ドコモ 光 無線 ルーター レンタル。 @nifty Wi

ポケットWi

ドコモ 光 無線 ルーター レンタル

セキュリティ自己診断・・・各種設定状況を診断し、診断結果を表示します。 「ドコモ光 1ギガ」の提携プロバイダが提供するすべてのIPv4 over IPv6通信に対応しました。 IPv4 over IPv6通信(transix/v6プラス)に加え、IPv4 over IPv6通信(OCNバーチャルコネクト/IPv6オプション)でもご利用になれます。 本通信のご利用には、プロバイダの対応が必要となります。 対応プロバイダはよりご確認ください。 IPv4 over IPv6通信については、ご利用のプロバイダにお問い合わせください。 本機能はファームウェアバージョン1. 0から対応となります。 IPv4 over IPv6通信は、ポート開放が必要なIPv4通信(サービスオンラインゲームやリモートアクセスなど)はご利用できない場合があります。 バージョンアップが必要な場合があります。 バージョンアップ方法や変更内容について、詳しくは「」でご確認ください。 「ネットトータルサポート」ご契約者向け(遠隔設定機能)ご利用方法 ドコモ光ルーターのインターネット接続に関するお悩みを遠隔設定でサポート! 遠隔設定機能受付方法(「ネットトータルサポート」をご契約のお客さま)•

