足 の 裏 親指 の 付け根 が 痛い。 足の親指の付け根が痛い…外反母趾ではないのに何故? [運動と健康] All About

足の親指の付け根が痛い、これは痛風か外反母趾か、見分け方と対処方法

足 の 裏 親指 の 付け根 が 痛い

「足の親指の付け根の足裏側に体重がかかると痛い!」 と歩いたり走ったりするたびに、足裏の親指の付け根あたりの痛みで悩まれている方は、スポーツをされている方に多い障害の 『母趾種子骨障害(ぼししゅしこつしょうがい)』 について知っておかれると良いと思います。 足の親指の付け根の足裏側に 『種子骨(しゅしこつ)』 と呼ばれる花の種のような骨があります。 ここに過剰な負担がかかったことで『痛み』が出ることをいいますが、その起こり方は様々です。 「病院に行ったら種子骨障害って診断された~うわぁ~どうしよ~」 「種子骨が傷んでいるようだけど、自分はどう対処していったらいいんだろう・・」 など、不安が襲ってくると思いますが、それも多少の知識を持っておくことで冷静に対処することができるようになります。 そこで、今回はみなさんが足裏の親指の付け根あたりが痛いってなったときに 『母趾種子骨障害』 に当てはまるかどうか、もしそうだったとしたら自分はどのように対処していけばいいのかを知っていただければと思います。 母趾にある種子骨とは 今回は足の親指の付け根にある『種子骨』について考えていきます。 まずは、この『種子骨』って種のようなちっちゃい骨がなぜ足裏にわざわざついているかについて考えていきましょう! もちろん、みなさんにあるわけですから人体の構造上何かしらの必要性があってついているはずです。 この『種子骨』は足の指が大きく曲がるところについています。 このカーブのところにあるというのがポイントで、その役割とは• 筋肉の腱の摩擦軽減 そのまま床面に当たると床との摩擦で腱が傷みやすくなってしまいます。 そこで、この種子骨を挟むことで直接筋肉の腱がこすれないようにしてくれています。 足底圧の吸収・分散 足裏にかかる衝撃を吸収・分散することで負担がかかりにくくしてくれています。 力学的な支点 大きくカーブするように筋肉がありますのでそのままでは力が発揮しにくくなります。 そこで間に種子骨を挟むことで力をしっかり発揮できるようにしています。 などがあります。 これら『種子骨』は他には• 手の親指の手のひら側の付け根の部分• 膝のお皿の骨(膝蓋骨) などが同じような目的のためにあります。 「膝のお皿の骨って花の種ほど小さくないけど・・」 と思われるかもしれませんが、あそこは筋肉も『大腿四頭筋』という太い筋肉の腱部分についていますので、手や足のように小さかったら役割が果たせません。 そう考えると、分類上はやっぱり『種子骨』で納得の大きさとなるわけですね。 スポンサーリンク 母趾種子骨はどんな形なの? 『母趾種子骨』は、足の親指の付け根にあります。 みていただければおわかりのように• 脛骨側(内側)種子骨• 腓骨側(外側)種子骨 とふたつの種子骨があります。 大きさは、 『脛骨側(内側)種子骨』 の方が大きくてその役割も大きく担っております。 そのため、実際に『種子骨障害』になりやすいのも『脛骨側(内側)』になります。 種子骨障害はどうやって起こるの? 母趾の種子骨障害は、スポーツをしている方に起こる『スポーツ障害』として症状が出ることが多いです。 硬い地面に勢いよく着地したりなど衝撃で『骨折』を起こしたりするような外傷(ケガ)の場合もあります。 『骨折』を起こしている場合と『スポーツ障害』の場合では、• 骨折などのケガ まったくそれまで痛くなかったのに、衝撃がかかってから激痛がある。 幹部はすごく腫れて、歩くときに足をひきずったりまったく足がつけなかったりする• スポーツ障害 徐々に痛みが出てきてスポーツができなくなってくる。 腫れたりすることもありますが、わかりやすく腫れることはあまり多くない と、症状の出方が違います。 ケガの場合はその症状の強さでおおよそ病院に行かれることになると思われます。 