公務員 予備校 社会人。 社会人公務員専門学校・予備校

【最新版】社会人におすすめの公務員試験予備校3選【失敗しない選び方は?】|All About 公務員

公務員 予備校 社会人

社会人・経験者向け公務員専門学校・予備校おすすめ 社会人など民間企業経験者の転職先として近年人気なのが公務員です。 試験に合格するための対策として 公務員専門学校や 予備校に働きながら通う社会人の方は多いようです。 公務員になるには公務員専門学校や予備校の選び方も重要になります。 独自の調査・分析により社会人向けの公務員専門学校・予備校を厳選して選びましたので、参考にしてみてください。 社会人公務員専門学校・予備校比較ランキング 下記のリンクページから社会人専門学校・予備校の資料を集めて比較してみてください。 東京アカデミーはランキング殿堂入りしていますので、今年のおすすめランキングには入れませんでした。 社会人公務員の種類・国家公務員と地方公務員 社会人公務員の種類は大きく地方公務員と国家公務員があります。 地方公務員の社会人採用試験の場合は事務職や技術職の市役所職員、県庁職員が中心になります。 国家公務員の社会人採用試験は省庁によって若干名採用する場合もあれば、年度によっては募集自体にしないこともあります。 最近では、社会人向けの公務員専門学校や予備校も増えてきて来ます。 経験者採用試験の難易度・倍率・競争率 地方公務員と国家公務員の民間企業経験者試験に共通して言えることは難易度が異状に高いことです。 基本的に採用枠が少ないため、どうしても倍率が高くなり難易度が高くなってしまいます。 仕事を辞めて公務員試験に集中している人も大勢いますので、難易度を考えると民間企業で働きながら公務員になるのは難しいと言えます。 予備校通い・通信講座・独学どれがおすすめ? 社会人公務員試験の対策として考えられる方法は予備校に通う、通信講座で自宅学習、独自の勉強法で対策の3つの方法を選ぶことになります。 独学・通信・予備校の3つの方法で公務員に転職や就職に成功している人はいますので、通信講座や予備校を利用しないと合格できない訳ではありません。 独学でもやり方次第で教養・専門など筆記試験を突破することや面接試験で高評価を受けることも可能です。 しかし、よく考えてみてください。 ライバルで公務員試験の専門家に対策ノウハウを教えてもらっている人はたくさんいます。 「自分の筆記試験対策や面接対策は自信を持って正しい方法と言えますか?」 この質問にYESと答える人は独学向きです。 NOと答える人の中で、民間企業で働きながら勉強する人はWEB・DVDで受講することができる公務員通信講座がおすすめです。 会社を辞めて公務員試験対策に時間が十分余っている人は公務員予備校に通うことをおすすめします。 公務員試験対策は自分に合った方法で勉強するのが一番ですので、対策を始める前によく検討してみてください。 社会人・経験者向けの専門学校・予備校一覧 (大卒) 社会人公務員専門学校・予備校記事一覧.