次の

ドコモ光でWi

ドコモ 光 無線 ルーター レンタル

初心者向け!ドコモ光のWi-Fi(ワイファイ)基礎知識 ドコモ光で自宅内でWi-Fi(ワイファイ)接続するために必要なルーターや接続設定方法などをご紹介する前に、そもそもWi-Fiで何が出来るのかを初心者向けに詳しくご紹介します。 ドコモ光のモデム(ONU)だけではWi-Fiが使えない ドコモ光を契約するとインターネットに接続する為に必要な光回線を自宅へ引き込む回線工事を行います。 回線工事が終わると、光回線終端装置(ONU)と呼ばれる機器が自宅内に設置されます。 ちなみに光回線終端装置(ONU)という機器は基本的に「NTTロゴ」が付いています。 回線工事が終わるとONUが自宅内に設置される 自宅内に引き込まれた光回線は光回線終端装置(ONU)というモデムに接続されます。 この光回線終端装置(ONU)というモデムは 光回線で送られてくる光信号をパソコンやスマホで見れるようにデジタル信号へ変換する機器です。 その為、 この機器だけでWi-Fi接続する事が出来ません。 LANケーブルを使って接続するしかない 光回線終端装置(ONU)はWi-Fiを発信する機器ではないので、 LANケーブルを使ってパソコンと接続するしかインターネットを利用する方法がありません。 また、光回線終端装置(ONU)を設置した部屋以外(2階など)でインターネットをする場合にはLANケーブルの配線など大変面倒です。 無線LANルーターを設置すればWi-Fiが使える 光回線終端装置(ONU)というモデムは光信号をデジタル信号に変換する機器でWi-Fiが使えるようになる機器ではありません。 また、LANケーブルで接続するしかないため、パソコン以外のスマホやタブレットなどではインターネットが利用出来ませんよね。 では、どうすればWi-Fiが使えるようになってスマホやタブレットでもインターネットが出来るようになるのでしょうか? Wi-Fiでインターネットをしたい場合は 無線LANルーターを設置すればいいだけです。 無線LANルーターを設置するとWi-FIが利用できる 無線LANルーターという機器は、LANケーブルを使用せずインターネットに接続できる Wi-Fi(ワイファイ)を発信する機器です。 その為、光回線終端装置(ONU)の他に無線LANルーターを設置すればLANケーブルを使う事なくパソコンをはじめ、スマホやタブレット、テレビ、ゲーム機などの Wi-Fi対応機器でインターネット接続できるようになります。 Wi-Fiを新たに使いたい場合は工事などは一切不要ですね。 だって無線LANルーターを設置するだけですからね。 別途Wi-Fiの契約や申し込みは必要?無料? ドコモ光でWi-Fiを利用したい場合、オプションのようにドコモ光のインターネット契約とは別にWi-Fiを使う為の契約申し込みは必要なのでしょうか? 答えは、Wi-Fi利用による 別途契約や申し込みは必要ありません。 その為、 Wi-Fiを利用する為にドコモ光の月額料金とは 別の料金支払いの必要はなく無料です。 上記でもご紹介したように、ドコモ光の契約は当然必要ですが、Wi-Fiを利用するには「無線LANルーター」の設置をするだけでしたよね。 別にWi-Fiを使うオプション契約や申し込みは不要です。 ただし、無線LANルーターをドコモ光からレンタルする場合はレンタルするための申し込みは必要ですし、レンタル料金の支払いが必要になるのは小学生でも解りますよね。 Wi-Fiは何台まで同時接続可能?無制限? ドコモ光が開通して光回線終端装置(ONU)というモデムとは別に無線LANルーターを設置すればWi-Fiが使える事はもうご理解頂けたと思います。 では、設置した無線LANルーターで何台まで同時にインターネット接続が可能なのでしょうか? 何台までWi-Fiが使える? 答えは、無線LANルーターの性能にもよりますが 台数関係なく無制限に利用出来ます。 ただし、100台や200台で同時接続すれば速度がかなり低下して現実的には使えません。 最大でも50台程度が限界です。 ここまでは、ドコモ光でWi-Fi接続するための基礎知識をご紹介しました。 きっと初心者の人でも何となくご理解頂けたのではないでしょうか。 ドコモ光の光回線終端装置(ONU)にはWi-Fi機能付きもある 上記ではドコモ光の回線工事が終わると光回線終端装置(ONU)が設置され、無線LANルーターを設置しないとWi-Fi(ワイファイ)が利用できないとご説明しました。 しかし、 実はドコモ光の回線工事が終わると、自宅に設置される 光回線終端装置(ONU)には以下の2種類があります。 Wi-Fi機能が 付いているONU• Wi-Fi機能が 付いていないONU 回線工事後に自宅に設置される光回線終端装置(ONU)にはWi-Fi機能が付いているものと付いていないもの、2種類があるのです。 Wi-Fi機能付と付いていないONUの違い ドコモ光で インターネット契約以外に光回線を使った 固定電話「ひかり電話」も契約する場合に設置される光回線終端装置(ONU)には Wi-Fi機能が付いています。 