道を走ったことはありますが、短い距離でした。 パンクするかもしれないし、転ぶかもしれません。 練習の時なら、こんなところには絶対に行きません。 寄る時間もありません。 しかし今日は休みで、自分ひとりだけなのです。 登りだした坂道! 坂道はもう一度ターンすると「 ごめん BMCくん ちょっと激しい道通るよ」と自転車に話しかけました。 自転車はガタガタと暴れ、ぐらぐらと揺れます。 反動と振動でハンドルが取られ、バランスが取れません。 揺れに対応するため、坂道はギアを落としました。 しかしそれ以上、ギアは下がりません。 めいいっぱいギアを軽くしても足りないのです。 スリップし、後ろタイヤが滑ります。 MTBのタイヤは太くてごつごつしていますが、ロードバイクのタイヤは細くて溝がないため滑るのです。 坂道は大きな石を避けて少しずつ登ります。 ゆっくりでも登って行けば頂上にたどり着けるはずです。 坂道は後ろを振り返り、まだ200mも進んでいないことに愕然とします。 頂上までは、まだ、5km以上あります。 そのはずみに自転車はパンクしてしまいます。 もちろんチャレンジが全て成功する事はないとわかっています。 しかしなんだか情けない気持ちになるのでした。 坂道は起き上がると、せめて少し先の角まで、自転車を押して行ってみようと歩き出します。 ほぼ180度曲がった角に、バイクに跨った、先程の男性がいました。 坂道が気になって降りてきたのです。 「 乗りなよ」と男性は言います。 もうしばらくすると、黒いバンが登ってきます。 そこにスペアバイクが積んであるのです。 男性はそれを貸す、と言うのでした。 「オレの名前は 雉 弓射」と男性は名乗ります。。 名前を聞かた坂道は、「小野田坂道です」と名乗るのでした。 さらに『弱虫ペダル』を楽しむために 弱虫ペダルの548話の全体のストーリーをあらすじでご紹介しました。 ネタバレ記事と並行して最新マンガを読みながら、展開予想や考察で2度楽しめればさらに良いと思いませんか? 考察も作画を見なければ推し量れない部分がありますので、やはり マンガは絵付き!に限ります。 そこでおすすめなのが 『U-NEXT』。 チャレンジできるとすれば、確かに今日だけです。 しかしやっぱりロードバイクでの山道は無理でした。 元々山道を走るようには作られていません。 坂道もそれはわかっています。 戻って来た男性が、MTBを貸してくれると言います。 次回、坂道はMTBに乗るのでしょうか? そしてそのMTBで頂上まで行くことが出来るのでしょうか!? 弱虫ペダルネタバレ最新548話の感想と考察!「登りたい!」のまとめ 今回は 弱虫ペダルの最新548話をネタバレ&感想を紹介してきました。 引き続きも次回の展開について、考えや想像を膨らませながら楽しんでいきましょう! 無料でマンガを読みたいけど 『無料でマンガが読み放題!』と謳っているサイトの多くはお目当てのマンガ作品を扱っていない事が往々にしてありませんか? もしくは違法サイト 『漫画村』の類だったりと、 危険なリスクが付きまといます。 電子書籍&動画配信サイトの U-NEXTなら、当サイトでネタバレ紹介している作品のすべてがラインナップしており、 安心・安全・無料で読めますよ! さらに、U-NEXTに登録すればこんなサービスが待っています!.

次の