次の

社会人公務員専門学校・予備校

公務員 予備校 社会人

「社会人から公務員を目指したいけど予備校に通学する時間がない」 「かと言って、独学で公務員試験を勉強していく自信はない」 「時間と場所を選ばずに、働きながら自分のペースで公務員を目指したい」 こんな声にお答えします! 「 とにかく早くおすすめの通信講座を教えて欲しい」という方は をクリックしてください。 通信講座の紹介箇所までジャンプします 皆さんこんにちは! と申します。 私は国家公務員から地方公務員に転職した経歴があり、公務員をしながら公務員試験の勉強をしていました! 一応は社会人から公務員への転職をしています。 今回はそんな私が、社会人から公務員を目指す方にオススメする 公務員予備校の通信講座を紹介します。 私の経験から言いますと、 未経験から公務員を目指すなら予備校を利用した方が圧倒的に近道です。 そもそも公務員ってどんなものか? 公務員試験って何をどの程度勉強すればいいのか? 社会人はどんな試験が受けれるのか? 独学で合格できるものなのか? 上記は一例ですが、疑問点は多いと思います。 しかし公務員を目指すなら、 事前に公務員や公務員試験の全体像を把握し、自分がどんな公務員を目指すのか目標を明確にしておく必要があります。 全体像や目標が見えないまま公務員を目指しても、自分が正しい方向に進んでいるかわからずに挫折してしまうこともあります。 とはいえ上記4つの疑問点だけでも、情報を集めようと思ったら結構な時間が掛かります。 実はこの情報収集を一発で解決してくれる 「社会人のための公務員転職ハンドブック」というものがあって、これがとても有益なんです。 このハンドブックは大手公務員予備校のクレアールさんが発行している冊子で、 とにかく社会人から公務員を目指す方が知っておくべき情報が満載です。 情報収集にかかる時間も大幅に短縮できますよ。 ハンドブックは 無料かつ簡単に入手できるのでとてもオススメです。 予備校の通信講座を考える前に、「まだ公務員について何もわかってないよ」という方はぜひ一度目を通しておくといいでしょう。 公務員予備校(通信講座)のメリットとは? それでは、ここから通信講座のメリット、デメリットについて解説していきます。 公務員予備校の通信講座には以下のメリットがあります。 ・時間・場所を選ばない ・費用が比較的安く済む ・自分のペースで学習を進めれる ・面接などの2次試験対策もきちんとしてくれる ・単純に負担が減る 私も働きながら公務員試験の勉強をしていたのでわかるんですが、社会人にとって上記のメリットは本当にありがたいです。 時間や場所を選ばない!通信講座は社会人の味方! 通信講座ならパソコン、スマホ、タブレットがあれば、いつでもどこでも公務員予備校の講義を動画で受けることができます。 仕事や家庭などで忙しい社会人の方は、なにかと自分の時間や勉強場所を作りにくいですよね? この点、通信講座なら仕事終わりの夜間でも受講できるし、図書館やカフェなど自分がリラックスできる場所で受講することもできます。 また電車の中や休憩時間など、ちょっとした時間でも学習を進めることができるので時間を有効に使っていけるのもポイントです。 通学に比べて比較的安い! 通信講座は通学タイプの講座に比べると比較的費用も安くすみます。 なのでお金に余裕がないという方や、できるだけ費用は安く済ませたいという方にも通信講座はオススメです。 自分のペースで無理せずやれる! 通信講座は時間と場所を選ばず何回も繰り返し受講できるので、最後まで自分の学習ペースで進めていけます。 講義動画は早送りしたり、好きな所から再生するのはもちろん、再生速度を倍速にできる講座もあります。 動画なので自分が切りのいいタイミングで一時停止もできるし、明日に回して寝ることもできます。 とにかく自分のペースできめ細やかにスケジュールを立てれるのが通信講座のいい所ですね! 2次試験対策もバッチリ! 大手公務員予備校の通信講座は筆記試験対策だけでなく、面接や論文などの2次試験対策もしっかりとやってくれます。 「通信講座だから面接の練習ができないのでは?」 「そもそも論文や面接の準備は手伝ってくれるの?」 こんな疑問を抱えている方もいるかと思いますが、 思った以上に手厚くして2次試験対策をしてもらえるというのが今の通信講座です。 