生贄 投票 全巻 無料 アプリ。 【全巻無料】「生贄投票」が読める漫画アプリ・サイト|全巻無料で読める漫画アプリ・サイト for iPhone/android

【読み放題】生贄投票が読める無料漫画公式アプリ|漫画大陸

生贄 投票 全巻 無料 アプリ

生贄投票のあらすじ 主人公の今治美奈都のスマホに映し出された、「生贄投票」というアプリ。 インストールした覚えのない覚えのないアプリは、消すことも閉じることもできなくなってしまいます。 そのアプリは美奈都のクラスメート全員のスマホに強制インストールされていました。 そしてアプリには「24時間以内に投票で選ばれたものに、社会的「死」が与えられる」といった内容と共に、クラスメイトの名前が並びます。 選ばれた「生贄」が社会的死を避けるには、課題をクリアするのが条件。 果たして社会的死とはなんなのか、生贄や条件とはなんなのか。 そして 犯人は一体だれ? 一体誰を生贄にする? 疑心暗鬼とゲームに振り回されるクラスメートたち。 そして最初の生贄に選ばれた人間の末路とは・・・? 生贄投票のzipや漫画タウンで読むのは危険! 違法ですが、生贄投票をzipファイルで全巻無料で読むことはできてしまうのかな?と思いこちらもリサーチしてみました! 結果はかなり危険な上、私は zipファイルで読むことはできませんでした。 まずはzipファイルを検索してみます。 いくつかそれっぽいサイトがヒット! 試しにアクセスしてみました。 それっぽいリンクはあるのですが、実際に踏んでみると (危険なので真似しないでくださいね!) 海外のファイルアップロードサイトに飛ばされました。 サイトには 「このファイルは存在しません」の文字が。 実はよくある手段で、 実際はファイルがないのにリンクを踏ませて、ウィルスや変なサイトに飛ばすというものの可能性があります。 実際にそれっぽいファイルがあるものもありますが、クリックしてみると 怪しいサイトに飛ばされてしまいました。 もちろんzipファイルはダウンロードできずじまい。 今回はサイトに飛ばされただけでしたが、ウィルス感やワンクリック詐欺などに遭う危険性もあります。 違法海賊版サイトの漫画村は現在すでに閉鎖済み。 運営者も特定されたと噂になっており、漫画村の後続の漫画タウンや漫画タワーのすぐに閉鎖となりましたので、似たようなサイトが出てくることもなさそうです。 また、zipやrarのファイルや違法海賊サイトで漫画を読むことは危険! ウィルス感染のリスクや、個人情報の流出の危険性があります。 eマガジンのアプリは生贄投票が1日1話無料 eマガジンのアプリでなら無料で生贄投票を読むことができます。 だだちょっと 1つ注意が必要なんです! それは生贄投票が全話(全7巻分)無料になる代わりに、 無料で読むことができるのは1日1話までということ。 1日1枚無料チケットがもらえて、それで生贄投票を1話無料で読むことができます。 しかし生贄投票は全巻分だと68話(1話目は無料)まで。 単純計算で、全巻無料でアプリで全部読もうとしたら 67日間毎日欠かさずログインして読む必要があります。 ちょっと面倒ですね・・・。 連続で読む場合はチケット購入 1日1話以上を連続で読みたい場合は、「図書券」という有料チケットの購入が必要です。 120円で3話分読むことができます。 でもこんな面倒なことをしなくても、 20話近く無料で読める方法があるんです! FODプレミアムでコミックス2冊が無料に! アプリより簡単に生贄投票を無料で読んでしまう方法! それはFODプレミアムのキャンペーンを使うことです! FODプレミアムならアプリのように全巻無料にはなりませんが、少し待つだけで一気に コミックス2冊分を無料で読むことができます! 生贄投票のコミックスは全7巻で、• 1巻・・・1話〜7話• 2巻・・・8話〜16話• 3巻・・・18話〜26話+特別版• 4巻・・・27話〜36話(第一部完結)• 5巻・・・37話〜46話(第二部開始)• 6巻・・・47話〜56話• 新規加入+Amazonアカウントを登録すると、一ヶ月無料でお試しすることができるんですが・・・。 さらにさらに! 漫画の購入に使えるポイントが• 初回100pt• 単純計算で10冊漫画を買うと2冊相当がタダに。 さらに1300ポイントを使い切ってしまってポイントチャージをする人は、 プラスのボーナスポイントが最大1000ポイントつきます。 漫画をたくさん買っている人はかなりお得なので、ぜひ無料期間に試してみてください! 無料で読めるだけではなく、めちゃめちゃお得ですね!.

