やえ もん デザイン。 パワーポイントでプレゼン資料の見やすいデザインを意識すべき点

きかんしゃ やえもん

やえ もん デザイン

>>C61の組み立て(やえもんデザイン) C61の組み立て(やえもんデザイン) 2012. 3/2013. 23 2012年4月、D52・C59と一緒に発売されたコンバージョンキットです。 最初にD52を組み立ててから、ドタバタしていて今まで手をつけることができませんでした。 基本的にはD52と同じ要領のようですが、違っているところもあり、よく考える必要があります。 D52の記事をコピーして写真を置き換えながら、組み立て過程をメモ書きしています。 [1] キットの様子 こちらは最初に発売された「C61東北タイプ」です。 半年後には「C61九州タイプ」も発売されました。 ケースの外観。 同時発売のD52・C59と同様です。 説明書はA4の裏表のほか、組み立て注意事項の小片とテンダー組み立ての説明の小片です。 最初のD51と比べて説明事項が増えているため、紙面が足りないようです。 何をどこにどう付ければよいのか、パッとわからないところがありました。 中身もD52と同様の構成です。 プレス済みのボイラーとキャブ、エッチング板各種、多数のロストワックスパーツ、線材数本がセットされています。 配管類は一部を除いて付属の線材などを利用して自作します。 私は面倒くさがりなので、実機の中でも配管が少ないものを参考にしました。 ベース車両はトミックスのC57(新)が指定されています。 動力部だけでなく、安全弁・ダミーカプラー・テンダー台車の留めネジを利用します。 他にKATOの新C62の従台車とテンダー台車が必要です。 あとはお好みに応じて先輪など。 キャブの組み立て• 前後の妻板を2つ折りにして貼り合わせ。 キャブひさしに丸みを付け、両側を折り曲げて窓の上部に固定。 何かうまくいかず、ほとんど丸まっていません。 前部妻板の裏側から、必要な配管用の穴をあらかじめ開けておきますが、この作例では最初から開いている加減弁ロッドの穴のほかは、何も開けませんでした。 キャブ側板をぴったり合わせ、裏のハンダ穴からハンダを流して固定。 妻板をはめ込んで固定。 側板との突き合せに隙間がないよう注意します。 天窓を固定。 天窓のレールを屋根の下側から差し込み、先端を突き合わせて固定。 キャブ屋根と接する部分も裏からきちんとハンダを流さないと、あとで取れてしまうことがあります。 暖房安全弁を固定。 信号炎管を固定。 ストーカー安全弁を固定。 暖房安全弁と同じパーツです。 後部ひさしのフチをハンダ付け。 機炭間隔や車体の取り付け高さによっては、こことテンダー増炭板が接触してショートするので、現物合わせで調整します。 後部妻板をはめ込んで固定。 左右の手すりを2本ずつ固定。 キャブの床板はあとで固定します。 ランボードとボイラー• ランボードは所定の形に折り曲げます。 網目部分は外側に折り返して、裏のハンダ穴等からハンダを流します。 水平部が直線になるよう特に注意します。 屈曲部をはさんで前後の水平部の高さが食い違いやすく、とても難しいです。 コンプレッサー、給水ポンプの取り付け部を直角に起こし、付け根にしっかりハンダを流して補強します。 ここは十分補強しないと、あとで取れやすいです。• 屈曲部に網目板を貼り重ねます。 前方デッキ部の網目板を貼り重ねます。 ステップ等の取り付け穴がずれないように重ねてハンダ付けします。 ボイラーの下辺が平行になっているのを確認してから、ランボード後方をまず引っ掛け、ボイラーの左右3箇所ずつの穴(3の矢印)にランボードの爪をはめ込んで固定します。 ボイラーの前端は閉じずにおいたほうが、最後のはめ込みが簡単でした。 ランボードの後端のブリッジを、ボイラー後部のスリットに引っ掛けます。 ランボードの左右3箇所ずつの爪を、ボイラーの穴にはめ込みます。 うまく入らないときは無理せずに削り合わせます。 ランボードの前側はこのように比較的簡単にまっすぐ付きますが、後端はある程度フリーなので、がんばってまっすぐ固定する必要があります。 網目板の内側に左右から出ていた突起を削り落とし、前面(煙室扉枠)のロストパーツが上から差し込みやすいようにしておきました。 給水温め器のカバーを折り曲げて組み立て。 2種類入っていますが、別添のほうを使いました。 側板は2重になっていますが、内外の板は密着はしないと思います。 上部の網目板は前方を合わせるように指示がありますが、網目板のほうを気持ちだけ前に出しました。 テールライト2個を固定してから、給水温め器カバーをデッキに固定しました。 傾斜部のステップのうち、下側のステップを固定。 これはとても小さいロストパーツで、やや難しかったです。 