論文の添削や面接カード作成対策に加え、回数無制限の面接練習など2次試験のサポートも抜け目ないです。 やはり2次試験のウェイトが年々上がっている公務員試験なので、どの予備校も論文、面接対策に力を入れている感じですね。 単純に負担が減る 予備校を利用した方が、公務員試験は2倍楽になると言われています。 仮に独学で公務員試験の勉強をした場合、膨大な量の科目を勉強して、官公庁や自治体の研究をして…と作業量がハンパないです。 このあたり予備校を利用していれば、効率の良い勉強法だけでなく、受験先の情報収集などもサポートしてくれます。 サポート体制のある講座を選んだ場合 そしてこれが 通信講座であれば通学の時間や労力もカットできるので、単純に負担減に繋がるというわけです。 最小限度の努力、労力で合格できるのも通信講座の大きなメリットですよ。 今の公務員試験に付け焼刃は通用しない 多くの合格した公務員受験生は、何かしら公務員予備校を利用しています。 公務員試験には 一般枠や 経験者枠といった試験区分があって一般枠は学生を含めた受験生が競争する試験、経験者枠は社会人経験がある受験生のみが競争する試験となっています。 最近の公務員試験は学生、社会人関係なく公務員予備校できちんとノウハウを学んで受験する人が大多数です。 まれに独学の人もいますが、私が過去に話をきいた公務員の知人や同期などは、ほとんどが予備校を利用していた人ばかりです。 どの区分で受験するにせよ競争率が高い公務員試験なので、付け焼刃のような試験対策をしてもなかなか合格は掴めません。 どうせ本気で公務員への転職を狙うなら、中途半端にやらずに無難な道を進みたいですよね? このような背景からも、 未経験から公務員を目指す方には公務員予備校で正しい知識と試験対策を身に着けておくことが重要です。 そして 学生に比べて時間がシビアな社会人こそ、通信講座から受けるメリットが大きいです。 通信講座のデメリットは? 完全に人によるものですが、一応デメリットも挙げておきます。 ・通学と違い強制力が弱い ・勉強に集中できる環境を作る努力がいる 通信講座は自分のペースで講義を進めていけるメリットがあるんですが、その反面、 校舎に通学するスタイルに比べて強制力がやや弱いといえます。 意思が強く継続できる方には関係ない話ですが、いつでも受けれる手軽さゆえに中途半端にやってしまう方は、いつの間にか勉強が遅れてしまいがちです。 ただ、 今の通信講座には個別のサポート体制が充実しているので、進捗管理は比較的楽にできます。 よって自分の進捗管理や継続力に自信がない方は、このサポート体制を積極的に使いましょう。 また、 自分が集中できる環境を意識的に作る努力が必要です。 時間と場所を選ばず使えるのが通信講座のメリットなので、自分なりに集中できる場所を見つけましょう。 通信講座のデメリットと書きましたが、自分の意識一つで解決できるデメリットですよ。 公務員予備校 通信講座 の選び方 ここからは、おすすめ公務員予備校の通信講座とその選び方を解説します。 通信講座を選ぶポイントはぜひ知っておきましょう。 大手公務員予備校の通信講座 を選ぼう 通信講座にもいろいろありますが 、 大手公務員予備校の通信講座を選んでおけば間違いないです。 ぶっちゃけ大手ならどの予備校も実績がありますし、きちんと勉強していけば合格レベルまで達することができます。 参考までにですが私は合計で3つの公務員予備校から講義を受けたことがあって、人にもよる話ですが大手予備校ならどの講義も質は高いと感じました。 ちなみに3つの内1つは地元にあるローカルな予備校を利用していました やや抽象的ですが、利用した各公務員予備校で教えてもらった内容やノウハウは、きちんと合格レベルにたどり着くクオリティで、かつどこも似通ったスケジュールで進行してました。 なので 大手公務員予備校の運営する通信講座であれば基本的になんでもOKです。 大手予備校の中で自分の条件に合う講座を選ぼう 大手の公務員予備校に的を絞ったら、 自分の条件と予備校の情報をすり合わせていきます。 人によって求める条件は違いますが、具体的に以下のような条件が考えられますね。 ・立地条件 ・費用 ・コース ・予備校の特徴や雰囲気 例えば2次試験対策で模擬面接を受けれる講座なら、最寄りの校舎が近くにあるかどうかは重要な判断ポイントですよね?