ウーバーイーツ 夜。 「ウーバーイーツと夜職ってどっちが稼げる?」どっちも超楽勝?月50万稼ぐ仕事紹介。

ウーバーイーツの営業時間は何時から何時まで?配達パートナーが働ける時間は?

ウーバーイーツ 夜

ウーバーイーツは、スマホのアプリひとつで料理や食品などの商品を届けてくれる、大変便利なサービスとして今とっても話題ですよね。 利用する人はもちろんですが、配達員は個人で登録していて、空いた時間を利用して稼ぐことができることから、配達員に登録する人も増えているようです。 高校生でバイトデビューをしたいなと思っていて、プライベートを大事にしながら空いた時間を利用した働き方をしたいと考えたとき、今流行りのウーバーイーツも候補の一つになり得ます。 ただ、高校生が登録するとなると気になってくるのが、年齢制限や決まりなど制約があるかどうかというところです。 ウーバーイーツは高校生が働けるのでしょうか。 また、働けたとしても知っておくとよいことはどんなことなのでしょうか。 一緒に見ていきましょう。 ウーバーイーツの高校生が働ける条件 ウーバーイーツの配達員は、業務を個人に委託するという形になるので、 登録できるのは18歳以上という条件があります。 つまり、高校生でも18歳の誕生日が過ぎていれば登録できるということになります。 ただし、 登録時に身分証明書が必要になりますが、 学生証は無効なので免許証で確認を取ることになります。 18歳といえば高校3年生です。 ということは、ウーバーイーツは高校に入学してすぐアルバイトを始めようと思っている人には、残念ですが利用できません。 ただ、高校受験が終わって大学に入学するまでの間、空いた時間を有効利用しようと思っているという人にはお勧めできると思います。 ただし、身分証のことを考えると実質は原付か自動車の免許証を持っている人という条件つきではあります。 どのように仕事をするの? 簡単に言うと、ウーバーイーツの配達員は自転車やバイクで、 ウーバージャパンと契約している店舗の料理や食品を届けるのが主な仕事です。 仕事の流れとしては、ネットで注文が入ったら注文が入ったお店は、料理や食品を作ったり用意し、届けてくれる配達員を探す通知をウーバーの配達用アプリに送ります。 仕事を受けた配達員は、配達するものをお店へ取りに行き注文した人に届け、届け終わったらそこで業務が完了し、報酬が発生するという流れです。 ウーバーイーツで働く上で知っておきたい気を付けること 高校生のあなたが、いざウーバーイーツに登録して働くことになったとき知っておきたい気を付けるべきことが何点かあります。 夜遅くまで活動しない 法律で18歳未満は22時から5時までは働くことができないと決められています。 それもそうですが、基本的に高校生は学校の方からも、夜遅くに出歩いていると補導の対象にもなるので、22時には家に帰れるように配達時間を考えましょう。 税金について ウーバーイーツの配達員は、アルバイトとは違い、業務を個人に委託するという形の業務形態です。 そして、ウーバージャパンと あなた自身が業務提携をして働く完全出来高制となります。 それはつまり、あなた個人が事業主であり、アルバイトでは会社がやってくれている給料面の管理を自分で行わなければなりません。 税金も、アルバイトでは給料から計算して勝手に引いてくれていますが、自分で納めなければいけません。 自分で税金を納めるなんてどうすればいいの?と思いますよね。 3月頃、テレビを見ていると「確定申告お早めに」というような宣伝を見たことがありませんか? そう、その確定申告こそが税金の調整なのです。 