アスリエ あざみ野。 あざみ野 トップ

スポーツスパアスリエあざみ野

アスリエ あざみ野

なんだか年々、猫背がひどくなっている気がする・・・。 毎日続くパソコンワークがいけないのか、いつも重いバッグを持ち歩いているのが悪いのか。 年中無休で背中が張っているような感覚の筆者。 常にパソコンと向き合う毎日、肩も背中も腰も常にパンパンだ(画像はイメージ) 定期的に整体に行かないとダメかな・・・と、考え始めていたそんなとき、はまれぽ編集部から「five(ファイブ)」というドイツ製のストレッチマシンをそろえたフィットネスクラブへの体験取材の話が! 迷うことなく二つ返事で伺うことにした。 本日お伺いする総合フィットネスクラブ「アスリエあざみ野店」は、駅から歩いて3分ほどの場所にある。 「あざみ野駅」北側出口をたまプラーザ方面へ まるでホテルのようなエントランスが見えてきた 商業ビルの1、2階を占める、ここ「アスリエあざみ野店」は、2018(平成30)年4月に大規模リニューアル。 店内に一歩足を踏み入れると、まるでリゾートホテルに来たかのような洗練された雰囲気の空間が広がる。 落ち着いた雰囲気のフロントデスクがお出迎え 待ち合わせや休憩に使えるスタイリッシュなロビー 「アスリエあざみ野店」では、体を「鍛える」と「整える」、その両方を追求できるのが特徴だ。 「鍛える」の代表格、ウエイトトレーニングでは基本的な設備の充実はもちろんのこと、初心者でも気がねなく使えるフリーウエイトコーナーが用意されているほか、岩盤浴などの「癒し」もある総合型のフィットネスクラブだ。 「今日からウエイト始めます!」といった人でも利用しやすいフリーウエイトコーナー 広々とした岩盤浴 さて、今回の取材の目玉である「five」は体を「整える」ためのもの。 ドイツ製のストレッチマシンとして、2018(平成30)年のリニューアル時に導入されたという。 「five」専用の広々としたスペース 木製の斬新なストレッチ器具が並ぶ。 まるでアスレチックのよう! とはいえ、これまで見たこともない木でできた(!)マシンを前に、「これは何? どうやって使うの?」と、取材陣も全員ちょっと戸惑い気味。 そこで、まずは目の前に広がる「five」について、マネージャーの安藤康正(あんどう・やすまさ)さんに教えていただくことにした。 ストレッチ教室を担当していた経験もあるという安藤さん 機能解剖学の理論に基づいて体を整えることを目的とし、開発されたという「five」は、頚椎や肩、背中など部位別に用意された12種類のイクイップメント(木製の器具)を用いて、全身の筋肉を伸ばすと同時に関節の可動域を広げて筋システムを最適化。 体のゆがみを整えるだけでなく、トレーニングや競技パフォーマンスの向上にも繋がるという。 背中や腰、股関節などを無理なく伸ばし、可動域を広げていく 「人間は頭が重いので、どうしても背中が前に傾いてしまいがち。 すると肩が前に入って、いわゆる猫背になってしまうケースが多いんです」と語る安藤さん。 それを解消するためには「意識して『体の後ろ側』を伸ばすようにすることが重要」だという。 基本的な説明を受けたところで、早速、「five」のやり方について安藤さんに教えていただこう。 思ったより大変、だけど驚くほど気持ちいい! まず教えていただいたのが、安藤さんいわく「利用者の方の間でも一番人気」だという「Feet(フィート)」。 コリで固くなりがちな足裏を鍛えることでパフォーマンスアップ&冷え・腰痛の予防効果も期待できるという。 3種類の突起を使い、コリで固くなった足裏を伸ばす&鍛える「Feet」 使い方としては基本的に突起の上に「乗るだけ」なのだが、足裏が凝り固まっている筆者などは痛くてとても立っていられない。 安藤さんに「足の指を動かして」と指示されても、思い通りに指を動かすこともできない状況に、我ながらビックリしてしまった。 安藤さんは細い突起の上にもラクラクと立っているが・・・ 筆者なんぞは痛くて全体重を腕で支えていないと静止していられない 足の裏が固くなると、「歩く(走る)ときにしっかりと地面をつかむことができないため、力が伝わらず歩幅が狭くなり、パフォーマンスに大きく影響する」という。 足の裏を柔軟にしておくことは思った以上に大切なのだ。 