二ノ 国 あらすじ。 映画『二ノ国』あらすじとフル動画を無料視聴する方法とみどころについて解説します!

映画『二ノ国』ネタバレ感想 ジブリっぽいアニメだけど中身は別物だった│今日も映画ですか?

二ノ 国 あらすじ

タップ クリック で目次が開きます• 『二ノ国』あらすじ 幼い頃に飛行機事故に遭い、花屋に引き取られながら車椅子生活を余儀なくされているユウ(声:山崎賢人)は、幼馴染でバスケ部のキャプテンのハル(声:新田真剣佑)、そしてハルの彼女であり、ユウの想い人であるコトハ(声:永野芽郁)と楽しい高校生活を送っていました。 ですが、ある日、コトハが謎の男性に刺されてしまいます。 駆け付けたユウとハルはコトハを病院に連れて行こうとしている最中に事故に遭ってしまいます。 死を覚悟しましたが目を開けるとそこには見たことのない世界が広がっていました。 そこには人間だけではなく、恐竜のような獣や、犬の顔をした兵士など見慣れない生き物も人間のように普通に生活しています。 ユウとハルもなぜかその街の町民のような衣装に着替えており携帯電話の代わりになぜかコンパスが揃っていました。 そして何よりも驚いたことに、ユウの足が治り、立てるようになっていたのです。 状況を把握するためにユウとハルは人の集まる飲み屋に向かいます。 そこでどうやら 自分たちが迷い込んだ世界は二ノ国という自分たちの住む世界とは別の、もう一つの世界であること、 そしてコトハを探せばユウの足と同じように刺された傷を治せるのではないかと考えます。 コトハを探そうとした2人が見つけたのはコトハと瓜二つの二ノ国エスタバニア王国の姫、アーシャ姫(声:永野芽郁)の写真でした。 どうにか宮殿に忍び込んだ2人が見つけたのはコトハが刺された場所と同じ個所に呪いをかけられ眠っているアーシャ姫でした。 見張りがいなくなった隙を狙ってアーシャ姫にユウが近づくと、その傷口にナイフが現れ、無意識のうちにユウがそのナイフを抜くことに成功しました。 意識を取り戻し、すっかり元気になったアーシャ姫。 国王は喜んでユウとハルに褒美を与えました。 『二ノ国』ネタバレラスト 命の危険に晒されると一の国と二ノ国を行き来できると気付いたユウとハルはその後もコトハを救う為、アーシャ姫、そして二ノ国との関わりを考え続けます。 ですが、現実世界に変えるとコトハは病に侵され余命僅かと宣告される事態に陥っていました。 死ぬはずだったアーシャ姫を救ったことで魂の繋がっているコトハが死ぬはめになってしまったと考えたハルはユウの言葉を無視し、アーシャ姫を討つため暗黒騎士軍に加わってしまいます。 ユウとハルは剣を交えながらも最終的にはユウの言う通り、アーシャ姫を救うことがコトハを救うことに繋がるとわかります。 そしてそれと同時にユウは国王に仕えているヨキ(声:宮野真守)がアーシャ姫を殺そうとした人物であると気付きます。 真の姿を現したヨキは国王の実の兄であり、自分を邪険に扱った父、そしてエスタバニアに恨みをもっていたのでした。 ハル、そしてアーシャ姫の力を借りて強敵のヨキをどうにか倒したユウ。 ユウとハルは一の国に戻ることを決めますが、アーシャ姫に惹かれていたユウは一の国には二度と戻ることなく、二ノ国で暮らすことを決めるのでした。 一の国に戻ったハルは健康になったコトハと再会します。 ですが、ハル以外の記憶からはユウの存在は消えてしまっているようでした。 そこでハルはあることに気付きます。 ユウはもともと自分と魂の繋がった二ノ国の住人であった、ということ。 だからこそ自分たちは正反対でありながらもずっと共に時を過ごし、コトハや好きなものまで同じだったこと。 そして ユウは両方の世界を行き来できるトラベラーであり、自分やコトハを助けに来てくれていた存在だったのだ、と気づくのでした。 見どころ:原作がRPGゲームとも言える細やかに描かれている二ノ国の街 物語の展開は然ることながら、二ノ国という夢のような、でもどこか現実にありそうな理想の街、そして世界が細かく描かれています。 こんな世界が現実にもあったら…と大人でも思わずワクワクしてしまうのではないでしょうか。 まさに RPGゲームを大スクリーンで観ているような感覚になります。 色彩豊かな二ノ国の世界観を是非味わってみてください。 『二ノ国』感想 ストーリー展開がわかりやすい為、 気軽にワクワクしながら異次元の世界を覗くことができる映画であると感じました。 また、物語としてアーシャ姫を救うことが最大の目的かと思っていましたが、最後の最後にユウがトラベラーであった。 ユウとハルが魂の繋がっているそれぞれの国の住人であった。 という展開に至ることは少し急展開ではありましたが、本当の意味でのハッピーエンドになったとも言えるのではないでしょうか。 『二ノ国』評価 原作がゲームであったことから 話が単純でわかりやすく、小さい子どもがいる家族などが一緒に観るには最適な作品、という印象を受けました。 一方で、一の国や二ノ国といった2つの世界が存在するという少し複雑な、パラレルワールド要素の強い話かと思っていた部分もあったので大人の方やもう少し複雑なストーリー構成を期待していた人にとってはやや物足りなく感じるかもしれません。 小さな子どもがいるご家庭や気軽に楽しく映画を観たいという人にとっては十分に楽しめる映画だと思います。