次の

漫画『生贄投票』を全巻無料で読めるアプリやサービスの調査結果!

生贄 投票 全巻 無料 アプリ

その表紙がこちら。 こちらを振り返る今治先生のバックでは生徒たちがバリケードを作り、クーデターを起こしています。 「ネオ生贄くん」の正体も明らかになるのですが、僕が予想していた犯人とはちょっと違いましたね(笑) あんな展開になるとは、全く想像できませんでした。 今回の記事では、そんな『生贄投票』最終第7巻の見どころを、感想も含めてまとめてみました。 ネタバレを含みます。 ご注意ください。 第6巻で始まった「生徒がお気に入りの教師に投票し、人気最下位に『社会的死』を与える」生贄投票。 教職員たちの命運を握り、投票が始まった途端に強気になる生徒たちでしたが、果たして誰が最下位となってしまうのでしょうか。 では、さっそく第7巻の内容の方に入っていきましょう。 最下位として発表された先生、それは最後まで生徒に教師としての威厳を貫き続けた 神庭先生でした。 逆にネオ生贄くんがその態度に逆上してしまいます。 しかも動画が公開されてしまう直前で全員のスマホがフリーズし、今治先生のスマホにはかつての生贄くんが現れて「ネオ生贄くんを止めた」と言うのです。 これをチャンスと捉えた神庭先生はそこにつけこむように行動を開始します。 物語がだんだんと核心に近づいてきましたね。 しかし、投票を集めるために生徒に土下座までしていた先生の1人がワースト2位に入っていたのですが、生徒たちもなかなか残酷ですね(笑) 生贄投票が生まれた理由とは? 第7巻では、この「教師編」で生贄投票が生まれた理由が明らかになります。 ことの始まりは、1年前に蒼井ふみこという生徒が美術部の顧問と恋愛関係にあるという動画が広まってしまった事がきっかけでした。 それが発覚し拡散された事で顧問は学校を去り、彼女は退学処分に。 そして大雪の冬の日についに彼女は飛び降り自殺を図り、積もった雪がクッションとなって一命は取り留めたものの、今も意識不明の状態でいるそうです。 しかし学校側は、それらを全て世間に騒がれないようにもみ消し、うやむやにしてしまいます。 つまり生贄投票は、学校や教師たちの対応に不満を爆発させた人間による犯行だというのです。 だから今回の生贄投票は教師にターゲットを絞った投票だったんですね。 そしていよいよ犯人と教師の直接対決が始まります。 生贄投票の犯人が明らかに…! 先生人気投票から数日後、表紙にあるように生徒たちが学校にバリケードを張り、教師たちと全面対決をします。 この事態は警察の介入により何とか手足しましたが、ここで今治先生はこの生贄投票の真相にたどり着きます。 生贄投票の犯人、それは 2-Cの生徒の有志21人による集団的犯行でした。 彼らは蒼井ふみこの一件を受け、生贄投票という形で教師たちに反省を促そうとしていたのです。 結果的に、ここまでの騒動を起こされた学校側もこれからはもう少し生徒の声に耳を傾けていくことを決め、一応目的は「生贄投票」の目的は達成されました。 これが『生贄投票』「教師編」の真相、そして結末です。 まとめ 第6巻の時点で犯人が生徒の誰かだという目星はつけていたのですが、まさか20人を超える生徒が犯行に関わっていたとは、予想を覆されましたね…。 ただ、最後には生徒と学校が互いに歩み寄る事ができたようでよかったです。 この第7巻には、単行本限定の10Pの書き下ろし「エピローグ」も掲載されていました。 気になる方は、ぜひコミックスを手に取ってみてください。 では、ありがとうございました。

次の

生贄投票(1)