安藤さん(左)と筆者の足の比較。 足裏の柔軟性で足指の可動域もこんなに違う! 仕上げに足裏の機能していない部分を探し、刺激を与えていく。 踏めていない箇所を意識的に踏んでいく 足のことを話すと止まらない安藤さん。 「わたしは『足野郎』です(笑)」 安藤さんの足トークは名残り惜しいが、次のイクイップメントに進もう。 続いてレクチャーを受けたのが、股関節を伸ばしていく「Hip(ヒップ)」と、丸まった胸を大きく開いて猫背改善をめざす「Chest(チェスト)」。 両方とも美しい姿勢をつくるために、ぜひ取り入れたいストレッチだ。 「Hip」と「Chest」。 これまた興味深い姿かたち 膝立ちの状態から後ろに上体をそらしていく「Hip」は、安藤さんによると筆者やはまれぽ編集部・阿部のように「普段いすに座る機会が多い人にこそオススメ!」だというストレッチ。 固くなった股関節をしっかり伸ばすと同時に、体幹も鍛えられるという。 イクイップメントに沿って体をそらすだけに見えるが・・・ ん? なんか異様に体が固い&苦しそうな阿部の姿が・・・ このイクイップメントを使うと「上体を後ろに反らせる」という簡単な動きでも、股関節や腹筋などさまざまな部位が関わっているのだと実感させられる。 体験した阿部いわく「体幹を使うからおなかがプルプルと震えてくる」そうなので、気になるポッコリおなかの改善に良いかも! 猫背改善効果も期待できる「Chest」。 気持ちよさそう! 胸を開きながら体の後ろ側を伸ばして、肩を正しい位置に戻し、猫背改善をめざす。 さらに、横隔膜の動きも広げることができるので、呼吸をより深いものにし、運動パフォーマンスの向上につなげることもできるという。 この「Hip」と「Chest」に加えて「Glut(グルート)」「Ischio(イシオ)」「Lateral(ラテラル)」を合わせた5種類のストレッチが「five」のベースとなる。 股関節を伸ばし、お尻の筋肉を鍛える「Glut」と 足首周りを伸ばし、柔らかく整える「Ischio」 傾きをつけて体を伸ばしていく「Lateral」 これら5つのストレッチを継続して行うだけでも「体のバランスが整うといわれています」と語る安藤さん。 各ストレッチは20~30秒前後、深呼吸5回分程度で良いのだとか。 つまり体を休めながら進めても5種・5分程度で姿勢矯正・パフォーマンス向上が狙えるということ!? それはスゴイ! しかし、実際にそれぞれの動きにチャレンジしてみると、「キツイ・・・」「ちょっと痛い?」と感じる場面もあるはずだ。 思ったように体が伸びず、「痛たたたっ!」となることも しかし「five」の各イクイップメントは、一人ひとりの体の状態に合わせて負荷を細かく設定することができる。 そのため、現役アスリートのウォーミングアップから、高齢者の方の健康維持、リハビリまで幅広い目的で使用できるのだ。 自分に合った負荷の調整が可能 負荷を少なくする姿勢なども教えてくれる 無理のない姿勢・負荷から始められ、短時間で効率的に筋肉を伸ばして、姿勢改善・運動パフォーマンスの向上を目指していける。 普段使わない筋肉に負荷をかけることで、自分の体の状態を知るいい機会にもなるはずだ。 これまでに紹介した「Feet」やベースとなる5種のほかにも、さまざまなイクイップメントが用意されている。 今後は、その際にぜひ『five』を取り入れていただき、より効率的に体を整えて、ケガの予防やパフォーマンスの向上に役立ててほしいですね」と語る安藤さん。 こうした想いから週3回・30分程度の時間で、一つひとつのイクイップメントの使い方をレクチャーするオリエンテーションも実施。 今では徐々に興味の輪が広がり、利用者数も増えているという。 もっと気軽に、多くの人に「five」を活用してほしい 続けることで自分の体が少しずつ変わっていくのを実感できるはず! うれしいことに「アスリエあざみ野店」では全ての会員が「five」を利用できる。 しかも月々6480円(税込・以下同)からという非常にリーズナブルな価格設定なのだ。 ジムだけ利用可能な「ジム会員(6480円)」以外にも、スタジオプログラムだけ利用できる「スタジオ会員(8100円)」、両方利用できる「マスター会員(9180円)」とあるが、「five」エリアはどの会員でも自由に利用できるという。

