もやし 茹で 時間。 時短でシャキシャキのコツとは?【豆もやし】の茹で方、ゆで時間

もやしの茹で方やゆで時間を検証!しゃきしゃきなのはこれ|健康♡料理♡美容♡恋愛

もやし 茹で 時間

豆もやしの茹で方は? 豆もやしというのは、一般に大豆もやしのことを 指します。 もやしの種類は ・緑豆もやし ・黒豆もやし ・大豆もやし がありますが、 一般に多く流通しているのは緑豆もやしです。 緑豆もやしは、緑豆から育ったもやしであり、 グリーンマッペとも呼ばれています。 そして黒豆もやしは、ブラックマッペを原料 としたもやしです。 大豆もやしはその名前の通り、 大豆を原料としたもやし です。 大豆もやしには、粒の小さなものを使用した 「小粒大豆もやし」 というものがあります。 こちらは、最近スーパーで販売されています! 大豆もやしが私の近所で販売されておらず、 今回は大豆もやしの種類の 小粒大豆もやしのゆで方についてまとめます。 豆もやしの茹で方には様々な方法があるので、 一例として参考になればと思います。 豆もやしも緑豆もやしと同じように、 ボウルに水をためて、そこで軽く洗います。 そして色が悪くなっているような、 豆もやしを選別します。 緑豆もやしであれば、もやしを洗うタイミングで ひげ根取りを行うのですが、 小大豆もやしはサイズが小さく、ひげ根は取り除ききれない・・・ ということで、豆もやしのひげ根はスルー致します。。 豆もやしの臭いが気になる方は、酢小さじ1杯と塩少々 をいれてください。 今回は塩少々のみで茹でます。 豆もやしをいれると、沸騰していたお湯の温度が 下がり、沸騰が止まります。 お湯が沸騰するまで、 再度お湯を沸かします。 鍋や豆もやしの量にもよりますが、 200gの豆もやしで再沸騰まで 2分半 でした。 私はあまり気になりませんが、 もやし特有の茹でてる時の臭いが苦手な方は、 蓋をして調理してください。 ちなみに、この火加減ですがお好みで。 再沸騰した瞬間の豆もやしは、かためです。 再沸騰後に30秒たつと、もうちょっとかなーという かたさです。 1分 くらいが豆が柔らかくなってくるタイミングだと 私は思っています。 硬いのが好きな方は、加熱時間を調整してください。 このとき、水にはさらさないように注意します。 水に豆もやしをさらしてしまうと、 せっかくシャキシャキのもやしがべちゃべちゃ になってしまいます。 なので、ザルにあげたままで粗熱をとってください。 あとはナムルにしたり、和え物にしたり、 お好きな調理法でどうぞ。 茹でた豆もやしの水気を切ったら、 100gに対し、小さじ1杯の鶏ガラスープの素、 小さじ1杯のごま油でナムルになります。 お好みで鷹の爪などもどうぞ。 豆もやしの茹で時間 豆もやしの茹で時間は、だいたい 3~3分半 が 目安となります。 沸騰したお湯にいれて、再沸騰するまでが 2分半 さらに茹でること 1分 です。 緑豆もやしの場合、ゆで時間の目安は、 沸騰したお湯にいれて、再沸騰するまでが1分 さらに茹でること30秒 ですので、豆もやしの方が茹でるにはやっぱり時間がかかります。 ちなみにですが、私は柔らかめにするのが好きなので、 3分半という時間をかけて、 豆もやしを茹でましたが、 人によってはもっと時間が短い方が良い という意見もあると思います。 