川崎区協同病院コロナ。 川崎協同病院の場所はどこ?入院患者が新型コロナ感染【川崎市コロナ】

川崎市:【緊急情報】川崎市内の新型コロナウイルスに感染した患者の発生状況

川崎区協同病院コロナ

3月12日、神奈川県川崎市で新型コロナウイルスの感染者が確認されたとの報道がありました。 川崎県で感染者が確認されるのは今回で初となります。 最近は毎日新しい感染者の報道がされていますが、ついに川崎市でも感染者が確認されてしまいましたか。 日に日に感染の範囲を広げている新型コロナウイルス。 幅広い年齢層と職種の人の感染が確認されているため、いつ誰が感染してもおかしくない状況です。 自分は感染していなくても、友人や家族、職場の同僚が感染する場合もあります。 もしそうなってしまったら、自分も感染する可能性がグッと高くなります。 そうならないためにも、自分の予防対策はもちろんのこと、身の周りの人の予防対策も意識するようにしましょう。 新型コロナウイルスの感染力はすさまじいものがあります。 初めての感染者が確認されたということで、今後は川崎市内でも感染が拡大するかもしれません。 川崎市に住んでいる人は十分注意してください。 今回確認された感染者は一体誰でどのような経路で感染したのでしょうか? そして現在はどこの病院に入院しているのでしょうか? 気になる情報を調査してきました。 川崎市によりますと、新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、川崎市多摩区に住む無職の70代の男性です。 男性は今月4日にのどの痛みなどの症状が出て、12日に検査をしたところ、感染が確認され、市内の病院に入院していますが症状は軽いということです。 男性は今月1日、都内の飲食店で友人ら4人で2時間ほど一緒に食事をしましたが、そのうち北海道に住む男性1人が今月8日に感染が確認されたということです。 男性は1人暮らしで、症状が出たあとは人との接触は避けるようにしていたということです。 川崎市で新型コロナウイルスに感染した人が確認されたのは初めてです。 引用: 今回感染が確認されたのは、神奈川県川崎市多摩区に住む70代男性ということがわかりました。 そしてどうやら、3月8日に感染が確認された北海道在住の友人から感染したとのこと。 今回は友人が感染していてそこ経由で感染したパターンでしたね。 友人の感染が確認される前に接触しているため、友人がまさか感染しているなんてわかりませんよ。 新型コロナウイルスに感染した人の中には無症状の人もいるみたいですから、気づかないうちに感染が拡大していく危険があります。 もしかしたらあなたの周りにも無症状の感染者がいるかもしれません。 神奈川県川崎市多摩区に住む70代男性の感染経路 今回感染が確認された神奈川県川崎市多摩区の70代男性はどのような経路で感染したのでしょうか? こちらが男性の感染が確認されるまでの流れになります。 3月1日 飲食店で後に感染が確認された友人と食事 3月4日 のどの痛み 3月5日~ 37. 5度の熱が続く 3月8日 友人の感染判明の連絡が入る 3月11日 市内の医療機関を受診 3月12日 検査の結果、新型コロナウイルス陽性を確 認 70代男性は現在、市内の病院に入院しているそうですが症状は軽いとのこと。 しかし友人経由でも感染するリスクがあると考えると、安易に外出や友人との遊びができなくなりますね。 新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着くまでは控えたほうがいいかもしれません。 神奈川県川崎市多摩区に住む70代男性の入院先の病院はどこ? 今回感染が確認された神奈川県川崎市に住む70代男性は、現在どこの病院に入院しているのでしょうか? 神奈川県には感染症指定医療機関が、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関合わせて8棟の病院があります。 その一覧がこちら。 横浜市立市民病院 川崎市立川崎病院 横須賀市立市民病院 厚木市立病院 藤沢市民病院 神奈川県立足柄上病院 平塚市民病院 神奈川県厚生農業協同組合連合会 相模原協同病院 今回感染が確認された70代男性は市内の病院に入院しているとのことなので、川崎市にある川崎市立川崎病院に入院しているのではないでしょうか? 感染者が早く完治してくれるといいですね。 神奈川県川崎市多摩区に住む70代男性が新型コロナウイルスに感染したとの報道を聞いた人々の反応 今回神奈川県川崎市の70代男性が新型コロナウイルスに感染したとの報道を聞いて、人々からは多くの反応が見られました。 その一部を紹介しましょう。 川崎市でコロナ感染者が確認されたのはほんの数日前。 しかも北海道の感染してた友人からと。 羽田空港じゃないんかい! — ほしかわ hoshikawa4th 風の便りによるとついに川崎市多摩区にもコロナウイルス感染者が現れたとか 自分は今のところ異常はないが明日は我が身と用心しよう — いーえぬ ENpg453156 まとめ 神奈川県川崎市でも感染者が確認されたということで、神奈川県でも徐々に感染が拡大している状況です。 神奈川県に住んでいる人は十分注意してください。 日ごろから予防対策を徹底しましょう。

次の

神奈川 川崎など新たに8人感染確認 県内1551人に 新型コロナ

川崎区協同病院コロナ

神奈川県で2日、新たに計36人の新型コロナウイルス感染者が確認された。 これまでに感染が確認されていた患者2人が死亡した。 また、県内4カ所の病院で少なくとも計23人の感染が確認されるなど、クラスター(感染者集団)が拡大している。 死亡者は横浜市と川崎市がそれぞれ1人。 感染者について、横浜市が発表した16人のうち9人はいずれも、クラスターが広がっている市内2病院の職員と入院患者だった。 そのうち1病院は、横浜甦生病院(同市瀬谷区)。 新たに確認された感染者はいずれも30~60代の女性で、内訳は看護師・看護助手の5人、事務職1人の計6人。 同病院での感染者は職員9人と入院患者3人の計12人となった。 一方、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(同市旭区)では、新たに、いずれも30~80代の男性の入院患者3人の感染が明らかになった。 同病院での感染者は、職員14人と入院患者23人の計37人となった。 川崎市では、発表した8人中6人が川崎協同病院(同市川崎区)の職員か入院患者だった。 内訳は看護師の20代女性1人と、70~80代の女性の入院患者5人。 同病院での感染者は、看護師1人と入院患者11人の計12人となった。 また、県が発表した9人のうち、少なくとも5人は、小田原市立病院(小田原市)の職員か入院患者で、内訳は20~50代の看護師・看護助手の4人と、同院に入院していた60代女性1人。 同病院での感染者は少なくとも計7人となった。

次の

トップ対談 新型コロナ対応で連携 高山市長と井上病院長

川崎区協同病院コロナ

新型コロナウイルス感染症を巡り、川崎市は3日、医療従事者6人を含む男女11人の感染が新たに確認された、と発表した。 6人はいずれも川崎協同病院(同市川崎区)に勤務しており、院内感染が発生したとみられる。 市発表の1日の感染者が2桁に達するのは4月23日以来。 市発表の感染者は累計312人となった。 市によると、6人は看護師4人と介護士2人。 うち20代の女性看護師は、今月1日に感染が確認された80代の無職女性が6月下旬、入院中の夫との面会に訪れた際、感染予防で面会できないと説明するなど応対した。 他の5人はこの看護師の夫である看護師や、同じ病棟などで勤務していた同僚。 同病院に入院していた60代男性も退院翌日の6月28日に発熱し、陽性と判明した。 残りの5人のうち、幸区に住む30代の夫婦は共通の知人が感染者で、無症状だが検査を受けた。 また、いずれも多摩区在住で、アルバイトの20代男性と自営業の50代男性は感染経路が不明という。 神奈川新聞社.

次の