ソリューション エクスプローラー。 ソリューション・エクスプローラ

ソリューションエクスプローラーにstwww.surfingmagazine.comgsが無い時の追加の仕方

ソリューション エクスプローラー

ソリューション エクスプローラーでのファイルの入れ子 File nesting in Solution Explorer• この記事の内容 ソリューション エクスプローラーでは、関連ファイルを入れ子にして、それらを整理し、見つけやすくしています。 Solution Explorer nests related files to help organize them and make them easier to locate. たとえば、Windows Forms フォームをプロジェクトに追加すると、 ソリューション エクスプローラーで、フォームの下にフォームのコード ファイルが入れ子にされます。 For example, if you add a Windows Forms form to a project, the code file for the form is nested below the form in Solution Explorer. ASP. NET Core プロジェクトでは、ファイルの入れ子をさらに一歩進めることができます。 In ASP. NET Core projects, file nesting can be taken a step further. ファイルの入れ子のプリセットの [オフ] 、 [既定] 、 [Web] から選択できます。 You can choose between the file nesting presets Off, Default, and Web. さらに、したり、したりすることもできます。 You can also or. 注意 現在、この機能は ASP. NET Core プロジェクトでのみサポートされています。 The feature is currently only supported for ASP. NET Core projects. ファイルの入れ子のオプション File nesting options カスタマイズせずに使用できるファイルの入れ子のオプションは次のとおりです。 The available options for non-customized file nesting are:• [オフ] :何も入れ子にせず、ファイルの単純なリストが作成されます。 Off: This option gives you a flat list of files without any nesting. 既定:このオプションは、 ソリューション エクスプローラーでの既定のファイル入れ子動作を提供します。 Default: This option gives you the default file nesting behavior in Solution Explorer. 特定のプロジェクト タイプに設定が存在しない場合、そのプロジェクトのファイルは入れ子になりません。 If no settings exist for a given project type, then no files in the project are nested. Web プロジェクトのように設定が存在する場合は、入れ子が適用されます。 If settings exist, for example, for a web project, nesting is applied. [Web] : Web ファイルの入れ子動作を、現在のソリューションのすべてのプロジェクトに適用します。 Web: This option applies the Web file nesting behavior to all the projects in the current solution. 多くのルールがあるので、是非ご確認いただき、ご意見をお聞かせください。 It has numerous rules, and we encourage you to check it out and tell us what you think. 次のスクリーンショットでは、このオプションを指定したときのファイル入れ子動作のいくつかの例を示します。 The following screenshot highlights just a few examples of the file nesting behavior that you get with this option: ファイルの入れ子をカスタマイズする Customize file nesting 既定の動作が適切ではない場合は、ファイルを入れ子にする方法を ソリューション エクスプローラーに指示する、独自のカスタム ファイル入れ子設定を作成できます。 必要なだけいくつでもカスタム ファイル入れ子設定を追加でき、必要に応じてそれらを切り替えることができます。 You can add as many custom file nesting settings as you like, and you can switch between them as desired. 新しいカスタム設定を作成するには、空のファイルから始めるか、または Web の設定を基にすることができます。 To create a new custom setting, you can start with an empty file, or you can use the Web settings as your starting point: 既に機能するものを使って作業する方が簡単なので、 Web の設定を基にすることをお勧めします。 Web の設定を基にする場合、. filenesting. json ファイルは次のようになります。 If you use the Web settings as your starting point, the. filenesting. json file looks similar to the following file: ノード dependentFileProviders とその子ノードに注目してください。 各子ノードは、Visual Studio がファイルを入れ子にするために使用できるルールの種類です。 Each child node is a type of rule that Visual Studio can use to nest files. たとえば、 ファイル名は同じにして、拡張子は異なるものにする、というのはルールの 1 つの種類です。 For example, having the same filename, but a different extension is one type of rule. 使用できるルールは次のとおりです。 The available rules are:• extensionToExtension: file. js を file. ts の下に入れ子にするには、このルールの種類を使います extensionToExtension: Use this type of rule to nest file. js under file. fileSuffixToExtension: file-vsdoc. js を file. js の下に入れ子にするには、このルールの種類を使います fileSuffixToExtension: Use this type of rule to nest file-vsdoc. js under file. addedExtension: file. html. css を file. html の下に入れ子にするには、このルールの種類を使います addedExtension: Use this type of rule to nest file. html. css under file. html• pathSegment: jquery. min. js を jquery. js の下に入れ子にするには、このルールの種類を使います pathSegment: Use this type of rule to nest jquery. min. js under jquery. allExtensions: file. js の下に入れ子にするには、このルールの種類を使います allExtensions: Use this type of rule to nest file. fileToFile: bower. json を. bowerrc の下に入れ子にするには、このルールの種類を使います fileToFile: Use this type of rule to nest bower. json under. bowerrc extensionToExtension プロバイダー The extensionToExtension provider このプロバイダーでは、特定のファイル拡張子を使ってファイル入れ子ルールを定義できます。 