ラインモバイル wifi。 LINEモバイルユーザーに最適なインターネット回線がこれ!

モバイルWi

ラインモバイル wifi

モバイルデータ通信は通話料金とは別に使用料がかかります。 細かい契約内容はキャリアにより異なりますが、「パケットプラン」「データプラン」などの名前で月々の支払い料金とモバイルデータの使用上限を設定していることが多いです。 モバイルデータ通信は通信量に制限がある モバイルデータ通信を利用してインターネットを利用すると、利用したデータ量の分だけ月々のデータ使用量に加算されます。 データ使用量が制限の範囲内に収まっていれば問題はありませんが、契約プランで設定されている上限を超えてしまうと通信制限をかけられたり、従量課金制プランで契約している場合はスマホ利用料金の請求額に超過分を上乗せされてしまったりすることがあるので注意が必要です。 通信制限を受けた時は? スマホで定額プランを契約している場合、モバイルデータ通信の使用量が指定されている上限を超えると通信制限を受けてしまいます。 通信制限を受けると極度に通信速度が遅くなったり、速度が足りず一部のインターネットを利用したサービスが一時的に使えなくなったりしてしまいます。 通信制限を受けてしまった時は制限が解除されるまで待つか、データ追加手続きを行って制限を解除します。 また、家庭のインターネットをWifi通信で使う場合、パソコンと同じようにほとんど気にすることなくインターネットを楽しむことができます。 家庭でWifiを使う利用料金は、機器をレンタルしない限り発生しないので、ご自宅のインターネット使用料のみで利用することができます。 ただし、外出先などで使える公共Wi-Fiは、モバイルデータ通信とは異なり毎回接続設定が必要で、場合によっては有料の利用登録が必要なこともあります。 最近よく聞く「ポケットWi-fi」とは 最近多くなってきたポケットWi-fi(モバイルWi-Fi)。 モバイルとWi-fiが合わさっているので、混乱してしまう方も多いと思うので最後に解説します。 ポケットWi-Fiとは、Wifi接続してモバイルデータ通信を使うことのできる機器のことです。 ポケットWi-Fiとモバイルデータ通信の違いは、以下のようにネットに接続するためにWifiを経由する点です。 ただし、大手キャリアのモバイルデータ通信の料金より比較的安く使うことができます。 また、ポケットWi-Fiのサービスによっては制限も少ないケースが多いです。 モバイルWi-fiを使うには専用の契約を行い、モバイルWi-Fiルーターと呼ばれる機器を購入、もしくはレンタルする必要があります。 モバイルデータ通信とWi-Fiの違い【メリット・デメリット】 モバイルデータ通信とWi-fiについて解説しました。 本来はモバイルデータ通信は通信に使う回線で、Wi-fiは機器同士を接続する規格という点で異なります。 ただし一般的に「Wi-fi」という言葉は、インターネットに接続したルーターに接続することを指して使われることが多いです。 ここでは、比較がしやすいようモバイルデータ通信と家庭に置いたWifiを使う場合、それぞれどんな違いがあるかをまとめてみました。 スマホは、特に設定をしなければモバイルデータ通信のみでインターネットに接続できます。 では、スマホをわざわざWifiで接続する必要があるか疑問の方も多いと思います。 次にスマホにWifiを設定するべき理由についてご紹介します。 必要?スマホでWi-Fiを使うべき理由 スマホのモバイルデータ通信は面倒な設定も不要でいつでもどこでも簡単にインターネットに接続することができます。 ところが、通信量の制限はかなり厳しいため、常にモバイルデータ通信で音楽や動画を視聴していると簡単に通信量の上限に達してしまいます。 そこで有効な方法が、スマホで自宅のWi-Fiを利用することです。 自宅でWi-Fiに接続すれば通信量が増えない スマホをWi-Fi経由でインターネットを利用した場合、月々のモバイルデータ使用量に追加されません。 さらに自宅のWi-Fiを利用した方が、通信速度も速く安定するので読み込み時のストレスも少なくなります。 