ここらへんはお好みですが、、 もやしのシャキシャキをしっかり残したいのであれば、 時間が短い方が良いです。 ゆで時間は1~1分半という方もいると思いますが、 豆を柔らかくするには、 もっと加熱時間を伸ばした方が良いです。 大豆もやしの茹で時間は? 大豆もやしの方が茹でるのには 時間がかかります。 大豆もやしのゆで時間の目安は 4~5分 程度です。 このゆで時間も大豆がしっかり茹で上がるまでの時間ですので、 味見をして、 お好みの硬さでストップするようにしてください。 炒め物のときも茹でる? 豆もやしは、炒め物の具材にされることも多い かと思います。 緑豆もやしの場合、洗ったらすぐに炒め物に使えますし、 なるべく加熱時間を短くするのがポイントです。 あまり加熱時間が長いと、 もやしから水分が流出してしまい、 食感が悪くなります。 ただ豆もやしの場合は、加熱時間が短いと、 豆の部分に火が通らず、かたいままの料理になってしまいます。 そのため、 豆もやしの場合は、あらかじめサッと茹でてから 炒め物にする と良いです。 あらかじめ3分程度茹でておいた豆もやしを 焼きそばの具材にしてみましたが、 かたさはちょうど良かったです。 最近お腹の調子が悪いので、 茹でて正解でした! もちろん炒めるだけでも食べられますが、 私と同じように胃腸が弱くなってきている方は 茹でてから調理した方が良いかと思います。 豆もやしをすぐに茹でたい方は電子レンジで 豆もやしを調理する上で、 いちいち茹でるのが面倒くさいという方は、 電子レンジでの加熱調理もおススメです。 なお、電子レンジで調理する場合は、 袋ごと調理することもできますが、 電子レンジ向けの袋でない場合は、袋の先に 切込みをいれておくのを忘れずに。 もしくは耐熱皿に移してラップをかけてから 電子レンジで加熱してください。 緑豆もやしよりは加熱時間が長く、 200gで 600w 4分 程度 500w 4分半~5分程度 の加熱時間が必要です。 電子レンジで調理することで、 水で茹でたときの栄養分の流出を少なくすることが できます。 加熱時間は長いですが、 お湯を沸かすまでの時間や、鍋類の洗い物を減らす ことができます。 お試しください。 豆もやしの蒸し煮の方法 私がいくスーパーにある大豆もやしは、 このサラダコスモさんの子大豆もやしです。 saladcosmo. こちらも電子レンジでの調理と同じように、 そもそも茹でる水が少ないので、 茹で水に栄養素を多く流出させることなく、調理ができます。 もやし野菜炒めにするときは、 このように他の野菜と一緒に蒸し焼きにして調理する方法もあります。 豆もやしの茹で方で困っている方は、 茹でる・電子レンジで加熱・蒸し煮にする といった方法をお試しください。 まとめ 今回は、豆もやしのゆで方・ゆで時間をテーマにして まとめてみました。 豆もやしを茹でる際は、 緑豆もやしよりも時間をかける必要があります。 そうしないと豆が柔らかくなりません。 茎が水っぽくなるのが気になるという方は、 茹でるのではなく、 蒸したり、レンジでの加熱調理をすると良いかと思います。