This provider lets you define file nesting rules using specific file extensions. 次に例を示します。 Consider the following example:• 1 番目の extensionToExtension ルールのため、 cart. js は cart. ts の下の入れ子になります。 cart. js is nested under cart. ts because of the first extensionToExtension rule• cart. js は cart. tsx の下の入れ子にはなりません。 これは、ルールで. ts は. tsx より前にあり、親になることができるのは 1 つだけであるためです。 cart. js is not nested under cart. tsx because. ts comes before. tsx in the rules, and there can only be one parent• 2 番目の extensionToExtension ルールのため、 light. css は light. sass の下の入れ子になります。 light. css is nested under light. sass because of the second extensionToExtension rule• 3 番目の extensionToExtension ルールのため、 home. html は home. md の下の入れ子になります。 home. html is nested under home. md because of the third extensionToExtension rule fileSuffixToExtension プロバイダー The fileSuffixToExtension provider このプロバイダーは extensionToExtension と同じように動作しますが、唯一の違いは、ルールが拡張子だけでなくファイルのサフィックスも確認することです。 This provider works just like the extensionToExtension provider, with the only difference being that the rule looks at the suffix of the file instead of just the extension. 次に例を示します。 Consider the following example:• fileSuffixToExtension ルールのため、 portal-vsdoc. js は portal. js の下の入れ子になります。 portal-vsdoc. js is nested under portal. js because of the fileSuffixToExtension rule• ルールの他の部分はすべて、 extensionToExtension と同じように機能します every other aspect of the rule works the same way as extensionToExtension addedExtension プロバイダー The addedExtension provider このプロバイダーは、追加の拡張子があるファイルを、追加の拡張子がないファイルの下に入れ子にします。 This provider nests files with an additional extension under the file without an additional extension. 追加の拡張子は、完全なファイル名の末尾にのみ使用できます。 The additional extension can only appear at the end of the full filename. 次に例を示します。 Consider the following example:• addedExtension ルールのため、 file. html. css は file. html の下の入れ子になります。 file. html. css is nested under file. html because of the addedExtension rule 注意 addedExtension ルールに対してファイル拡張子は何も指定しません。 すべてのファイル拡張子に自動的に適用されます。 You don't specify any file extensions for the addedExtension rule; it automatically applies to all file extensions. つまり、別のファイルと同じ名前と拡張子を持ち、その最後に拡張子が追加されているすべてのファイルは、他のファイルの下に入れ子にされます。 That is, any file with the same name and extension as another file plus an additional extension on the end is nested under the other file. このプロバイダーの効果を特定のファイル拡張子だけに制限することはできません。 You cannot limit the effect of this provider to just specific file extensions. pathSegment プロバイダー The pathSegment provider このプロバイダーは、追加の拡張子があるファイルを、追加の拡張子がないファイルの下に入れ子にします。 This provider nests files with an additional extension under a file without an additional extension. 追加の拡張子は、完全なファイル名の中間にのみ使用できます。 The additional extension can only appear at the middle of the full filename. 次に例を示します。 Consider the following example:• pathSegment ルールのため、 jquery. min. js は jquery. js の下の入れ子になります。 jquery. min. js is nested under jquery. js because of the pathSegment rule 注意• pathSegment ルールに対して特定のファイル拡張子を指定しないと、すべてのファイル拡張子に適用されます。 If you don't specify any specific file extensions for the pathSegment rule, it applies to all file extensions. つまり、別のファイルと同じ名前と拡張子を持ち、その途中に拡張子が追加されているすべてのファイルは、他のファイルの下に入れ子にされます。 That is, any file with the same name and extension as another file plus an additional extension in the middle is nested under the other file. 次の方法で指定することにより、 pathSegment ルールの効果を特定のファイル拡張子に制限することができます。 js", ". css", ". html", ". This provider lets you define file nesting rules for files with any extension but the same base file name. 