新潟 大学 ミスコン。 新大祭常任委員会

2019年のミスコンは公式でWeb投票もあるらしい!

新潟 大学 ミスコン

フレキャンとは ミスコン、色んな種類ありますよね。 今回紹介するのはそんな数あるミスコンの一つである フレキャンこと FRESH CAMPUS CONTESTです。 フレキャンは 大学新入生を対象とした日本最大級のコンテストです。 今年の4月、2019年に入学した大学生だけがエントリーできるのですね。 新大にもミスコンらしきものありますよね 完全に余談なのですけど、新大にもミスコンみたいなのありますよね。 他大だと各候補者がTwitterアカウント作ってアピールしてるので見てて面白いな~と思います。 正統派に自撮り上げたり、ウケ狙いだったり、ネット受け狙ってみたり、それぞれの戦略を取ってて面白いです。 一方で新大プリコンはそういうのやんないですよね。 候補者の自己紹介文すらWeb掲載なしで当日配布される冊子のみ、プリコン運営のTwitterとInstagramで多少写真が流れるぐらいです。 常任のプリコン担当が頑張って準備してます~みたいな情報別に要らねぇ!候補者見せろ!という感じです。 Web投票とかやらないんですかね~。 フレキャンに新大生がエントリーしている 閑話休題。 そんなフレキャンに新大生もエントリーしているのを見つけました。 田中 悠 たなか はるか さんです。 プリコン2018でグランプリだったイワカミ 漢字分からず 友香さん 2019年3月卒業 が、新潟県のフリーペーパーCUT INが主催する MISS CUT IN 2019にエントリーし、 3位に輝いてました。 一昨日行われたプリコンの結果発表です!!遅れて申し訳ございません。 プリンス エントリーNo. 4 優さん 準プリンス エントリーNo. 2 拓夢さん プリンセス エントリーNo. 2 友香さん 準プリンセス エントリーNo. 現在Aブロックの一次審査通過者に 1日1票の投票ができるみたいです。 投票方法 まずはフレキャンの投票ページにアクセスしましょう。 一次通過者が一覧になっています。 並び順は読み込むたびに変更されるみたいなので、目当ての候補者がどの辺までスクロールしたら見つけられるかは分かりません。 200人近くの顔と名前と大学名が並んでるので探しましょう。 投票したい人の下の「投票するボタン」を押すと、初回はLINEに飛ぶものと思います。 「フレキャンでLINEのアカウント使って良いー?」という趣旨のことが書いてあるので、許可しましょう。 1日1票しか投票できないようLINEアカウントと紐付けて管理してるみたいです。 LINEのアカウントでログインできたら投票完了の旨が表示されます。 次回以降はLINEに飛ばずに投票できるっぽいです。 投票は 5月17日 金 まで、1日1回できます。 Bブロックに他の新大生も2人エントリーしていたので書きました。 フレキャン実施スケジュール フレキャンの審査等のスケジュールを見てみましょう。 より 今年の審査の具体的な内容はまだ公開されていませんが、1次~3次審査、セミファイナル審査、ファイナル審査があるようです。 昨年については書類審査やWEB投票の他、生配信サービスSHOWROOMでのポイントを競う審査もあったみたいです。 田中さんはいまどの位置? 本人に確認したりしたわけではありませんが。。 エントリー期間には1次と2次のタイミングがあるようです。 田中さんは1次のタイミングでエントリーしたのでしょう。 1次審査は書類審査です。 この審査は無事通過し、現在は2次審査であるWEB投票のタイミングですね。 詳しくないのでよく分かってないのですけど、参考までに昨年は1次審査通過者が167名、2次審査通過者が81名、セミファイナリストが58名、ファイナリストが16名です。 現在AブロックのWEB投票に200人近くの名前が並んでるのは、昨年に比べても多い気がします。 何ブロックまであるのか分かりませんが。 もしかしてまだ一次審査が終わってなくてここから絞られたりするのですかね? まだエントリーできますよ! スケジュール見てもらうと分かる通り、5月26日まで第二次エントリーの期間が設けられています。 「新潟大学の」「今年の入学生」であれば 応募資格を満たしてます! エントリーフォーム見てみましたが、氏名や学校名や連絡先などの一般的な情報と、写真を1枚添付するだけなので簡単にエントリーできそうです! せっかくなのでエントリーしてみては~~~~??????? おわりに 田中さん、渡辺のこと雇ってくれないです??.

