進次郎。 「正直迷った」末に小泉進次郎氏が育休取得へ、“空気読まずに”取る理由

「正直迷った」末に小泉進次郎氏が育休取得へ、“空気読まずに”取る理由

進次郎

阪神の開幕から3カード連続負け越しは思ってもみないことでした。 巨人、ヤクルト、DeNAとの9戦は5勝4敗、うまくいけば6勝3敗と読んでいただけに痛いですね。 いずれも狭い球場だったので打ち合いも考えられました。 しかし、チーム打率2割4厘、平均2・1得点が示すように、打線が機能しなかったのが大きく響いた。 ぼくも98年に開幕から3カード負け越しを経験しているので、重苦しいムードは察することができます。 移動日を挟んだ30日からの中日3連戦は、なんとしてもカードの「頭」をとりたい。 ポイントになるのは1、2番の出塁にかかっています。 3番糸井、4番マルテのバッティングの状態が良いので、その前に走者をためて得点に結びつけたいところです。 特にトップバッターの近本ですが、DeNA戦をみていると、フォームが小さくなっているように感じました。 具体的にいうと猫背になっている。 グリップの位置も下がっているようでした。 打者は今まで以上にストライク、ボールの見極めをしようとすると、背中が丸くなりがちです。 結果がでないと余計にそういう姿勢になって、だんだんフォームも小さくなってしまう。 だから打撃練習から大きくスイングすることを心掛けることです。 近本は足も速いし、固め打ちするタイプなので、これからきっかけをつかめば上昇してくるはずです。 また新外国人ボーア、サンズは、もっと初球から振ってほしい。 変化球に対応しようと、ストレートに差し込まれている。 広いナゴヤドームだけに「ガツン!」といきたいものです。 photo• 野球 江本孟紀氏、意気に感じたノムさんからのエース任命 []• プロ野球 [6月29日 23:49]• プロ野球 [6月29日 22:14]• 高校野球夏の地方大会 [6月29日 21:53]• プロ野球 [6月29日 21:26]• プロ野球 [6月29日 21:22]• プロ野球 [6月29日 21:12]• プロ野球 [6月29日 21:05]• プロ野球 [6月29日 20:47]• プロ野球 [6月29日 20:01]• プロ野球 [6月29日 20:01]• プロ野球 江本孟紀氏、意気に感じたノムさんからのエース任命 []• プロ野球 [6月29日 23:49]• プロ野球 [6月29日 22:14]• プロ野球 [6月29日 21:26]• プロ野球 [6月29日 21:22]• プロ野球 [6月29日 21:12]• プロ野球 [6月29日 21:05]• プロ野球 [6月29日 20:47]• プロ野球 [6月29日 20:01]• プロ野球 [6月29日 20:01]• プロ野球 [6月29日 19:51]• 高校野球 福岡県福岡地区大会を抽選 4地区代表の県大会なし []• 高校野球夏の地方大会 [6月29日 21:53]• 高校野球 [6月29日 19:10]• 高校野球 [6月29日 14:40]• 高校野球夏の地方大会 [6月29日 10:09]• 高校野球夏の地方大会 [6月29日 10:09]• 高校野球 [6月29日 9:01]• 高校野球 [6月28日 21:01]• 高校野球 [6月28日 20:10]• 高校野球 [6月28日 18:56]• 高校野球 [6月28日 13:54]• 大学・社会人 BC神奈川の注目ルーキー杉浦、1回2失点デビュー []• アマ野球 [6月28日 8:48]• アマ野球 [6月27日 17:46]• アマ野球 [6月25日 15:58]• アマ野球 [6月24日 16:28]• アマ野球 [6月24日 16:27]• アマ野球 [6月23日 23:14]• アマ野球 [6月23日 18:51]• アマ野球 [6月23日 6:00]• アマ野球 [6月20日 19:19]• アマ野球 [6月19日 17:59]•