次に例を示します。 Consider the following example:• allExtensions ルールのため、 template. cs と template. doc は template. tt の下の入れ子になります。 template. cs and template. doc are nested under template. tt because of the allExtensions rule. fileToFile プロバイダー The fileToFile provider このプロバイダーでは、ファイル名全体に基づくファイル入れ子ルールを定義できます。 This provider lets you define file nesting rules based on entire filenames. 次に例を示します。 Consider the following example:• fileToFile ルールのため、. bowerrc は bower. json の下の入れ子になります。 bowerrc is nested under bower. json because of the fileToFile rule ルールの順序 Rule order 順序は、カスタム設定ファイルのすべての部分において重要です。 Ordering is important in every part of your custom settings file. dependentFileProvider ノードの内部で上または下に移動することにより、ルールの実行順序を変更できます。 You can change the order in which rules are executed by moving them up or down inside of the dependentFileProvider node. たとえば、あるルールでは file. js を file. ts の親にするようにしていて、別のルールでは file. coffee を file. ts の親にするようにしている場合、ファイルでのルールの出現順序は、3 つのファイルがすべて存在する場合の入れ子動作を示します。 For example, if you have one rule that makes file. js the parent of file. ts and another rule that makes file. coffee the parent of file. ts, the order in which they appear in the file dictates the nesting behavior when all three files are present. file. ts が持つことのできる親は 1 つだけなので、最初に実行されるルールが適用されます。 Since file. ts can only have one parent, whichever rule executes first wins. セクション内のファイルの順序だけでなく、ルール セクション自体の順序も重要です。 Ordering is also important for rule sections themselves, not just for files within a section. ファイルのペアがファイル入れ子ルールに一致するとすぐ、ファイル内でそれより下にある他のルールは無視され、次のファイル ペアが処理されます。 As soon as a pair of files is matched with a file nesting rule, other rules further down in the file are ignored, and the next pair of files is processed. ファイル入れ子ボタン File nesting button 独自のカスタム設定を含むすべての設定を、 ソリューション エクスプローラーの同じボタンを使って管理できます。 You can manage all settings, including your own custom settings, through the same button in Solution Explorer: プロジェクト固有の設定を作成する Create project-specific settings 各ソリューションとプロジェクトの右クリック メニュー コンテキスト メニュー から、ソリューション固有およびプロジェクト固有の設定を作成できます。 You can create solution-specific and project-specific settings through the right-click menu context menu of each solution and project: ソリューション固有およびプロジェクト固有の設定は、Visual Studio のアクティブな設定と結合されます。 Solution-specific and project-specific settings are combined with the active Visual Studio settings. たとえば、プロジェクト固有の設定ファイルを空にしても、 ソリューション エクスプローラーはファイルを入れ子にします。 For example, you may have a blank project-specific settings file, but Solution Explorer is still nesting files. 入れ子の動作は、ソリューション固有の設定または Visual Studio の設定のいずれかが使われます。 The nesting behavior is coming from either the solution-specific settings or the Visual Studio settings. また、その逆も可能で、 root ノードを true に設定することにより、ソリューション固有またはプロジェクト固有の設定 " だけ" を使うよう、Visual Studio に指示できます。 You can do the opposite and tell Visual Studio to only use the solution-specific or the project-specific settings, by setting the root node to true. Visual Studio はそのレベルでのファイルのマージを停止し、階層でそれより上位にあるファイルと結合しません。 Visual Studio stops merging files at that level and doesn't combine it with files higher up the hierarchy. ソリューション固有およびプロジェクト固有の設定をソース管理にチェックインすることができ、コードベースで作業するチーム全体がその設定を共有できます。 Solution-specific and project-specific settings can be checked into source control, and the entire team that works on the codebase can share them. プロジェクトのファイルの入れ子ルールを無効にする Disable file nesting rules for a project プロバイダーで add の代わりに remove アクションを使うことで、特定のソリューションまたはプロジェクトの既存のグローバル ファイル入れ子ルールを無効にすることができます。 You can disable existing global file nesting rules for specific solutions or projects by using the remove action for a provider instead of add. たとえば、次の設定コードをプロジェクトに追加した場合、この特定のプロジェクトに対してグローバルに存在する可能性があるすべての pathSegment ルールは無効になります。 関連記事.