そこで適切な処置を受けることになりセルフケアとはなりませんので、こちらでは 『スポーツ障害』 を中心に紹介していきたいと思います。 スポーツ障害としての種子骨障害 実際に『母趾種子骨障害』で痛くなってしまっているので、原則は『スポーツ休止』で対応することになりますが、その原因についてしっかり知って改善しておくことは再発予防などの観点からは非常に大切になってきますので順番にみていきましょう! 1.環境要因 自分のスポーツをしている環境が足に負担をかけるものなのかをまずは確認していきましょう! 例えば• 床の硬いグランドや体育館 床から受ける衝撃が大きいため負担がかかります。 もちろん、スポーツ特性上その環境を変えることができないこともあります。 しかし、スポーツ復帰の前に自主練などするときにはそのような床面の環境を考えた場所でするなどの配慮をすることは可能です。 足にあっていないシューズ シューズを履くスポーツであれば、足にあっていないものを履いていたり、クッション性が低いものを使っている場合などがあります。 インソールを自分で入れたりしてカバーする必要があります。 足のアーチなど環境 自分の足のアーチを含めた環境要因によって母趾の蹴り込みの負荷が強くなってしまっていることがあります。 などの環境について自分で改善できるところは何かチェックしてみましょう! 2.スポーツ特性 原因として1番考えられるのは『スポーツ』での反復した負担でしょう! 例えば、• ダッシュを繰り返す『サッカー』• つま先立ちで練習する『バレエ』• 裸足で踏み込みをする『剣道』 などはなかなか避けられないことです。 この場合には、復帰前には• 特に負担のかかる動作は最初はしないようにする• テーピングやインソールなどで負担を軽減できるようにする などの工夫をしておくことが必要でしょう! これらの影響を受けて、繰り返し『種子骨』に負担がかかることで• 炎症が起こる• 血流障害が起こる• 疲労骨折になる などそれぞれの障害が出てきます。 もちろん、ただ炎症を起こしているだけならまだ休む期間も比較的短くて済みますが、• 疲労骨折• 血流障害(無腐性壊死) などを起こしてしまうとその治療期間は長くなってしまいます。 スポンサーリンク 母趾種子骨障害の症状 1番の症状は『種子骨』のある部分の痛みです。 体重をかけたり、歩いたり、走ったり• 指でその部分を押したり すると痛みがあるので比較的わかりやすいです。 あとは、足の親指を反らせる動作をしてみましょう! これだけでも痛みが出たりもしますし、症状の軽い人はこの指を反らせた状態で『種子骨』を押さえてみると確認しやすくなります。 外傷(ケガ)による場合ほど明らかではありませんが、 『腫れている(ちょっと腫れぼったい)』 感じがみられたりします。 母趾種子骨障害の診断 足の親指の付け根の足裏側が痛いとなって病院を受診するとまずはレントゲン撮影が行われます。 それで、• 痛みのある所が腫れているか?• 骨折していないか• 二分種子骨でないか? などの確認ができます。 そこから、疲労骨折や血流障害が起こっているかをきっちり診断するためには 『MRI』 が有効です。 症状だけでもおおよそわかりますが、その障害の細かい内容を知るには詳しく検査する必要があることを知っておいてください。 母趾種子骨障害の治療 外傷(ケガ)で骨折などをしている場合には• 1ヵ月程度体重をかけないようにして(免荷重)• 患部を固定(ギプスや副子) の対処が行われます。 スポンサーリンク スポーツ障害でおこっている場合には、『種子骨』部分に体重がなるべくかからないように• クッションを入れる 『種子骨』部分をあけた状態でまわりに高さを作っていきます• 足底板(インソール)を入れる 足の形状によって少し合わせ方は異なりますが、原則的には内側に体重をかけにくいように入れていきます。 などで対応します。 そして、復帰時期にむけて行う方法に『テーピング』があります。 (持っている人は)横アーチパッドを足裏にあてます。 