経費を省いた 1年間に稼いだお金が、合計で38万以上か、他にも アルバイトなどで稼いでいる場合は、1年間に20万円以上稼いだ場合に確定申告しなければなりません。 逆に言うとこれを越えなければ確定申告の必要はないので、 これを超えないように働くのが一番楽かもしれません。 ただ、越えても構わないからたくさん稼ぎたいという人は、親の扶養からも外れてしまうので、親とも相談してしっかりと話し合ってから決めたほうが良いと思います。 扶養を外れて税金を払ったのと扶養内で働くのとでは、稼ぐ金額によっては扶養内ギリギリで働いたほうが、税金を引かれることを考えると沢山お金がもらえる場合があります。 それを考えると高校生が扶養を外れても、明らかに利益を出せるほどがっつり働けることは難しいと思うので個人的には扶養内で働いたほうがいいと思います。 研修や教えてくれる人は基本的にいない ウーバーイーツに登録した時点であなたは個人事業主です。 責任もアルバイトよりはかかってきます。 ウーバーイーツはアルバイトのように研修があったり、上の人が教えてくれたりすることはありません。 スケジュール管理やクレーム対応などもすべて自分が責任をもって行うことになります。 このようなことをすべて自分で請け負うのは自信がないという人には、お勧めできない仕事かもしれません。 勤務中の事故に注意 ウーバーイーツでは、 配達中のケガや事故についても基本的には自己責任です。 今までは何も保証がなかったのですが、2019年頃からウーバーイーツが提携する保険もでてきたので少しは働く上での安心材料は増えたと思います。 ただ、高校生で働く時期は就職や進学を控えている大事な時期ですので、未来を台無しにしないためにもケガや事故の内容に十分注意して働くことが大切です。 あくまで学業が優先 高校生の一番の仕事は学業です。 人それぞれ事情があるかもしれませんが、それに影響するほどの仕事をすることは本末転倒だと私は思います。 そこだけは忘れないようにスケジュールを考えましょう。 ウーバーイーツのいいところ 今まで働く上で気を付けることばかり言ってきましたが、やはりこの仕事をする上でのメリットもあります。 ウーバーイーツは、 自分の都合に合わせて好きな時間だけ自由に働くことができ、慣れてくると時給2000円以上稼ぐことも可能です。 また、 報酬は週払いなので、すぐにお金がもらえるところも、すぐにお金が欲しいとき助かります。 配達は一人で行うので、職場での 人間関係がほとんどないところも気が楽に仕事ができるところも魅力です。 こういうメリットがあるからこそ、登録する人も増えているのだと思います。 まとめ• ウーバーイーツは 18歳以上で免許証を持っていれば高校生でも働くことができます。 ウーバーイーツの配達員は自転車やバイクで、 ウーバージャパンと契約している店舗の料理や食品を届けるのが主な仕事です。 働く上で知っておくべき気を付けることは、 夜遅くまで活動しない、税金など給料面の管理も自分でする、研修もなくスケジュール管理やクレーム対応も自分でする、勤務中の事故やケガに注意する、あくまで学業を優先するということがあります。 ウーバーイーツのいいところは、 自分の都合で自由に働ける、慣れると高時給も期待できる、すぐにお金になる、人間関係が楽ということなどが主なメリットです。 個人的にはウーバーイーツで高校生が働くにはハードルが高い気がしました。 しかし、仕事環境がすべて自分次第で変わっていく責任のあるこの仕事は、とてもやりがいがあり、よい社会勉強になる一面もあると感じます。 ウーバーイーツをやってみようというあなたに、この記事が少しでも参考になればうれしいです。