次の

Visual Studio のテキストエディタとソリューションエクスプローラを同期させる方法:アーキテクト360

ソリューション エクスプローラー

プロジェクト名を最初に決めていたなら,WindowsApplication1にはならないと思いますが……。 プロジェクトを作るときに,名前をちゃんと指定していますか。 最初にプロジェクトを作成して,その時に名前をちゃんとつけるようにすればよいです。 ソリューションエクスプローラ上で変更することです。 なお,アセンブリ名はプロジェクトのプロパティから変更する必要がありますし,名前空間も同じくです。 非公式には. slnや. vbprojを編集する方法もありますが。 私はそれをやっていますが,自己責任で。 まず使いません。 ときたま,ConsoleApplciationが30超えたとか聞くことはありますが。 最初の >ソリューションって何ですか だけだと、No1さんが示した、IT業界で使用される、「システムソリューション」などと使われるような、業務ごと、団体(会社)ごと、個人ごとに、オリジナルコンピューターシステムの構築を表しているかのようです。 >ソリューションっていうのはプロジェクト名・・・ 確かに、そのような場合もある。 なので上記のシステムソリューションの説明でも、妥当性がある。 >WindowsApplication1の下にまたWindowsApplication1 ここでようやくツールの話であることが判明する。 この当たりを見れば、だれでもわかるはず。 で、No1さんが示してくれた、URLにあるように、もともとの意味はその通りです。 それからそのツールの説明を見るとかなり、早く理解できます。 ツリー構造のTOPを、そのツールではあえて「ソリューション」と呼んでいるようです。 上記サイトの説明、 「画像17:プロジェクトの保存画面 ソリューションとはプログラム全体を管理しているもので、プロジェクトよりも上の位置づけだと思ってください」 などとなっている。 例えば、「学校管理システム」なんて言うのを「ソーリューション名」としたら、その配下(下層下位)に在る物を「生徒・先生情報検索システム」などとプロジェクト名をつけて、データーベースを構築する。 他にも、「給食管理システム」 とか、「学校管理システム」の配下にはいることがわかりますね。 これは、IT業界で言う所の、「ソリューション」と「プロジェクト」の関係に良く似ています。 で意味合いは理解してくれるかと思います。 上記のサイトの説明で問題なのは次の箇所にありました。 プロジェクトの「名前」もソリューション名と同じにしておきます。 保存すると、「場所」に指定した場所にソリューション名のフォルダーが作成されます。 」 これで、、「プロジェクトとソリューションは同じようなもの!」なんて説明してしまっているとことです。 最初の「当面は」と言うところを忘れるか、そこまでたどりつかずに、 「同じようなもの」 だけが際立って、覚えてしまう事です。 本来、ツリー構造として管理するような事を教育しないといけないのに、ツールの使い方だけを、言っている事です。 いまだに詰め込み教育から抜け出せないのですね。 ツールのほうですが、プログラム言語系のツールでは日本語を使うのは極力さけましょう。 理由は、思わぬところに、落とし穴(バグ、意味不明なエラー)があり、複雑になると、書き換えるのが大変です。 これは、ツールの元締めは、アメリカなどの英語圏で作成されいるために、初期のツールでは、よく起こることです。 さすがに学校などで使われるのは、枯れている(そういった初期不良)ので、ないと思われますが、英語でつけることを身に着けましょう。 特にこれからは、いろんな国の人と仕事をするので(私なんか、中国人、インド人、アメリカ人、韓国人と一緒に仕事しています)、英語が共通として仕事がはかどります。 中、高学校でも、本来、そのようなことを教えるべきなんですけどね。 専門学校では、そのように教えているようですが・・・ >勝手にフォルダ名を変えてしまってもいいのでしょうか 個人で使用するレベルなら、上記以外では問題在りません。 Q 同じソリューション内の別のプロジェクトのメソッド呼び出し お世話になっております。 Visual Studio でC で開発をしております。 初心者です。 同じソリューション内にある別のプロジェクトのメソッドを呼び出す方法は どの様にしたら宜しいのでしょうか。 下記の様に記述しましたら、 「静的でないフィールド、メソッド、またはプロパティ ~省略~ で、 オブジェクト参照が必要です」と言うエラーが出てしまいます。 何か根本的に間違っているのかも知れません。 何卒、ご教授頂きたく宜しくお願い致します。 クラス名. メソッド名(); } 呼び出される側 namespace プロジェクト名 { public class クラス名 { メソッド名() { 処理内容 } } } A ベストアンサー ソリューション エクスプローラにおいて、呼び出し側のプロジェクト ツリーの「参照設定」を右クリックして、「参照の追加」を実行、ダイアログの「プロジェクト」タブにおいて、呼び出される側のプロジェクトを選択してOKを押してください。 Visual C のインテリセンスが正常に機能し始めれば設定が成功しています。 なお、参照設定の追加により、参照されるアセンブリは参照するプロジェクトの出力フォルダに自動的にコピーされるようになります。 