ナウゼリン。 ナウゼリンの1回量過量の見逃し|リクナビ薬剤師

ナウゼリン錠10の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ナウゼリン

効能・効果• 胃下垂症の悪心• 胃下垂症の嘔吐• 胃下垂症の消化器症状• 胃下垂症の上腹部不快感• 胃下垂症の食欲不振• 胃下垂症の腹痛• 胃下垂症の腹部膨満• 胃下垂症の胸やけ• 胃下垂症のあい気• 胃切除後症候群の悪心• 胃切除後症候群の嘔吐• 胃切除後症候群の消化器症状• 胃切除後症候群の上腹部不快感• 胃切除後症候群の食欲不振• 胃切除後症候群の腹痛• 胃切除後症候群の腹部膨満• 胃切除後症候群の胸やけ• 胃切除後症候群のあい気• 抗悪性腫瘍剤投与時の悪心• 抗悪性腫瘍剤投与時の嘔吐• 抗悪性腫瘍剤投与時の消化器症状• 抗悪性腫瘍剤投与時の上腹部不快感• 抗悪性腫瘍剤投与時の食欲不振• 抗悪性腫瘍剤投与時の腹痛• 抗悪性腫瘍剤投与時の腹部膨満• 抗悪性腫瘍剤投与時の胸やけ• 抗悪性腫瘍剤投与時のあい気• 慢性胃炎の悪心• 慢性胃炎の嘔吐• 慢性胃炎の消化器症状• 慢性胃炎の上腹部不快感• 慢性胃炎の食欲不振• 慢性胃炎の腹痛• 慢性胃炎の腹部膨満• 慢性胃炎の胸やけ• 慢性胃炎のあい気• レボドパ製剤投与時の悪心• レボドパ製剤投与時の嘔吐• レボドパ製剤投与時の消化器症状• レボドパ製剤投与時の上腹部不快感• レボドパ製剤投与時の食欲不振• レボドパ製剤投与時の腹痛• レボドパ製剤投与時の腹部膨満• レボドパ製剤投与時の胸やけ• レボドパ製剤投与時のあい気• 小児周期性嘔吐症の悪心• 小児周期性嘔吐症の嘔吐• 小児周期性嘔吐症の消化器症状• 小児周期性嘔吐症の上腹部不快感• 小児周期性嘔吐症の食欲不振• 小児周期性嘔吐症の腹痛• 小児周期性嘔吐症の腹部膨満• 小児周期性嘔吐症の胸やけ• 小児周期性嘔吐症のあい気• 小児上気道感染症の悪心• 小児上気道感染症の嘔吐• 小児上気道感染症の消化器症状• 小児上気道感染症の上腹部不快感• 小児上気道感染症の食欲不振• 小児上気道感染症の腹痛• 小児上気道感染症の腹部膨満• 小児上気道感染症の胸やけ• 小児上気道感染症のあい気 薬剤名 影響 フェノチアジン系トランキライザー 内分泌機能調節異常 プロクロルペラジン 内分泌機能調節異常 クロルプロマジン 内分泌機能調節異常 チエチルペラジン 内分泌機能調節異常 ブチロフェノン系製剤 内分泌機能調節異常 ハロペリドール 内分泌機能調節異常 ラウオルフィア製剤 内分泌機能調節異常 レセルピン 内分泌機能調節異常 フェノチアジン系トランキライザー 錐体外路症状 プロクロルペラジン 錐体外路症状 クロルプロマジン 錐体外路症状 チエチルペラジン 錐体外路症状 ブチロフェノン系製剤 錐体外路症状 ハロペリドール 錐体外路症状 ラウオルフィア製剤 錐体外路症状 レセルピン 錐体外路症状 ジギタリス剤 ジギタリス製剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕化 ジゴキシン ジギタリス製剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕化 抗コリン作用を有する薬剤 本剤の胃排出作用が減弱 ブチルスコポラミン臭化物 本剤の胃排出作用が減弱 臭化チキジウム 本剤の胃排出作用が減弱 チメピジウム臭化物水和物 本剤の胃排出作用が減弱 制酸剤<PPI・H2ブロッカー以外> 本剤の効果が減弱 H2受容体拮抗剤 本剤の効果が減弱 シメチジン 本剤の効果が減弱 ラニチジン 本剤の効果が減弱 プロトンポンプ阻害剤 本剤の効果が減弱 オメプラゾール 本剤の効果が減弱 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の血中濃度が上昇 イトラコナゾール 本剤の血中濃度が上昇 エリスロマイシン 本剤の血中濃度が上昇 エリスロマイシン QT延長• 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 1.1. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック、アナフィラキシー(発疹、発赤、呼吸困難、顔面浮腫、口唇浮腫等)を起こすことがある。 1.2. 錐体外路症状(0. 1、9. 7小児等の項参照〕。 