楽天ポイントカード 郵送。 マイナポイント事業|楽天カード

新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

楽天ポイントカード 郵送

楽天カードの申し込み方法 楽天カードはインターネット申し込みのみ 楽天カードを作るには、楽天カードの新規申し込みが必要となりますが、その方法はインターネット申し込みから受け付けています。 店舗・店頭・電話・郵送(申し込み用紙)による申し込みは実施していない 楽天カードの申し込みは、店舗・店頭・電話・郵送(申し込み用紙)では出来ません。 楽天ポイントカードのみ店舗・店頭で作れます。 楽天カードの作り方・申し込みの流れ 楽天カードを作るために必要なもの 本人確認書類、引き落とし口座、メールアドレスがあれば楽天カードを作れます。 楽天カード申し込みの流れ step 1公式サイトへアクセス 「楽天会員の方」と「楽天会員でない方」の2つの申し込み方法があります。 楽天会員の方は、個人情報が引き継がれますので、入力が省力化されます。 step 2国際ブランドの選択 「MasterCard」、「American Express」、「VIsa」、「JCB」の4種類から選べます。 初めてクレジットカードを作られるのであれば、海外利用にも不安のない「MasterCard」、「VIsa」をおすすめします。 step 3カード種別・デザインの選択 「楽天カード」、「楽天PINKカード」とデザインを選択します。 デザインは、「MasterCard」、「JCB」のブランドが多く選択でき「お買いものパンダ」デザインや「ディズニー・デザイン(JCBのみ)」を選ぶことができます。 step 4名前入力 名前の入力をします。 ローマ字入力部分がクレジットカード券面に刻印されます。 海外では、パスポートと同じ身分証明書代わりにもなりますので、パスポートへ印字されている通りに入力しましょう。 step 5電話番号入力 電話番号を入力します。 申し込み確認のため電話が掛かってくることもありますので、必ず出れる電話番号を入力しましょう。 また、固定電話を持っている方は、固定電話の番号も入力するようにした方が審査に有利になります。 step 6メールアドレス入力 メールアドレスの入力をします。 審査結果のメールがこちらに届きます。 step 7楽天カードからのお知らせの設定 「受け取る」を設定すると、楽天カードからのキャンペーン情報を受け取れます。 step 8住所の入力 現住所の入力をします。 step 9家族・世帯人数の入力 家族・世帯人数の入力をします。 step 10居住状況の入力 持家・賃貸等の居住状況、居住年数を入力します。 step 11勤め先・学校の入力 勤め先・学校を入力します。 step 12税込年収の入力 勤め先に「お勤めの方(家賃収入等含む)」、「年金受給の方」を選択された方のみ、税込年収を入力します。 源泉徴収票をお持ちの方は、税込み年収額を記載してください。 世帯年収欄には、同居する家族がいる方は、家族全員分の年収を合算して記載してくだあい。 step 13預貯金額の入力 預貯金額を入力します。 回答したくない場合は、「申告しない」を選択することもできます。 銀行やゆうちょ銀行に預けている全ての預金残高の合計を記入しましょう。 年収が低い場合には、特に重視される項目です。 step 14請求書送付先の選択 請求書送付先を選択します。 基本は「自宅」になります。 step 15カードの利用目的 カードの利用目的は、「普段のお買い物等に利用」を選択します。 「現在のお借入れ等に利用」を選択すると審査が厳しくなります。 step 16自動リボサービス申し込み リボ払いにすると毎月の支払は一定になりますが、手数料が掛かるため「申し込まない」を選択しましょう。 step 17他社からのお借入れ金額 他社からのお借入れ金額を入力します。 嘘をつかずに正確に入力しましょう。 step 18家族カードの申し込み 家族カードを一緒に作りたい方は、申し込みをします。 クレジットカード作成後からでも申し込み可能です。 step 19ETCカードの申し込み ETCカードの申し込みをします。 ETCカードは、年会費540円が掛かります。 楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の場合は無料です。 step 20Edy機能付帯の申し込み 電子マネー「楽天Edy」機能をクレジットカードに付帯できます。 利用される方h、便利なオートチャージの設定も可能です。 step 21支払い口座の設定 利用代金の支払い口座の設定をします。 