くれぐれも。 【どうかくれぐれも】の例文集・使い方辞典

【どうかくれぐれも】の例文集・使い方辞典

くれぐれも

仕事をする上で当たり前のようにビジネスマナーはきちんとしておきたいものです。 目上の方には特に失礼のないよう正しい敬語や心遣いが出来るようにしておくべきです。 「くれぐれもご自愛ください」の言葉の意味は冒頭で説明した通り相手方の健康を願う意味を持った言葉です。 忙しい上司や先輩へ心遣い、大切なお客様など、目上の方へ失礼のないように伝えることがベストです。 「くれぐれもご自愛ください」の言葉を使うタイミングですが、体調が崩れやすい季節の変わり目や、忙しく休む暇もない姿を知ったときなどとなります。 またすでに体調を崩して病気をしている状態のときに「くれぐれもご自愛ください」という言葉は適してはいません。 くれぐれもご自愛くださいの使い方|注意点1 「くれぐれもご自愛ください」という言葉の使い方でよくある間違いがあります。 1療養中の方へ伝える。 2「お体ご自愛ください」と伝える。 この二点は言葉の意味として伝え方として間違った日本語です。 しかし「ご自愛」の意味は「体調を崩さないように」という意味をもっています。 それゆえ、すでに体の調子を崩している人に伝える言葉としては、間違った使い方となるのです。 療養中の方への言葉は「お大事にされてください。 」や「一日も早い回復を願っています。 」という言葉に変え、元気や健康を願うお見舞いの言葉を伝えることができるようにしておきましょう。 くれぐれもご自愛くださいの使い方|注意点2 「くれぐれもご自愛ください」と伝えるシーンは体調を崩しやすい時期やその人の多忙な姿を見受けた時などです。 「お忙しそうですが、お休みの日などありますか?くれぐれもご自愛ください。 」と「~くれぐれもご自愛ください」と前置きを置いて伝えるようにするといいでしょう。 冬~春にかけての「くれぐれもご自愛ください」の伝え方は「最近、気温差が激しいですね。 くれぐれもご自愛ください。 」「寒かったり暖かかったりしますね。 くれぐれもご自愛ください。 」「春になってくると花粉が辛いですよね。 くれぐれもご自愛ください。 」など花粉症の方へも気をつけてくださいねという意味で使うこともできます。 また夏~秋、冬にかけての「くれぐれもご自愛ください。 」の伝え方ですが、「寒くなってくるので、くれぐれもご自愛ください。 」とその季節の体調を崩しやすい時期にあった言葉を選んで、言葉の最後の締めくくりに使えるようにしましょう。 「くれぐれもご自愛くださいね」の使い方 「くれぐれもご自愛ください。 」と目上の人に使うと失礼に当たるのではないかと、不安に思う人もいるようですが問題ありません。 目上の人に関わらず「くれぐれもご自愛ください。 」と言葉をかけることは老若男女問わず使用していい言葉です。 しかし、相手方との距離感や互いの立場、そしてその時のシーンなどに合わせ使えるように気をつけておかなければなりません。 あまり多様してみたり、挨拶代わりのように使用してしまうと胡散臭く感じられてしまう場合もあるので注意が必要です。 また「くれぐれも」と言葉をそえている場合は特に「自愛」を強調している表現にあります。 季節や時期もですが、相手の環境や状況などをきちんと見て使うようにしましょう。 年賀状は新年初めの大切な挨拶状です。 きちんとした言葉で気持ちを伝えたいものです。 「くれぐれもご自愛ください。 」と伝えるにふさわしい挨拶状でもあります。 いくつか例文を紹介していきます。 昨年は大変お世話になりました。 今年も宜しくお願い致します。 寒い日が続いてまいりますので、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 昨年はお世話になりました。 今年度も宜しくお願い致します。 ご家族の皆様とのご多幸をお祈りいたしております。 まだまだ寒さの厳しい季節です。 くれぐれもご自愛されてくださいね。 」 と、新年の挨拶の後に「くれぐれもご自愛ください」と言葉を添える形で使うといいでしょう。 