1.3. 意識障害、痙攣(いずれも頻度不明)〔9. 7小児等の項参照〕。 2. その他の副作用 1). 肝臓:(0. 2). 内分泌:(0. 3). 消化器:(0. 4). 循環器:(0. 5). 皮膚:(0. 6). その他:(0. 発現頻度はナウゼリン錠、細粒及びドライシロップの使用成績調査を含む。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9. 5妊婦の項参照〕。 3. 消化管出血、機械的イレウス、消化管穿孔の患者[症状が悪化するおそれがある]。 4. プロラクチン分泌性下垂体腫瘍(プロラクチノーマ)の患者[抗ドパミン作用によりプロラクチン分泌を促す]。 (重要な基本的注意) 8. 1. 間脳の内分泌機能調節異常、錐体外路症状等があらわれることがあるので、本剤の投与に際しては、有効性と安全性を十分考慮のうえ使用すること〔9. 7小児等の項、11. 1.2参照〕。 2. 眠気、めまい・ふらつきがあらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械操作に注意させること。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 心疾患のある患者:QT延長があらわれるおそれがある。 (腎機能障害患者) 腎機能障害患者:副作用が強くあらわれるおそれがある。 (肝機能障害患者) 肝機能障害患者:副作用が強くあらわれるおそれがある。 (妊婦) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと(動物実験(ラット)で骨格異常、内臓異常等の催奇形作用が報告されている)〔2. 2参照〕。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討し、投与する場合は大量投与を避けること(動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている)〔16. 3.4参照〕。 (小児等) 特に1歳以下の乳児には用量に注意し、3歳以下の乳幼児には7日以上の連用を避けること。 また、小児等の脱水状態、小児等の発熱時等では特に投与後の患者の状態に注意すること。 小児において錐体外路症状、意識障害、痙攣が発現することがある〔8. 1、11. 1.2、11. 1.3参照〕。 (高齢者) 減量するなど注意すること(一般に高齢者では生理機能が低下している)〔15. 1参照〕。 (相互作用) 本剤は主にCYP3A4で代謝される〔16. 4.1参照〕。 2). ジギタリス製剤(ジゴキシン等)[ジギタリス製剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕化することがあるので、ジギタリス製剤の血中濃度のモニターを行う(本剤は制吐作用を有する)]。 3). 抗コリン剤(ブチルスコポラミン臭化物、チキジウム臭化物、チメピジウム臭化物水和物等)[本剤の胃排出作用が減弱することがあるので、症状により一方を減量、中止するか、又は必要に応じて間隔をあけて投与する(抗コリン剤の消化管運動抑制作用が本剤の消化管運動亢進作用と拮抗する)]。 4). 制酸剤<PPI・H2ブロッカー以外>、H2受容体拮抗剤(シメチジン、ラニチジン等)、プロトンポンプ阻害剤(オメプラゾール等)[本剤の効果が減弱するおそれがあるので、両剤の投与時間を考慮する(胃内pHの上昇により、本剤の消化管吸収が阻害される)]。 5). CYP3A4阻害剤(イトラコナゾール、エリスロマイシン等)〔16. 7.1、16. 7.2参照〕[本剤の血中濃度が上昇する(強力又は中程度のCYP3A4阻害作用により本剤の代謝が阻害される)。 また、エリスロマイシンとの併用においては、QT延長が報告されている(強力又は中程度のCYP3A4阻害作用により本剤の代謝が阻害される)]。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 外国において本剤による重篤な心室性不整脈及び突然死が報告されており、特に高用量を投与中の患者又は高齢の患者で、これらのリスクが増加したとの報告がある〔9. 8高齢者の項参照〕。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

