住友 生命 コロナ。 新型コロナ:明治安田生命、海外の利益比率を5割拡大 27年度に :日本経済新聞

住友生命、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特別取扱いを実施

住友 生命 コロナ

生命保険会社の新型コロナウイルス感染症に係る特別取扱い 生命保険協会に加入している生命保険会社各社では、 新型コロナウイルス感染症に係る特別取扱いを実施しています。 契約者貸付の利息免除や保険料払込猶予期限の延長、手続きの簡略化など、主な対策例を紹介します。 1.保険料払込猶予期間の延長 保険契約者からの申し出により、保険会社が定める日から最長6か月間の保険料払込猶予期間の延長措置を実施。 2.保険金等各種支払に関する措置 保険契約者または保険金・給付金受取人からの申し出により、保険金・給付金および解約返戻金・契約者貸付の請求にかかる必要書類の一部省略等、簡易支払いに関する措置を実施。 新規契約者貸付に対する利息の免除 保険契約者が新たに貸付制度を利用した場合、一定期間貸付利息を減免。 生命保険会社各社の対策 具体的な対策は会社により異なります。 ここでは代表的な保険会社の対策掲載ページをご案内します。 社名をクリックすると掲載ページにジャンプします。 コロナ対策・税務の情報収集 TOMAコンサルタンツグループではコロナ対策を始め、税務・会計について定期的にセミナーを 通じて情報発信をしています。 ご自身のパソコンから、 お気軽にご参加頂ける WEBセミナーも好評開催中です。 相談窓口の活用を 各保険会社では契約者向けコールセンターを設けています。 手続きについてのご案内だけでなく、新型コロナウイルス感染症も含めた健康相談に対応している会社もあります。 この機会にご契約中の保険会社のサービス内容を確認し、利用してみてはいかがでしょうか。

次の

コロナ長期化、生保に吹く販売自粛という逆風

住友 生命 コロナ

住友生命は、新型コロナウイルス感染症による影響を踏まえ、住友生命の商品等について以下の取扱いを実施する。 1.保険料払込猶予期間の延長 保険料を払込み中の契約のお客さまからの申し出により、保険料の払込みを猶予する期間を最長で2020年9月30日まで延長する。 なお、Vitality利用料についても同様の取扱いとする。 ・貸付上限 解約返戻金の一定割合以内 ・適用利率 年0. ・予定利率変動型無配当個人年金保険(一時払い) ・定額払済保険または定額払済年金保険への変更もしくは年金支払開始日の繰下げを行っていない最低保証付変額保険 ・払済保険、延長保険または自動延長保険への変更を行っていない変額保険(終身型)および変額保険(有期型) 3.保険契約の更新に関する取扱い 新型コロナウイルス感染症の影響により、お客さまから更新手続きが困難との申し出があった場合、更新の手続き期限を超える場合であっても柔軟に対応する。 4.保険金・給付金、契約者貸付金等の支払い お客さまからの申し出により、必要書類を一部省略する等により、簡易迅速な取扱いを実施する。 5.保険金・給付金の支払いに関する取扱い 新型コロナウイルス感染症に起因して、医師の指示により医療機関に入院した場合や死亡した場合、検査により陽性と判定されたかどうかにかかわらず、疾病入院給付金・死亡保険金の支払い対象になる。 b.その他Vitalityポイント獲得・特典(リワード)の利用 利用のフィットネスジム店舗の一時休業や各自治体による外出自粛要請等により、運動ポイントをはじめとしたVitalityポイントの獲得や特典(リワード)の利用において影響を受けられている事項があった場合、Vitalityサービスセンターまで問い合わせる。 不明点等があればVitalityサービスセンターまで問い合わせる。 ドクターやヘルスカウンセラー(保健師・看護師等)が、24時間年中無休で対応する。 利用に当たっての連絡先については、保険証券に同封の「契約内容のご説明」を確認する。 また、電話をする際には、手元に保険証券を準備すること。 (参考)ティーペック株式会社の対応方針 厚生労働省より各都道府県衛生主管部に向けた方針を確認し、新型コロナウイルス感染症に関する相談対応を行っている。 新型コロナウイルス感染症の疑い例の定義にあてはまるものは、「帰国者・接触者相談センター」を案内している。 また、新型コロナウイルス感染症の全容が解明されていないため、厚生労働省や国立感染症研究所のガイドラインに沿った回答となる。 「継続契約の締結手続き」「保険料のお支払い」に一定期間の猶予措置を設ける等の特別措置がある。 b.提携生命保険会社商品に関する取扱い 住友生命にて取扱いのエヌエヌ生命保険株式会社商品・ソニー生命保険株式会社商品については、各社の定める取扱いにて対応する。 詳細については、各社に問い合わせる。

次の

住友生命、新型コロナウイルス感染症の影響に伴う特別取扱いを実施

住友 生命 コロナ

シャッターが下ろされ、生保各社の営業拠点は閉鎖されている(記者撮影) 4月7日に発令された政府の緊急事態宣言を受けて、対面営業を主体とする生命保険各社に販売自粛の動きが急速に広がっている。 8日には対象地域となる7都府県の営業拠点を一時休業させることを発表。 所属する営業職員をテレワークに移行させ、対面で顧客と接することを原則禁止した。 13日には日本生命や住友生命などが全国の営業職員の販売自粛を発表している。 新型コロナウイルスの感染拡大が収束に向かわなければ、緊急事態宣言は5月6日から延長される可能性もある。 生保の業績への影響は避けられそうにない。 大手生保で相次ぐ営業自粛 緊急事態宣言の翌8日、明治安田生命は「緊急事態宣言を受けた当社の特別対応について」という、15ページにもわたるニュースリリースを発表した。 そこでは7都府県にある営業拠点522カ所を休業することや、営業職員の対面営業を自粛し、5月6日までテレワークに移行する旨が記されていた。 個人顧客向けの営業所だけでなく、法人相手の営業拠点や顧客の相談にのる来店型の「ほけんショップ」までも、休業や営業自粛の対象とされた。 他の大手生保の動きも同様だ。 最大手の日本生命は約700の拠点を休業させ、約2. 1万人の営業職員はテレワークに移行した。 第一生命は約1. 7万人の営業職員が所属する約730拠点での営業を自粛。 住友生命も約680拠点、約1. 1万人が営業自粛の対象になった。 中小企業市場に強い大同生命も約50の営業拠点の休業を決めている。

次の