ピコグリル 398。 ピコグリル398は最強だった!大きな薪も安定感抜群で使えるコンパクト焚火台

【公式です】ピコグリル398の火床(シェル)のみを買う方法

ピコグリル 398

わらしかです。 「ピコグリル398」という焚き火台を使って2年ほど。 どんな感じか、写真を使ってレビューします。 この記事の内容• ピコグリル398の受け皿だけを買う方法、使用時の注意点などもまとめていますので、すでに持っている人も参考になるかなと。 購入を検討している方も是非チェックしてくださいな。 ピコグリル398を2年使ってみた【レビュー】 まず、簡単にレビューします。 下記の通り。 見た目が最高、使うだけで楽しい• 軽さ、大きさ共にソロキャンプにピッタリ• 組み立て簡単、使いやすい• 火が消えにくい構造なので、薪保ちが良い• 耐久性が少々物足りない という感じです。 詳しく紹介します。 現在のピコグリル398の状態 まずは写真で、どんな状態かを見てください。 下記です。 こちらがケース。 洗ってないので、汚れております。 上から見た様子。 汚れております。 このような感じです。 フレームは変形も無し、受け皿に関しては後ほど紹介しますが、新たに購入して2枚目です。 ご覧の通りです。 右の受け皿は1年半使用、左は新たに購入して使用しているものです。 受け皿は定期的に洗えば、もっと綺麗に保てる 実は一度も洗ってません。 綺麗に洗浄すれば、もっと見た目良くなると思います。 僕はあまり汚れていても気にしないので、こんな感じです。 味が出て良いと思う方は多いハズ…。 見た目が最高、使うだけで楽しい 実際に使っているところを見たほうが良いと思うので、自分の動画を紹介します。 また、ピコグリル398の知名度を一気に上げた一人でもある、の動画も有名なので、ピコグリル398をもっと良く知りたい方はチェックして見てくださいな。  煮炊き姿が絵になるし、実際薪をいじってるだけで楽しくなります。 軽くてサイズも丁度いい焚き火台【ソロキャンプにピッタリ】 下記の通り。 寸法:33. 5 x 23. 5 x 1. 3 cm• 重量:約440g 超軽量で、大きさも丁度いいです。 寸法は「収納時の状態」ですね。 ピコグリル398自体、ソロキャンプを想定している大きさなので、本当に丁度いいです。 複数人ならワンサイズ大きなピコグリル760という製品もあります。 必要に応じて買い分けることもできます。 関連: 少し余談ですが、ロータイプの焚き火台なので、椅子に座りながらだと煮炊きが少し大変になるかもしれません。 実際、僕はピコグリル398を使用する時は、地べたスタイルです。 とにかく、サイズや重さはソロキャンプにピッタリです。 組み立て、撤収が楽 慣れれば約10秒、はじめての組み立てでも30秒あれば十分です。 それだけ簡単な仕組みなので、初心者が使うにも大丈夫。 組み立てが楽なので、撤収もあっという間です。 焚き火後の炭や灰の処理は、「所定の場所まで運ぶ」か、「持ち帰る」か2択ですが、ピコグリルなら受け皿だけ持って運べるし、バケツなどの火消し入れに入れるのも簡単です。 撤収が本当に楽なので、片付け速度も上昇します。 火が消えにくい 受け皿を見ると空気口が付いてます。 下から空気が入るので、効率的に燃やせます。 薪が炭になってからも、定期的に風が送り込まれて、常に火が付いた状態をキープできます。 火が消えにくいんですよね。 逆を見れば、夜寝る時は注意が必要ですね。 耐久性に難あり 受け皿が変形しやすいです。 大きめの薪を載せまくってる場合は注意。 画像で紹介します。 わかりますかね? 受け皿が薪の重さに絶えきれず、フレームに接触して変形してしまってるんです。 角度を変えて撮影しました。 凹んでいることが分かるかと思います。 