このときポイントは足のやや親指側につけることです つける前に指でそこを押すと足の親指が少し曲がることを確認してください。 次にクッションパッドを『種子骨』の下にあてます。 ない人はティッシュを丸めてつくったものでかまいません。 それをキネシオテープ(もしくはホワイトテープ)で動かないようにとめます。 パッドやクッションがない人はつけなくても大きな問題にはなりませんので安心してください。 スポンサーリンク• 足の真ん中あたりと親指を軽く1周巻き付けるテープをつけます。 (今回は足の真ん中にすでにテープが巻かれていますので省略しております) キネシオ、ホワイトどちらのテープを使っても構いません(アンカーテープ) 足の真ん中はきつく締めすぎてしまうことがありますので、1回足を床について体重を軽くかけてから巻ききりましょう• ホワイトテープで親指から ・まっすぐ ・斜め ・斜め にテープをつけます。 このとき、親指が反らないように自然な状態で巻き付けてください• 3と同じようにアンカーテープを巻きます。 完成です。 炎症がある方などは、1番下にテープタイプの湿布を貼ってからテーピングをしてもかまいません。 また、全体的なクッションや足底板(インソール)などとの組み合わせで行ってもよいでしょう。 スポンサーリンク 自分の身体の使い方を見直そう 『母趾種子骨障害』になってしまう原因として、 『スポーツなどで過剰に負担をかけている』 ことは大なり小なりあることは確かでしょう! それはスポーツ休止するしかありませんが、ここでひとつ見直しておいていただきたいのが 『歩行時の足先の向き』 です。 これが足先を外側に開く方は、• 足の内側に体重がかかりやすい• 種子骨の内側にストレスを与えやすい 状態にあるかもしれません。 自分の歩行をみてみて、足先が• 左右の開きを比べると傷めている側の方が開きが大きい などが当てはまるようなら、その足の開きぐせについて考え直す必要があるでしょう。 おわりに 『母趾種子骨障害』と病名を耳にするとなんか漢字ばっかりで大変なことになったかのように感じてしまわれます。 もちろん、スポーツ選手で練習量が圧倒的に多くてケアのしようがなく何回も繰り返す人などの特殊な場合には手術でとってしまうこともありますが、基本的には 『おとなしくスポーツを中止して休んでいれば治る』 もので、特別な治療法なども必要ありません。 のんびり待てる方なら、再発予防のための環境のことだけを考えてあとは難しいことを考えずじっとしていたら良くなりますので安心してください。 この場合の治療とは、できるだけ• 『種子骨』にかかる負担を減らして症状が治まるのを早める• 再発しないようにカバーしながら復帰を進めていく ときの処置をどうするかってところが焦点になります。 それも自分のできることを着実に進めていくことだけで、それをしたからって一気に症状がゼロになることもありませんので、そこは過剰な期待はせずに粛々と進めていってストレスのない治療をしていただければと思います。

次の

足の裏の痛み、指の付け根に痛みがある時の原因と対処方法

足 の 裏 親指 の 付け根 が 痛い

最新ブログ記事• 歩いた時に指の付け根や足の裏に痛みがあり、日常的に歩くだけでも足が痛くて辛い。 そんなことで悩まれていませんか? 足の裏や足の付け根に痛みがあると毎日億劫で歩くだけでも嫌になると思います。 症状がひどくなると歩くだけでなく、 朝起き上がった時や立ち上がり、1歩目の歩き出しで激痛が走ると言うことも少なくありません。 ほったらかしにしていると言いどんどん痛みが増えてしまい治すことに時間がかかってしまいます。 毎日辛い時間を過ごすもの嫌だと思います。 この記事では足の裏に痛みを感じたり指の付け根に痛みが感じた時の原因と対処方法についてお話をしていきます。 足の裏のタコはどこにありますか? 足の裏の原因を知る前に、まず見て頂きたいのが足の裏です。 足の裏のどの部分にタコがあるでしょうか? 下の写真をご覧いただきたいですが本来たこと言うのは足にできない方がいいです。 裸足になった状態で自分の足の裏を見てください。 