くれぐれもご自愛ください|先輩への年賀状の使い方 職場の先輩への年賀状での「くれぐれもご自愛ください」の使い方を紹介します。 身近な存在にあったとしても、親しき仲でこそきちんと挨拶状などでの言葉を送ることができると、信頼度も増していきます。 「謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は格別のご厚情いただき心より感謝しております。 本年度もご指導ご助言のほどよろしくお願い申し上げます。 寒い日が続きます。 くれぐれもご自愛ください。 」 「新年。 明けましておめでとうございます。 昨年はご多忙にも関わらずご厚情いただき感謝しております。 本年もご助言いただくことがあると思いますがご指導のほどよろしくお願いいたします。 まだまだ寒さが厳しい日が続いております。 くれぐれもご自愛ください。 」 くれぐれもご自愛ください|ご無沙汰している方 あまり顔を合わせることのできない仕事上での目上の上司や、お客様への「くれぐれもご自愛ください」の年賀状での使い方を紹介します。 顔を合わせることが少なくなってしまいながら、お世話になっている目上の方には失礼のないように、年賀状を送れるようしておきましょう。 書き方としては、まずは「ご無沙汰」していることの「挨拶」を忘れないようにすることです。 そして「くれぐれもご自愛ください」と健康を気遣っている言葉を伝えるように書いていきましょう。 「明けましておめでとうございます。 ご無沙汰しておりますがお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。 厳寒の折、風邪など召されませんようくれぐれもご自愛ください。 」 「謹賀新年。 ずいぶんお会いすることができずにおりますが、お元気でいらっしゃいますでしょうか?ご多用と存じますのでくれぐれもご自愛くださいませ。 」と労いの言葉を入れてもいいでしょう。 七月に入ると梅雨明けの報道が各地ではじまり、夏が本格的に始まります。 また暑中お見舞いを送りはじめる月となります。 忙しいサラリーマンにとって外回りは炎天下の中厳しい時期ともなってきます。 「暑中お見舞い申し上げます。 夏空が眩しく感じられるころとなりました。 猛暑の折、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」「暑さも本格的となりビールが美味しい季節になりました。 炎暑しのぎがたい時でもありますので、くれぐれもご自愛くださいませ。 」 続いて八月の例文の紹介です。 残暑見舞いを送る月です。 送る時期としては立秋を過ぎた頃となります。 8月7日頃ですが、毎年日にちが変わるので注意してください。 「残暑お見舞い申し上げます。 クーラーが大活躍する今日この頃。 いかがお過ごしでしょうか。 夏バテなどなさいませぬようくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」 くれぐれもご自愛ください|秋の暦編 11月になると冬に向けての寒さも増し、さまざまな感染症も流行りだします。 また12月は師走となり年末に向けビジネスマンはもちろんのこと、人々それぞれが慌ただしい月でもあります。 仕事の忙しさも増し、忘年会や新年に向けての業務に大忙し、「くれぐれもご自愛ください」と伝えたいときです。 まずは11月の例文の紹介です。 「朝夕と冷え込みが際立ち寒さへ向かう季節がやってまいりました。 近づく冬を元気に過ごすことができますよう、くれぐれもご自愛ください」「 寒さに向かう折柄風邪など召されておりませんでしょうか?一層の冷え込みへと向かう季節です。 くれぐれもご自愛くださいね。 」 続いて12月の例文です。 「師も走り回るほどの忙しいとき。 いかがお過ごしでしょうか。 ご多忙とは存じますがくれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 」「師走を向かえ気ぜわしい日々かと存じます。 くれぐれもご自愛くださいませ。