オンラインで手続きできる銀行と郵送手続きになる銀行があります。 楽天銀行と提携している銀行は、銀行印が不要で手続きができるので便利です。 銀行口座名義は、楽天カードの申し込み者と同一名義である必要があります。 楽天銀行を引き落とし口座に設定すると普通預金の金利が2倍になる特典があります。 step 22暗証番号の入力 4桁の暗証番号を入力します。 step 23勤務先情報の入力 勤務先情報を入力します。 step 24運転免許証等の確認 運転免許証をお持ちの方は、入力します。 step 25楽天会員パスワード 楽天会員でない方は、楽天会員のパスワードを設定します。 step 26口座振替手続き 最後に口座振替手続きをして完了です。 お疲れ様でした! 楽天カードの選び方 楽天カードの国際ブランド、PINKカードの選び方について解説します。 楽天カードの国際ブランドは、VISA、Master、JCB、アメックスのどれを選ぶ? 楽天カードの国際ブランドは、VISA、Master、JCB、アメックスの4種類から選ぶ事ができます。 どの国際ブランドを選ぶべきか、選ぶ方法を解説します。 海外利用なら、VISAやMastercardで使える範囲が広いので、旅行や留学を考えられている方に、おすすめします。 楽天カードと楽天PINKカードのどちらがおすすめ? 楽天PINKカードは、ピンク色のかわいいデザインが特徴です。 楽天カードとの大きな違いは3つあります。 楽天グループ優待サービス• ライフスタイル応援サービス• 女性のための保険「楽天PINKサポート」 楽天グループ優待サービスは、月額324円を支払う事で楽天市場でのお買い物が500円オフなど楽天グループで使えるクーポンを利用できます。 楽天グループをよく利用される方なら、月額料金以上のサービスを受けることができます。 ライフスタイル応援サービスは、月額324円で、映画館や飲食店などベネフィット・ワンとの提携により様々なサービスを割引価格で利用できます。 こちらも対象サービスをよく利用される方にはおすすめです。 最後に女性のための保険「楽天PINKサポート」は、女性特有の乳がん、子宮筋腫などに備えた保険に月額500円以下で入れます。 以上、楽天PINKカードは、楽天グループや特定のサービス利用をよくされる方には、よりお得になるカードとしておすすめです。 楽天カードの審査 楽天カードは、学生・主婦・パート・アルバイトでも申し込み可能 18歳以上(高校生不可)の方が楽天カードに申込可能です。 学生・主婦・パート・アルバイトの方も作れます。 楽天カードは無職でも作れるのか? 配偶者等の世帯年収が十分にある、資産が十分にある場合については、無職でも楽天カードを作れます。 資産も少なく、収入がない場合は、審査には通らないでしょう。 楽天カードの本人確認 楽天カードは、配達時に本人確認を実施ています。 配送方法は3種類あります。 佐川急便(株)「受取人確認サポート」 佐川急便のドライバーが配送時に本人確認を実施します。 下記の本人確認書類が必要です。 運転免許証• パスポート 日本政府発行のもの• 在留カード• 外国人登録証明書• 特別永住者証明書• 在籍確認の電話について まず勤務先に電話が掛かってくることはないようです。 稀に、入力誤り等があり確認のため電話があります。 楽天カードの審査に掛かる時間 概ね申し込んでから1営業日中に審査結果のメールが届きます。 土日や夜に申し込んだ場合の審査時間 休明けの1営業日内ぐらいで審査結果が届きます。 申し込み自体は、土日や夜でも問題なくできます。 手元に楽天カードが届くまでの時間 申し込みから1週間程度で手元に届きます。 楽天カードの入会キャンペーン 入会キャンペーンの内訳 楽天カードに入会すれば、5,000ポイント入会キャンペーンを実施中です。 2,000ポイント 入会特典(通常ポイント)• 3,000ポイント カード利用特典(期間限定ポイント) 入会キャンペーンの貰い方 入会特典2,000ポイントについては、楽天e-Naviで受取申請すればもらえます。 カード利用特典は、カード申込日の翌月末までに利用することで、初回利用日の翌月20日にポイントが貰えます。 こちらは、期間限定ポイントなので、期限切れになる前に使いましょう。 様々な楽天優遇サービス! 楽天カードの最大の魅力は、楽天の優遇サービスが受けられることです。 月に2回実施される楽天カード限定ポイント優遇キャンペーン(ポイント最大10倍)や楽天カード感謝デー(ポイント最大2倍)など目白押しです! 楽天カードの詳細 年会費 無料 国際ブランド VISA Mastercard JCB アメックス ポイント還元率 1.