タコがどの部分にありますか? それぞれタコができる部分によって症状が変わってきます。 タコができてしまうということ、その部分に過度に力が入っている証拠です。 力が本来分散していくものが、分散せず集中してしまうことで、足のバランスが悪くなって痛みが出てしまいます。 足の付け根に痛みを感じる事と言うのは、痛い部分にタコができていることがほとんどです。 結局のところタコができる原因と言うのは歩き方や立ち方が悪いので結果的にその部分に負担がかかり皮膚が硬くなってしまいます。 足の付け根の痛みや足の裏が痛いという場合 足底腱膜炎(そくていけんまくえん)、中足骨骨頭炎というものが当てはまります。 下記で詳しく解説をしていますので、これからみていきます。 足の裏や付け根が痛い病名とは 下記の写真を参考にしながら説明をしていきます。 痛みがある部分によって、ある程度症病名を考えることができます。 親指の付け根が痛む 外反母趾 足の裏では無いですが外反母趾の部分がこれにあたります。 外反母趾は見た目が明らかに曲がってしまっている場合はわかりやすいですが、初期の段階では親指の付け根の部分や足の裏が痛くなります。 変形をしている段階を見極める方法は親指の内側の部分が赤く腫れあがった状態にあるかどうかで見極めがつきます。 変形はしていなくても赤みがある場合は炎症起こしている証拠です。 外反母趾にたいする記事は下記をご覧ください。 中指と薬指の間が痛む モートン病 モートン病とは足の3番目と4番目の指の付け根部分が痛みと痺れが出ることをいいます。 あまり聞き慣れない言葉かもしれませんがモートン病になると非常に治りが悪くしびれと痛みに悩まされることが多いです。 原因不明な部分もありますが、一般的には歩き方や靴が悪くて痛みを感じてしまうケースが1番多いです。 モートン病に関する記事はこちらをご覧ください。 かかとの真裏が痛む 足底腱膜炎 足底筋膜炎、足底筋膜炎とは聞いたことがあるかもしれません。 足の裏には踵から指の付け根までついている大きな筋肉があります。 その筋肉を足底腱膜と呼ぶのですがこの筋肉の柔軟性がなかったりかかとの部分で炎症が起きてしまったりすると強烈な痛みを感じます。 足底腱膜は初期症状ではよく歩いた後なのに痛みが出るだけですがひどくなってくると足をつくだけでも強く痛むことがあります。 ほったらかしにすればするほど予後がが非常に悪いので早めに治療をする必要があります。 足底腱膜炎に関する記事はこちらをご覧ください。 足の裏の真ん中が痛む 偏平足 扁平足や開張足と言うような呼び方をしますが、土踏まずがない状態で歩いていると足の裏の真ん中が痛むことがあります。 短い時間取りならば特に痛みを感じる事はあまりありませんが、長時間歩くことが多いと痛みを感じることが非常に多くなってしまいます。 扁平足はすべての足の裏の症状に重なっていますが、外反母趾にしても足底腱膜炎にしてもモートン病にしても全て扁平足が重なっていると言っても過言ではありません。 扁平足があるならば必ず治す必要があります。 しかし、扁平測を治すのにもしても絶対に歩き方を変えなければ症状は変わりません。 最終的にはやはり歩き方が重要です。 偏平足に関する記事はこちらをご覧ください。 指の付け根が痛い 中足骨骨頭炎(ちゅうそっこつこっとうえん) 中足骨骨頭炎とはあまり聞き慣れない言葉だと思います。 指の付け根にある骨を中手骨といい、足にある部分を中足骨といいます。 この部分で炎症が起きてしまい痛みを出すのが中足骨骨頭炎です。 この症状の主な原因と言うのは付け根をよく使う方に多い疾患です。 例えばヒールが高い靴をよく履かれている方と言うのは指先ではなく指の付け根に重心がかかってしまいます。 負担がたくさんかかることによって指先の付け根に炎症を持ち痛みを感じてしまうのが1番の原因です。 以上が足の裏足の付け根に痛みがある場合の原因です。 この中で全てに共通する部分があります。 歩き方が悪くなってしまっている• 足の使い方が正常になっていない 先ほどタコの話を少ししていきましたが、タコができるという事はそれだけ足が正常に働いていないと言うことです。 