ごはん 冷凍保存 方法。 ごはんの正しい保存方法はどれ?冷凍保存のやり方や保存期間など

ストックしておけば時短調理が可能!つくねの正しい保存方法とは

ごはん 冷凍保存 方法

炊きたてのごはんは、ふっくらやわらかくて美味しいですよね。 逆に冷めてしまったごはんはなんだかパサついてしまって美味しくない…と感じる方も多いのではないでしょうか? 炊きたてのごはんが美味しいのは、米の中にあるデンプンが水分を含んで膨張し、消化しやすい糊のような状態になっているからです。 ここから冷めていくと、水分がどんどん抜けてぱさつき、ごはんが固くなってしまいます。 こうなってしまうと、炊きたての状態に戻すことはできないため、ごはんを美味しく保存するには、デンプンに水分が保たれている状態で冷凍保存することが重要です。 この美味しさをキープするにはどうしたらよいか、理想の冷凍保存にたどり着くために検証してみました。 まず、炊いたごはんを冷凍保存するとき、何を使って保存すれば良いのでしょうか?一番手軽な方法はラップで包む方法です。 ラップで包めば、冷凍庫の場所を取らずに保存することができます。 ラップしたものをジッパー付き保存袋などに入れて保存すれば、空気に触れるのを防ぐことでさらに日持ちさせることが出来ます。 また、男性や食べ盛りの子どもなど人によってごはんの量を変えたいときにもラップで保存するのがいいでしょう。 ただし、やわらかいまま重ねて保存するとごはんがつぶれてしまうこともあります。 重ねてスペースを確保したい場合は最初に凍らせるようにしましょう。 現在、100円ショップや調理器具メーカーからプラスチック製で1膳ずつ保存が出来るごはん専用の保存容器が販売されています。 物によっては少し場所を取るかもしれませんが、重ねてもつぶれる心配がなく、加熱ムラを防ぐ構造になっているものもありとても便利です。 温めてそのまま食卓に出せるのも嬉しいですよね。 解凍するときは、電子レンジで解凍しましょう。 このとき、 解凍ボタンではなく、あたため機能で加熱をしてください。 解凍ボタンはあくまで「解凍」するための機能なので、食べる状態のごはんの加熱には合っていません。 加熱時間は600Wで3分前後が目安です。 もし、電子レンジに冷凍ごはんのあたため機能があれば、そちらを使うとより美味しく解凍することができます。 電子レンジは食品を均一に温めるのが苦手なため、加熱途中でほぐしたり、上下を変えるとムラなく加熱することが出来ます。 自然解凍はせず、冷凍状態のまま、加熱しましょう。 自然解凍してしまうと、先に水分が抜けてしまい、デンプンは固い状態のままになってしまいます。 保存容器なら、空気穴の部分のみ開けて加熱しましょう。 ラップで包んだ場合は、一度器に移してから温めると美味しく解凍することができます。 保存容器や、ラップで包んだ後にジッパー付き保存袋で保存した冷凍ごはんの賞味期限は長くて1か月と考えてください。 これは、ごはんに含まれる水分量が保たれる目安の期間です。 表面にカビが生えてしまったり、黄色に変色してしまっている場合は腐り始めている証拠です。 冷凍といっても、菌が死滅するわけではありません。 なるべく早く食べ切るように心がけましょう。 保存した日を忘れないように、日付がわかるようにメモしておくのもおすすめです。 今回は、冷凍ごはんを保存するための方法と美味しく食べるためのコツをまとめさせていただきました。 ごはんは毎日食卓に並ぶものですが、毎回の食事で炊くのは大変ですよね。 今回の記事を参考に、日々の食卓作りに活かしてもらえたらとても嬉しいです。 日本人はごはんが大好きなので、お米にまつわる便利なグッズや家電もたくさんあるので、選ぶときにチェックしてみるのもおすすめですよ。 記事監修:管理栄養士 宮﨑奈津季.

次の

「残りご飯の冷蔵保存はNG!? 」残りご飯の【上手な保存方法】と保存期間

ごはん 冷凍保存 方法

ズッキーニを美味しく長持ちさせたいなら、「丸ごと冷凍」がおすすめ。 水分が飛んでスカスカになることなく、約3週間も長持ちします。 1本使い切れず余ってしまったズッキーニは、切ってから冷凍することも可能。 今回は用途別の冷凍方法を野菜ソムリエプロの根本早苗先生が紹介します。 切断面がないので水分が飛びにくく、みずみずしさをキープできる保存方法です。 【冷凍方法】 1 水でさっと洗ってペーパータオルで拭く 水けはしっかり拭き取る。 2 ラップで包む ラップでぴったりと包む。 3 冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で保存する 冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 3週間程度保存可能。 【解凍方法/使い方】 1 冷凍ズッキーニを2〜3分流水に当てる ラップをはずして2〜3分流水に当てて解凍する。 半解凍状態になったら、ペーパータオルで水けを拭き取る。 POINT 全解凍すると水分が抜けすぎてしまうので、半解凍状態でOK。 2 好みの大きさに切る 半解凍状態でも包丁でスーッと切れる。 3 生のズッキーニと同じように調理する 半解凍状態のズッキーニは生のズッキーニと同じように調理することが可能。 半割り・輪切り・スティック状・角切りなど食べやすい大きさにカットし、料理に使う。 生のままでも食べられるのでサラダに使ってもOK。 【冷凍方法】 ズッキーニは水でよく洗ってから、水けをペーパータオルで拭く。 角切り・スティック状・輪切りなど好みの大きさに切り、冷凍用保存袋に平らになるように入れる。 空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 3週間程度保存可能。 【解凍方法/使い方】 凍ったままスープやパスタに加えたり、オーブンで焼いたりして調理する。 冷蔵庫で自然解凍(50gにつき約4時間が目安)すれば、サラダやピクルスなど生のまま食べることも可能。 【番外編 ズッキーニの加熱冷凍】油で炒めると甘みアップ! ひと手間かけて、ズッキーニを焼いてから冷凍すると約1ヵ月保存可能に。 焼くことで甘みが凝縮されます。 【冷凍方法】 1 食べやすい大きさにカットしたズッキーニをオリーブオイルで炒める ズッキーニは水でよく洗ってから、水けをペーパータオルで拭き取る。 輪切りなど、食べやすい大きさにカットする。 フライパンにオリーブオイル(またはサラダ油)適量を入れて中火で熱し、ズッキーニをさっと炒める。 2 バットに取り出して粗熱をとる バットに取り出して、そのまま冷ます。 3 冷凍用保存袋に入れて冷凍する 冷凍用保存袋に平らになるように入れる。 空気を抜いて袋の口を閉じ、冷凍する。 1ヵ月程度保存可能。 すでに加熱済みなので、料理の最後に加えて。 塩・こしょうをふって、そのまま食べても美味しい。