一方、 ドコモ光で インターネット契約だけの場合に設置される光回線終端装置(ONU)には Wi-Fi機能が付いていません。 Wi-Fi機能が付いてるONUには2種類ある 上記では、ドコモ光で「インターネット契約」と「ひかり電話契約」もすると、設置される光回線終端装置(ONU)にはWi-Fi機能が付いてるとご紹介しました。 このWi-Fi機能が付いていて、ひかり電話でも利用する光回線終端装置(ONU)の事を 「ホームゲートウェイ」と呼んでいます。 光電話でも利用するWi-Fi機能付のONUをホームゲートウェイと呼ぶ このネット接続とひかり電話でも利用し、 Wi-Fi機能も付いた光回線終端装置(ONU)の事を「ホームゲートウェイ」と言います。 ホームゲートウェイにはWi-Fi内蔵型と内蔵なしの2種類がある 実はこのホームゲートウェイには 「Wi-Fi機能内蔵型」と 「Wi-Fi内蔵なし」の 2種類があります。 ホームゲートウェイでWi-Fi機能を利用する場合の使用料 ホームゲートウェイには「Wi-Fi機能内蔵型」と「Wi-Fi内蔵なし」の2種類がありますが、どちらにしてもホームゲートウェイでWi-Fiを利用する場合は使用料やレンタル料など料金の支払いが必要になってしまいます。 Wi-Fi機能内蔵型の場合 Wi-Fi機能が内蔵していてるホームゲートウェイでも、下記の月額使用料を支払わなければWi-Fiは利用できません。 下記料金を支払えば、Wi-Fi機能内蔵のホームゲートウェイがWi-Fiの電波を出し始めるのです。 東日本エリア 西日本エリア 月額使用料 300円 100円 出典:、 ホームゲートウェイがWi-Fi機能内蔵型の場合は、別途上記の月額使用料を払えばWi-Fiが利用できるようになるんですね。 Wi-Fi機能内蔵なしの場合 一方、 Wi-Fi内蔵されていないホームゲートウェイの場合は 「無線LANカード」というカードをレンタルすれば、 Wi-Fiが利用できるようになります。 Wi-Fi機能がないホームゲートウェイの場合は無線LANカードをレンタル 「無線LANカード」を以下のレンタル料を支払ってレンタルして、ホームゲートウェイに差すとWi-Fiの電波が飛び出し、Wi-Fiが利用できるようになります。 東日本エリア 西日本エリア 無線LANカード 月額レンタル料 300円 100円 出典:、 Wi-Fi機能内蔵型ではないホームゲートウェイでWi-Fiを利用したい場合は「無線LANカード」をレンタルすればいいんですね。 無線LANルーターを設置してもWi-Fiが利用可能 Wi-Fi機能が付いたホームゲートウェイと呼ばれる光電話でも利用される光回線終端装置(ONU)ですが、上記のようにWi-Fi機能が付いています。 Wi-Fi機能を使う為に内蔵型の場合は月額使用料の支払いが、内蔵なしでも無線LANカードのレンタル月額料を支払わなくてはなりません。 しかし、使用料や無線LANカードのレンタルをしなくても、 市販の無線LANルーターを買ってきて設置すれば月額料の支払いなくドコモ光の月額料金のみで Wi-Fiが利用可能となります。 Wi-Fi機能の使用料や無線LANカードのレンタル料を毎月払いたくない人は、無線LANルーターを購入して設置すればいいですね! 光回線終端装置(ONU)まとめ 上記で長々と書いていましたがまとめると、以下の7項目になります。 ホームゲートウェイにはWi-Fi機能が付いているが内蔵型と内蔵なしの2種類ある。 内蔵型のホームゲートウェイでWi-Fi機能を利用する場合は月額使用料が必要。 内蔵なしのホームゲートウェイでWi-Fi機能を利用する場合は「無線LANカード」のレンタルが必要。 無線LANカードのレンタルにはレンタル料が必要。 ホームゲートウェイと無線LANルーターを繋げれば、使用料・レンタル料を払わなくてもWi-Fiは利用できる。 ドコモ光で「ネット契約」だけの場合に設置される回線終端装置(ONU)にはWi-Fi機能が付いていないので、無線LANルーターを設置すればWi-Fiが利用できる。 ドコモ光で光電話を契約すると設置されるホームゲートウェイには「Wi-Fi機能内蔵型」と「内蔵なし」の2種類があるとご紹介しましたが、契約者では選択する事が出来ないらしいですよ。 ドコモ光でWi-Fiを利用する為のおすすめ無線LANルーター ドコモ光の回線工事後に設置される機器「回線終端装置(ONU)」にはWi-Fi(ワイファイ)機能が付いているものと付いていないものがあるとご紹介しましたがどちらにしろ、 無線LANルーターを設置すれば Wi-Fiは利用できるようになります。 そこで、ここからはドコモ光でWi-Fiが利用できるようになる、おすすめの市販の無線LANルーターをご紹介したいと思います。 BUFFALO(バッファロー)のルーターがおすすめ ドコモ光を開通させたら無線LANルーターを設置する事でWi-Fiが利用できるようになり、リビングや寝室、キッチン、書斎など様々な部屋や場所でインターネットが利用できるようになります。 NTTdocomoが販売する「ドコモ光ルーター 01」という無線LANルーターもありますが、 個人的には 「BUFFALO(バッファロー)」社の無線LANルーターがおすすめです。 