傾斜部の上部のステップを固定。 各種パーツの取り付け・配管• 煙突を固定。 ボイラーの曲面にぴったり合わせるのが大切です。 …なのでしょうが、なかなかうまくいきません。 下側に出ている取り付け脚を切り取ってしまい、半丸ヤスリで削り合わせました。 ドームも時間をかけて削り合わせ、左右の砂撒き管や上部のフタなど、ドームに付くパーツを先に全部ハンダ付けしてしまいました。 ドームをボイラーに固定。 左右に傾きやすいので注意します。 砂撒き管もここでランボードの穴に差し込んで固定しました。 加減弁のクランクをドームとボイラーに固定。 とても小さい部品です。 あとで加減弁ロッドを真鍮線で作ってハンダ付けします。 公式側の細かいロストパーツや、ボイラー側面のステップもここで付けておきました。 概ね番号順に取り付けました(単に前のほうから付けているだけです)。 今度は非公式側です。 こちらも大体番号順に部品を付けたと思います。 4の送水管は0. 4mm真鍮線にしました。 5は付属の逆止弁です。 写真は上と同じです。 1〜4はロストパーツです。 5は0. 3mm真鍮線の通風管です。 煙室付近だけ外に出ているタイプにしました(簡単だから)。 最後に6のハンドレールを付けました。 ここでキャブを固定しました。 床板は説明書のとおり段違いに折り曲げ、段の部分には別の板を折り曲げてハンダ付けしました。 開放キャブだったD52と違って、後部の跳ね上げ式の渡り板がないので、少し単純です。 取り付けの前にキャブに軽くはまり込むよう、両者を削り合わせておきました。 ランボード後部の仮ブリッジをカットしました。 バックプレートの下部を説明書に従って少し削ってからボイラーに取り付けました。 キャブをボイラーの3箇所の穴にはめ込んで固定。 傾きに注意してよく修正します。 左右の火室下部を、説明書に従って少しカットしてから取り付けました。 床板をキャブに固定。 最後に床板前方のブリッジを切り取りました。 その呼び方は初めてだったので調べると、cabinは飛行機や宇宙船の操縦室をさすことはあっても、「機関車の」運転室をさすことはないように読めたのですが、どうなのでしょう。 まあ日本語なら普通に運転室とか運転台とかでよいような気がしますが。 残りの配管を取り付けました。 私はあまり多くは取り付けなかったので、それほど苦労はありませんでした。 空気作用管をボイラーにぴったり重ね、要所のボイラーバンド位置で固定。 ドーム前ステップを固定。 この付近まで空気作用管の上部の枝が来るので、空気作用管を取り付けてから付けました。 コンプレッサーの配管を0. 3mm真鍮線で適当に作り、ランボードに穴を開けて取り付けました。 逆転機カバーを固定。 小型オイルポンプ箱を固定。 逆転機ロッドを折り重ねて(180度の谷折り)貼り合わせ、固定。 ハンドレールを固定。 タービン発電機の排気管を0. 5mm真鍮線で作り、1. 0mm真鍮パイプの消音器を通して固定しました。 キャブ屋根まで伸ばしませんでした。 ATS発電機の排気管は0. 3mm真鍮線で作り、キャブ屋根まで伸ばしました。 こちらには消音器は付けませんでした。 加減弁ロッドを0. 3mm真鍮線で取り付け。 D52のときもそうでしたが、接合部の面積が小さいうえ、製作中によく手が行く場所なので最後まで何度も取れました。 今度作るときは、1本の真鍮線をクランク型に折り曲げて付ければ十分かと思っています。 煙室まわり• 手すりを0. 3mm真鍮線と真鍮ノブで固定。 ライトの付く中央部の手すりは、固定後に切り取りました。 ライトを固定。 煙室扉の蝶番をはめ込んで固定。 私は完全に固定しましたが、開閉式にすることができます。 煙室扉ハンドルを固定。 本来は、開閉機構の固定用のボスを兼ねています。 この作例では付けませんでしたが、シールドビーム副灯も付属しています。 組み立てた煙室扉パーツを固定。 左右に傾かないかよく確かめます。 端梁に0. 25mm線を差し込み、ヤットコで手繰り寄せるように曲げて解放テコを製作。 注意してやらないと、テコ受けがちぎれてしまうことがあります。 端梁を前デッキに固定。 前から見て傾かないように、また左右にずれないようにします。 デフを固定。 デフは修正パーツのほうを使いました。 上部の傾斜は、最初に内側にPカッターで筋彫りをして曲げます。 取り付けステーの先端は、ボイラーに当てて表からハンダ付けしました。 本当は先を少し上に曲げてボイラーに重ねるのですが、私の作例では先端がやっと届いただけでした。 1号機は傾斜部とデフの形がちょっと違うので、作るのは難しそうです。 このC61キットは前面がなかなかよく似ていまして、今までのC61の製品の中ではかなりいい線行っているように感じます。 [1].