そのため、スマホに自宅のWi-Fiを設定すれば、動画やストリーミングサービスなどを通信量を気にせず快適に楽しむことができます。 Wifiの切り替えは自動でできる スマホはモバイルデータ通信よりもWi-Fiを優先して接続する仕組みになっていいます。 そのため、スマホに自宅のWi-Fiを接続先として登録しておけば、外出先では自動でモバイルデータ通信に切り替わり、自宅に帰ると自動でWi-Fi接続に切り替わるようになります。 切り替えの手間がなくスマホのモバイル通信を節約できるので、自宅でスマホを使ってインターネットを楽しむことが多い方はWifiに接続することをおすすめします。 モバイルデータ通信とWifiを切り替えるには? スマホの設定を変更することでモバイルデータ通信を完全に切ってWi-fiのみでスマホを使ったり、Wi-fi環境下でもモバイルデータ通信に切り替えて使うことができます。 次の手順でモバイルデータ通信・Wi-fiの機能をオフにすると、自動的にオンになっている通信に切り替わります。 通信を元に戻すには、再度同じ手順でモバイルデータ通信・Wi-fiの機能をオンにしてください。 iPhoneの手順• Androidの画面上から下に向かってスワイプしてクイック設定パネルを表示します。 「Wi-fi」をオフ、「モバイルデータ通信」をオンにするとモバイルデータ通信に切り替わります。 「Wi-fi」をオン、「モバイルデータ通信」をオフにするとWi-fi通信に切り替わります。 Androidの場合は、機種によってはクイックパネルに「モバイルデータ通信」の項目がない場合があります。 通信制限を受けることが多い時は ただし使用量制限を超えることが多いようであれば、普段から以下のような点に気をつけてモバイルデータ通信を節約するようにしましょう。 自宅やWi-Fiの利用できる場所ではなるべくWi-Fiを利用する• Wi-Fiの利用できない場所での動画・アプリの使用を控える• アプリのインストール・アップデート時はWi-Fiを利用する 節約を心がけても制限内に抑えるのが難しいようであれば、日々のスマホの使い方や契約プランの見直しが必要です。 パケットプラン(データプラン)のグレードアップを検討しましょう。 スマホに自宅のWifiを設定する方法 スマホにWi-fiを設定したいけどやり方がわからない方のために、iPhone・AndroidでWifiに接続する設定手順を紹介します。 スマホに自宅のWifiを設定するには、次の手順で行います。 参考: 2. WifiのSSIDとパスワードを確認する Wifiの接続には、SSIDとパスワードの入力が必要になるので事前に調べておきましょう。 ルーター本体の背面や底面のラベルに記載してある 「SSID」と「パスワード(もしくは暗号化キー)」を控えてください。 会員制のWifiサービスなどを使う場合は、契約書類などに同様の記載がないか調べます。 スマホにWifiを設定する Wifi環境が用意できたら、スマホにWifi接続の設定を行います。 iPhoneとAndroidの設定手順についてそれぞれ紹介します。 Wifiの設定を行う際は、Wi-Fiルーターに近い場所で行ってください。 Wifiを優先して自動で切り替えるためにも、Wi-Fiとモバイルデータ通信のスイッチを両方オンにすることをおすすめします。 iPhoneの接続手順• ホーム画面から「設定」アプリを起動します。 続いて、「Wi-Fi」をタップします。 1番上にある「Wi-Fi」の項目をオンにします。 「ネットワークを選択」の中からご自宅のルーターのSSID(接続先名)を探します。 SSIDをタップし、接続パスワードを入力します。 最後に右上の「接続」をタップし、「Wi-Fi」の下にチェックの入った項目が追加されれば設定は完了です。 「Wi-Fi」の項目を表示した時に、チェックの入った接続先が表示されていればWi-Fiに接続済みです。 Androidの接続手順 Androidの場合は機種により設定の画面や手順が異なるため、必要に応じてマニュアル等を参照してください。