ドンペリドン:ナウゼリン

ナウゼリン

タケキャブを飲んでた方、詳しい方教えてください。 私は5月に胃痛と食道のつまりで病院にいき逆流性食道炎といわれました。 去年の11月に胃ガン検診で胃カメラを飲んでいたので今回はしなくていいと言われ、「最強の薬ください!」と言いタケキャブ20mgをもらいました。 三日位飲んで、あまり効果がなかったので再度病院にいき胃カメラを希望しましたが、「まだ3日しか飲んでないから効果はまだだよ。 消化不良もあるかもしれないからラックビーとナウゼリン錠、スルカインもだしておくね」といわれました。 ラックビー、スルカイン、ナウゼリンは1週間分だけでした。 すると、食道のつまりもなくなったのですがタケキャブだけ30日分あるので、胃の方も落ちついてましたがタケキャブは飲み続けてました。 昨日辺りから胃痛や胃の膨満感、もたれがありネットで検索すると「症状が落ち着いてきているのに、いつまでもタケキャブを飲み続けるという事は、消化に必要な胃酸までを抑えてしまうことになり、食べたものが消化しにくくなり、逆に胃の不調を引き起こす事になります」と書いてあったので、タケキャブが原因??と思い今日から飲むのを止めました。 この内容はあってるのでしょうか?こんな経験された方いませんか? 頭の中は胃癌ではないのか?胃癌末期になってないのだろうか?と不安でストレスがたまってるとおもいます。 まず、症状が胃酸過多によるものであれば、タケキャブは早くよく効きます。 基本的に、最近は胃酸は消化には直接的に関係なく、胃酸を完全にブロックしても食べたものが消化しにくくなり胃の不調を引き起こすことはないとされています。 胃酸は、胃から食物が排出されてすぐに一番出るもので胃酸が出終わると胃の運動は弱くなり休止状態に入るとされていて、胃酸が変なときに分泌されたりすると、この胃の運動がおかしくなり潰瘍がなくても胃痛などの症状が起きるとされているのです。 また、胃酸に関係なく胃腸の運動障害が起こる人がいて、特に過度のストレスやうつ、パニック障害などの方に多く診られる機能性胃腸症という病態があります。 「あいつの顔をみるとヘドがでる」の状況です。 機能性胃腸症も多くの人が胃酸分泌コントロールしてやれば治ることが多いのですが、それではだめな人がいてそのような人には消化管運動改善薬を使うことが多いです。 ナウゼリンはそのような薬の一つであり、それが効いたと判断すれば、機能性胃腸症の可能性が高く、消化管運動改善薬の適応かと思います。 胃がんは、半年で末期になることはありえませんし、普通は1年おきに胃カメラをしていれば早期胃がんを見落とすことは非常に稀です。 また、最近はピロリ菌検査とペプシノーゲン検査で胃がんになりやすい人と判断されなければ、2,3年に1回の胃カメラでも良いかも知れないとされるくらいです。