面接の練習をするためだけに遠方の校舎へ出向くのはコスパが悪いですから。 お財布がピンチの人にとっては少しでも費用も抑えたいと思うはずです。 また公務員試験全般の対策がしたい方もいれば、受講する科目を絞りたいという方もいるでしょう。 こんな感じで自分の条件とすり合わせていくと、自分に合った通信講座に巡り合えます。 まず資料請求をしてみよう 自分にあった公務員予備校を選ぶためにも、まず 資料請求をしてみましょう。 どの公務員予備校も資料請求は 無料です。 資料を入手することで ・予備校のカリキュラムや費用などの詳細が詳しくわかる ・予備校の講師陣や通信講座の写真が載っているものがあり、雰囲気を掴みやすい ・予備校を直感で選ぶための判断材料になる ・資料には合格体験記や、社会人が公務員になるための有益な情報が載っているものが多い このようなメリットが予備校に出向かずとも入手できます。 どうせなら積極的に使わせてもらいましょう。 また、 資料請求をする際に入力する項目も名前や住所など簡単なものばかりで、入力時間は約1~2分程度で終わり、すぐに注文できます。 入力画面も1つだけで終わりますので面倒な作業はありません。 なので、 資料請求は一括でするのがおすすめです。 複数の予備校を比較してみて自分の条件に合うものや、直感的に気に入った講座を選んでみましょう。 フォロー制度の充実 担任講師が受講生の一人一人をサポートする 担任講師制度により公務員試験全般の相談がしやすい環境がある。 申し込みした本校のみならず全国本校の担任講師によるサポートを受けることが可能 講師フレックス制 自分に合った講師を選べる 講師フレックス制により自分に合った講師から講義を受けれる。 一度受講した講義を違う講師の講義で再復習することも可能。 通信専用講義と倍速視聴機能 通信用に別途作られた講義ではなく、収録された生講義をそのまま自宅で受けることが可能。 また再生速度を0. 5~2倍に調整できる倍速機能もついている。 充実した2次試験対策 実績のある予備校というのもあって筆記試験、2次試験対策など総合的にバランスの取れた手厚いサポートを受けることができる。 模擬面接も回数無制限で受けることができる。 なので特に 自分が受講したい内容にポイントを絞って講義を受けたい方には、LECがオススメ! また面接対策にも力を入れており、 リアル面接シミュレーションなどLECオリジナルの質が高い模擬面接を受けることができます。 2次試験が苦手な方にも心強い講座といえますね。 LECは実績も十分な公務員予備校なので、通信講座も総合的に安心できるクオリティになっています。 クレアール 通信講座に特化した公務員予備校 クレアールは公務員の通信講座に特化した、通信で実績のある公務員予備校です。 資料請求すると以下のようなパンフレットが届きます。 クレアールの特徴 とにかく費用が安い web通信講座に特化した公務員予備校であり、この記事で紹介する 通信講座の中で最も費用が安い。 安心保証プラン 安心保証料金として30,000円を追加することで、翌年まで1年間受講期間を延長できる。 個別サポート体制の充実 合格ナビゲーション や受講生一人一人に担任がつく 担任制など、個別のサポート体制もバッチリ。 モチベーションを持続させて学習に取り組んでいける。 地方上級や国家一般職コースなら大体30万円前後が相場の予備校費用に対して、 10~20万円台まで費用を抑えることができるのがポイント! さらに 毎月割引価格が設定されており、これを適用すれば10万円台まで費用を安くできます。 面接カードの添削や回数無制限の模擬面接など面接対策にも力をいれているので、2次試験対策も安心ですね。 また 事務職だけでなく心理、福祉、技術職向けに特化したコースもあるので、この辺の採用枠を希望している方には特にオススメです。 ただし 模擬面接は水道橋校舎限定のサービスなので、遠方に住んでいる人は利用しづらい点がネックなところ。 一応電話越しでの模擬面接という形で対応してもらえきますが、どうしても実践形式で面接の練習をしたい場合は、ハローワークやジョブカフェを利用する必要があります。 数ある資格講座の中にこの公務員講座があるという感じです。 