次の

LINEモバイル海外で使える?料金・注意点・通信料を安く抑える裏技まで徹底解説。

ラインモバイル wifi

現地の無料WiFiスポットを使う• 海外で使えるWiFiルーターをレンタルする アメリカを始め、香港やグアムでは無料WiFiスポットがすごく充実しています! 空港はもちろん、街の至るところに無料WiFiスポットがあるのでインターネットをするのには困らないはず! 日本の無料WiFiスポットというと接続パスワードを取得して設定しないといけませんが、海外ではそんな難しい設定はないことが多く、家でWiFiを使う時みたいに簡単に接続できます! それでもいつでもWiFiを使えるようにしたい!という時もありますよね。 そんな方にオススメなのが、 サービスです。 海外WiFiレンタルサービスとは、海外専用のポケットWiFi。 日本にいる時の同じようにスマホでデータ通信ができる• データ通信料金がキャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)に比べてすごく安い 申し込むことで自宅に郵送か空港でモバイルルーターを受け取り、あとは海外についたら家でWiFiに接続する時と同じようにルーターとスマホを設定するだけ! これでいつでもWiFiが使えるようになりますし、料金も安くデータ通信をすることができるんです。 撮った写真をSNSにアップしたい! 急に日本食が食べたくなった! そんな時に海外専用のWiFiレンタルはすごくオススメです。 たとえば、イモトのWiFiならアメリカはもちろん韓国、中国、香港、マカオといったアジアでも使うことができます。 ルーターの受け取りも自宅に郵送か空港のカウンターで受け取れるので、海外旅行に行くんだけど海外専用のWiFiルーターを申し込みたいと思ったらイモトのWiFiを使えば間違いありません! なんでLINEモバイルは海外で通話だけしかできないの? なぜ、LINEモバイルは海外で通話だけしかできないんでしょうか? 考えられるのは格安SIMの仕組みに原因があることが考えられます。 格安SIMは、自分たちで通信電波を持たないで、ドコモ、auソフトバンクのいずれかに通信設備を借りてSIMカードを販売しています。 なので、通信設備の機能は借りるキャリアに依存することになるんです。 各キャリアは、格安SIMを販売する会社に通信設備を貸し出すときに海外では使えない設定で通信設備を貸し出しているみたいなんです。 だからLINEモバイルを始め格安SIMを海外で使うとなると通話機能しか使えないんですね。 通話料金は合計5万円を超えると使えなくなる 海外でスマホを使うことで起こってくる問題が通話料金を使い過ぎという問題です! 少し前に問題になったのが日本に帰ってきたら、現地で使ったデータ容量が10万、20万円分のとデータ容量が発生していて請求がきた!というのが問題がありました。 LINEモバイルを使って海外で通話したら思ったより高額な請求がきた!なんてことがあったらイヤですもんね。 海外でLINEモバイルで電話をする場合は通話料金が 1か月に5万円分の通話料金と決まっています。 5万円を過ぎてしまうと電話ができなくなるので、通話料金を使いすぎるということがないので逆に安心です。 海外での通話料金は旅行に行く国によって変わってきます。 例えばアメリカ本土だと1分間の通話料金はこのようになります。 料金 発信• アメリカ国内へ発信・・・125円• アメリカから日本へ発信・・・140円• アメリカから他の国へ発信・・・265円 着信• 175円 海外での通話料金は国別に変わってきます。 LINEモバイルはドコモ回線を借りているので海外での通話料金もドコモスマホを使って海外で通話した時と同じ料金になります。 LINEモバイルは海外では音声通話だけできる。 データ通信を使いたい時はwifiスポットか を使う• SIMフリースマホなら現地のSIMを入れることも検討 ドコモなどのキャリアであれば特に設定をすることなく海外で使うことができて便利ですよね。 しかし、日本で通話をするより高額ですしデータ通信料金もドコモ、au、ソフトバンクが1日2,980円と高額な料金設定になっています。 比べてLINEモバイルは通話を使うことはできますが設定が必要で上限は5万円、データ通信も無料WiFiスポットか海外専用WiFiを使って通信することになるのでキャリアより断然安くスマホを使うことができます。 高額な請求が来る心配がない! それがLINEモバイルなんですね。