次の

【実録】福岡で始まったウーバーイーツを使ってみた話

ウーバーイーツ 夜

こんにちは!のちねむです!今年もまもなく終わりますね。 令和元年のウバ活はいかがでしたでしょうか。 気温もグッと下がり、鳴りのムラが少なくなってきたと感じたのは僕だけではないはず!どうせ春先はまた鳴りが悪くなっちゃう気もするのでしっかり防寒対策をして、忘年会代、クリスマスプレゼント代を稼いでいきたいとこですね! 防寒対策の記事はこちら さて今回は「朝活、夜活はウーバーを制す」という内容について書いていきたいと思います。 元々ピークタイム以外は稼げないし非効率だと思ってたのですが、ある日たまたま次の日のクエストの負担を減らそうと思い、夜遅い時間に稼働した事がありまして割とありだなーと感じる事が多かったので、お伝えしたいと思います。 気楽に参考にしていただければと思います。 朝活、夜活とは? すでに実践されてる配達員の方は多数いらっしゃると思います。 専業の方や本業の前、仕事終わりに稼働してる方が多い印象ですね。 朝活 午前8時頃~ピークタイム直前11時頃までの稼働を指します。 出社前の朝ごはんが食べたい方や、夜勤終わりの小腹を満たしたい方の注文が入る時間帯です。 夜活 ブーストが終わる 21時頃~深夜1時頃までの稼働を指します。 仕事が終わるのが遅い方、晩ご飯が早く、小腹がすいた方の夜食などの注文が入る時間帯です。 この2つの時間帯を制する事で月の売上が上げやすくなります。 朝活、夜活のメリット ライバルとなる配達員が少ない 他の配達員がまだ起きてない朝、鳴り止みやクエストクリアで早々と退散する配達員が増える夜遅い時間帯はチャンスでございます。 マクドナルドだけで 時間6件回れた配達員の方もいましたよ!ただし、配達員が少ないため、遠くの店からも呼ばれやすくなるので、応答率にも気を配りましょう。 応答率が悪すぎると、ピークタイムの鳴りにも響いてくる可能性がありますので。 交通量が少ない 油断は禁物ですが、事故リスクは日中や帰宅ラッシュに比べて人や車が少なく事故リスクが下がるので、安全に稼働しやすくなります。 配達に要する時間が短縮できるのは大きなメリットですね。 配達員不足によるヒートマップ(シミ)の出現 ピーク時だけでなく、配達員にエサをまく感覚で運営が投入してくるシミ。 しっかり鳴りやすいエリアで稼働しておいしく頂きたいところ。 北区の一部や中央区、浪速区は出現率が高いです。 ただし朝活、夜活時間帯のシミはコロコロ形と範囲を変えてくるので 狙い過ぎは禁物です。 どういうお店が鳴りやすいのかを把握しよう どの仕事でもそうですが、お客様の気持ちになるのは大事です。 自分なら朝早い時間、夜遅い時間に何が食べたいのか。 ファストフード?シメ料理?タピオカ?デザート?この辺を考えると稼働するエリアを絞りやすくできます。 マクドナルドやデリズなどはどの時間帯でも安定した鳴りを提供してくれますので、大いに利用しましょう。 1日1日の積み重ねがどれだけ大事かがわかりますね。 実際僕の知り合いで朝8時~次の日の午前1時までを週6ペースで稼働してるモンスターみたいな配達員の方がいますが、毎月50万近くコンスタントに稼いでいます。 マネをしたくても難しい方は朝だけ頑張る、夜だけ頑張るでもいいと思います。 朝活、夜活をする上での注意点 近辺のお店が営業してるかはしっかり確認しましょう!たまにですがアプリの不具合で注文できない状態 「ブラックアウト」のような現象もあるみたいです。 張り切って出たのに気づかず無音時間を過ごすのはただのドMになってしまいます。 注文アプリを確認してから家を飛び出しましょう。 ちなみにこのブラックアウト現象は、台風や大雨の時にもなったりするので覚えておいてください。 終わりに 僕がウーバーイーツを始めた当初、営業時間は午前9時~午前0時まででしたし、ピークタイム以外は鳴らない印象が強かったのですが、今や加盟店も配達員も増え、ウーバーイーツの知名度は右肩上がりに。 営業時間も増え、専業化する配達員もどんどん増えてます。 専業にしても副業にしても、せっかくなら効率よく稼ぎたいと誰しもが思うところだと思います。 料理を受け取ってお客様に届ける、という単純な仕事と思われがちですが実は戦略が超重要なウーバーイーツ。 小さい対策や工夫が 1か月、1年の売上に大きな差をもたらします! ぜひ意識、活用してみてください。 読んで頂きありがとうございました。 ~今日も走ってます~ のちねむ.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達と「朝」について徹底解説