次の

楽天カードの解約手続きと4つの注意点

楽天ポイントカード 郵送

近年、インターネット上で買い物をする人が増えてきており、パソコンやスマートフォン、携帯電話などでサイトにアクセスして欲しい商品を検索し、住所や氏名などの情報を入力して購入ボタンを押すだけで買い物ができるようになっています。 インターネットサイトで買い物をすると商品は郵送で届くので、重たい商品を店舗から持って帰る労力も必要なく、さらに天候などに左右されることなく買い物をすることができます。 インターネット上で買い物をする際には、インターネット上にある個別の店舗で買い物をすることもできますが、 「ネットショッピングモール」と呼ばれる、実際のショッピングモールのように色々な店舗が1つのサイト上に集まっているサイトがあり、 複数の店舗にある商品の値段を比較したり、 欲しい商品を1つのサイトでまとめて購入することで配送先の情報を個別に入力する手間が省けたり、サイトによっては サイトの利用によりポイントが貯まるので、よりお得に買い物をすることができます。 ネットショッピングモールには「Amazon」や「Yahoo! ショッピング」「楽天市場」などの大手サイトがあり、中でも 楽天市場 は約4万店以上、商品数も約2億種類と幅広いジャンルや商品の中から買い物をすることができるサイトです。 また楽天は独自のポイントプログラム 「楽天スーパーポイント」があり、ポイント率がアップするキャンペーンの機会も多く、買い物をすることで貯めたポイントは楽天での利用に使えるので、楽天で買い物をする人にとって利用するほどお得になるサービスも充実しています。 楽天市場の支払い方法 楽天では買い物の方法として、郵送時の代引き(現金)やクレジットカード決済、銀行振込、電子マネーに加えて、 プリペイドカードのようにあらかじめ購入しておくことで、ネット上の楽天市場や楽天グループで使える 「楽天ポイントギフトカード」 も販売しています。 ギフトカードという名前が付いているものの、商品券のようにプレゼントとして渡すだけではなく自分で購入してネット上でチャージすることが可能になっています。 楽天ポイントギフトカードを購入する方法 楽天ポイントギフトカードは全国にあるセブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニエンスストアやドンキホーテなどのディスカウントストアで購入することができ、店頭でカードを購入後に楽天市場のウェブサイトで購入したカードの金額分をチャージして利用します。 楽天ポイントギフトカードとは 楽天公式サイトより カードの種類 金額固定タイプ 3,000円、5,000円、10,000円の3種類 金額指定タイプ 1,500〜50,000円の間で好きな金額を購入 楽天ポイントギフトカードの特長 楽天ポイントギフトカードは、 楽天グループで使えるポイント「楽天スーパーポイント」を1ポイント=1円で購入して利用するタイプのプリペイド式のカードです。 ネットショッピングの際、 現金で支払うためには銀行振り込みや代引きなど手数料が必要になってしまいます。 