次の

【たった600円】LINEモバイルでのポケットWi

ラインモバイル wifi

ひか 早めに申し込まなきゃだね! ラインモバイルとは? ラインモバイルは、 LINEモバイル株式会社が運営する(仮想移動体通信事業者)です。 携帯キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から回線を借りて 安くでデータ通信(格安SIM)を提供しています。 今お使いのスマホで使えるし、格安スマホの販売もしているので 機種変更もできます。 ラインモバイルを代表する特徴として、LINEのデータ通信を データフリー(通信し放題)で利用できること!上位プランでは、facebook・Twitter・インスタグラム・LINE MUSICもデータフリーで利用できます。 WiFi要らず! それでいて、 月額料金がリーズナブル! 申し込みは、パソコンでもスマホから 簡単にできます。 解約手数料は1年以内なら1,000円です(音声通話SIMの場合)。 当記事では、 ラインモバイル(LINEモバイル)をいつも使っているので、料金プラン、特徴、乗り換える手順を解説します。 ラインモバイルのキャンペーン情報! ラインモバイルは格安SIM・格安スマホを販売していますが 競合が多いです。 契約者数を競う中、ラインモバイルは、 お得に乗り換えてもらおうとキャンペーンを多数打ち出しています。 SNSデータフリー +月額280円 LINE に加え、facebook ・Twitter を データフリー(通信し放題)にできるプランです。 SNS音楽データフリー +月額480円 LINE ・facebook ・Twitter に加え、Instagram ・ を データフリー(通信し放題)にできるプランです。 必要に応じて選ばれてください。 私の母は、ドコモを契約していた時、 ひと月に1ギガも使ってなかったのでラインモバイルに乗り換えました。 月々の支払いが旧プランの音声通話SIMで 月額1,200円になって喜んでいます。 出費を4分の1に節約できました! LINE・SNS通信し放題で、とっても安い! 音声通話SIM+3ギガの場合だと下記月額料金になります。 LINEデータフリー 月額1,480円• SNSデータフリー 月額1,760円• SNS音楽データフリー 月額1,960円 データSIMならもっと安く使えます。 スマホを複数使ってる方、通話をLINEの 無料通話で済ませてる方は データSIMもおすすめです! かずき そうだね。 写真や動画を送ったり無料通話をしたり、スマホ代も安くなって喜んでるね。 ラインモバイルの主な特徴は以下の通り。 利用料金に応じて、 ラインポイントが付与されます。 ドコモ・au・ソフトバンク、3つの回線から1つを選べます。 WiFi要らず!LINEを データフリー(通信し放題)で使えます!• facebook・twitter・インスタグラム・LINE MUSICもオプションによって データフリー(通信し放題)にできます!• LINE MUSICを安く使えます。 通話オプションが豊富!LINEやSNS以外で通話をする方も安心です。 端末保証オプションがあります。 テザリングができます。 WiFiオプションがあります。 LINEアプリの年齢認証ができます。 MVNOで唯一LINEでID検索ができます。 LINE友だちとデータシェアができます。 お子さんが使っても安心です。 LINEアプリと連携します!• ラインモバイルはサポート体制が豊富!• 契約の 2年縛りはありません!• 解約手数料は1,000円です。 ラインモバイルは 家族割引や 招待特典、ラインポイント付与もあるので、お得に乗り換えて使っていけます! かずき ラインモバイルの特徴をだ~っとリストアップしたので下記で解説をします。 利用料金に応じて、ラインポイントが付与されます。 ラインモバイルを使ってると月額基本料金の 1%分がとして付与されます。 月額1,200円だったら12ポイント貯まり、 12円の割引になります。 貯めたラインポイントは、LINEコインやLINE Payにチャージできるのでお得ですよ! ドコモ・au・ソフトバンク、3つの回線から1つを選べます。 ラインモバイルは、 ドコモ回線・ au回線・ ソフトバンク回線の格安SIMを販売しています。 これまで、ドコモ・au・ソフトバンクでスマホを使ってた方は乗り換えても同じエリアでデータ通信・通話ができます。 ソフトバンクで買ったandroidは ソフトバンク回線を選べば SIMロック解除無しで使えます。 ドコモ回線ではSIMロック解除が必要です。 また、テザリングはできません。 関連 スマホの割賦金が余っていればキャリアを解約しても継続して支払い続ける事になります。 解約時に一括で支払っちゃいましょう。 WiFi要らず!LINEをデータフリー(通信し放題)で使えます! 