資料請求すると以下のようなパンフレットが届きます。 たのまなの特徴 サポート体制の充実 受講者一人一人にメンターが付く パーソナルサポートが充実!その人に応じた適切な学習方法をアドバイスしてもらえる。 無料で1年間延長が可能 サポート期間が切れる1か月前に延長申請をすれば 無料で1年間の延長ができる。 模擬面接が受けれる 全国主要都市に30拠点ある最寄りの校舎で、模擬面接を受けることができる。 模擬面接は全国のヒューマンアカデミー校舎で受けることができます。 また 無料で1年間の延長が可能なので、もう1年保険をかけておきたい方にはとてもありがたいサービスです。 この2つは前段で紹介したクレアールの講座と差別化できる特徴だと言えますね。 費用も一括払いであれば公務員予備校の相場をやや下回るといったところで、比較的安く抑えれます。 1回で合格できなかった時のために1年間の保険期間を確保したい。 2次試験の面接対策も、きちんと実践形式で練習がしたい。 でも費用はなるべく抑えたい。 「挫折させない通信講座」というフレーズが特徴的ですね。 資料請求すると以下のようなパンフレットが届きます。 ネバギバの特徴 サポート体制の充実 サポーターによる支援体制によりモチベーションが持続できる。 充実した2次試験対策 他の講座よりも早い段階で2次試験対策が始まり、全国に100校以上ある校舎で集団セミナーや集団面接,集団討論の練習も行っている。 動画による講義だけでなく実践演習で力をつけれる。 ネバギバ自体も 圧倒的2次試験対策とアピールしているだけあって、2次試験対策が他の講座よりも早い段階で始まります。 現在の公務員試験は人物重視で面接や論文試験を重視する傾向にあるため、 面接が不安で2次試験対策に万全を尽くしたい方には特にオススメと言えます。 まとめ 最後に公務員予備校の通信講座と、その特徴をまとめておきます。 豊富なコースと、質の高い2次試験対策 圧倒的なコストパフォーマンス 模擬面接と無料の1年間延長付き 圧倒的に充実した内容の2次試験対策 通信講座だと一人でやっていけるか不安な方もいるでしょう。 しかし、どの通信講座にも勉強やモチベーションを持続させるためのサポート体制があるので、継続にに自信がない方でも安心してやっていけるし、公務員試験の不安や悩みもすぐに相談することができます。 特に今回ご紹介した公務員予備校は、どれも大手で実績があるところばかりなので個別のサポート体制はかなり充実しています。 こういったサポートサービスはフルで活用しましょう。 そして最終的にどの通信講座を選ぶかは、 それぞれの特徴を比較つつ自分に最もマッチングするものを選ぶのがベストと言えます。 どの講座が一番良いという話はありません。 また特徴で選べないなら、その予備校の雰囲気で直感的に選んでもOKです。 通信講座でも予備校の雰囲気は関係してきますからね。 どんな講師がいるんだろうとか、どんな画面で通信講座を受けるんだろうとか。 そういった 判断材料を得るためにも、まずは資料請求をしてそれぞれの公務員予備校を見比べることをオススメします。 行動することで自然と次の道が見えてくるはずです! 確実な道を辿って公務員への合格を目指しましょう! それでは今回はこの辺で! 最後まで読んでいただきましてありがとうございます!.

次の

社会人公務員専門学校・予備校

公務員 予備校 社会人

働きながら公務員は目指せるのか 現在の労働環境に恵まれないために「安定した給料を手にしたい」「しっかりと週休2日取りたい」というようなことを望んで、働きながら公務員への転職を目指している人は少なくありません。 しかし公務員になるためには 公務員試験に挑んで合格する必要があります。 さらに 受験資格などの制限が設けられています。 まずは自分に受験資格があるか確認しよう 公務員試験には受験資格があります。 公務員試験に設けられている受験資格は、受ける自治体や職種によっても異なるため、まずは 自分に受験資格があるのかを確認する必要があります。 受験資格のメインとなるのは年齢制限で、学生などが受験する大卒程度の一般的な公務員試験の資格は、 30歳前後までとなっています。 一部の自治体では27歳に設定しているところもあります。 ) 「30歳までか」と諦めるのは早合点です。 