また、被参照アセンブリのプログラム デバッグ データベース ファイル(. pdb)も自動的にコピーされるので、被参照側のソースにブレークポイントを置いて参照側でデバッグを開始すると、きちんとブレークポイントで停止してくれます。 A ベストアンサー ビルドは、コンパイルその他、目的のものを生成する作業のこと。 Visual Basicなら、ソースコードをコンパイルして. exeや. dllを生成します。 デバッグは、プログラムにある問題 バグ を取り除く作業のこと。 デバッグ方法は沢山ありますが、そのうちの一つが「デバッガ」と呼ばれる支援ツールを使う方法。 この2つは、まったく別のものです。 デバッガでデバッグするためには、プログラムを動作させる必要があります。 Visual Basicの場合、プログラムを動作させるために、ソースコードからビルドする必要があります。 ソースコードを編集しても、ビルドしなければ、デバッガが使うのは「古いソースコードからビルドされた実行プログラム」になってしまい、デバッグ作業が無意味になります。 このため、Visual Studio では、デバッガを使うときに、ソースコードとビルド後のファイルを確認して、必要ならビルドするようになっています。 「デバッグの開始」を詳しく書けば「ソースコードが新しいなどでビルドの必要があるならばビルドして、その後に、デバッグを開始」となるでしょう ビルドは、コンパイルその他、目的のものを生成する作業のこと。 Visual Basicなら、ソースコードをコンパイルして. exeや. dllを生成します。 デバッグは、プログラムにある問題 バグ を取り除く作業のこと。 デバッグ方法は沢山ありますが、そのうちの一つが「デバッガ」と呼ばれる支援ツールを使う方法。 この2つは、まったく別のものです。 デバッ... Q みなさまこんばんわです。 よろしくお願い申し上げます。 NET 2008でコーディングしています。 CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。 これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me. Close と、Me. Dispose )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。 たとえば、ShowDialog で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe. Close しても、プロセスは残り、たとえば、タイマーコントロールのイベントに記述していますと、それは実行され続けます。 これを防ぐために、Me. Dispose を使います。 すると、きれいにプロセスは終了し、イベントは発生しない模様です。 そこで、「フォームを閉じる」意味のMe. Close をすべてMe. Dispose に変えてしまいました。 確実にプロセスを破棄出来ると思ったからです。 Webで調べると、違いは「再利用できる、できないの違い」という答えがありましたが、それはきっと、ファイルやオブジェクトのことで、フォームの場合は、再びShowまたはShowDialogで表示させることは可能でしたので、特に問題は感じていませんでした。 ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。 調べてみると、Me. Dispose が原因。 Close に変えるとうまくいきました。 わけわからなくなってきました。。。 ちなみに、その残ったフォームは、スタートアップフォームであり、別のフォームからShowまたはShowDialogメソッドで呼び出したものではありません。 ここで4つの仮説を立ててみました。 ShowDialogで呼び出したフォームは、Me. Dispose 、Showで呼び出した、あるいは、スタートアップフォームは、Me. Close すれば破棄できる 2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me. Dispose 、スタートアップフォームは、Me. Close 、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる 3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する 4. 併記する必要がある場合がある Me. Close Me. Dispose または、 Me. Dispose Me. Close どれが正しいのでしょうか?どなたがご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。 ありがとうございました。 みなさまこんばんわです。 よろしくお願い申し上げます。 NET 2008でコーディングしています。 CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。 これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me. Close と、Me. Dispose )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。 たとえば、ShowDialog で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe. Close しても、プロセスは残り、たとえば、... A ベストアンサー Me. Close Me. Dispose は根本的に違うものです。 