全プランでLINEアプリが 通信し放題(データフリー)です。 LINEトーク• 画像・動画の送受信• ニュース・タイムラインの閲覧• など データ容量を消費しないのでWiFi接続をしなくても快適に使えます。 LINE MUSICを安く使えます。 ラインモバイル契約者は、LINE MUSIC(月額960円)を 月額750円で使えます。 通話オプションが豊富! 通話料を半額にできます。 ラインモバイル専用の「 いつでも電話」アプリで通話をすれば、 通話料を半額にできます。 通話をする方はインストールしておきましょう! 申し込みが必要(無料)です。 データSIM(SMS付き)では使えません。 10分かけ放題があります。 通話をよくする方は、 10分かけ放題オプション(月額880円)があるので申し込みましょう! 10分かけ放題は「いつでも電話」アプリで通話をする事で適用されます。 専用アプリ以外で通話すると通話料半額も10分かけ放題オプションも適用されないので気をつけましょう。 その他、通話オプションも豊富! 通話には無料有料のオプションがあります。 有料オプションは必要に応じて申し込まれてください。 転送電話…無料• 迷惑電話ストップ…無料• 割込通話…月額200円• 留守番電話…月額300円• 通話明細…月額100円• 国際ローミング・国際電話…通話料のみ発生 LINEアプリの年齢認証ができます。 他社MVNOでは、LINEアプリで年齢認証はできませんが、ラインモバイルではできます。 年齢認証の際は、WiFiはオフにしましょう。 MVNOで唯一LINEでID検索ができます。 ラインモバイルは年齢認証ができるので、 LINEのID検索ができます。 離れている友達ともLINEで友だち追加ができるので友だち追加に便利です。 LINE友だちとデータシェアができます。 データプレゼント機能で、データ容量が余った時、足りない時、ラインモバイルを契約している LINE友だちとギガ(データ容量)をシェアできます。 データプレゼント機能はLINEアプリのラインモバイル公式アカウントのメニューから使えます。 プレゼントされたデータ容量は翌月への繰り越しはできません。 格安スマホを分割・一括で買えます。 ラインモバイル(LINEモバイル)は、格安スマホを販売しているので、新しいスマホが欲しい方は 機種変更ができます。 端末保証オプションがあります。 端末保証 月額450円 ラインモバイルで買った格安スマホに対して 端末保証を付けられます。 スマホが破損・故障したら修理・交換に対応してくれるので、トラブルが起きても一応安心です。 持込端末保証 月額500円 キャリアで買ったスマホやSIMフリーのスマホに 端末保証を付けられます。 キャリアから乗り換えると保証も解約になるので、不安のある方は申し込みましょう。 iPhoneは修理のみですが保証対象です。 テザリングができます。 キャリアで買ったテザリング対応androidでは テザリングができます。 ドコモで買ったiPhoneはほとんどのiPhoneでテザリングができます。 WiFiオプションがあります。 月額200円 全国約49,000ヶ所にある 公衆無線LAN(WiFiスポット)を使えます。 スマホのみならず、パソコンやタブレットでも使えるので、動画や音楽など大容量通信をする時は活躍します! ラインモバイルを初めて申し込む方は最大2ヶ月無料で使えます。 お子さんが使っても安心です。 お子さんのスマホ利用状況を制限できる「 i-フィルター for マルチデバイス」を無料で使えます。 マイページでは、ギガ残量の確認や各種手続きができます。 ラインモバイルはサポート体制が豊富! ラインモバイルのサポートは下記があります。 好きなタイミングで回答を見れる メールサポート• 公式サイトの お問合せフォーム• LINEアプリの ラインモバイル公式アカウントからのサポート• 直接オペレーターが答える 電話サポート かずき 電話サポートは待ち時間がかかるかも知れないので、困ってる人がいたら教えてあげるかサポートページを一緒に見てあげよう。 2年縛り無し!1,000円で解約できます。 ラインモバイルを申し込んで契約したけど、ちょっと不満が…。 そんな時は、音声通話SIMは1,000円で解約ができます。 以前は更新月以外は9,500円かかりましたが今は1,000円で解約しやすくなりました。 解約手数料1,000円はキャリア・MVNO、業界内で下げられています。 なお、データSIM(SMS付き)は解約手数料無料で解約できます。 使わなくなったスマホやタブレットをデータSIMで使うと便利ですが、使わなくなったらいつでも解約できます。 ただ、端末を分割払いで買われた方は、一括での残債の支払いか継続して支払いが続きます。 他社MVNOへ転出する場合は、MNP転出手数料がかかります。 