次の

『二ノ国』映画のあらすじ・ネタバレラスト 気軽に観れるファンタジー

二ノ 国 あらすじ

動画配信サービスU-NEXTが一番オススメの理由• 登録する際の入力項目が少なく、使いやすい• 無料キャンペーン期間が31日間で他のサービスよりも長い• 作品のラインナップが一番充実している(日本最大級)• 毎月ポイント(1200円分)が無料付与される• 無料でファミリーアカウントが使える(最大4つまで)• 解約したいときは簡単にアカウントページから解約できる ですので、やっぱり一番オススメの動画配信サイトは「 U-NEXT」ですね。 映画『二ノ国』を今すぐみるならU-NEXTがオススメ 動画配信サービス「U-NEXT」は、 無料トライアル期間が31日間となっています。 ですので、正直、この間に退会をすれば、料金はかからないです。 この点が最大のオススメのポイントですね。 なお、U-NEXTで視聴できる動画作品には、以下の動画作品があります。 U-NEXTで視聴できる動画作品の種類• 見放題作品• ポイントレンタル作品 『二ノ国』はポイントレンタル作品となりますので、通常は料金がかかります。 しかし、無料登録キャンペーンに登録した際にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で映画『二ノ国』を視聴することが可能です。 また、無料期間を超えてしまっても、毎月1200ポイントがもらえるようになります。 およそ新作映画の2本分が毎月ポイントで視聴することができるんですね。 U-NEXTは、 映画だけではなく、国内ドラマ、海外ドラマ、韓流ドラマ、アニメ、漫画、雑誌なども視聴あるいは閲覧が可能です。 31日間の無料体験期間は見放題です。 ですので、色んなジャンルを試してみる価値はあると思います。 試してみて「やっぱり合わないな」という場合は、U-NEXTのアカウントページの【解約】ボタンを押せば解約可能となります。 この点も、分かりやすい場所に解約ページへのリンクがありますので、安心して使ってみてください。 スポンサーリンク まとめ:映画『二ノ国』みどころ.

次の

映画「二ノ国」ネタバレ!あらすじやラスト最後の結末と見どころ!

二ノ 国 あらすじ

ぼくもそう思う。 映画『ドラクエ』を下回る理由 豪華俳優陣を使った結果の、低レベル声優陣 今回の主なキャストはこの三人!• ユウ役山崎賢人(声優初挑戦)• ハル役新田真剣佑(声優初挑戦)• コトナ・アーシャ役永野芽郁(『キングオブエジプト』で吹き替え初挑戦) 始まった初っぱなからひどかったような印象です。 特に梶裕貴が演じるダンパとの共演するシーンでは、まるで演技力がコントラストのように、慣れてない感が引き立って聞こえました。 梶裕貴さんとかプロの声優さんのすごさを改めて感じます。 やっぱ声優がよくないと冷めちゃうよ。 感情移入できない登場人物と、引き込まれない脚本 『二ノ国』でキャラに感情移入できた人っているのかな。 魅力を全く感じませんでした。 明らかに悪役の顔してるやつの言葉を鵜呑みにするハルはもう論外ですよ。 ただの何も考えていない短絡的な馬鹿っていう印象しかない。 そしてその性格を活かそうともしない、脚本。 予告編を見ても、ユウとハルの二人が対立するところが魅せるポイントだと思うのですが、それって二人に感情移入してるから観客側も心を揺さぶられるものでしょう? でも二人を好きになれなかったら、観てる人にとっては「殺し合おうが勝手にどうぞ」じゃないですか。 『コードギアス』のルルーシュとスザクのようにお互い譲れないものがあって、それのために友達でもぶつかり合うっていう構図が全く作れていないように感じました。 「?」を残す全くしっくりこないオチ オチがだめだともう救いようがない気がします。 実はユウが二ノ国側の人間だったというオチ。 しかもハルと命が繋がっていると。 外見が似ていないことや、どうやってやってきたのか、ユウが引き取られた経緯など、多くの謎を残すラストでした。 「後は想像にお任せします」って作品じゃないと思うんですけどねー。 『天気の子』とか観た後だとなおさら、物足りなさや違和感を感じてしまうかもね笑。 「せめてオチはどんでん返し来いっ!」って祈りながら観てたんですけどねー。 だめでした笑。 まとめ ここまで『二ノ国』の感想を書いてきましたが、いかがだったでしょうか?.

次の