次の

アスリエの評判や口コミ。料金体系から退会方法まで徹底解説

アスリエ あざみ野

アスリエの詳しい退会方法が見つけられなかった 私がなぜこの記事を書いているかと言うと、アスリエの退会に関して詳細な情報がないんですよね。 「アスリエ 退会」でgoogleで検索すると一年割と言うページがTOPに来ているのと2位のアスリエのページもちょっと不親切なんですよね。 フロントにお越しいただき、退会届のご記入をお願いいたしております。 お電話や口頭では承っておりませんのでご了承ください。 お手続きの締切日は、毎月最終営業日です。 10日が休館日にあたる場合は、前営業日となります。 ) 私の通っていたアスリエの引き落としって27日なんですけど 次月分が引き落とされるんです。 つまり30日に退会意思を伝えても27日にすでに来月分が引きおとされているんですよね。 これは返金してくれるのか? 気になりますよね。 この記載がないので不安だったんですよね。 過去に「引き落とされたお金は一切返金しません」という業者もあったのでw まぁアスリエの場合は返金してくれると思いますが・・・ そして、確か入会するときに15日過ぎると更新手続きが行われるって聞いた気もするんですよね。 ただ、うる覚えなので信憑性はあまりないですw でも、一応このうる覚えの記憶も当てはめてベストな退会時期を考えると15日までに退会届けを出さなければ返金なんだかんだってのちのち面倒になるかな?って事で本日5月の上旬に退会届けを出しに行きました。 退会時に会員証を返却 もうね、やっぱり何を退会するにも退会はスマートにさせてくれませんね。。。 5月上旬に退会届けを出しましたが5月末まで会員資格はあるのでそれまで施設を利用できます。 でも、 退会時に会員証の返却をしなければいけないんですって。 (絶対でなないですが出来る限りだそうです) 一般的には退会届けを出した時に会員証を返却するのがベターだと思いますので、月末に退会届けを出すのが正解だったのかもしれません。 でも、そうするときっと引き落としがされてしまうと思う。。。。 結局私のように今後通えるのが難しい人のアスリエの退会のタイミングはいつがベストなのでしょうか。。。 ただ、返金されることが前提の話になりますが、私は引き落としをされたくないのでいろいろ考えていましたが、引き落とし後返金されれば問題ないって考えの人であれば月末の退会で全く問題ないと思います。 そして私の場合は腰痛なので月末まで通う事が困難ですが、普通の退会理由であれば5月上旬に退会届けをだして5月末まで通い最終日に会員証を返しにいくってのが一番スマートだと思います。 まぁこんなケースの詳細はページに書かなくてもいいと思うのですが27日引き落とし、30日退会の場合の返金についての説明は書いてほしいと思いました。 他にも「アスリエ 評判」って検索すると通っていた方の口コミが出てくるので見てみてください。 辞めた人が書いている事が多いのであまりいいことは無いてないですがw アスリエを退会される方でお悩みの方の参考になれば幸いです。 295• 838• 227• 184•

次の

アスリエの評判や口コミ。料金体系から退会方法まで徹底解説

アスリエ あざみ野

概要 [ ] を中心に店舗を展開している。 運動施設と施設(主に水回り)の双方に注力するコンセプトを採る。 アスリエとは、英語の「ATHletic」「LIfe」「Enjoyment」各語の最初の部分を合成して作られた造語である。 店舗名には、 スポーツスパアスリエという名称を用いる。 沿革 [ ]• 1969年 - が、スイミングスクールを創業• 1976年 - 株式会社文教センター設立、スイミングスクール事業を移管• 1980年 - アスリエ スポーツスクール(都立大店)開店• 1987年 - 鷺沼店開店• 1991年 - 旗の台店開店• 1995年 - 所沢店開店• 1998年 - 相模原店開店• 2002年 - 与野店開店、鶴瀬店開店• 2003年 - 生田店開店• 2004年 - 熊谷店開店• 2005年 - 大倉山店開店、一之江店開店• 2008年 - 鴻巣店開店、都立大店閉店• 2009年 - あざみ野店開店(あざみ野店を継承) 店舗 [ ]• スポーツスパ アスリエ旗の台店• スポーツスパ アスリエ一之江店• スポーツスパ アスリエ鷺沼店• スポーツスパ アスリエ相模原店• スポーツスパ アスリエ生田店• スポーツスパ アスリエ大倉山店• スポーツスパ アスリエ所沢店(内)• スポーツスパ アスリエ与野店• スポーツスパ アスリエ鶴瀬店• スポーツスパ アスリエ熊谷店(内)• スポーツスパ アスリエ鴻巣店(内)• スポーツスパ アスリエあざみ野店 過去に営業していた店舗• アスリエ スポーツスクール都立大店(2008年3月に閉店) 外部リンク [ ]•

次の