次の

吐き気止め薬ナウゼリン錠・OD錠(ドンペリドン)の効能効果、副作用、市販

ナウゼリン

2種類の吐き気 吐き気には 中枢性嘔吐と 末梢性嘔吐(まっしょうせいおうと)の2種類があります。 中枢性嘔吐は脳にある嘔吐中枢の刺激が原因で起こり、 末梢性嘔吐は胃などの消化器官が直接刺激されることが原因で起こります。 中枢性嘔吐(脳の吐き気) 脳には吐き気を起こさせる 嘔吐中枢があります。 嘔吐中枢が刺激を受けると、刺激は神経を通って胃に伝わります。 そして、吐き気が起こり、吐き気がひどいと嘔吐します。 中枢性嘔吐が起こる原因• 偏頭痛(片頭痛)• めまい• つわり• うつ・不安・不眠 末梢性嘔吐(日常の吐き気) 末梢性嘔吐は、胃などの 消化器官が直接刺激が原因で起こります。 日常生活の吐き気のほとんどは末梢性嘔吐で、吐き気と一緒に食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、腹痛、胸焼け・・・などの症状が併発する場合多いです。 末梢性嘔吐が起こる原因• ストレス• 食べ過ぎ飲み過ぎ• 乗り物酔い 乗り物酔いにナウゼリンが効かなくはありませんが、乗り物に乗る30分前に服用すれば、乗り物酔いを予防できる トラベルミンがおすすめです。 アセチルコリンとドパミン受容体 ナウゼリンの効果を引き出す作用機序の前に、 アセチルコリン(ACh)と ドパミン受容体の解説をします。 アセチルコリンは、副交感神経が支配している 神経伝達物質です。 アセチルコリンが胃の ムスカリンM受容体に結合すると、胃の運動が促進されます。 胃には ドパミンD2と呼ばれる受容体があります。 ドパミンD2受容体に ドーパミン(ドパミン)が結合すると、アセチルコリンの放出が抑えられ、胃の運動が制限され吐き気を感じるようになります。 ただし、アセチルコリンが増えすぎると、胃の運動が活発になりすぎて胃酸の過分泌などが起こり、吐き気が出ます。 (バランスが大事!) ドパミンD2受容体を介してアセチルコリンの量を調整する吐き気止め薬がナウゼリンです。 ナウゼリン(ドンペリドン)の作用機序 ナウゼリンはどちらかというと、中枢への影響が少ない 日常生活の吐き気を抑える吐き気止め薬です。 ナウゼリンは中枢性嘔吐を抑える効果はやや頼りないですが、脳への副作用が出にくいというメリットがあります。 (後述:ナウゼリンの副作用) ナウゼリンの主成分は ドンペリドンです。 ナウゼリン(ドンペリドン)は胃腸の ドパミンD2受容体をブロックして吐き気を抑えます。 【抗ドパミン作用】 これがナウゼリン(ドンペリドン)の主な作用機序です。 偏頭痛、めまい、うつによる中枢性嘔吐を抑える効果がより強い吐き気止め薬に プリンペランがあります。 吐き気止め薬ナウゼリンの剤形 ナウゼリンは錠剤、OD錠(口腔内崩壊錠)、ドライシロップ、細粒、座薬(坐剤)の 5種類あります。 錠剤、OD錠は主に大人に、ドライシロップ、細粒、座薬(坐剤)は小児に使用されています。 (ただしナウゼリン座薬60mgは大人用) ナウゼリン錠 VS ナウゼリンOD錠 左:ナウゼリン錠10mg 右:ナウゼリンOD錠10mg ナウゼリンには口の中で溶けるOD錠が2011年に発売されましたが、まだナウゼリン錠が使われているかな?という印象です。 ただ、吐き気があるときにナウゼリン錠を水で飲むよりは、ナウゼリンOD錠を水なしで飲んだほうが薬の嚥下による刺激が少ないです。 さらに、ナウゼリンOD錠は パイナップルミント風味で、のど越しもさわやかです。 ナウゼリンOD錠は(水なしで飲むと)効果の立ち上がりがやや遅いですが、効果はナウゼリン錠と同等です。 ナウゼリンは ジェネリックも多く発売されています。 薬剤名 薬価 (値段) ナウゼリン錠5、ナウゼリンOD錠5 9. 8 ナウゼリン錠10、ナウゼリンOD錠10 15. 1 ドンペリドン錠5、ドンペリドン錠OD5 5. 8 ドンペリドン錠10、ドンペリドンOD錠10 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)の効能効果 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)は、吐き気、食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、胸焼け・・・など、多くの胃の症状に効果があります。 症状 効果(改善率%) 悪心(吐き気) 70. 4 嘔吐 74. 2 食欲不振 61. 6 腹部膨満感 62. 1 食後上腹部充満感 64. 9 胃部重圧感 55. 9 腹痛 59. 2 胸焼け 61. 3 逆流感 61. 4 おくび(げっぷ) 61. ナウゼリン錠・OD錠添付文書より 食前、食直前の用法で飲む薬は、それなりに理由があります。 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)は服用30分くらいから効果が表れ、1時間前後で効果のピークを迎えます。 (ナウゼリンはドバっと効いて、サッと体から抜けていきます) 出典:ナウゼリン錠インタビューフォーム ただ、ナウゼリンOD錠を水なしで飲むと、効果の立ち上がりがやや遅くなります。 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)は食前(食事30分前)に飲むことで、食事中に効果のピークが表れるようにデザインされた吐き気止め薬です。 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)を食後に飲むと、効果が表れるおいしい時間帯を逃し、食事によって起こる吐き気に対して十分な効果を得られません。 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)を飲む理由は、吐き気、食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、胸焼け・・・。 でしたね。 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)の副作用 ナウゼリンOD錠(ドンペリドン)は脳に入りにくい吐き気止め薬であるため、中枢神経系の副作用(錐体外路症状:パーキンソン病のような症状)は起こりにくいです。 副作用発現率は0. 錐体外路症状0. 4% 内分泌系副作用 (乳汁分泌、女性化乳房など) 0. 2% (再審査終了時) ただ、ナウゼリン(ドンペリドン)は吐き気止め薬ですが、下痢、便秘、胸焼け、嘔吐などの消化器系の副作用が起こる可能性があります。 (薬であるがゆえに仕方ありません) ナウゼリン市販 (何年も昔ですが)ドラッグストアでアルバイトをしていたとき、• 吐き気止めの胃薬をください• 二日酔いを治す薬をください の2つが多かったのを記憶しています。 ちょっと薬にくわしい人が来ると、ナウゼリン(市販)やプリンペラン(市販)はありますか?となります。 吐き気の原因が二日酔いであればソルマック、サクロン、漢方の五苓散(ごれいさん)あたりがおすすめです。 ナウゼリンより後に発売されたガスターですら市販薬がありますが、 ナウゼリンの市販はいまだに発売されていません。 病院に行って直接ナウゼリンをもらう以外に選択肢はありません。 まとめ• 吐き気には中枢性嘔吐と末梢性嘔吐の2種類がある• ナウゼリン(ドンペリドン)は抹消性嘔吐に特に効果があり、吐き気、食欲不振、腹部膨満感、腹部不快感、胸焼けの症状に効果がある• ナウゼリン(ドンペリドン)は、ドパミンD2受容体を介してアセチルコリンの量を調整する吐き気止め薬• 吐き気時はナウゼリン錠を水で飲むよりは、ナウゼリンOD錠を水なしで飲んだほうが薬の嚥下による刺激が少ない• ナウゼリン(ドンペリドン)を食前に飲むと、食事中に効果のピークが表れる• ナウゼリン(ドンペリドン)の副作用は少ない.

次の