正常に働いていないので足の裏に負担がかかってしまい結果的に痛みを感じてしまうのは仕方がない事です。 これらを治すためには絶対に歩き方を正常な状態に戻さなければなりません。 絶対に治さなければいけない歩き方 足の裏やつま先が痛い歩き方の特徴として重心のかけ方がうまくいってない方が圧倒的に多いです。 ここでは歩き方をきっちりとご説明したいと思います。 どういうことかといいますと、痛みが出てくる以前から指先を使わずに歩かれている方が多いです。 本来はかかと足の付け根そして親指と人差し指を使って地面を蹴るようにして歩きます。 3点というのは、つま先、足の外側、そして踵です。 この状態になってしまうと足のどこかに痛みが出てしまうのは仕方がないことと言えます。 歩き方は非常にです。 指先をいかに使うかです。 まずはまっすぐに立った状態から説明をしていきます。 立った状態の時に親指と人差し指の腹、足の付け根全体そして踵がすべて地面に付いている状態が1番正しい姿勢です。 この時に指が地面に着いていないのであれば浮き足になっている証拠です。 浮足になってしまうと指先が地面に着いていない感覚が1番わかるので必ず立ったときに指先が地面に着いているようにしてください。 歩き方 浮き足の方はベタベタ歩く方が非常に多いです。 本来正しい歩き方と言うのは上記でお話をした通り、踵からついて足の付け根の下、最後指先を使うと言うのが正しいのです。 浮き指になってしまうとかかとと足の付け根が同時に地面につくような状態になってしまいます。 同時につくような状態になってしまうと本来はつま先から体重が地面に逃げていくのですが地面に逃げることができずに足首やかかとに体重が全て残ってしまいます。 これらが原因で痛みを引き起こしてしまいます。 指の付け根に痛みが出てしまう場合は特にこの傾向が大きいです。 特にヒールをよくははかれる方に関しては、立った段階で指先が浮いてしまっています。 この状態で踵からついてつま先で地面を蹴りましょうと言うのは無理に等しいです。 足の疾患は男性よりも女性の方が圧倒的に多いのはこのような理由があるからです。 もう一つの簡単に歩く方法として 手を大きく振ることで足が前に出やすくなります。 歩いてみるとわかるのですが、手を大きく振ることと歩幅を少し大きくしなければこの歩き方はできません。 足に痛みがある方は上半身でバランスを取ろうとするので手を振らずに歩かれます。 しかしこの歩き方をすると歩幅が小さくなってしまうのでどんどん足の痛みを増やしかねません。 試しに手を大きく振って歩いて下さい。 足が前に出ていくのがわかりませんか?歩幅が増えませんか? ちょっと変えるだけで体はずいぶんと変わるので手を振るのを是非実践して下さい。 歩き方はとても難しいですが歩き方を改善しない限りは痛みを解消する事は難しいです。 正しい歩き方をもっと詳しく習得するには下記をご覧ください。 上記はモートン病を治すためと書いていますが、実際は同じことが言えますので、参考になさって下さい。 動画でも紹介しています。 上記の動画は実際に歩き方をしてもうまく歩くことができない方に対してお話をした動画です。 歩き方を変えるためにも是非ご覧になって下さい。 足の痛みを改善するためのマッサージ方法 動画でご紹介をしていますので併せてご覧になりマッサージクリームを使用するかお風呂の中で実践をしてください。 足底腱膜炎、外反母趾、モートン病、中足骨骨頭炎でも共通して行うべきマッサージ方法があります。 マッサージをすることによって筋肉を緩めることができるので足の痛みを改善させることが可能です。 文章で説明をすると難しいので動画でご紹介させて頂きます。 足の痛みを改善するためのストレッチ方法 上の説明で歩き方を紹介しましたが、歩き方を正しくしようと思うと足首の柔軟性がきっちりとついていないと歩くことが綺麗にできません。 痛みを改善させるためには必ず足首の柔軟性をつけることが必要です。 足首の柔軟性は絶対に必要ですのでこのストレッチを行ってください。 