次の

大豆もやしの茹で時間・おいしい豆もやしの茹で方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

もやし 茹で 時間

もやしのこと もやしとは、穀類や豆類の種子を暗所で水に浸し、成長させたものの総称です。 一般に販売されているもやしには、大きく分けて3つの種類があります。 一番よく見かけるのが、緑豆を発芽させた 緑豆もやし。 緑豆もやしより細長い、ブラックマッぺ けつるあずき を発芽させた ブラックマッペもやし。 そして大豆を発芽させたものが 大豆もやしで、豆もやしと呼ばれています。 もやしの栄養とは 一見ひょろひょろとして、頼りなさそうなもやしは、生まれたての野菜のパワーを持っています。 発芽や成長に必要なデンプンや脂肪、タンパク質など、本来の栄養素に加えて、発芽したての新芽は、これから成長する上で必要なビタミンやミネラルが豊富になります。 また、発芽することにより、種に含まれている栄養素が分解され、消化・吸収がしやすくなり、よりいっそう栄養分が多い食材に変化します。 低カロリーで食物繊維も豊富であり、美容やダイエットにはぜひ取り入れたい食材です。 大豆もやしが人気の理由 とくに大豆もやしは、栄養素が豊富です。 ほかの2つのもやしと比べると、カルシウム、カリウム、葉酸、ビタミンB2などが、とても多く含まれています。 そのうえグルタミン酸やアスパラギン酸などの、旨み成分も豊富です。 発芽することにより、「畑のお肉」とも呼ばれる大豆の持つ豊富な栄養を、大豆として食べるよりも消化・吸収しやすい形で取り入れることができます。 下処理の方法 まずは豆もやしの下処理です。 「もやしの下処理なんて..要らないわ」という方も多いと思いますが 私も.. 、実は少しの手間でも断然美味しさが違ってきますよ。 特にひげ根を取る作業は、手間も時間もかかりますが見た目や食感がアップします。 毎日のお料理には手間がかかりすぎるけど、お客様や大切なご家族をおもてなしするとっておきの日の為に、知っておくだけで役に立つかも知れません。 ひげ根を取る ひげ根の部分を指でポキリと折るようにして、取り除きます。 慣れてくると何本かまとめて取ったりもできます。 ひげ根を取ることで、料理が綺麗に仕上がり口当たりも良くなります。 たくさんあるひげ根を1本1本取るのは、かなりの時間を要します。 もやし1袋につき200gとして、初めは15分くらいはかかるでしょう。 慣れればもっと時短ができます。 忙しい方や時短したい場合には、「根切りもやし」というひげ根をあらかじめ切り取って販売されている商品もありますので、こちらを利用されても良いかもしれません。 お値段は結構アップします。 専用の機械で根切りをしているため、ひと手間かかり価格もアップするようです。 ひげ根はもやし特有の青臭さの原因ともいわれ、厄介者のイメージですが、栄養もちゃんとあります。 もやしの栄養を無駄なく召し上がりたい方は、ひげ根を取らずにそのまま調理されてください。 さっと洗う たっぷりの水にもやしを放ちます。 ここで長く水につけていると、水分を含みすぎて水っぽくなったり、ビタミンCなどの栄養素が流れ出てしまうことがありますので、手早く水からすくい、ザルに上げて水気を切ります。 根切りをしていない方も、ここで折れたひげ根や豆殻などが取り除けます。 ゆであがり。 ひげ根が白くなっていますね。 沸騰したら弱火にして3分程ゆでて、豆に火が通ったらザルに上げて水気を切り、そのまま冷まします。 底面が広いフライパンはお湯が素早く沸くので、結果として茹で時間が短くなり、もやしがよりシャキシャキにゆであがります。 お鍋でゆでる場合と比べると、水とガス代、そしてお湯を沸かす時間が少し節約になります。 電子レンジで蒸す• 豆もやしを耐熱皿にのせてふんわりラップをし、 600Wで3分半~4分加熱します。 ザルに広げて水気を切り、 そのまま冷まします。 臭みが取れて、お酢の味はほとんど気になりません。 お湯を沸かす場合と比べて水やガス代、そして時間の節約にもなります。 電気代はかかりますが、時短で済ませたい場合には最適です。 また「 ゆでる」ではなく「 蒸す」ことから、水溶性の ビタミンCなどの流出を抑えることができると考えられます。 炒め物の時もゆでるの? 豆もやしの場合は、豆に固さが残ることがあり、炒めるのに時間がかかります。 このため上記のどちらかの方法で、豆もやしを 下茹でしてから炒め合わせましょう。 炒め物の時は、ゆでたり蒸したりした後に、水っぽくならない様に よく水を切っておくのがポイントです。 おいしくいただく 定番のナムルで 豆もやしのなかでも、ナムルは一番人気のレシピですね。 本場の味に近づけるポイントは、油と手を使うことです。 茹でてしっかりと水気を切った豆もやしに、ごま油をなじませます。 これは風味付けだけでなく、もやしをオイルコーティングして、水っぽくならないようにするために行います。 ニンニクや塩、醤油、砂糖などで調味する際も、手でしっかりと揉みこみます。 味のなじみがよく、美味しくなります。 最後にすりごまを入れましょう。 風味が立ち、より濃厚になりますよ。 スープやお鍋に 豆もやしは、ほかのもやしより豆がついている分風味があり、スープや鍋などの汁物に向いています。 ワカメや卵などを合わせて中華風に、味噌汁やキムチ鍋・チゲ鍋にと、黄色いお豆がおいしい食感と色どりも添えてくれます。 チャンプルーにも 我が家では定番のチャンプルーに豆もやしを使ってみたところ、なかなかな美味しさに。 お豆腐と卵、お肉を合わせて、酒、しょうゆ、かつおぶし、塩・コショウといった味付けのシンプルなもやしチャンプルーにして、いただきました。

次の

もやしのベストな茹で時間は?シャキシャキに仕上げるコツは茹で方と下準備!