次の

「くれぐれも」の意味と使い方・例文・目上の人への使い方|ご自愛

くれぐれも

わたしたちの人生でどんなひとの幸福も平和も、それをうばう力との闘いなしにわがものとならないことは、あんまりはっきりしていると思います。 あなたの職場へわたしがいった頃あそこにいた人たちに、どうかくれぐれもよろしく。 そしてわたしのこの手紙をよませてあげてください。 … 宮本百合子『ファシズムは生きている』 より引用• どうかくれぐれもその肖像画をごらんにならないでください。 スタンダール『赤と黒』 より引用• 諸君が諸君の国是を世界の涯まで弘めることができるのは、ただ兵戈によってのみである。 この決意を実行に移す前には、どうかくれぐれも十字軍の失敗を思い起していただきたい。 敵がラインの彼方にあるときは、ひたすら諸君は国境を守り、決して国内を離れてはならない。 … サド/澁澤龍彦訳『閨房哲学』 より引用• これがわたくしの身の上でございます。 どうかくれぐれもお気をつけになって、うっかり秘密を洩らさないように、お願いします。 … 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』 より引用• お体、どうかくれぐれもお大切に。 宮本輝『錦繍』 より引用• 本のこともすぐ計らいます。 どうかくれぐれもお大切に。 お元気なのは分って居りますが家のもの、友人たちは本当に心配して居ります。 … 宮本百合子『獄中への手紙』 より引用• あなた、お察しください、いつだってこんな不幸に見舞われるんですよ! どうかくれぐれもよろしくお伝えくださいますように。 … ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(上)』 より引用• 世間の苦労も、まして、水俣病の苦労は、なにひとつ知りません、なにをやりだしますことか、いろいろご相談せねばなりません。 どうかくれぐれもご指導をいただき、お見守り下さい。 … 石牟礼道子『苦海浄土』 より引用• 以上、今回の御差し入れに対する御礼に兼ねて、いままで欠礼致しておりました年間の御礼を総括しての御礼まで申しあげさせていただいた次第です。 所外で色々ときめこまかな御支援をいただいております多くの皆様方にも、どうかくれぐれもよろしくお願い申しあげます。 暖冬気味とは申しながら、冬本番はこれからの季節ですので、どうかくれぐれも御自愛専一を心がけて、御越年のほど、心からお祈り申しあげます。 … 大塚公子『57人の死刑囚』 より引用• 所外で色々ときめこまかな御支援をいただいております多くの皆様方にも、どうかくれぐれもよろしくお願い申しあげます。 暖冬気味とは申しながら、冬本番はこれからの季節ですので、どうかくれぐれも御自愛専一を心がけて、御越年のほど、心からお祈り申しあげます。 … 大塚公子『57人の死刑囚』 より引用• この高い天窓からでも、あの大きい暖炉からでも、自由自在に出て行かれます。 ついてはどうかくれぐれも、恩人「ぽうろ」の魂のために、いっさい 他言 たごんは 慎 つつしんでください。 … 芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』 より引用.