次の

C58の組み立て(やえもんデザイン) その2

やえ もん デザイン

ストーリー [ ] 田舎の町の小さな機関庫に、「やえもん」という名の蒸気機関車がいた。 やえもんは年寄りの機関車で、同じくらい年寄りの小さな客車を引いて、町の大きな駅との間を、行ったり来たりしている。 ある日、町の駅に着いたやえもんは、などに「びんぼう汽車」と馬鹿にされたため、腹を立てたまま帰路についた。 ところが、あまり腹を立てたために煙突から排煙だけでなく火の粉も吐き、それが線路脇の田んぼのわらに燃え移って火事になってしまう。 幸いすぐ消し止められたが、火事を起こされたことで、怒った村人たちがやえもんを追いかけ始める。 やっと機関庫まで逃げ切ったやえもんだが、そこへ村人たちが機関庫に押しかけて来た。 鉄道の職員たちがやえもんを庇って謝るが、村人たちはどうしても勘弁してくれない。 職員たちは仕方なく、次の日からはやえもんを休ませることにしたため、村人たちもやっと承知して家に帰った。 翌日、「いちろう」と「はるこ(版によっては「はなこ」)」という二台のがやえもんの担当していた列車を引き受けることになる。 鉄道の職員たちはやえもんの処遇について、いろいろ意見を出すが、とうとうにされることが決まってしまう。 だが、解体のために電気機関車に牽引されていこうとする時、運良く通りかかったのに「日本に2、3台しか残っていない珍しい古い型の機関車だ。 ぜひ譲ってもらいたい」と言われる。 やえもんは子どもたちの手で綺麗に磨かれ、博物館で保存されることになったのだった。 刊行の経緯 [ ] 1950年代当時、岩波書店は児童文学作品を刊行していたが、その多くは外国の作品であった。 「岩波の児童書は翻訳ばかり」というイメージを払拭するために日本の絵本が企画され、その一つとして本作が生まれた。 しかし、当時の岩波の児童書は他の出版社と比べて高価だったために、価格低減の工夫として多色刷りと二色刷を交互に使用したり、表紙見返しまで本文が記載されるといった造本がおこなわれた。 このうち表紙見返しへの印刷については、の改版に際して通常の造本に改められている。 内容に関して [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2015年9月)• やえもんのモデルは(1号機関車)であるとされているが、作中ではに近い形状に描かれている。 作画を担当した岡部は生前「物語のシチュエーションから熟考し、絵本のやえもんは明治の中頃イギリス製の蒸気機関車をお手本にして日本で作り、などで使われていたものを、更にデフォルメして描いた」と証言していたことが伝えられている。 なお1号機関車が事情を知る元鉄道記者のら関係者の尽力により、最終的に当時の鉄道博物館(のちを経て今の)で保存されることとなったのは事実だが、その過程の「煙害によって運行できなくなった」という部分と「鉄くずにされる寸前に」という部分は創作である。 150形は保存されることになった当時、の1形機関車として現役で使用されており、同社社長のは(当時の国鉄および鉄道博物館の運営母体)の656号機と交換することを条件に省への譲渡へ応じたほどである。 本作に描かれている鉄道情景には、執筆された当時のの状況が反映されている。 やが本編中では「新しい電気機関車」と表記され、石炭を補給しているやえもんを馬鹿にしていた。 などといった機関車も明確にそれとわかる姿で描かれている。 やえもんの名前の由来は、作者の阿川がへ行き、の農業で成功した自分より年配の日本人移民の人の名前が「やえもん」という名前だったらしく、そこから名前をとったとのこと。 影絵劇版 [ ] 、により初演。 語りは。 本作でのやえもんの姿は原作絵本とは異なり、北海道のが導入したことで知られるに近い。 また、で、同じ劇団かかし座の出演により複数回にわたり映像化されている。 若林一郎の脚本、の音楽、熊倉一雄の語りによるものが、数年に一度、NHK教育テレビ『』で再放送されている。 後にに、当時のの提携により(現・)が販売を手掛ける「NHK VOOK(ビジュアルヴック)」ブランドでVHSソフトとして発売された。 なお、後述のアニメ版とは異なり、物語中のセリフも含め、内容的なアレンジはほとんどなく、原作に忠実な形で映像化されている。 アニメ版 [ ] 東映まんがまつり [ ] だったに、主人公をに変更し、脇役にを据えるなど、大幅にアレンジした形でアニメ映画化された。 詳細は「」を参照 3D映画 [ ] より『とびだす! 3D東映アニメまつり』の1作として3DCGアニメ化された。 上映時間は約30分。 同時上映は『』、『』、『』。 公開記念として公開日にでミニSLやえもん号の乗車会も行われた。 発売の、本作を含む4作品セットの『CG東映アニメまつり』では、立体映像ではなく通常映像での収録であるが、映像特典としてアナグリフ方式3D版も収録されており、3Dメガネも付属する。 スタッフ [ ]• 監督 -• プロデューサー - 鷲田正一 TOEI ANIMATION• CGプロデューサー - 氷見武士• CG製作主任 - 横尾裕次• 音楽 -• キャラクターボード - 宮原直樹• 美術ボード - 本間禎章• 編集 - 福光伸一• 録音 - 阿部智佳子• 音響効果 - 今野康之• 録音制作 -• ビデオ編集 -• ドルビーデジタル・コンサルタント - 河東努、森幹生 コンチネンタルファーイースト株式会社• dtsデジタルマスタリング - 相川敦、中山敦子• 製作 - とびだす! CG監督 - 新井啓介• CGスーパーバイザー - [ ]• モデリングスーパーバイザー - 米澤真一• アニメーションスーパーバイザー - 高橋友彦• リギングスーパーバイザー - 今泉歩• コンポジットスーパーバイザー - 池田正憲 この節のが望まれています。 主題歌 [ ] 「頑張のうた」• 声 -• 大東京駅の片隅の倉庫で邪魔者扱いされていた古い蒸気機関車。 スクラップになりそうになった所を、ネズミ達の協力で動けるようになる。 やなどをモデルにして作られたキャラクター。 声 -• やえもんを家にしていた勇気のあるネズミ。 ネズミ達のリーダー格でやえもんを動かそうとする。 声 -• マウの妹。 カー助と共にカラス達を集め、石炭を集める。 カー助• 声 -• やえもんの煙突に住み着くマウやスーの友達のカラス。 物知り。 声 -• ネズミを襲うネコ。 やえもんに撃退されたため、恨みを持つ。 声 -• マウの兄。 チョビを背負っている。 チョビ• 声 -• マウの末っ子。 泣き虫だが、いざというときはノソを引っ張るくらい力がある。 ディム• 声 -• やえもんを見下しており、サマに協力する。 がモデル。 フック• 声 -• ディムに牽引されるクレーン車。 お調子者で倉庫を破壊する。 通勤電車• 3つ子の通勤電車。 がモデル。 新幹線• 双子の新幹線。 がモデル。 ナレーション• 声 - 出典・脚注 [ ].

