睡眠薬 飲み すぎ。 睡眠薬を多量服用したらどうなりますか?

睡眠薬を多量服用したらどうなりますか?

睡眠薬 飲み すぎ

睡眠薬は、眠れないときには、大変頼りがいのある友ですが、その一方、過度の使用は、薬に対する依存性を生み、急に辞めると離断症状が出現する事もあります。 ここでは、睡眠薬の副作用をわかりやすく挙げてみます。 そのため、 肝臓や腎臓に問題があると、薬がなかなか外に出て行けなくなり、薬が体内にとどまる時間が長くなるので、 薬の作用が強くでてしまいます。 従って、肝臓や腎臓に問題のある方は服薬に対して注意が必要です。 また、薬の服用に関しては、 禁忌といって、ある条件の人は、飲んではいけないということがあります。 上記のように、全身状態に問題があったり、胎児に影響を及ぼす恐れのある妊娠中の女性の場合、また、薬に対するアレルギーなど、 ケースバイケースです。 もちろん、こうした事はよく考慮されて、処方されるわけですが、薬を処方した 医師からよく説明を受けることが大切です。 よく知られている問題は、長期間の使用による薬に対する 依存の形成です。 用法、容量等の服薬上の指示を守ることが大切です。 また、 日中に眠気が残る場合がありますので、車の運転などには、注意しましょう。 眠りから覚めて、トイレなどに立ったときに、ふらついて、階段から、転げ落ちたりといったこともありえますので、特に、高齢者の方は、注意が必要となります。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - いろいろと薬の副作用を上げてみましたが、正しい服薬をしていればあまり心配はいりません。 また、効くと思って飲むと本当は効果がなくとも不思議と効いてしまうものです(プラセボ効果といわれています)。 薬に頼り過ぎないというスタンスが大切です。 関連サイト.

次の

睡眠薬の耐性

睡眠薬 飲み すぎ

テレビのサスペンスドラマでよく見かけるシーンだ。 睡眠薬といえば、そんな恐ろしいイメージや、「一度飲んだら止められない」「飲むほどに薬の効きが悪くなる」といった通説が流布されているが、意外にも安全な部類の薬だという。 睡眠薬の安全で効果的な飲み方に関する著書もある田中正敏・久留米大名誉教授(66)=病理学=に聞いた。 田中名誉教授は、冒頭から言い切った。 そんなはずはない。 どれくらいだと命にかかわるのかと食い下がったが、「1万錠でも大丈夫」と極論する医師もいるらしい。 田中名誉教授は「体質にもよるが、今の睡眠薬なら、まず生命の危機に陥ることはない」と断言した。 睡眠薬は戦後、急速に広まった。 中枢神経に働き掛け、脳の広い範囲に作用して眠りに導くバルビタール系睡眠薬の普及が寄与した。 それまでのものと比べ、効果が飛躍的に高まったとされる。 ただ、体内に蓄積されやすく、用量を増やしていかなければ効果が得られにくくなる耐性(たいせい)が強く、止めると禁断症状も出た。 呼吸機能まで抑制するため、飲みすぎると自発呼吸が弱くなり、死を招くことがあった。 作用は、怒りや不安などを引き起こし、食欲や性欲などに関係する大脳辺縁系に、ほぼ限定される。 呼吸を抑制する力も弱く、従来のイメージが一変した。 現在、精神科や心療内科、内科などの医師が処方する睡眠薬のほとんどがこのベンゾジアゼピン系という。 60種類以上の製品があり、価格帯は一錠で30-130円と幅広い。 このほか、薬の構造は異なるが、体への作用の仕組みが同じという非ベンゾジアゼピン系睡眠薬もある。 不眠の患者に睡眠薬を処方する場合、寝付きが悪い、眠りが浅い、朝方に早く起きるといった不眠のタイプによって服用する種類と量が異なる。 注意点として、服用は就寝の約30分前とし、薬を飲んで眠気が生じたら、できるだけ早く寝るようにすること挙げる。 第一にアルコールは避けた方が無難だ。 「酒量にもよるが、途中で目覚めてしまったり、逆に眠りが深くなりすぎて翌日、ふらついたりすることもある」 夜中のトイレも怖い。 薬が効いているため、足元がふらついて転倒する事故が起きやすい。 どうしてもトイレに行きたいときは、動きを最小限にとどめることが必要だが、頻発するようであれば朝まで効果が続く薬剤への切り替えを検討しなければならない。 副作用もある。 物忘れや、日中まで眠気が残ることがあり、ひどい場合は薬の量や種類を変える。 禁断症状はないとされるが、「飲まないと眠れないという精神依存に陥る人もいる」。 それでも、「一定量の常用なら無理に止めることはない」と田中名誉教授。 「中途半端に止めて不安になるより、適量の睡眠薬で快眠を得て、元気に過ごせた方がよいのではないか」と考えている。 ただ、何であれ、薬は飲まずにすめばそれに越したことはない。 睡眠薬を止めるときには「医師と相談して1回の分量を減らしたり、1日おきに服用したりして徐々に止めることが大事」とアドバイスしている。

次の

薬の飲み過ぎご用心 ふらつき、転倒…副作用相次ぐ 病院ごとに重複処方も 薬剤師ら警鐘「お薬手帳は1冊に」|【西日本新聞ニュース】

睡眠薬 飲み すぎ

そんな悩みを持ったビジネスパーソンは少なくありません。 厚生労働省の「平成25年 国民健康・栄養調査」によると、男女ともに4割前後の人が睡眠の質に満足していないという調査結果もあります。 睡眠不足や不眠が続くと人間関係の悪化や事故、病気などのほか肥満やうつなどにつながりかねません。 かといって、眠れないからとお酒に頼るのもおススメしません。 微量のアルコールには心を興奮させる作用もあり、ある程度なら心身をリラックスさせますが、体内でアルコール分解が進むと、代謝物として二日酔いのもとになるアセトアルデヒドが生じ、睡眠を妨げます。 眠りも浅くなってしまい、結果として疲れも取れません。 「それではよく眠れる方法はなんでしょうか?」 私たち医師はよくそのような相談を受けます。 西洋医学ではまず、睡眠薬を処方します。 睡眠薬は確かにとても効果があります。 かつては患者の耐性のほか、大量服用による自殺なども問題視されましたが、最近では医師が処方する医療用医薬品の睡眠薬だけでなく、一般用医薬品(大衆薬)の睡眠改善薬もあります。 特に今まで睡眠薬使用経験のない方では非常に効果が出ます。 多くの睡眠薬には依存性がある 一方、睡眠薬の使用には注意が必要です。 長期間使用しているうちに効かなくなり、そのために用量を増やしても、またある程度時間が経つと効かなくなる「いたちごっこ」のようなこともあるからです。 それで薬を変えてみたり、長短時間型/短時間型/長時間型など作用時間や、ベンゾジアゼピン系/非ベンゾジアゼピン系など作用機序の異なる薬を組み合わせることでなんとかそれなりの睡眠時間を保っている、という患者もしばしば見かけます。 これを私はあまり良くないと考えております。 まずは依存性の問題です。 多くの睡眠薬には依存性があります。 身体的依存といい、繰り返し薬を摂取することで、効果が切れてきたときに脳が自動的に薬を欲します。 急に薬を摂取しなくなると離脱症状と呼ばれる身体の症状が起こります。 不眠、不安、イライラ、焦燥、頭痛、吐き気、抑うつなどです。

次の