次の

【どうかくれぐれも】の例文集・使い方辞典

くれぐれも

学校の国語で敬語を学びますが、実際の場面で聞いたことのないような敬語に出くわしたり、勉強した敬語以外にも独自のマナーや常識があったりと、そのルールの奥の深さに驚かれた方もいらっしゃるのではないのでしょうか。 日本語はそのルールや規則以外にも、「詫びさび」や「奥ゆかしさ」「謙遜」といった独特の暗黙の了解のようなものが存在します。 その複雑さから、日本語は世界の中でも困難な言語のうちのひとつと言っても過言ではないでしょう。 尊敬表現と謙遜表現 日本語では「相手に対しては持ち上げる言葉を使う」「自分に対してはへりくだる言葉を使う」ことが良いとされるマナーがありそれが「尊敬語」と「謙譲語」にあたります。 動詞はもちろんの事、名刺などにも反映されています。 【例】 ・つまらないもの(お口汚し)ですが (贈り物を渡すとき) ・不束者ですが (自分の子供などに使う) 「つまらないもの」としつつ実際は吟味して選んでいるし、「ふつつかな娘ですが…」と言いながら自分の子に対して本心ではないことが多いです。 そんな言い回しのひとつに「お気遣いなく」という言葉があります。 今回はこの「お気遣いなく」というセリフについてその意味や使い方をご紹介していきます。 「お気遣いなく」の意味 「お気遣いなく」を使うシーンとして思い浮かぶのが、訪問先などでお茶やお菓子などを出されたときでしょう。 日本では迎える側が訪問する側をお茶などでもてなすのが一般常識とされており、これは両者の関係にかかわらず、訪問側の確認を得ずに行われます。 そのため、この時の「お気遣いなく」は、拒絶や断りの意はなく「ありがとうございます」と同等レベルの返しと言えます。 「ありがとうございます。 これ以上のお気遣いは結構ですよ」といった、相手を思いやる気持ちを短く凝縮した一言です。 先回りしすぎてお茶の準備を始めた段階でこう言ってしまうと、厚かましい印象がありますので、お茶を出された時や聞かれた時など相手からアクションがあったときが、使うタイミングでしょう。 断る意味での使い方 他に「お気遣いなく」は、どういったときに使われるのでしょうか。 例えば、おなかがいっぱいなのにお代わりをよそわれそうなときなど、ありがたいけれどさまざまな理由でそれを断る際の、やんわりとした日本語的な表現として使うかたもいるでしょう。 「いりません」や「送らなくてよいです」などはっきりと断ってしまうと、言われたほうは厳しく拒絶された印象を受けます。 「結構です」「大丈夫です」などのあいまいな断り文句と同様、「お気遣いなく」もそのような使われ方をします。 回りくどく鬱陶しく感じる方もいるかでしょうが、友人や親しい知人を除いては、自然と使えるようにしておきましょう。 「お気遣いなく」は目上に失礼な言い方? 目上の人に対して「お気遣いなく」を使うのは失礼にあたるのでしょうか。 「お気遣いなく」は後に続くはずの動詞が省略された簡略化された文章ですので、本来は上の立場の人に掛ける言葉ではありませんが、口語で使う場合はあまり問題視されません。 このような例にはほかにも ・良いお年を(お迎えください) ・お大事に(なさってください) などのような言葉があります。 「気遣いをする」がもともとの語となりますので、目上にも使える敬語表現にするためには ・「お気遣いなさらないでください」 ・「お気遣いないようお願いします」 などが文章では最適です。 文頭に「どうぞ」などの言葉を付けると、より柔らかな表現になります。 「お気遣いなく」の類義語と使い分け 決まった言い回しとは言え、謙虚な姿勢が美徳の日本人ですから、「お気遣いなく」と同じような意味合いの言葉はほかにも存在します。 言い換えに適した表現や、その使い方をご紹介します。 お構いなく 「お構いなく」も同じくらいによく耳にするセリフです。 直接違約すると「構わないでください」=「放っておいてください」のようにも思えますが、「お」が付くことによって相手を思う文章になり、かつ「お気遣いなく」と同じ意味合いのセリフとして定着していますので勘違いをされたり、失礼にあたることはありません。 断るときの使い方として「お気遣いなく」にかぶせて使うことで協調することも可能です。 「お気遣いなく、本当にお構いなく」まで言われれば相手も引くことができるでしょうから、歓迎が熱烈すぎて困ったときは同時使用も効果的です。 迎え入れる側が謙遜する表現として「お構いもしませんで」というのも定型です。 