社会人の方でも公務員試験を受けることはできます。 先ほどの大卒程度の試験とは別に社会人経験者枠(民間経験者枠)の試験もあり、こちらは年齢の上限が59歳前後で、 実質の年齢制限がありません。 ただし社会人経験者枠は 民間企業勤務経験が5~7年以上必要としている自治体もあるため、しっかり確認してください。 公務員試験は基本的に学歴による制限はありませんが、一部の専門職では資格や免許が必要な場合があります。 併せて確認しておきましょう。 つまり、年齢や職歴など、受験資格を確認して受験先を選ぶ必要がありますが、 社会人でも公務員試験を受験することは可能なのです。 公務員試験の内容は? 公務員試験は1次試験と2次試験の2段階で試験をおこなうことが多いですが、試験種によっては3次試験までおこなう場合もあります。 ほとんどの試験で1次試験が筆記試験、2次試験が面接となっていて、3次試験がある場合は、さらに面接やグループワークをおこないます。 合否判定は1次試験と2次試験それぞれで出ますが、 最終結果は1次試験と2次試験の総合得点で決まります。 つまり、もし1次試験が合格ギリギリだった場合、そのあとの2次試験の出来次第では 最終結果は不合格になる可能性があるということです。 余裕を持って1次試験を突破できるようしっかり勉強しましょう。 筆記試験の試験範囲 詳細は各自治体によって異なりますが、社会人が公務員試験を受験する場合、1次試験では「教養科目」と「論文試験」の2つを課されるケースが多いです。 教養科目で出題される科目は以下の通りで、出題範囲はとても幅広いです。 文章理解• 判断推理• 数的推理• 資料解釈• 社会情勢• 世界史• 日本史• 文学・芸術• 地学 働きながら公務員を目指す際のポイント 働きながら公務員に転職することは無謀なことではありません。 むしろ十分に可能なことであるとも言えます。 しかし合格するためには「過去の勉強量」や「どんな自治体を受けるか」ということが重要になります。 これまでの学習経験がベースとなる 1次試験の教養科目では、基本的に 高校で学ぶ内容が問われます。 つまり 高校時代の勉強量がカギとなり、高校生のときに勉強が得意だったり、大学受験に向けて一生懸命勉強をした人はとても有利になります。 社会人枠では教養科目がメインになりますが、大卒程度試験を受ける場合は 専門科目が試験に含まれることがあります。 大卒程度という名の通り、大学で学ぶ程度の問題であり、難易度が上がります。 問われるのはミクロ経済学や憲法、民法についての知識のため、大学でこれらの科目を学んで知識がある人が有利になります。 どちらの試験でも知識がある分野や得意だった科目は勉強しやすいため点数を取りやすいです。 つまり、 学生時代の勉強経験が公務員試験に直結すると言えます。 市役所は高倍率で高難度!受験先選びも大事 一言で「公務員試験」と言っても、国家一般職や国税専門官などさまざまな職種が存在し、さらに大卒程度か社会人枠かなどの、受ける区分によって 受験科目・倍率・受験資格が変わります。 ちなみにこれらは受験する自治体によっても異なります。 人気がある自治体の中でも市役所は特に人気があるため 毎年高倍率の激戦区になります。 また「社会人枠」で受験する場合は自治体によってはプレゼンが課されることもあります。 プレゼンが得意な人なら、この試験を選ぶことで有利になる可能性がありますが、逆にプレゼンが苦手な人にとっては不利になることもあります。 受験先を選ぶときは、受験資格を確認するだけでなく、試験内容や倍率も確認した上で 自分が有利に戦えそうなところを選ぶべきです。 大卒程度で受験 「大卒程度」という名前からも分かる通り、大学レベルの試験内容が課されることが多く、 難易度は社会人枠よりも上がります。 大抵の場合、 「教養科目」に加えて「専門科目」が課されるため、出題範囲が幅広くなり、教養科目だけの試験と比べてより多くの勉強時間が必要になります。 しかし社会人枠に比べて採用枠が多いという利点がある上に、社会人としての経験は重視されないため、まだ勤続年数が短い社会人でも面接の対応もしやすいです。 その一方で、ライバルには時間的余裕がある大学生がたくさんいます。 大学生は時間がある分、十分な試験対策ができるため競争は激しくなっています。 