変形してから、受け皿が外れやすくなりました。 ここですね。 故意に外しているわけではなく、勝手に外れます。 片側は完全に外れます。 薪を載せてなくてもこの状態なので、実際に薪を載せるとドンドン下にズレ下がります。 それを阻止するためのフレームもあるんですが、このフレームに接触して、ガンガン変形します。 使い方に左右されますが、耐久性は見た目通りという感じでしょうか。 総合評価:超最高の焚き火台 個人的には大満足の一品。 現状で、これ以上の焚き火台は存在しないと思ってます。 コンパクト• 収納しやすい• 大きな薪も載せられる• カッコいい これだけメリットがありますからね。 耐久性のデメリットがありますが、使い方でなんとかなります。 僕の場合は受け皿を買い直しましたが…。 とにかく、大満足です。 今後買い換えることがあっても、ピコグリルを選ぶと思います。 補足:ピコグリルの買い方 公式代理店を利用しましょう。 下記にリンクを貼っておきます。 関連: 上記以外では買わないようにしましょう。 上記以外は転売の可能性大です。 価格も上記を参考にしてください。 大体12,000円~14,000円くらいです。 Amazonや楽天でも買えますが、ほぼ転売ヤーに埋め尽くされていますので、値段がめちゃくちゃ高いです。 買わないほうが無難です。 また、受け皿だけ買いたい場合はどうすれば良いのか、という話は次の項目で紹介します。 ピコグリル398の受け皿(シェル)購入方法 公式代理店を利用しましょう。 受け皿だけなら、pikari outdoor-shop(ピカリアウトドアショップ)にて販売されています。 自作品を購入する方法もあり グレーゾーンですが、一応ありです。 僕も受け皿だけ欲しくて、作ってもらいました。 関連: ただ、最近は受け皿だけ売っていることが少なくなり、ピコグリルをパクったような自作品ばかりが売られていることが多くなりました。 万が一見つけたとしたら、正規品よりは安く買えるかと思います。 おすすめはしませんが、奥の手として考えてもいいでしょう。 ピコグリル398を中古で買うのはやめた方が良い 理由は下記の3つ。 受け皿がボロボロになった可能性大• 変形している可能性大• 中華製のパクリ品である可能性も あまり売られてないですが、もし中古品も検討しているような方がいれば、絶対にやめるべきです。 ボロボロになっている可能性 上記で上げたのは「受け皿」だけですが、「フレーム」も曲がっていたり変形していることがあります。 受け皿の耐久性については先程紹介したとおりで、使い続けてるとボコボコになっていきますので、フレームに接触して変形したりします。 使用数回程度ならまだ大丈夫かもしれませんが、値段もそこまで変わらないなら、新品を正規代理店で購入したほうが無難です。 中華製のパクリ品である可能性 最近流行りの「パチグリル」ですね。 パチモンのピコグリルなんで、こう呼ばれてます。 ノーブランド品• 上記です。 他にもありますが、これが一番人気でした。 ここまで似ていると、本物との区別が付きません。 少なくとも、写真ではわかりませんよね。 上記の商品をピコグリルより1,000円安く売るだけでも、1個売れるだけで大体7,000円くらいの利益です。 ここまで利益が出るなら、恐らく「ピコグリルと称して偽物を売る」ことが起きても不思議ではないでしょう。 あくまで可能性の話ですが、こういうことが容易に想像ができる以上、中古品は買わないほうが良いでしょう。 まとめ ピコグリルは素晴らしいです。 ただ、耐久性については注意するべきでしょう。 購入する際は公式代理店を利用!中古品や中華品は買わないように!以上を注意していれば、幸せのピコグリル398キャンプライフの始まりです。