お気になさらず こちらは訪問時などの決まった時ではなく、相手に気を遣ってもらえた時に返す言葉です。 「お気遣いなく」や「お構いなく」にくらべて幾分かやんわりとしたニュアンスになります。 また、ただ気遣われた時にも使うことはできますが、相手が自分に手間を掛けさせてたり迷惑を掛けたりしたときの謝罪などの返しに対しても自然に使える語句です。 こちらは、この段階では本音なのか社交辞令なのかはまだ判断がつかない段階ですので、それほど一生懸命に返す必要もありません。 「ありがとうございます、どうかお気遣いなく」程度の返答にとどめておきます。 相手が本気であれば、後日日程などの打診がありますし、社交辞令であればあなたの「お気遣いなく」を聞いて安心して引いたと考えてください。 お祝いとしてプレゼントなどを渡された場合は、断るのは失礼ですので「お気遣いなく」よりは「お気遣いいただいてしまってすみません、ありがとうございます」などありがたく感じている形に変換しましょう。 お返し 反対に、贈り物をしたときなどにお返しをしてくれる丁寧な人もいますので、そのような方にお返しはいらない旨を伝える時にも「お気遣いなく」も活用できます。 お祝いに食事会などの際、「今日はありがとう、今度お返しするね」などの会話があった時に「ほんとに?ありがとう」と返してしまうと、相手は「お返ししなくては」と考えてしまいます。 相手に気を遣わせたくなければ「お気遣いなく、そのうちにね」など、「お返しはなくてもかまわない」くらいのニュアンスを含んだ返答がスマートです。 お礼・礼状 お礼をするときや礼状を送るときには、相手の気遣いを受けた後ですので基本的には「お気遣いなく」という言葉は不釣り合いでしょう。 この場合は「お気遣いありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えるようにしないと、場合によっては「迷惑だったのかな」と感じる相手もいますので注意が必要です。 いつも行くたびにいろいろなものを用意されて申し訳ない、ということであれば「次回はどうぞお構いなく」などやんわりと添える程度にしておきましょう。 お土産 どこかに訪問するときには、状況にもよりますが、手土産を持っていくのが常識というシーンもあります。 そのときには「つまらないものですが(お口汚しですが)、お納めください」などの言葉をそえますが、だからと言って断るのは逆に失礼になります。 お茶を出していただいた時と同様「お気遣いなく」「お気遣いいりませんのに」と言いながらもありがたく受け取るのが一般的です。 お中元・お歳暮 お中元やお歳暮は相手からの「あなたにはお世話になりました」という気持ちの表れです。 そのため、お中元やお歳暮を断るのは大変に失礼な行為になりかねません。 持参してもらった場合はお土産同様「お気遣いなく」と遠慮を見せながらもよろこんで受け取りましょう。 郵送の場合は到着したら礼状と同じように「お気遣いありがとうございます」との連絡を入れます。 お中元やお歳暮は「気遣い」というよりも「お世話になりました」という意味合いですので遠慮のし過ぎは逆効果です。 お茶 一番使われる機会が多いと思われるのがお茶を出していただくシーンです。 先ほど申し上げたとおり、日本では迎える側が訪問する側をお茶などでもてなすのが一般常識とされているので訪問先でお茶が出されて驚くことはないでしょう。 しかし、それを当たり前とするのは失礼ですので、一言「お気遣いなく」というだけでお茶を出すよう指示した人、そして実際に淹れてくれた人の労を労うことができます。 「ありがとうございます」「すみません」と言う人も多いですが、より日本的な奥ゆかしい表現ですのでぜひ使ってみてください。 差し入れ 手土産ではなく「差し入れ」は近しい人へ単なる好意でされるものですので、例えば、上司から部下へ、や、先輩から後輩へ、など気を遣いすぎない関係間で行われることが一般的です。 取引先から「差し入れ」といただくときは、相手があなた(あなたの会社)のことに親しみを持ってくれている証拠です。 「喜んでほしい」という気持ちから行う人が多いので、畏まって遠慮しすぎるよりは、素直にうれしい気持ちを出したほうが喜ばれるでしょう。 あなたがその集団をまとめる立場(店長や部長など)であった場合は、「お気遣いありがとうございます、みんな喜んでいます」と丁寧にお礼を伝えましょう。 メール・手紙の「お気遣いなく」の書き方と例文.

次の