次の

ミスコンの公式Web投票がガバガバ過ぎると話題に

新潟 大学 ミスコン

候補者の一覧が見られます。 「投票する」がある方じゃなく「詳細を見る」がある写真を押すと、各候補者の質問コーナーが見られます。 「投票する」のボタンの方はただ画像が拡大されるだけです。 このへん「うーんクソUX!」という感じしますね。 投票開始は10月13日0時からのようで、まだ投票できませんが準備はできます。 アカウントを作る この時点では投票されないので、誰のでも良いので「投票する」ボタンを押します。 するとログイン画面が表示されるので右側のタブ、「CREATE ACCOUNT」を押します。 そしたら良い感じに入力します。 Usernameは半角英数のみ、他の人と被ることはできません。 Email Addressは特に認証とかされるわけじゃないので適当でも構わないでしょう。 適当なアドレス入れればいくつもアカウント作れますが、やっちゃダメですよ。 Passwordにパスワード、その下のは確認用なので同じのを入力しましょう。 パスワードは バレても問題ないものにしておきましょう! 後述しますが、 盗み見られる恐れがあります。 UsernameとPasswordはログインする時に使うので忘れないようにしておきましょう。 最後にオレンジ色の「CREATE MY ACCOUNT」ボタンを押します。 ログインする 先ほどと同じ手順でログイン画面を出します。 この時も誰の押しても大丈夫です。 UsernameとPasswordを入力してオレンジ色の「LOG IN」ボタンでログインができます。 投票したい候補者の「投票する」ボタンを押すと投票できるはずですが、現在は「まだ投票期間ではございません。 」と表示されます。 パスワード盗み見られる!? 今回公開された投票サイトは 非SSLです。 簡単に説明するとURLが「http」から始まります。 逆にSSL実装のサイトはURLが「http s」から始まります。 何が違うかというと、 通信が暗号化されるかどうかです。 非SSLサイトでは通信内容が暗号化されないので、 誰かに盗み見られる可能性があります。 なのでクレジットカードの情報だったりパスワードだったり個人情報を送信するのは避けた方が良いです。 何も送信しない 見るだけ なら非SSLでもあまり問題ありません。 今回、アカウント作成の際にパスワードを送信するのでそのパスワードは盗み見られる可能性があります。 なので他のサイトでも利用しているようなパスワードで登録するのは避けた方が良いでしょう。 運営者には盗み見られない 運営者に盗み見られるかも!って話ではありません。 この投票サイトはWordpressというものが使われていて、アカウント作成もWordpressの機能によるものなので運営者であっても登録されたパスワードは閲覧できないはずです。 UsernameとEmail Addressはバッチリ見られますが。 割合公開してくれ Web投票を実施することになったの、少なからず渡辺が去年やった影響あると思うのですよね。 いや、渡辺が思い付くぐらいなので常任内外でそういう話はあったでしょうが、なんか部外者が勝手にやりだしたからやらんわけにはいかなくね?みたいな。 とりあえず言っとけば実現してくれるかも!言うだけタダ!責任も無し! ということで新たにこんな主張をしておきます。 特別審査員の力がめちゃくちゃデカイのでは?? 現地での観客の投票、少なからず 組織票集め合戦みたいな面があると思うのですよね。 出場者の顔にもパフォーマンスにも興味ねぇ、知ってる人とか同じサークルの人出てるからその人に投票しとくか、という層をいかに集めるかみたいな。 いつの誰とは言いませんが、 組織票集め合戦なら負けないだろという出場者が 何の賞にも引っ掛かってなかったことがあるのですよね。 これは多分、現地での観客の投票が審査に与える影響は微々たるものなのでは? 一応観客にも投票させるけど、 特別審査員の判断でほぼ決まるのでは?と思ったのです。