formについて、Close メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。 ほかのクラスも同様。 すべてのDispose メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。 一方Close はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。 ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。 調べてみると、Me. Dispose が原因。 Close に変えるとうまくいきました。 通常はどちらでもうまくいきます。 ShowDialogで呼び出したフォームは、Me. Dispose 、スタートアップフォームは、Me. Close 、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる ShowDialogの場合は、メソッド内部で、ハンドルが破棄されているため、Close メソッドの際にDispose メソッドが呼び出されます。 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する そう思います。 併記する必要がある場合がある インスタンスを明示的に破棄したほうがよい場合は多く存在します。 Disposeが使えるメンバはIDisposableをインターフェースとして持っているメンバです。 これらのメンバは、外部とのやり取りを行うものが多くあります。 たとえばSQLClientに含まれるようなメンバです。 外部とのコネクションを確実に破棄を保障してほしいなどという場合がありますよね、このようなときに使用します。 Using構文を使用するのとまったく同じ理由になります。 正確にはUsing構文を使用できるメンバには条件があります、IDisposableをインターフェースとして持っているメンバに限るというものです。 ほかにもガーベージコレクタによるファイナライズを伴うかどうかという違いがあります。 Disposeの場合はファイナライズが同時に行われるため、使用していたメモリ空間を開放することができます。 上記のような理由により、 Me. Close Me. Dispose は両方書いたほうがよいと思います。 蛇足ですが、 Me. Dispose Me. Close はエラーになります。 Dispose により、Me本体 インスタンス は削除されてしまいます。 存在しないMeに対してCloseメソッドを要求することはできないためです。 Close Me. Dispose は根本的に違うものです。 formについて、Close メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。 ほかのクラスも同様。 すべてのDispose メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。 一方Close はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。 ところが、アプリ... Q お世話になります。 現在、ExcelVBAで機械設計の計算をさせようと思い勉強しているのですが、VBとVBAの違い(VBと比較したとき、VBAできること、できない事)の境目?がいまいち判りません。 まだまだ勉強中で困惑しております。 このままExcelVBAを勉強していく物か、VBについて勉強していくか迷っています。 このままExcelVBAを勉強してExcelVBAを理解すれば判断できるかと思うのですが、畑違いの勉強になってしまわないかと心配です。 やりたいことは、各種計算の簡略化です。 現在は、関数電卓で行っていますが、これをパラメータを入力すると計算結果が出る。 このような物を作りたいと思っています。 長くなってしまったのでまとめると、 1、VBAとVBの違い 2、ExcelVBAで設計計算が可能か あと、 プログラムにより計算させるときに、最適なプログラム(JavaとかPHPとかHTML等など・・・)お勧めのプログラムがありましたらアドバイス頂けたらと思います。 A ベストアンサー 1. VBAとVBの違い VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。 また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。 また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。 もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではできませんので、VBが必要です。 ExcelVBAで設計計算が可能か 可能です。 また、多分VBAを使わなくてもExcelの関数でもある程度のことが可能だと思われます。 お持ちの関数電卓の桁数にもよりますが、相当な高精度が必要でない限り大丈夫です。 文面からすると、プログラミング未経験のようですが、やりたいことが明確なので、Excelをお持ちであればVBAで始めてみてはいかがでしょうか。 他の言語 Java, C, PHP... でも可能でしょうが、中には環境を用意しなくてはならなかったり、本質である計算以外に気にしなくてはならないことが多く、初心者にはとっつきづらいのではないかと考えます。 