そのためクレジット決済やポイント支払いを選択する人も少なくありません。 またあらかじめ金額を決めておいてネットショッピングを楽しみたい時にもポイントギフトカードを利用すれば、使い過ぎを防止することができます。 楽天ポイントギフトカードの注意点 楽天ポイントギフトカードで購入した楽天スーパーポイントの有効期限は、楽天ポイントギフトカードを店頭で購入した日から6ヵ月間となっています。 さらに 1か月で利用できる上限ポイントは10万ポイント(10万円分)、1回の決済額の上限が3万ポイント(3万円分)となっています。 合わせて、楽天ポイントギフトカードを紛失した場合の再発行や返金、換金などはすることができないので、ポイントの失効をしてしまわないためにも購入したい金額に合わせて利用するようにしましょう。 購入したカードのチャージ方法 楽天ポイントギフトカードの公式ページから「ポイント受け取り画面に進む」をクリックします。 楽天IDを既に持っている方はIDとパスワードでログインします。 初めて楽天グループを利用する方は会員登録を行いましょう。 購入したポイントギフトカードの裏面に記載されているPIN番号を入力し、「ポイントを受け取る」をクリックしてチャージします。 楽天ポイントギフトカードをお得に購入する方法はあるか? 楽天ポイントギフトカードはコンビニエンスストアでも購入することができますが、 ほとんどの店舗で購入の際にクレジットカードでの決済ができず、現金のみに限定されています。 かつてディスカウントストアのドンキホーテでは、現金だけではなくクレジットカードでも楽天ポイントギフトカードを購入することができて、楽天のクレジットカード「楽天カード」を利用することでお得に購入することができましたが、それも近年では利用できなくなりました。 まだ一部の店舗では「maj! 利用金額に応じて、ドン・キホーテ及びmajica加盟店で利用できるポイントを取得できるので、現金で購入するよりお得に購入できます。 しかし、すべてのギフトカードを現金払いのみとしている店舗の方が多いようです。 デメリット• ポイントに有効期限がある。 利用上限額があるため大きな買い物をしにくい。 楽天カードと異なり、利用額に応じたポイント加算がない。 楽天グループやネットショッピングでの買い物の機会がある方は勿論ですが、クレジットカードの利用ではつい買い物をしすぎてしまう方や、クレジットカード利用額の管理が得意ではないという方には 楽天ポイントギフトカードを利用してネットショッピングをすると金額の上限管理がしやすいです。 また、特にクレジットカードの情報をインターネット上で入力するのが不安だという方にも利用しやすいので、そのような方に楽天ポイントギフトカードがおすすめです。 楽天市場でお買い物するなら楽天カードがお得 楽天市場でお得にお買い物をしたいなら、 利用額に応じてポイントがキャッシュバックされる楽天カードがおすすめです。 ポイント還元率が高いだけでなく、付帯サービスも充実しているのでぜひチェックしてみてください。