次の

ピコグリル398最高!2人で使ってみたレビュー(Picogrill)

ピコグリル 398

STC社のピコグリル398を購入しました。 お笑い芸人のヒロシさんが使っていることで有名で、キャンパーの中にも愛好家が多いですよね。 以前から気になっていたので、思い切って買ってみました。 実際に使ってみると評判通りの扱いやすさで、焚き火をするにしても料理をするにしても特に不満はありません。 軽くて携帯性は最高ですから、ソロキャンプには最適な焚き火台だと思います。 ここでは、ピコグリル398のメリット・デメリットを紹介するので、購入を検討している人は参考にしてみてください。 ピコグリル398は圧倒的な軽さが魅力の焚き火台 ピコグリルは、普通の焚き火台と比較すると驚くほど軽量コンパクトです。 ピコグリル398は数秒で組み立てられる 組み立て方は非常に簡単で、まずはフレームを開きます。 そして、底板をはめて完成ですね。 慣れれば10秒も掛からないですし、あっという間に焚き火ができるわけです。 スピット(串)は、上に置くと五徳になります。 鍋やフライパンを置くことができるので、ここで調理することができますね。 強度も十分ですから、かなり重いダッジオーブンでも置くことができるはずです。 食べ物をスピットに直接刺して、焙ることもできます。 肉や野菜を刺してBBQスタイルで焼いたり、マシュマロを焼いたりと使い方は様々ですね。 ピコグリル398の3つのメリット 薄くて軽い 先述したように、ノートのように薄くて軽いのが大きなメリットです。 焚き火台といえば重たいものが普通ですし、コンパクトなものだと小さすぎて料理しにくくなってしまいます。 ピコグリル398なら十分な大きさですから、キャンプ中の料理や焚き火をする際にも窮屈さを感じることはないはずです。 フルサイズの薪が入る 普通の薪なら、切らなくても使用することができます。 小さな焚き火台は小枝くらいしか燃やせないものが多いですが、ピコグリル398は間口が広いので薪を入れられるわけです。 以前はキャプテンスタッグのヘキサステンレスファイアグリルを使っていましたが、薪を入れると網が閉まらないことがありました。 かなり大型の焚き火台なのに、薪が入らないわけです。 常に火力を保つことができるため、料理中に火が消えてしまうこともありません。 ヘキサグリルの場合だと、網を持ち上げて薪を補充する必要があります。 これはかなり面倒ですし危険なので、大きなストレスでしたね。 ピコグリルだと薪の補充も簡単ですし、ストレスフリーで料理ができそうです。 ピコグリル398の2つのデメリット 値段が高い 焚き火台だと安いものなら数千円で買えますが、ピコグリル398は1万円以上と高値です。 さらに、最近は人気が高まっていて価格も高騰しています。 手軽に買える金額ではないので、そこが大きなネックとなりますね。 モノ自体は素晴らしいですし買ってから後悔することはないと思いますが、簡単には手が出ない金額です。。 底板が外しにくい 底板はフレームに引っ掛ける構造なのですが、しっかりとハマるので外しにくい場合がありますね。 板が薄いので無理に引っ張ると曲がりそうですし、コツをつかむまでは難しいかもしれません。 ピコグリル398にはダイソーの網がシンデレラフィット! ピコグリルには、網がありません。 専用のスピットは間隔が広いので、シェラカップやマグカップなどの小さなものを温めるのは難しいです。 そこで、ダイソーで売っている網をおすすめします。 専用に開発されたのかと思うくらい、ピコグリルの大きさに合致していますね。 網に脚が付いているため、ズレることはありません。 網の上に載せているものが落ちたりすることがないので、安全に焚き火をすることができます。 さらに、横向きにすると火元に近づけることが可能です。 炭火で焼き肉などをするときに、かなり効果的な置き方ですね。 底板の下にも丁度入るため、輻射熱でピザを焼いたりできます。 チーズがトロトロになりますから、普通の焚き火台では不可能な調理ができたりするわけです。 もちろん、ピコグリル専用のケースにも一緒に入ります。 100円でこれだけフル活用できる網なので、ピコグリルを購入したら必ず手に入れるべきでしょう。

次の

Amazon

ピコグリル 398

ピコグリルネタです。 今までは焚き火で料理していたので網って必要なかったんですけど、最近ちょっと炭を使い始めたので少し探してみました。 またサビが発生しないので長く使えます。 熱を加えたときに出るチタン特有の色も良いですね! ピコグリル398とチタン網 実際に載せてみた状態てす。 この状態でも調理はできますが、食材が引っ付いたりしたときに網自体がズレる可能性がありますね。 その時はトング等で網を抑えるのもありですが、ピコグリルの土台にうまく引っ掛けてみるとか? 網の一番端っこの穴にうまく刺さるのでズレは多少なりとも改善されます。 ただ網自体が隅によってしまうので熱源の位置を気にしなくてはいけませんけど… チタン網とピコグリル付属のスピットを組み合わせてこんな感じにする事もできます。 ちなみにチタン網を隅に寄せれば網を二枚載せることができますので二人で焼き肉やるときなんかはちょうど良さそうです! 使ってみた感想 良い感じ、網のズレに関してはあまり気にしなくてもいいかも。 焼き時間は普通の網に比べると体感的に少し時間がかかるかな?鉄板みたいに熱を持つまで少し時間がいりますし、独特の形状かつチタン製ってこともありますけど。 また、錆びる心配もありませんしメッチャ楽なのです。 あと、少し長くなりますがこちらの網も良さそう! TKGコーポレーション ロースター(焼き網) 収納に関してもピコグリルの袋に一緒に収納できるサイズなので邪魔になりません! ガシガシ使えて長持ちする網なのでこれから活躍しそうです!.

次の