バッファロー社のおすすめの 無線LANルーター「WXR-1751DHP2」 BUFFALO(バッファロー)社のたくさんある無線LANルーターの中で今のところ高機能である「WXR-175DHP2」が特におすすめです。 オバケのQ太郎みたいな3本のアンテナが付いており、 とても感度の良く速度(スピード)も安定したWi-Fiが利用できます。 ・ GMOだとWi-Fi利用可能なルーターが無料レンタル ドコモ光のプロバイダである「GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトからドコモ光を申し込むと、上記でご紹介した バッファロー製の無線LANルーターが 無料でレンタル出来るキャンペーンを只今実施中です。 ドコモ光の月額料金だけで自宅がWi-Fiにできる無線LANルーターを無料レンタルできる「GMOとくとくBB」からドコモ光を申し込むとお得でいいですね!!! ドコモ光のWi-Fiは外へ持ち運びできるの? 「ドコモ光を契約してWi-Fiが使えるようになると、外でも持ち運びしてインターネットは出来るのか?」との質問を見かけました。 答えは、Wi-Fiは 外出先では絶対使えません。 Wi-Fiの範囲を超える外では使えない 自宅に設置した無線LANルーターが発するWi-Fiには利用出来る範囲があります。 せいぜい、丸ごと一軒家程度の範囲はWi-Fiが利用できますが、無線LANルーターが発するWi-Fiの範囲を超える外ではWi-Fiは利用出来ません。 また、無線LANルーターを外に持ち運びしても、外出先に光回線がないので当然Wi-Fiは利用出来ません。 外出先でどうしてもWi-Fiを利用したい場合は「モバイルWi-Fiルーター」を契約すれば利用出来ます。 しかし、モバイルWi-Fiルーターは光回線とは違い、速度が不安定な携帯電話でも利用する「電波」でネット接続するため、あまりおすすめしません。 ドコモ光でWi-Fiを利用するための無線LANルーター設定方法 ドコモ光を契約後に自宅をWi-Fi環境にする場合は、無線LANルーターを購入して設置した方が手っ取り早いですし簡単です。 しかし、「ドコモ光でWi-Fiを利用するのは難しそう」「Wi-Fiの接続は出来るかしら?」「初期設定や設定方法が面倒では?」と思っている人が多くいるようです。 無線LANルーターはたくさんの種類がありますので、初期設定・設定方法などは様々です。 そこで、 今回はドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトでドコモ光を申し込むと、 無料レンタルできるルーター「WXR-175DHP2」を例にとって設定方法をご紹介したいと思います。 youtube. youtube. そして、上部にあるスイッチが「NANUAL」「ROUTER」になっている事を確認します。 youtube. 最初は点滅したり点灯しなかったりしますが電源を入れてから1分程度待つとランプがすべて正しく点灯します。 youtube. 後は、Wi-Fi対応のパソコン(airmacなど)やiPhoneなどのスマホ、携帯、タブレットなどでWi-Fiと接続すれば完了です。 各端末の繋げ方については各メーカーや説明書などを確認してみてください。 Wi-Fiが繋がらない場合 ドコモ光の光回線終端装置(ONU)と無線LANルーターを繋げてWi-Fi設定しても繋がらない、遅い、すぐに切れる、接続できない、調子が悪い、Wi-Fiが届かないなどトラブルが発生した場合は、ドコモ光側に原因があるのか、無線LANルーターに不具合があるのか、それともただのヒューマンエラーなのか特定しなければなりません。 Wi-Fiが繋がらない=ドコモ光が悪い、と一方的に決めつける人も多いようですが、ほとんどのトラブルが設置ミスや接続ミスです。 もし、正常にWi-Fi接続出来たとしても無線LANルターから離れた部屋ではWi-Fiが弱い場合などはを使うと良いでしょう。 まとめ この記事ではドコモ光を契約後にLANケーブルなど配線を使わずにインターネット接続できるWi-Fi(ワイファイ)環境に自宅をする方法を初心者の人でも解るように、基礎情報からご紹介してきましたがいかがだったでしょうか? 初心者の人で勘違いしている人が多い事がNTTロゴ付きの機器(光回線終端装置)でWi-Fiが出来ると思っている事です。 ご紹介したように光回線終端装置にWi-Fi機能が付いていれば使用料や無線LANカードをレンタルする事でWi-Fiが使えるようになります。 ただし、この場合ドコモ光の月額料金とは別に料金が必要なので、無線LANルーターを設置してWi-Fiを利用している人も多くいます。 高機能のバッファロー製の無線LANルーターになると1万円を超えてしまいますが、ドコモ光のプロバイダであるGMOとくとくBBでドコモ光を申し込めば無料でレンタルできるので、ドコモ光が開通して無料レンタルされた無線LANルーターを設置すればすぐに自宅でWi-Fiが利用できるようになるのでおすすめです。