もやし 茹で 時間

もやしの茹で方はいろいろ もやしの茹で方というと簡単そうですが、実はいろいろな種類があります。 主なもやしの茹で方は下の4つ。 水から茹で、沸騰したらあげる• 熱湯で数秒茹でる• 熱湯をかける・通すだけ• 沸騰したら火を止め、むらす それぞれ、もやしの茹で時間や茹で方は全く違います。 いろいろな種類があることからもわかるように、どれが正解ということはありません。 食感や簡単さが微妙に違うので、個人の好みや時間によって、好きなものを選んでみてください。 どの茹で方でもしゃきしゃきにするコツはほぼ同じなので、まずはそのコツから見てみましょう。 もやしをシャキシャキにするコツ もやしをしゃきしゃきな仕上がりにする茹で方のコツは下の通り。 茹ですぎない (ちょっと固いかな、がちょうどいい)• お湯は多めに• 軽くかきまぜる• もやしの種類 (豆もやしは長めにゆでてもOK)• 冷水にさらさず、自然に冷ます それぞれについてちょっと詳しく見てみましょう。 茹ですぎない もやしを茹でる場合には、茹ですぎに注意。 余熱で火が通るので、ちょっと固いかな、というくらいがちょうどいいです。 それぞれの茹で方に合った茹で時間を守るようにしましょう。 茹ですぎるとくたくた・しなしな・ふにゃふにゃになってしまいます。 お湯は多めに・軽くかき混ぜる もやしを茹でる場合には お湯は多めにして、もやしを入れたあとには 軽くかき混ぜます。 どの茹で方でも、もやしは短時間でさっとゆでるのがコツです。 そのため、もやしを入れても温度が下がりすぎないようにお湯は多めにしましょう。 また茹で時間が短いため、かるくかき混ぜることで、茹であがりにムラが出ないようにします。 もやしの種類について 普通のもやしは短い茹で時間でOK。 豆モヤシは、普通のモヤシより歯ごたえがあるので、少し長い茹で時間がちょうどいいでしょう。 冷水にさらさず、自然に冷ます 意外と間違えやすいのですが、もやしの茹で方で大事なのは、 冷水にさらさないこと。 ざるにあげて、水気を切り、自然に冷ましましょう。 冷水にさらすと、水っぽくなってしまいます。 1、水から沸騰まで茹でる 茹で方• たっぷりの水にレモン(お酢)数滴をかける• もやしを入れ、火にかける• 沸騰したら軽くかき混ぜた後、お湯を捨て、もやしをざるにあげる• 冷水にさらさず、そのまま冷ます 水から沸騰するまでのもやしの茹で方ですね。 茹で時間は沸騰するまでの時間になりますので、計算しなくていいのが楽。 ただ、意外と調整が難しくもあります。 お湯から上げた後、もやしを冷水にさらさず、自然に冷ますのがしゃきしゃきにするコツです。 大豆モヤシなどの場合には、沸騰してからも数秒~1分茹でた方が好き、という人もいるようです。 水から茹でた場合、ゆっくりと温度をあげていくので、細胞壁が壊れにくく、栄養の損失を少なく抑えることができます(低調理法)。 2、熱湯で数秒茹でる 茹で方その1• たっぷりの水にもやしをいれ、軽く手でまぜて洗う• ざるにあげて水気を切っておく• たっぷりの水(1. もやしを入れ、軽くかき混ぜる• 強めの中火で30秒~1分茹でる• ざるにあげ、自然に冷ます 茹で方その2• たっぷりの水を鍋に入れ、塩と酢をいれ、沸騰させる• もやしをいれ、かき混ぜる• 再び沸騰して10秒ていどでもやしをざるにあげる• 水気を切ってそのままさます もやしの茹で方で一番メジャーなのは、熱湯で数秒だけ茹でる、という方法。 茹で時間は、もやしを入れて再び沸騰してから、 10秒程度。 もやしを入れると温度が下がるので、お湯はたっぷり沸騰させるのがコツです。 かなり簡単に、もやしをしゃきしゃきに茹でることができます。 茹で方その1でもやしを洗うのは、もやし独特のクセをなくし、すっきした味にするため、 塩とお酢を入れるのは、クセを抑えて、白くゆで上げるためです。 3、熱湯をかける・通す• お湯をたっぷり沸騰させる• もやしをまとめてくぐらす(or 熱湯をかける) 次の方法は、 熱湯をかけるorくぐらすという方法。 このもやしの茹で方では、茹で時間はほぼ0。 コツも何もないですね。 ラーメン屋さんなどで用いられることの多い方法で、手間もなく、急いでいる時におすすめ。 反対に、しっかり茹でたい人には向いていない方法でもあります。 4、沸騰したらむらす• 沸騰したお湯にもやしをいれ、ふたをしてむらす• 3分~5分ほどむらしたらざるにあげ、自然に冷ます 最後のもやしの茹で方は、沸騰したお湯でむらす方法。 この茹で方もお手軽ではありますが、加熱しすぎることなく、 独特の食感になります。 ナムル・サラダに使う場合 もやしはしゃきしゃきな食感がうりですが、サラダに使う場合などは、柔らかく茹でたいこともあるかもしれません。 もやしを柔らかくしたい場合には、 やや長めに茹で時間を見るとよいでしょう。 しっかり茹でたい場合には沸騰して1分、より柔らかくしたい場合には2分ほどの茹で時間で。 また、ナムルに使う場合には、ゆでたての熱いもやしに、そのまま味付けをしましょう。 冷まさず味付けをすることで、味がしっかりなじみます。 おわりに もやしの茹で方や茹で時間について見てきました。 シャキシャキにするコツをしっかり守れば、簡単に、思い通りのもやしを茹でることができるでしょう。 また、柔らかくしたい場合には、茹で時間を長めにするとよいです。 茹で時間については、その茹で方に合わせて設定するようにしましょう。 熱湯になら、数秒程度の茹で時間でもOKです。 もやしを茹でるときの参考になったなら幸いです。

次の