次の

「残りご飯の冷蔵保存はNG!? 」残りご飯の【上手な保存方法】と保存期間

ごはん 冷凍保存 方法

間違った方法だと、ごはんが「老化」してしまう!? お話を伺ったのは、月刊誌「栄養と料理」の前編集長であり「食生活ジャーナリストの会」幹事をつとめる食のプロ、監物南美さん。 「炊きたてのごはんの醍醐味は、やわらかくて、少し粘りのある食感にありますね。 でも、炊いてから時間が経つにつれ、その美味しさはどんどん損なわれていきます(=老化する)。 その状態で冷凍してしまうと、解凍後も炊きたての美味しさは取り戻せないのです」 ごはんは冷める過程で、どんどん「老化」する 炊きたてのごはんがやわらかくて、ふっくらしているのは、生米の中のデンプンが水を吸って膨らみ、糊のような状態になるから。 その後、ごはんは冷めるにつれどんどん水分が抜けていくため、パサパサになったり、かたくなったりしていきます。 ごはんは一度老化してしまうと、炊きたての美味しさを取り戻すことができません。 そのため、ごはんを美味しく冷凍したいなら、ごはんが老化する前に凍らせ、ごはんに水分を残した状態をキープすることが大切なんです。 つまり、炊き上がってすぐに急速に冷凍するのがベスト。 冷凍庫に急速冷凍機能がある場合は活用するといいでしょう。 急速冷凍機能がない! という方でも大丈夫。 おうちでトライしやすい冷凍のテクニックを監物さんに教えてもらいました。 冷凍ごはんを美味しくする、3つのテクニック 鉄則1 炊きたてアツアツを包み、水分を閉じこめる 炊き上がったらできるだけ早く、「湯気ごと」ラップで包むことが大事。 ごはんに含まれる水分は湯気となって蒸発していきますが、炊き上がりをすぐに包めば、蒸発しようとした水分をラップの内側に留めることができて、解凍後のごはんがふっくら、やわらかくなります。 保存容器を使う場合も同様です。 「冷凍庫に入れるのは、冷凍ごはんの美味しさだけを考えると『すぐ』が望ましいですが、熱いまま入れると霜の原因となったり、冷凍庫内の温度が上がり、すでに入っている食材の劣化につながったりするため、粗熱を取ってからがいいでしょう」 もっと急速に冷凍させたい場合は、熱伝導率の高い金属製のバット(100円均一のショップなどで手軽に入手できます)にのせて冷凍するという手もあります。 鉄則2 包むのは少量ずつ。 大きなかたまりでの保存はNG! ごはんをラップに包むときは、ごはん茶碗1杯分(約150g)ずつの小分けにしましょう。 美味しく炊けても、大きなかたまりで冷凍すると電子レンジで加熱したときの温まり方にムラが生じて美味しさが損なわれる原因になるんだそう。 例えば冷凍ごはん150gの場合でその差が約10秒とすると、300gではその差が1分にもなったという実験結果もあります。 中央と角の温度差があるほど角の部分は必要以上に加熱されてしまうので、150gくらいの方が美味しく再加熱できるんです」 包む際は、できるだけ急速に冷凍し、かつ解凍するときも均一に温まるよう、できるだけ平たく均一の厚さにするのもポイントです。 鉄則3 美味しく食べるなら、1ヵ月が目安 保存の目安は約1ヵ月。 意外に長く感じますが、監物さんによれば「1ヵ月くらいまでは水分量はほぼ保たれるようです」とのこと。 【ここも大事!】しっかり浸水させた米を炊飯すること ごはんを美味しく冷凍するための大前提として、炊飯前の米に「きちんと水分を含ませること」も大切、だと監物さん。 「炊きたてのごはんではさほど影響が出なくても、冷凍ごはんを再加熱すると美味しさに差が出るんです」 米に水をしっかりと吸わせてから炊き上げることで、冷凍・解凍後も、ふっくらと美味しいごはんに蘇ります。 米を洗ったあとの浸水時間の目安は30~60分。 夏は30分ほど、冬は60分ほど浸すと、中心部まで水が浸透します。 【参考文献】 柴田圭子ら、冷凍飯の食味におよぼす電子レンジの加熱条件の影響、日本調理科学会誌、43、87-97、2010 冷凍米飯の品質に及ぼす炊飯後の冷まし工程と冷凍保存条件の影響、日本調理科学会誌、50、264-271、2017.

次の