クリスタ ペン おすすめ。 ペンタブレットの悩みを解消~設定や使い方を見直して活用しよう!~

iPad対応のスタイラスペン(タッチペン)おすすめ10選【2020年版】

クリスタ ペン おすすめ

カテゴリー• 144• 112• 136• 114• カテゴリー• 144• 112• 136• 114•

次の

【クリスタ】ゆる系イラストにオススメの線画・塗りペン10選 その2

クリスタ ペン おすすめ

ウィンドウを追加したり削除したりする 必要なウィンドウを追加したり削除したりします。 上のメニューバーのウィンドウをクリックすると色々なウィンドウの追加ができるので自分に必要なものの取捨選択をしていきます。 私は以下のようにほぼすべて追加しています ほぼ全部使ってますが、割と画面はスッキリしています 素材ウィンドウを開いてもこんな感じです。 参考程度にどうぞ ちなみに各ウィンドウは 星マークがついた部分はクリックしながらドラッグするとウィンドウの位置を変更したり、ウィンドウを一緒にしたりできます。 自分の使いやすい位置にカスタマイズをしてみましょう。 大きめのイラストを描く時には拡大して描いているといつの間にかバランスがかなり崩れている時があるのでここで確認しながら描いたりします。 サムネイルをイメージするのにも便利。 ナビゲーターと一緒のところに入れてます。 参考画像を表示できるウィンドウです。 描きたいキャラとかをサブビューに置いておけばわざわざネットでキャラの参考画像を検索しながら、という手間も省けますし、スポイトで色を採ることもできるので、キャラの色をそのまま塗りたいとかいう場合にも使えます。 上記の2つですかね。 あとは各自の好みや使う頻度な気がします。 とても筆圧が弱い or 強くて思ったような線が引きにくい…という場合はここを変更してみると良いかもしれません。 クリック後、筆圧の自動調整の画面を表示したまま、キャンバスに入り抜きを意識して線を試し書きすると勝手に筆圧調節してくれます。 比較すると下記の感じ 淡色、濃色の中でもまた濃淡が設定できるのでお好みの暗さにしてみましょう。 でも基本的には100ぐらいで十分かな~と思います。 ・キャンバス キャンバスでは透明部分にあたる表示色の変更や、表示倍率の追加&削除ができます。 透明部分の表示色1と2を同じ色にすると透明部分があの格子模様ではなく、単色になります。 拡大縮小をする際に「ああーーこの倍率とこの倍率の間があれば描きやすいのにー!」という経験があるひとは表示倍率の欄で追加することができます。 他にも環境設定はたくさん変更できたりカスタマイズできるので、是非色々項目を見ていじってみてくださいね。

次の

クリスタでおすすめのブラシ!線画と塗りや背景に使える30選!

クリスタ ペン おすすめ

線画用のペン 無料素材をダウンロードして使おう 色々設定済みのオリジナルペンをダウンロードして使うことも出来ます。 ラクなので自分はこっちがおすすめです。 おすすめ素材と利用方法はこちらの記事でご確認ください。 Gペンのカスタマイズ 自分好みにカスタマイズするならこの記事を読み進めてください。 基本的にペン入れに使うのはGペンが多いと思います。 ちょっと設定を変えてみましょう。 ブラシサイズ ブラシサイズはデフォルトだと筆圧で太くなったり細くなったりします。 しかし、ペンの傾きや描く速度で太さを変えることも可能です。 特に筆圧の弱い人は筆圧を強めにしたり、速度だけでサイズ変更出来るようにすると便利です。 不透明度 こちらもブラシサイズと同じ4項目で変更できますが、線画で不透明度を下げることはありません。 初期設定は何もチェックが入っていない状態なので、そのままにしておきましょう。 手ブレ補正 数値が大きいほど細かいブレがなくなります。 あまり補正されるとカーブなどが描きにくいため、せいぜい10~30くらいで十分だと思います。 ベクター吸着 ベクター線が他のベクター線に近づくと1本に合体する機能です。 ベクターレイヤーのみ。 その他 それ以外にもサブツールのプロパティからさらに詳細設定が出来ます。 影響の大きそうな部分をピックアップします。 入り抜き ペンの最初と最後を細く尖らせることが出来ます。 アナログだと自然に出来るものですが、デジタルの場合は最初と最後で力を抜いて描く必要があり、うまくいかないときは設定を入れてみましょう。 アンチエイリアス アンチエイリアスについては以下の記事で解説しましたが、漫画線だと「なし」か「弱め」にすることが多いみたいです。 はみ出し防止 参照レイヤーの線からはみ出さない機能です。 どちらかと言えば色塗り用の機能ですかね。 直線の引き方について ベクターレイヤーでは、 Shiftを押しながらで真っ直ぐな線を描くことが出来ます。 ちょっとしたところなら定規の直線ツールを使わなくても問題ないと思います。 線画をきれいにするコツ 我も線画下手なので受け売りでしか言えないんですが、コツはいくつかあります。 一本線で決める• 回転させて描きやすい向きに• 長めに線を引いて消す• 影をつける• 立体感を作る影 一本線で決める はじめから終わりまで、 一筆で描きましょう。 特に髪の毛。 前も言った気がしますが、人の脳は見たいものを見るように出来ています。 何度も線を重ねるとその中で一番うまい線を勝手に拾ってしまうので、上手くならないです。 回転させて描きやすい向きに 紙だったら回して描くよね。 長めに線を引いて消す 終わりできっちり止めようとすると線が弱々しくなるので、長めに払って描ききってから消したほうがきれいに見えます。 ベクターレイヤーの「交点まで消去」を使えば後から消すのも手間がかかりません。 影をつける 影の部分、線の重なる部分に少し黒ベタを置くと引き締まります。 これが一番違い出るかも。 あとイラストで線画が強いと思ったら色を濃い茶色に変えたりしてください。 立体感を作るコツはたくさんある ここまで強調してやる必要はないですが、それっぽくするためのコツです。 色を塗るならぼかしツールを使うでしょう。

次の