次の

小泉進次郎「ステーキ食べたい」が環境相失格な理由 温暖化対策で「ミートレス運動」の最中に無知を露呈 海外メディアもツッコミ|LITERA/リテラ

進次郎

ステーキを食べ終えてご満悦な様子をオフィシャルブログ動画で公開した進次郎 やっぱりこいつは救いようのないバカだった。 小泉進次郎環境相が国連気候行動サミットに出席するためアメリカ・ニューヨークに入ったが、そこで驚きの行動に出たのだ。 TBSニュースによると、「毎日でもステーキが食べたい」と語っていたという小泉環境相はニューヨークに着くと「ステーキが食べたい」と話し、さっそくステーキ店に入店したというのだ。 これはなにも「外遊先で『ステーキ食べたい』ってお気楽なもんだな」などとツッコみたいわけではない。 地球温暖化対策を議論する「国連気候行動サミット」に出席する環境大臣がステーキを食すというのは、はっきり言って正気の沙汰ではないからだ。 というのも、畜産業は地球温暖化の原因となっている温室効果ガスを大きな割合で排出しており、2013年には国連食糧農業機関が温室効果ガスの14. 5%が畜産業に由来していると公表。 とりわけ牛は米国科学アカデミー紀要(PNAS)が2014年に公表した研究でも〈1人前の牛肉を生産するために、同カロリー分の豚肉の4倍、同量の鶏肉の5倍の温室効果ガスが放出される〉とされている(ウォール・ストリート・ジャーナル8月9日付)。 さらに、国際的な問題になっているブラジルのアマゾン熱帯雨林における大規模な森林火災問題も、〈火災のほとんどは、農地・牛の牧畜用地開拓を目的とする人間によって引き起こされたもので、熱帯雨林に深刻な影響を与えている〉(AFP9月22日付)と報道されている。 このように牛肉の大量生産が地球温暖化や環境破壊を引き起こしていることから、欧米では「ミートレス」の動きが活発に。 実際、小泉環境相がステーキを楽しんだニューヨーク市ではこの9月から公立学校で「ミートレス・マンデー」を実施。 ビル・デブラシオ市長は「肉の消費を少しでも減らすことはニューヨークに住む人々の健康改善につながり、温室効果ガスの排出量削減にもなる」と語っている(AFP 3月12日付)。 ともかく、環境問題に関心がなくとも「牛肉は地球温暖化の大きな原因」ということは常識の話。 にもかかわらず、よりにもよってこれから温暖化対策を議論しようとやってきた日本の代表である環境大臣がニューヨークで「ステーキ食べたい」と言い放ち、さっそくステーキ店に入店するって……。 これは世界中に恥を晒したも同然だ。 いや、恥を晒したのはこの行動だけではない。 きょう、小泉環境相は国連の環境関連イベントで演説をおこなったのだが、そこではこんなことを述べたのだ。 「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーであるべきだ」 ちょっと何言っているのかわからないが、問題はここから。 この演説をさっそくロイターが「気候変動との戦いを「セクシーに」 日本の新しい環境大臣が発言」というタイトルで配信したのだが、記事では火力発電所を増やすなど日本政府が国連の温暖化対策に逆光している点などに触れた上、〈「いままで我々日本は、強いアクションとリーダーシップを発揮してこなかった、でもこれからは、きょうから、より多くの取り組みをしたい」と、小泉はなんら詳細に触れることなく語った〉とバッサリ切り捨てているのだ。 ようするに、進次郎氏の話には何の中身もないことが、恥ずかしすぎるタイトルとともに世界に配信されてしまったのである。

次の

小泉進次郎の大学は関東学院で学歴低い?学歴ロンダリング(詐称)疑惑!

進次郎

メディアが手の平返しを始めたわけは 小泉進次郎環境相への批判的な報道が止まらない。 少し前までは「将来の総理大臣」としてヒーロー扱いだったが、持ち上げられてきたが、現在は、小泉進次郎の発言を「ポエム」と揶揄したり、政治家としての実力を疑問視したりする報道が溢れている。 メディアは読者や視聴者の欲望に応えていく。 今現在、小泉進次郎への批判的な報道を求める人が増えているから、そこに向けて、記事を提供している。 以前から報道関係者たちは、進次郎氏の政治家としての実力に疑問をもっていた。 それがここにきてようやく批判的な記事を出せるようになってきて、メディア全体がはしゃいでいる印象もある。 さて、なぜ、彼はバッシングしてもいい対象になったのか。 首相官邸で結婚を発表した二人=2019年8月9日 彼がバッシングされるようになった転機は9月の入閣ではなく、結婚発表だったはずだ。 なぜ、今までメディアは彼への批判を遠慮してきたか。 それは彼が人気者だったからだ。 その人気を支えるのは女性層である。 彼女たちは小泉進次郎を「進さま」と呼んでいた。 進さまファンを自称する女性と話していて、こう訊かれたことがある。 「リベラルと保守ってどう違うんですか? 自民党はどっち?」 この時、池上彰はすごいと思った。 急にこの質問をされて、分かりやすく説明するのは難しい。 そして、こういう「リベラルと保守ってどう違うの? 自民党はどっち?」と疑問を持つ女性層は決して政治に興味がないわけでも、意識が低いわけでもない。 選挙には必ずいく。 それが国民の責任だと思っている。 反対に、新聞や週刊誌の政治経済の記事に目を通し、情報を持っている人たちは「どの政党も候補者もダメだ」と絶望していき、投票を放棄し出す。 どちらを味方につけた方が選挙に勝てるかといえば前者である。 進次郎氏はこの「情報をもってないが、意識は高く選挙には行く」層をつかんできた。 そして、この層はマジョリティであり、政治家だけではなく、メディアも無視できない。 彼女たちが拒否する情報は報道できなかった。

次の