VBAからVBへの移行、VBからVBAへの移行はどちらも可能ですし、VBAからVBへの移行は多少時間がかかるかもしれませんが、VBよりVBAから始める方が楽なので、どちらに優越があるとは一概に言えないと思います。 一人でちょっと使う程度や勉強用なら、ExcelVBAをお勧めします。 しばらくすると、ExcelVBAの限界を感じるようになると思うので、そこからVBに移行するというのでも悪くないと思います。 VBAとVBの違い VBは単体で動作するアプリケーションが作れますが、VBAはOfficeが必要です。 また、VBAはOfficeの環境が使えるので、Excel等を使った入出力の機能が既にできていますが、VBではある程度自分で作る必要があります。 また、費用的な面でVBは購入しないと使えませんが、VBAはOfficeがあれば使えますので、既にExcelなどを導入されているならば、追加の費用が必要ありません。 もし、複数の人間で作ったプログラムを利用され、かつその中にOfficeを持っていない人が含まれるのであればVBAではで... Q 最近Javaから移ってきたばかりのC 初心者です。 依然作ったことのあるほかのファイルにある自作クラスを 新しいファイルの自作クラスで使用したい場合、どうすれば よいのでしょうか。 Form1. cs 8,7 : error CS0246: 型または名前空間名 'Calc1' が見つかりませんでした。 using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。 Form1. cs 12,19 : error CS0246: 型または名前空間名 'Calc' が見つかりませんでした。 using ディレクティブまたはアセンブリ参照が不足しています。 上記のようなエラーが発生してしまいます。 なにとぞご助力をお願いいたします。 A ベストアンサー 互換性はありません。 さらに,Express Editionとそれ以外でも異なっていたりします。 で,Visual Studio 2005以降がインストールされている場合,バージョンごとにアイコンを変えてくれます。 ない場合は,直接エディタで開いてみて,空行を除く先頭のバージョン情報を調べるしかないです。 ・VS 2003 …… Version 8. 00 ・VS 2005 …… Version 9. 00 ・VS 2008 …… Version 10. 一応,上位のバージョンしか持っていない場合はソリューションやプロジェクトをコンバートしてくれます。 Q Visual C 2008を学習中なんですが、とりあえず何か作ってみようと思って、パラパラマンガに挑戦してみました。 Form1にpictureBox1を作り、waitを入れてイメージを書き換えるという単純なものです。 Form1. その際のフォーカスは、main 内の Form1. pictureBox1. FromFile "motion1. 何が原因と考えられるでしょうか。 もし情報不足であればご指摘いただくか、あるいはこの目的においてやらなければいけないこと、を大雑把に教えていただくだけでも幸いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー main 内に記述されているとのことですので、たぶん、 Form1. pictureBox1. FromFile "motion1. png" ; Application. atmarkit. html cs0302 ここであるように、オブジェクト指向にはクラスとインスタンスという概念があります。 今のコードでは、Form1クラスを操作しようとしているのでそのようなエラーが出ます。 具体的な解決方法としては、PictureBoxに初期画像を設定する処理をForm1のコンストラクタでやるのがいいと思います。 その際、redfox63さんがおっしゃられるように this. pictureBox1 と記述することが必要です。 (thisは自分自身のインスタンスを指します) 後は、Windowsフォームで一定間隔での処理をするための「Timerコンポーネント」について調べてみたらいいと思います。 atmarkit. microsoft. windows. forms. timer. atmarkit. pictureBox1. FromFile "motion1. png" ; Application. atmarkit. html cs0302 ここであるように、オブジェクト指向にはクラスとインスタンスという概念があります。 今のコードでは、Form1クラスを操作しようとしているのでそのようなエラーが出ます。 Q Microsoft Visual Studio 2008 Version 9. 21022. 8 RTM Microsoft. NET Framework Version 3. cpp include "myhelper. h" include "mymain. h(サンプルなので打ちミスはない) include "DxLib. dotup. dotup. org154142. jpg. html) 初心者なのでわかりやすくお願いします Microsoft Visual Studio 2008 Version 9. 21022. 8 RTM Microsoft. NET Framework Version 3. cpp include "myhelper. h" include "mymain.