次の

ドコモ光のルーターを選ぶコツ|電波が繋がらない時の対処法は?

ドコモ 光 無線 ルーター レンタル

DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション 注意事項 1. サービスについて ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」はDTIが提供するオプションサービスです。 ・「DTI with ドコモ光」を利用されているお客様が対象となります。 ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」へお申し込みいただくと、「IPv6 IPoE 接続サービス」(無料)が同時に適用されます。 「IPv6 IPoE 接続サービス」につきましては、をご確認ください。 ・契約成立後に、Wi-Fiルーター1台を送付、レンタルいたします。 ・本サービスの利用期間は、レンタルサービスの利用開始日を含む月を1カ月目として25カ月目の末日までとなります。 ・会員による解約または当社による解約がなければ、利用期間満了後更に25カ月間契約は延長されるものとし、以後も同様とします。 ・端末は在庫状況により予告なく変更する場合がございます。 ・初期不良を除く通常利用での端末の不具合に関しては、弊社にて端末の故障確認がとれることを前提として修理、交換対応いたします。 交換品に関しては、再生品を利用させていただく場合がございます。 ご利用料金について ・「DTI with ドコモ光」をご利用中は、無料でご利用いただけます。 ・「DTI with ドコモ光」のご契約期間中はレンタル料相当額をお値引きをしているため、実質無料となります。 発送について ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」お申し込み完了確認後、1週間前後で発送させていただきます。 発送先に関しては、「DTI with ドコモ光」の設置先住所とさせていただきます。 ご解約について ・ドコモ光を解約される際、「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」も自動的に解約となります。 ・「DTI Wi-Fiルーターレンタルオプション」を解約する場合、機器の返却が必要な場合がございます。 ・返却方法については弊社WEBページもしくはカスタマーサービスへお問い合わせください。 IPv6 IPoE 接続サービス 注意事項 1. IPv6 IPoE 接続サービスについて 本サービスはIPv4接続とIPv6接続をIPoE接続方式によって提供する次世代のインターネット接続方式です。 IPv6 IPoE 接続サービスは、当社が定める「IPv6オプションサービス利用規約 」に基づいて提供します。 詳しくは「」をご確認ください。 予めご了承ください。 新しいプランへの変更が完了次第、MyDTIよりお申し込みください。 回線情報と異なる場合、サービスの提供ができません。 回線情報と異なる場合、お申し込み完了後にメールでサービスが提供できない旨をご連絡いたします。 メールが届いた場合は、までお問い合わせください。 ご利用が可能な状態になりましたら、メールにてご連絡いたします。 IPv4接続は、対応機器を接続していない場合は、ご利用いただけません。 対応機器について 本サービスのご利用には、IPoE接続方式の対応機器 ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイまたはブロードバンドルーター が必要です。 ひかり電話ルーター/ホームゲートウェイをお持ちでない場合は、事前に対応機器をご用意の上、お申し込みください。 IPv6 IPoE 接続サービスのお申し込み完了後は、機器を設置した状態でサービス開始までお待ちください。 サービスのご利用にあたり設定作業は不要ですが、機器が正しく設置されていないとサービスが開始されない場合がございます。 対応機器につきましては、をご確認ください。 (「v6プラス」をご利用のお客様は、IPv4の接続が完了した日を含む月の1日をオプション開始日として設定します。 (「v6プラス」をご利用のお客様は、IPoE方式でのIPv4接続完了後、従来のPPPoE接続はご利用いただけなくなります。 また、IPoE方式でIPv4接続が確認できない場合は、IPv6の接続完了日の翌々月の1日よりPPPoE接続はご利用いただけなくなります。 ) 5. ・IP電話サービス DTIフォン-C,DTIフォン-FC,DTIフォン-P含む ・固定IPサービス ・ダイナミックDNSサービス また以下の条件にあてはまる場合、ご利用いただけない場合があります。 ・特定のプロトコル PPTP、SCTP を利用するサービス ・利用可能なポート番号が制限されているため、特定のポートを使うサービス ・IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス 6. ご利用料金について 本サービスは、無料のオプションサービスとなります。 一時的にPPPoE接続を利用することも可能でございますので、PPPoE接続を希望される場合は、までお問い合わせください。 までお問い合わせください。 解約について IPv6 IPoE 接続サービスのみの解約は行えません。 DTIを退会またはご契約プランを解約した場合は、本サービスも一緒に解約となります。

次の