ラインモバイルの注意点! ラインモバイルに新規契約・乗り換える前に注意点をしっかり把握検討してください。 SIMカード発行手数料がかかります! 他社MVNOを申し込む時も同じですが、初期費用として3,400円(税別)かかります。 内訳は、 登録事務手数料3,000円。 SIMカード発行手数料400円です。 しかし、ラインモバイルの キャンペーンを利用すれば初期費用を安くできます。 メールアドレス付与(MMS)はありません。 メールアドレスを付与しているMVNOは多々ありますが、ラインモバイルではありません。 キャリアを解約するとキャリアメールは使えなくなるので、YahooメールやGmail等のフリーメールアドレスに乗り換えましょう! データプレゼントは翌月繰り越し無し! 契約したデータ容量、追加購入したデータ容量は翌月繰り越しできますが、プレゼントされたデータ容量は、翌月に繰り越すことはできません。 海外では使えない! ラインモバイルのSIMを差したスマホでは、海外ではデータ通信はできません。 音声通話SIM契約者は、海外渡航時は国際ローミングで音声通話のみ使えます。 国際ローミングサービスの利用限度額は50,000円です。 機種名 価格 一括 分割(24回) ZenFone Live(L1) 9,800円 — OPPO A5 2020 19,800円 880円 OPPO Reno A 24,800円 — moto g7 plus 29,800円 1,320円 AQUOS sense3 29,800円 1,320円 arrows M05 34,800円 1,550円 HUAWEI nova 5T 49,500円 2,160円 Mi Note 10 49,800円 2,170円 ZenFone 6 67,200円 2,800円 HUAWEI P30 65,880円 — HUAWEI P30 lite 19,800円 — 人気の国内外のメーカーのスマホが提供されています。 私の妻が使ってます。 タブレット/ルーター 通信速度はこんな感じ! ラインモバイルの通信速度を実際に測ってみました。 ラインモバイルをおすすめする身として、ドコモ・au・ソフトバンク全ての回線を契約している私ですw なお、MVNO業界全体として、朝夕の通勤通学時間帯・ランチタイムは、通信速度が遅くなる事は当たり前の事です。 曇、屋内。 27Mbps au回線0. 38Mbps ドコモ回線0. 45Mbps — かずき ポケモンGO神戸 webboyjp 晴れ、屋内。 45Mbps ドコモ回線0. 79Mbps au回線0. 58Mbps — かずき ポケモンGO神戸 webboyjp 9時40分頃 新神戸駅 左) ソフトバンク回線 下り7. 73Mbps 中) 楽天回線 下り11. 3Mbps 右) ドコモ回線 下り17. 7Mbps — webmobile(公式) webmobilejp 12時30分頃 東京駅 左) ソフトバンク回線 下り24. 9Mbps 中) 楽天回線 下り39. 1Mbps 右) ドコモ回線 下り0. 42Mbps — webmobile(公式) webmobilejp 16時40分頃 東京駅 左) ソフトバンク回線 下り35. 7Mbps 中) 楽天回線 下り40. 0Mbps 右) ドコモ回線 下り1. 12Mbps — webmobile(公式) webmobilejp 通信速度は測り次第逐次更新して参ります。 データ通信での動画視聴以外は特に困らない…とは思います。 下りの通信速度が1メガあれば快適にネットサーフィンができます! 簡単10分!申し込みに必要なものと手順! ラインモバイルの申し込みは、公式サイトからパソコン・スマホから10分ほどでできます。 申し込み手続きに必要なもの• クレジットカードまたは LINE Pay カードまたは• いつも使ってるパソコン用メールアドレス…Gmail・yahooメールなど• 本人確認書類…運転免許証・日本国パスポートなど• MNP予約番号(MNPの方)…キャリアマイページで発行できます。 メールアドレスはキャリアを解約する事になるのでキャリアメールの入力はしないように! 本人確認書類は申し込み手続きの際、専用ページでアップロードする必要があるので、スマホで写真を撮って保存しておきましょう!免許証は表裏の写真を撮っておくとスムーズです。 電話番号を引き継ぐ場合は、キャリアで MNP予約番号を発行する必要があります。 マイページ・電話で発行して貰えます。 手続きの流れ• ラインモバイル公式サイトへアクセス!• 仮申し込みのメール送信• 本人確認書類のアップロード(約3分)• SIMカード最短当日発送!(2~4日)• ラインモバイルは、SIMカードと一緒に 初期設定のマニュアル誌がついているので見ながら設定ができます。 そして、LINEアプリとラインモバイルを連携。 音声通話SIMを申し込んだ方は、マイページで 回線切替してください。

次の