次の

ソリューションとプロジェクト

ソリューション エクスプローラー

NETのコーディング環境であるIDE画面のウィンドウ構成 前回作成したプロジェクトを開いたところ。 IDE画面の基本的な部品については、なので、ここではさらにコーディングのための部品について説明している。 (1) 前回は「編集画面」と説明したが、より詳しく説明すると、この画面例で表示されているのは[Windowsフォーム・デザイナ]ウィンドウ(詳細後述)である。 (2)「Windowsフォーム」。 コーディング作業では、このフォーム上にボタンやテキストボックスといったコントロールを載せていく。 (3)タブをクリックすると、[スタート ページ]ウィンドウやWindowsフォーム・デザイナ・ウィンドウなどに、編集画面を切り替えられる。 (4)タブをクリックした場合と同じように、前のウィンドウや次のウィンドウに、編集画面を切り替えられる。 (5)編集画面内の1つのウィンドウが閉じられる。 (6)[ソリューション エクスプローラ]ウィンドウ。 NETのソリューション、プロジェクト、ソース・ファイルなどを管理するためのウィンドウ。 後ほど詳しく解説する。 (7)タブをクリックすると、ウィンドウを切り替えられる。 なお[クラス ビュー]とは、プログラミングにおける「クラス」を視覚化するためのものだが、いまはまだ覚えなくてよい。 (8)[プロパティ]ウィンドウ。 Windowsフォーム・デザイナ画面にあるフォームや、その上に配置したコントロールのプロパティを設定するためのウィンドウである。 なおプロパティとは、フォームやコントロールの属性情報(例えば、色、位置、名前など)のことである。 (9)タブでウィンドウを切り替えられる。 画面のタブにある[ダイナミック ヘルプ]とは、名前のとおり、作業中の内容に応じて表示項目をダイナミックに切り替えてヘルプ・インデックスを自動表示するウィンドウである。 NETを使うには、取りあえず、IDE画面のこれらのウィンドウを覚えておく必要がある。 なおVS. NETのIDEには、このほかにもたくさんウィンドウがあるが、一度にすべてを覚えるのは大変だ。 よって、これら以外のウィンドウについては必要に応じて解説することにする。 次に記すように、これらのウィンドウの表示は、簡単にカスタマイズすることができる。 IDE画面のカスタマイズ 次の画面はIDE画面内のウィンドウの表示や位置をカスタマイズしているところだ。 上の画面のようにカスタマイズしたウィンドウの配置は、いつでも初期の状態に戻すことができる。 それには、. NET TIPS「」を参照していただきたい。 それでは、IDE画面のウィンドウ操作ができるようになったところで、このIDE画面の中で最も重要なウィンドウである「ソリューション・エクスプローラ」について説明しよう。 ソリューション・エクスプローラの内容 VS. NETでは、ソリューション・エクスプローラからソリューション全体(およびプロジェクト全体)を管理するようになっている。 よって、VS. NET IDEを使ったプログラミングでは、すべて、このソリューション・エクスプローラが起点となる。 ソリューション・エクスプローラは、ソリューション、プロジェクト、ソース・ファイルなどを階層的に管理する。 この階層化されたVS. NETソリューションの構造は、とほぼ同じである。 次の画面は、その両者を並べて比べたものである。 上の画面を見て、前掲の「」の画面をもう一度見直すと、VS. NETプロジェクトの新規作成時の設定内容とソリューション・エクスプローラ内のプロジェクト構造の対応関係も同時に理解できるだろう(ここではあらためてこの対応関係を明示しない。 もしよく分からない場合はもう一度に戻って見直してほしい)。 なお、ソリューション・エクスプローラに表示されるアイコンやボタンなどは、ここで説明したものがすべてではないが、取りあえず最初はこれだけのものが分かれば十分である。 それでは、VS. NETにおけるプログラミング作業の司令塔であるこのソリューション・エクスプローラから出発して、VS. NETでのコーディング方法について見ていこう。

次の