生贄 投票 全巻 無料 アプリ

25人の方が「参考になった」と投票しています。 59話まで読みましたが ネタバレありのレビューです。 やっと生贄投票の黒幕登場!そして事件解決!と思いきや、今度は社会人編スタート!?という展開。 もう結構です… 笑 犯人は今までの話の流れでは確かにこの人だねって納得なんですが、二階堂先生との関係性の伏線になる物が弱すぎて…正直あれだけじゃクラスの誰でも犯人に持っていけちゃうじゃんみたいな所があります。 せめて犯人の昔のエピソード(あだ名の話とか親が再婚して苗字が変わってる話とか)がチラッとでも出ていれば良かったのに…。 主人公は何とかしなきゃと動き回っても犯人の方が上手(うわて)なので先回りされて失敗してばかりで、誰も救うことができてないのが不憫ながらも考えが浅すぎるなという事にイライラしてしまいました。 まぁこれは主人公がどう解決するかというより生贄投票でどれだけ人間の残虐さが露呈するかをメインに描いてる物なんでしょうね。 誰でも人には言えない秘密を持っていて、それを守るためなら他人を利用したり陥れてしまうものだと。 また他人の弱味を利用して支配しようと考える者が出たり他人の破滅を喜ぶ者も出たり…。 冷静に考えれば対処できるような事も、高校生という大人なようでまだ未熟な人達が当事者であるという事と、クラスという閉鎖的な世界での出来事である為にどんどんクラスメイトの精神が狂っていってしまっている。 そういう点ではバトルロワイヤルにも似てますね。 この狂気が面白い所ではあると思います。 が、なんだか後味が悪いです。 高校生編(?)が解決したのにモヤモヤ…。 クラスメイトそれぞれが自分の過ちに気付いて悔い改めるとかが無かったからでしょうか…。 今後続く社会人編(?)で真に解決すれば感想も変わるかな…いやでもこの手のお話は結局また新たな問題を匂わせつつ終わるパターンになりそうです。 だからもう続きは読まなくていいかな…。 お腹いっぱいというか少々胸焼け気味です。 71人の方が「参考になった」と投票しています。 ネタバレありのレビューです。 よく広告で見かけるので読んで見ました。 7話にはちょっともやもや。 誰にも投票しない人には自動的に自分に3票入るという設定ですが、柴田に投票したのが6人いるんですよね? てことは、投票した6人には自動的に入る票が回避されてるわけだから、誰が柴田に投票したのか分かっちゃうような…気がするんですが…。 柴田以下の票数は3票、あれが票数順に書かれた名前であれば、多くの生徒が投票していないってことを表現しているんですよね? 下位までの名前が描かれていないからなんとも言えませんけど…。 あとみなさんのレビューにもあるように、「社会的死」とやらが性的なものばかりでバラエティに欠ける。 っていうかそれって「社会的死」って言うのになるのかな…よくわかんないです。 6人の方が「参考になった」と投票しています。 時代の表層 アプリというアイテムを軸に話が進む、いかにも現代的な漫画だが、時代をとらえている、とは感じられなかった。 その点、例えば「僕たちがやりました」とは決定的に違う。 時代を射抜くのではなく、表面的になぞっているだけ、という印象的を持った。 「今時のもの」を描いたからといって「今」を描くことにはならないわけで、それに失敗した場合、作品にはどうしても「浅はか」という印象がつきまとう。 そういう部分で、私はこの漫画を全く評価できなかった。 ただ、「先生」の豹変ぶり、およびその母親の狂いぶりは、かなり怖かった。 どう考えても過剰だが、その過剰さに、漫画ならではの演出の強みも感じた。 余計なお世話だが、作者は、ストレートなホラー漫画を描いてみてはどうだろう、とちょっと思った。 98人の方が「参考になった」と投票しています。 うーん… ネタバレありのレビューです。 最近よくサイトのCMで見るから読んでみたけど、 社会的な死、と言いながら、 最初から本当に死んでいるし、 設定とか、王様ゲームの丸パクリみたいな感じで、新鮮味もなく そこにエロ増やせば読者は喜ぶでしょ、っとでも思ってるのかな? 二番煎じじゃなくてオリジナルの作品が読みたいんだけど、他の方のレビュー見た感じでも、エロがプラスされた程度で大して面白くもなさそうだし、もうこの先はいいかな。 最近こういうの流行ってるから、乗っかってみました感しかないです。 なんかなぁ…商業誌より無料で読めるサイトの方がオリジナリティあってクオリティも高いものたくさんありますよ。 正直この作品にお金を払う魅力は感じません。 気分を害する方がいたらすみません。

次の