次の

1/150パーツリスト

やえ もん デザイン

やえもんデザイン製キャブ内パーツ組み立て(その1) やえもんデザインから発売されたキャブ内パーツセットを組立ててみます。 KATOのC62(リニューアル)用ですが、ワールド工芸のC62にも使えるかもしれません。 全て精密なロストパーツで、焚口が開閉可能というギミックもあります。 (注:パーツはとても小さいので、無くさないように注意して下さい) パーツ一式です。 まず、KATOのC62(リニューアル)のバックプレート部分のディテールを削り取ります。 アタリ用のシールが入っていますので、まずシール下部をカットします。 平坦になったバックプレート部分に、そのシールを貼り付けます。 歪みなどに注意して下さい。 2ぐらい)で開ける方がいいようです。 シールの位置に従って、ピンバイスを用いて穴を開けます。 そしてシールを剥がします。 まずは圧力メーター(パーツ番号1)を取り付け。 正面から見て、歪みがないように注意して下さい。 15の銅線を用いて再現してみます。 直線的ではなく、ある程度ぐにゃぐにゃさせた方がリアルです。 水面計(パーツ番号4)を取り付けます。 水面計は左右でコックの位置が異なりますので、注意して下さい。 下側のコックは、ボイラーの中心側に向きます。 ブレーキ圧力計(パーツ番号5)を取り付けます。 台座部分が厚くなっている方が左側になります。 加減弁ハンドル(パーツ番号3)を取り付け。 かなり出っ張るので、引っ掛けないように注意して下さい。 真横から見た状態です。

次の