大学生向けの公務員試験の勉強時間や対策法については以下の記事で詳しく解説しています。 大卒程度の試験に比べると教養試験の難易度は低くなり、専門科目もないため勉強時間は少なくなりますが、その分 「社会人としての経験」が重要視されます。 社会人枠は大卒程度枠に比べて採用枠が少ない上に、自分と同じように働きながら転職を考えているライバルが多いです。 1次試験の教養試験で点数を獲得することも重要ですが、それ以上に面接での受け答えが大切になります。 「社会人としてどのような経験を積んできて、どのようなスキルがあるのか」「自分を採用するとどんなメリットがあるのか」「なぜ公務員になりたいのか」をしっかりアピールできるように対策しておきましょう。 仕事しながらの公務員試験勉強法 仕事をしていると、どうしても勉強できる時間は限られてしまいます。 そのため、仕事しながら公務員試験の合格を目指すには効率よく勉強をおこなう必要があります。 ここからは限られた時間の中で、公務員試験の勉強を効率的におこなうコツを紹介します。 実際に合格した人たちは公務員試験の1年も前から毎日3~4時間の勉強時間をコツコツと重ねることで合格を勝ち取っています。 1000時間と聞くと途方もない時間のように感じますが、1日3時間と聞けば不可能ではないと思っていただけるのではないでしょうか? 公務員試験の中でも教養試験は特に出題範囲が幅広いため、対策するために時間を要します。 しかし 教養試験は同じパターンの問題が多いため、多くの問題をこなして解法パターンに慣れることで攻略できます。 漠然と問題を解くのではなく、 解き方を理解して、その解き方を覚えることが重要になります。 独学が向いている人 独学が向いている人は「勉強のやり方を理解していて、合格を目指すモチベーションを最後まで維持できる人」です。 勉強のやり方を理解しているというのは、過去に受験や資格取得のために勉強したことがあって、 参考書や問題集から重要な箇所が拾える人です。 繰り返しますが、公務員試験は簡単な試験ではありませんし、試験の範囲も広いです。 そのため ダラダラと参考書を読んでいるだけでは合格は難しいです。 独学で公務員試験の合格を目指すためには参考書を読み込んで、その中から知識を整理して重要な箇所を中心に覚えなくてはいけません。 そして覚えるだけでなく、覚えた知識を問題を解くことで適切に活用できるようにする必要があります。 それに加えてモチベーションも維持しなくてはいけません。 モチベーションの維持とは、休日や終業後に しっかり机に向かって3~4時間の勉強時間を確保し続けることです。 もちろんただ机に向かえば良いというものではなく、上記のやり方でしっかり勉強に取り組む集中力が必要です。 予備校に通うべき人 逆に上記のような 勉強のやり方が分からなかったり、一人でモチベーションを維持する自信がない人は予備校に通うことをおすすめします。 予備校には一流の講師がいて、重要なポイントや問題の解き方を教えてくれるため、どこを勉強すれば良いのか分からずに一人で闇雲に勉強するよりも 効率的に勉強を進めることができます。 さらに強制的に予定を組んでくれる上、予備校に行ったら嫌でも勉強せざるを得ません。 また分からない箇所や難題にぶつかったときに 講師に質問することができるので、一人で勉強するより解決しやすいというメリットもあります。 しかしその一方で、予備校は時間が決まっているため、平日の夜など予備校が開かれている時間に仕事や用事が入ってしまう人は利用しにくいというデメリットがあります。 通信講座を受けるべき人 通信講座を受けるべき人は毎日3~4時間の勉強をするモチベーションは保てるけど、勉強のやり方が分からなくて効率的に勉強を進められない人です。 また独学でも勉強できるけど、勉強時間の確保が難しくて勉強時間を短縮させるために より効率良く勉強する必要がある人にもおすすめです。 最近ではスマホやタブレットで 動画講義を受けられたり、一流講師に質問をして回答してもらえるサービスが登場しました。 こうしたサービスにより、通信講座と言っても予備校と同じようなクオリティの授業が受けられるようになりました。 時間にとらわれることなく予備校と同じようなクオリティの授業が受けられるのは、時間の確保が難しい社会人にとって大変ありがたいシステムです。 