次の

マイナポイント事業|楽天カード

楽天ポイントカード 郵送

楽天ポイントカードは、楽天スーパーポイントを貯めることができるカードです。 コンビニやドラッグストアなど、街のお店での買い物に提示することで、ポイントが貯まる仕組みです。 これまでお買い物やフリマ、旅行や銀行など、楽天サービスで楽天スーパーポイントを貯めていたという方も多いでしょう。 楽天ポイントカードを作れば、さらにポイントゲットの機会が増えるのです。 ポイントの付与率はお店によって違うので、付与率の高い店を探してみるのもよいかもしれません。 楽天ポイントカードには複数の種類がありますが、基本的な楽天ポイントカードは加盟店で無料配布されています。 加盟店にはマクドナルドや家電のJoshin、ドラッグストアのツルハグループなどが含まれています。 加盟店は数多くあるので、公式サイトでチェックして手に入れるとよさそうです。 レジの脇、もしくは商品棚に置いてあり気軽に入手できるお店もありますが、レジまわりに設置がなかった場合には気軽に店員さんまで尋ねてみると良いでしょう。 楽天ポイントカードは、ほかにも楽天Edy機能が付いたものや、クレジット機能が付いたものもあります。 楽天Edy機能付きのカードは、楽天ポイントカードと楽天Edy機能が一体になったもので、電子マネーも同時に始めたいという方におすすめです。 さまざまなキャラクターがデザインされたものを選ぶことも可能です。 お店での支払いに楽天Edyを使えば、楽天ポイントカードを提示した分とは別に、Edyで支払いをした分のポイントが受け取れます。 楽天カードや楽天PINKカードなどのクレジットカードも楽天ポイントカードとして使えます。 Edyの場合と同じように、提示して得られるポイントと、楽天カードで支払うことで得られるポイントの両方を獲得可能です。 カード以外にも、楽天グループのアプリを使用することでスマートフォンを楽天ポイントカードのように使うこともできます。 アプリからバーコードを表示できるので、それをお店での支払時に提示して使います。 楽天ポイントカードを手に入れたら、忘れてはいけないのが利用登録。 登録しないままだと、ポイントが失効してしまうことがあります。 最後にポイントを獲得した日から12カ月で失効してしまうので、早めに登録の手続きを済ませましょう。 楽天ポイントカードの利用登録はWebページから行います。 パソコンかスマートフォンがあれば、短時間で登録完了できます。 まず、楽天ポイントカードのサイトにある「楽天ポイントカード利用登録」というバナーをクリックします。 所定の箇所に楽天会員のユーザIDとパスワードを入力してログインすると、利用登録の画面に移りますので、楽天ポイントカード番号(16桁)とセキュリティーコード(7桁)を入力します。 この数字は、楽天ポイントカード裏面で確認可能です。 ただしEdy機能が付いた楽天ポイントカードは注意が必要。 カード裏面には楽天ポイントカード番号とともに、Edy番号も記載されているので、間違わないように入力してください。 入力内容の確認と、利用規約への同意をすれば登録完了です。 なお、楽天カードと楽天ポイントカードアプリの場合は、登録不要となっています。 それでは、楽天ポイントカードが使えるお店を探しましょう。 もちろん公式サイトなどで見つけることもできます。 しかし、街ナカを歩きながらでも、発見することは可能です。 ステッカーやのぼりが目印となっているので、いつも歩いている場所で楽天ポイントカードが使えるショップを発見することがあるかもしれません。 楽天ポイントカードの公式サイトによれば、現在進行形で使えるお店が増えています。 街でのお買い物に使えるお店を、いくつかピックアップしてみましょう。 例えば不二家は、ケーキや洋菓子のお店です。 レストランや喫茶店のように飲食できる場合もあります。 不二家では、楽天ポイントカードを無料で配布しているので、立ち寄ってみるとよいでしょう。 また、使えるお店をチェックしていて目立つのが書店です。 全国のさまざまな書店が加盟しています。 最近はネット通販や電子書籍の形などで購入することが多くなっていますが、実店舗で紙の本を購入する人も変わらず存在しています。 ポイントが貯まるということが書店を利用するきっかけになるかもしれません。 もちろん、このほかにも飲食店やドラッグストア、美容室やガソリンスタンドなど多くのお店で利用可能です。 このように、楽天ポイントカードを持っていれば、街ナカにある多くの店舗でポイントを貯めることができます。 とは言え、ポイントは貯めるだけのものではありません。 1ポイントは1円相当で、現金の代わりとして支払いに使えます。 必要な買い物にポイントを利用するのも節約になります。 また、「ポイントが貯まったら買う」という条件を付けることで、欲しいものがあるときに衝動買いの抑制に活用するのもよいアイデアです。

次の