ふくらはぎをの伸ばすストレッチ 壁に向かって立ってください。 片方の足をつま先の上につけて立つようにしましょう。 重心を前にかけていくとふくらはぎがストレッチされていくのがわかると思うのでその状態のまま20秒間上を伸ばしてきましょう。 左右で2セットずつ行ってください 理想は1日2回行うのが理想的ですが、時間がない方は寝る前もしくは風呂上がりにストレッチを必ず行ってください。 太ももの後ろを伸ばすストレッチ方法 床に座って片方の足を伸ばし片方の足をあぐらをかくようにして曲げて座ってください。 伸ばした足のほうに体重をかけて太ももの後ろを伸ばすようにストレッチしていきましょう。 姿勢はできるだけまっすぐにすることをお勧めします。 片足20秒間以上伸ばしていき両足で2セットずつ行ってください 理想は1日2回行うのが理想的ですが、時間がない方は寝る前もしくは風呂上がりにストレッチを必ず行ってください。 ストレッチもマッサージも全て大切です。 それに合わせて歩き方を改善することが最も大切です。 是非全てを習得して下さい。 まとめ 特に体の使い方である歩き方を解消する事は絶対的に必要になります。 体を矯正するためにも自分の歩き方や使い方を理解することで早期に治すことができます。 足の痛みを取るためには歩き方を変えることとマッサージそしてストレッチを併用することがとても重要になります。 痛みをほったらかしにしていて治るものではないのでしっかりと対策をしましょう。 ひこばえ整骨院の足の裏の痛みに対する施術 足の裏の痛みを治すのには必ず専門的な知識が必要です。 ひこばえ整骨院では足の裏の痛みに対する施術をとても得意としています。 きっちりと施術をすれば改善をします。 もし、当院での施術を受けてみたいなと思ったら下記をクリック下さい。

次の

よくあるその足裏の痛みの正体は?

足 の 裏 親指 の 付け根 が 痛い

Sponsored Link 「痛風になったら、風が吹いても痛いんでしょ?」 と 使い古された表現で、質問される素人さんが、いらっしゃいます。 しかし! 10年以上、痛風持ちの僕に言わせれば、 「何をおっしゃるウサギさん。 後半には、痛風になりやすい人の 9つのチェックポイントも用意していますので、 心配な方は、是非やってみてください。 もしかしたら、恐怖をあおってしまうかも、しれませんが 目を見開いて、その真実の姿を脳裏に、焼き付けておきましょう! きっと、役に立つはずです。 さて、今、あなたは、どんな状態ですか? 目次• これが痛風の症状だ! 痛風の主な症状は、 関節の痛みと腫れです。 大抵は、 「足の親指の付け根」に、発症します。 赤く腫れ上がり、熱を帯び、 今まで経験したことがない激痛で、 声も出ないほどです! 「痛風」は、実は 風が吹かなくても十分痛いものです。 足の親指の付け根を中心に、 全体的に、腫れますので、 靴が履けなくなります。 履きたくもありません。 靴下に、足を入れるのさえも、恐怖です。 さらにその痛みは、 足を上下しただけでも痛く 歩く事も、ままなりません。 なんと、 小石をまたげないのです! 想像できますか? 踏んだら最後、 全ての時間が止まります。 その場で、うずくまることもできず 痛みが引くまで、じっとしているしかないのです。 大の大人が、涙を流すほどです。 ちょっと、恐怖をあおりすぎでしょうか? いえいえ、そんなことはないのですよ。 では、次に 「痛風 の前兆」について お話ししましょう。 [ad co-1] さらに、次の段階に進みますと、 締め付けられるような、痛みと 腫れが、出てきます。 この頃になると、痛みも増して 赤みも、強くなっているはずです。 でも、 まだ耐えられる段階です。 湿布でもしておこうか? あなたは、 足をひきずっているかもしれませんね? なんとなく、「痛風?」という言葉が、頭をよぎりますが 認めたくない自分がいて、 葛藤している事でしょう。 でも、ここまできたら、覚悟を決めてください。 