通勤時間や隙間時間を有効活用 独学でも通信講座でも 勉強時間を確保することは重要です。 しかし毎日3時間まとまった勉強時間を確保することは簡単なことではありません。 そのため、朝いつもより早く起きて勉強する時間を確保したり、通勤時間・通学時間や昼休みなどの休憩時間などの 隙間時間を見つけて活用することが大切です。 別に「一日中休みなく勉強しろ」という話ではありません。 例えば平日の通勤時間の30分を勉強の時間に充てることで、1年間で120時間程度勉強できる計算になります。 今はスマホでも勉強できるため、いつでもどこでも隙間時間を見つけて勉強しやすい環境が整っています。 「10分空いたから暗記を進めよう」「30分あるから問題を解こう」など、 隙間時間を上手に活用して勉強時間を確保することが何よりも重要です。 隙間時間を使って勉強するには 隙間時間を使った学習に最適なのが通信講座である「スタディング」です。 スタディングではスマホ1つで講義視聴からテキストの閲覧、授業ノート作成までなんでも可能なので、電車内や寝る前のちょっとした時間でも効率よく勉強することができます。 また、スタディングは講座費用が非常に安いので 「予備校に通うお金はないけど完全独学でチャレンジするのは不安…」という方でも始めやすくなっています。 忙しい社会人の方を中心に高い評価を得ている大人気講座なので、ぜひこの機会に受講されてみてはいかがでしょうか。 経験者の声 では実際に働きながら公務員試験を受けた人はどんな感じだったのでしょうか? ここからは働きながら公務員試験を受けた人の声を紹介していきます。 平日4時間・休日10時間 本試験を迎える7カ月前から、 平日は終業後に2~4時間、休日は8時間くらい勉強していました。 本試験の4カ月前まではこのような勉強時間でした。 本試験3カ月前になると勉強時間をもう少し増やして、 平日の終業後は3~4時間、休日は10時間程度勉強しました。 そして本試験目前の ラスト1カ月はさらに勉強時間を増やして、 平日の終業後に毎日4時間、休日になれば14時間程度の時間を確保していました。 特に試験直前は仕事以外のほとんどの時間を試験勉強のために費やしましたが、その努力の甲斐あって無事に本試験に合格することができました。 疑問は先送りしない 働きながら勉強をしていく中でもっとも大変だったのは、 勉強時間の確保でした。 学生の頃は簡単に勉強時間を確保できましたが、社会人は勉強よりも仕事を優先しなければいけません。 しかし勉強時間が取れないからこそ、 勉強に取り掛かれるときは密度の濃い学習を心掛けました。 例えば、分からないことがあったとき、「あとで調べれば良いや」と思って後回しにすると、その後調べる時間が取れなかったり、調べることを忘れて、そのままになってしまったことがありました。 分からないことがあったら放置しないで、その場ですぐに解決するようにして、苦手を克服したり知識を得たりする姿勢はとても大切です。 仕事は絶対やめないで 公務員試験に合格するためには勉強時間が必要だと聞いて「じゃあ、仕事を辞めて勉強に専念しよう」と思い切ったことを考える人がいますが、おすすめしません。 今の仕事を辞めて公務員試験を受けたからと言って 必ず公務員になれる保証はないからです。 万が一試験に落ちてしまったら転職どころか無職になってしまいます。 しかも公務員試験は難しいといっても、司法書士試験のように勉強だけに専念しないと合格が難しいというレベルではありません。 働きながらでも十分に合格を狙える試験なので、今の仕事は辞めずに勉強と両立して試験合格を目指しましょう。 社会人は面接で勝て 大卒程度で受験する場合、まずはなんとしてでも1次試験を突破するように心がけて勉強しなければいけません。 先述のとおり、大卒程度は新卒者も受けます。 大学生は社会人よりも勉強時間を確保しやすいため、仕事をしながらの勉強では不利になってしまうことがあります。 どんなに人柄やアピールできる実績があっても、 1次試験に落ちてしまったら面接を受けることさえできません。 逆に言えば、1次試験さえ合格すれば、その後の面接は学生よりも社会人に有利に働きます。 社会人は仕事をしていく中で社会経験を積んでいて、コミュニケーション能力に長けているためです。

次の