ウーバーイーツ 夜

Contents• ウーバーイーツ配達員をするのが怖い理由 それでは、 ウーバーイーツで働く上で避けては通れないリスクをご紹介していきましょう。 交通事故のリスク ウーバーイーツは、自転車や原付バイクを使って配達をする仕事となります。 特に交通量や人混みが多いエリアで配達をする場合、 交通事故の確率もアップします。 実際に事故にあったウーバーイーツ配達員も実際にいるので、このリスクは覚えておく必要があります。 テレビでまた報道されてた。 フードデリバリーの交通事故が多発しているという。 配達業務するなら交通ルールを厳守しなさいよ! 配達員が車と衝突し、その配達員が死亡する事故も発生している。 商品をこぼしてしまった• 注文者がでてこない• 住所が間違っている ウーバーイーツ配達員をしていると、 お客様とのトラブルは避けられません。 商品を届けるのが仕事なので、商品がきちんと届けられないという自体に遭遇することもあります。 対面したらヒートアップしそうなので、10分カウント入れて美味しく頂きました。 — ショーエイ@ syoei711 保険の適用がないリスク ウーバーイーツ配達員は、もしもの場合に保険に加入はしてします。 しかし、実際に保険適応されていない人もいるようです。 天候に左右される仕事 とにかくウーバーイーツの課題は雨よ。 別に配達やろうと思えばできるかもなんだけど、危ないしやりたくないんよね。 もうさっきの時給780円案件でやる気が一切なくなったからもうやめたけど。 もうね、知るかと。 後のことはどうだっていいわ。 とにかく今のこの自転車の配達がやりたくない。 — 和田孝明 taka7187 ウーバーイーツ配達員は、天候に左右されやすい仕事でもあります。 雨の日は、雨で転ぶリスクもアップします。 安全運転を怠ってしまえば、大きい怪我の恐れもあります。 1人で配達するリスク ウーバーイーツで怖いと感じる部分として、1人で配達することへの不安があるでしょう。 注文者のなかには、酔っ払いのお客様もいるので、女性のウーバーイーツ配達員は怖いというのも、うなずけます。 さらに、 何かトラブルがあった場合も、全て自分で解決しなくてはいけないというのも、怖いと思ってしまうことでしょう。 ウーバーイーツで働く上で知っておくべき対策方法 ウーバーイーツ配達員として、リスクを全て回避するのは難しいというのが結論です。 しかし、いかにリスクを少なくするかは、自分でできることでもあります。 ウーバーイーツ配達員として、働くために知っておきたい対策方法をまとめていきましょう。 交通ルールを必ず守る自分の意識 交通事故を防ぐには、やはり 交通ルールを守る意識が最も大切です。 急ぐ気持ちは分かりますが、交通ルールを無視してしまってはいけません。 ヘルメット・LEDライトで事故対策 ウーバーイーツ配達する時間帯よっては、暗い道を通る場合もあります。 ヘルメットやLEDライトを着用しておけば、暗い道でも安心です。 さらにスマホを自転車に取り付けて走ることができるグッズなどあれば、便利です。 ウーバーイーツ配達員必須アイテム ウーバーイーツ配達員をするにあたって、ここからご紹介するアイテムは、持っていなければ仕事にならなかったり、事故を防止してくれたりするものでもあります。 配達車両 これは、必要不可欠でもあります。 ウーバーイーツの配達には、自転車かバイクでの配達になります。 レンタルする場合は、ドコモのバイクシェアなどを使う方法があります。 instagram. instagram. 預かり金として、4,000円かかりますが、報酬から差し引かれるので、直接料金は発生しません。 配達バッグを返却すれば、料金は戻ってくるようになっています。 スマホ ウーバーイーツは、全てスマホアプリで行われます。 常にネットとつながるようにしておくようにしておきましょう。 契約プランの見直しも必要です。 ウーバーイーツ配達員は、何度もスマホを確認します。 そのたびに、 スマホを出していたのでは、危険でもありますし、効率も悪くなります。 防水タイプの物を取り付けておけば、急な雨でも安心です。 instagram. モバイルバッテリーは、必須アイテムになっています。 スマホが命綱でもあるので、バッテリーが切れることはウーバーイーツ配達員にとって怖いことでもあります。 自転車保険に加入 ウーバーイーツ配達員のなかには、自分で自転車保険に加入している人もいます。 自転車での事故に特化した自転車保険に加入しておくことも、1つの対策となります。 天気が悪い日は休む 雨の中ウーバーイーツするインセンティブが低いのが現実です — ウーバーイーツ東京配達員 月収50万円継続中 UberEatsJPNTYO 天気が悪い日は、休むという選択もあります。 ウーバーイーツでは、自分で働く時間を決められることもメリットの1つでもあります。 雨の日や、風がキツイ日に危険を感じながら働く必要はありません。 晴れの日だけでも、時給2,000円くらい稼ぐウーバーイーツ配達員もたくさんいるので、無理して働く必要ないということを覚えておきましょう。 ウーバーイーツは労働組合がある ウーバーイーツ配達員は、個人事業主になります。 ですが、労働組合が存在しています。 もしも、ウーバーイーツ配達員が、不利な条件を提示してきたとしても労働組合を通じて、意見することが可能です。 過去には、事故や怪我の補償について労働組合が、意見するということもありました。 料理配達サービス「」配達員の労働組合が結成されました。 今後、団体交渉を に申し入れるそうです。 — 毎日新聞 mainichi ウーバーイーツの補償制度 ウーバーイーツでは、万が一の事故のために補償制度が用意されています。 「対人・対物賠償責任(最大1億円)」「傷害補償」になっています。 できるだけ最小限にするためにできる対策を、先輩ウーバーイーツ配達員から学びましょう。 商品を固定する ウーバーイーツ配達員をしていると、怖いのが商品の破損です。 例えばタピオカなどのドリンクを配達する場合こぼしてしまうと、大変です。 スタバ、店頭で受け取る時すでにもれててやばいなと思ったけど案の定こぼれた。 全国各地の電話対応パートナーセンター 関東方面• 東京、埼玉、千葉エリア:• 神奈川エリア: 中部、関西方面• 名古屋エリア:• 大阪エリア:• 京都エリア:• 神戸エリア: 九州エリア• 福岡エリア: ウーバーイーツ配達員は、1人での仕事となるため何かと不安に感じることや、どうしていいか分からない場面もあるでしょう。 そうした場合、1人で判断せず、1度相談することも大切です。 ウーバーは配達員の対物・対人の損害保険に加入しているが… 事故を起こした配達員「保険適用できるか分からないと言われた。 結局自分で対応した」 — 清水泰樹 kLUI0AD9o8n7RmT まとめ もしも、ウーバーイーツ配達員になろうか迷っている方のために、この記事を書きました。 ウーバーイーツ配達員は、怖いというのは、対策ができるものばかりです。 怖いと思っていて、何もしないよりも、ウーバーイーツ配達員をやってみてください。 対策をしておけば怖いリスクは、かなり抑えることができるでしょう。

次の