いよいよ、 痛風界へのデビューが、迫っています! この、 前兆の期間は、数日~2週間ぐらいです。 経験上、前兆が長ければ、長いほど 発症した時の痛みは激しく、 痛みや腫れが、長い期間、続きます。 僕は、完全に痛みや腫れが、引くまで 最長1ヵ月程苦しんだ経験が、あります。 さて、そろそろ、 デビューの準備が整いました。 あなたは、今まで経験したことのない 衝撃で、その日を迎えることでしょう。 僕は、早朝5時に、足の親指の付け根を アイスピックで刺されたような衝撃で、 目が覚めました。 何度も何度も・・・ スポンサードリンク 発症するのは足親指の付け根だけじゃない? 痛風が、発症するのは、 足の親指の付け根が7割だそうですが 実は、 関節ならどこでも発症します。 こんなところも痛むぞ痛風発作!• 足親指の付け根• 足の関節• 足の甲• アキレス腱• くるぶし• かかと• 耳たぶ 僕は、両足の親指の付け根と、 両手首に、それぞれ、発症したとがあります。 痛くなるのは、大抵 1回につき1ヵ所と、 思われていますが、 そうとは限りません。 僕の、 痛風の先輩の、大島君(仮名)は、 年に何度も、痛風発作に見舞われていて まれに、 両足のひざに同時に発症することが、あります。 それが原因で、動けなくなり、 入院したこともあります。 彼の特徴は、こんな感じです。 身長は180センチ• 体重は100キロ前後(20歳時+30キロ以上)• 朝食は抜き• 昼食もほぼ食べない• 夜にドカ食い• ほぼお酒を飲まない• ほぼデスクワーク• 全く運動はしない• かなりの薄毛(ポインター犬みたいな髪型)• アニメ好き 最後のふたつは別として、 あなたに当てはまるところは、ありませんか? お酒を飲まなくても痛風になる、 ということを 覚えておいてください。 スポンサードリンク 痛風が発症したらどうする? ここまで読んだあなたは、 もうすでに 痛風の恐怖に、 怯えているかもしれません。 薄毛も関係あるのかな? もしかして?と思ったら 今すぐ 病院に行く事をお勧めします! 発症する前に行って下さい。 僕のように長く患っている人は、別として 未経験のあなたが、 自己判断するのは禁物です。 病院に行けば、痛風かはっきりするでしょうし、 痛風であれば、 尿酸値を下げる薬が、処方され 痛み止めと、 湿布を出してくれるでしょう。 ある程度の段階まで進んでしまうと、 急に尿酸値は、下がりませんから 発症は、避けられませんが ファーストインパクトは、和らげられる と思います。 ちなみに、行くのは 整形外科です。 でも、それでは遅いのです! 一言、言っておきます。 痛風なめんなよ! ドント ・ ペロリアン ・ ツウフウ. [ad ad-2] 終わりに 「あら?お客さん痛風かい?私もねぇ・・・」 「ビール辞めて、焼酎にしなさい!」 これは、痛風界デビューの朝に、僕に掛けられた タクシー運転手の 同情と フランクな、 おばちゃん看護師の 助言です。 痛風に、なったことがある人同士は、 初対面でも、 戦友のような仲間意識が 芽生え、 気軽に声をかけてきます。 僕は、独りじゃないんだ! しかし、 痛風は正直、恥ずかしいです。 人に自慢できることでは、ありませんし、 激しく痛がっているのに、笑われます! 自虐ネタで話すと、ウケますが プライドが傷付きます。 実は、嫁にも言っていませんので ここだけの秘密にしておいて下さい。 よく 「痛風は治るの?」と、聞いてくる人がいますが 痛風は治りません! 一生付き合っていかなければ、なりません。 ただ 「発作」が、おきないように 普段から、 食生活などに気をつけておけば、 痛風先輩の、大島君(仮名)のように しょっちゅう痛くなることは、ありません。 現に僕は、ここ数年は、発症していませんし。 この事に関しては、 「痛風界を上手く生きる術」として また今度、お話ししましょう。 では、今日はこの辺で。 最後にもう一度、あなたに言っておきます! ドーント ・ ペローリアン ・ ツーフウ!! さぁ、あなたも一緒に! せーの・・・ 痛風ベテラン!QRIONE団長オススメの痛風サプリ^^.

次の