次の

新大の1年生が全国規模のミスコンにエントリーしてるみたい

新潟 大学 ミスコン

候補者の一覧が見られます。 「投票する」がある方じゃなく「詳細を見る」がある写真を押すと、各候補者の質問コーナーが見られます。 「投票する」のボタンの方はただ画像が拡大されるだけです。 このへん「うーんクソUX!」という感じしますね。 投票開始は10月13日0時からのようで、まだ投票できませんが準備はできます。 アカウントを作る この時点では投票されないので、誰のでも良いので「投票する」ボタンを押します。 するとログイン画面が表示されるので右側のタブ、「CREATE ACCOUNT」を押します。 そしたら良い感じに入力します。 Usernameは半角英数のみ、他の人と被ることはできません。 Email Addressは特に認証とかされるわけじゃないので適当でも構わないでしょう。 適当なアドレス入れればいくつもアカウント作れますが、やっちゃダメですよ。 Passwordにパスワード、その下のは確認用なので同じのを入力しましょう。 パスワードは バレても問題ないものにしておきましょう! 後述しますが、 盗み見られる恐れがあります。 UsernameとPasswordはログインする時に使うので忘れないようにしておきましょう。 最後にオレンジ色の「CREATE MY ACCOUNT」ボタンを押します。 ログインする 先ほどと同じ手順でログイン画面を出します。 この時も誰の押しても大丈夫です。 UsernameとPasswordを入力してオレンジ色の「LOG IN」ボタンでログインができます。 投票したい候補者の「投票する」ボタンを押すと投票できるはずですが、現在は「まだ投票期間ではございません。 」と表示されます。 パスワード盗み見られる!? 今回公開された投票サイトは 非SSLです。 簡単に説明するとURLが「http」から始まります。 逆にSSL実装のサイトはURLが「http s」から始まります。 何が違うかというと、 通信が暗号化されるかどうかです。 非SSLサイトでは通信内容が暗号化されないので、 誰かに盗み見られる可能性があります。 なのでクレジットカードの情報だったりパスワードだったり個人情報を送信するのは避けた方が良いです。 何も送信しない 見るだけ なら非SSLでもあまり問題ありません。 今回、アカウント作成の際にパスワードを送信するのでそのパスワードは盗み見られる可能性があります。 なので他のサイトでも利用しているようなパスワードで登録するのは避けた方が良いでしょう。 運営者には盗み見られない 運営者に盗み見られるかも!って話ではありません。 この投票サイトはWordpressというものが使われていて、アカウント作成もWordpressの機能によるものなので運営者であっても登録されたパスワードは閲覧できないはずです。 UsernameとEmail Addressはバッチリ見られますが。 割合公開してくれ Web投票を実施することになったの、少なからず渡辺が去年やった影響あると思うのですよね。 いや、渡辺が思い付くぐらいなので常任内外でそういう話はあったでしょうが、なんか部外者が勝手にやりだしたからやらんわけにはいかなくね?みたいな。 とりあえず言っとけば実現してくれるかも!言うだけタダ!責任も無し! ということで新たにこんな主張をしておきます。 特別審査員の力がめちゃくちゃデカイのでは?? 現地での観客の投票、少なからず 組織票集め合戦みたいな面があると思うのですよね。 出場者の顔にもパフォーマンスにも興味ねぇ、知ってる人とか同じサークルの人出てるからその人に投票しとくか、という層をいかに集めるかみたいな。 いつの誰とは言いませんが、 組織票集め合戦なら負けないだろという出場者が 何の賞にも引っ掛かってなかったことがあるのですよね。 これは多分、現地での観客の投票が審査に与える影響は微々たるものなのでは? 一応観客にも投票させるけど、 特別審査員の判断でほぼ決まるのでは?と思ったのです。

次の