体調 に お気 を つけ て。 「お体に気をつけて」は目上の人にも使える?正しい敬語と文例は?上司/先生

「お体に気をつけて」は目上の人にも使える?正しい敬語と文例は?上司/先生

体調 に お気 を つけ て

「お体に気を付けて」という言葉を誰かに言ったり、掛けたりされたことありますか?この言葉には、相手の体調を心配して気遣う気持ちが込められていますね。 誰かの健康を思いやる優しさにあふれた言葉です。 誰かにこの言葉を使うのは少し気恥しいかもしれませんが、自分がこの言葉をかけられるとうれしいですよね。 でも上司、先生などの目上の方に対して「お体に気をつけて!」というのは本当に正しい日本語なのでしょうか?相手を気遣ってかけた言葉なのに、「年下のくせに生意気な言葉づかいだ」と思われてしまっては大変。 口語だけでなく文面に表したときにどのように使うのが正解なのか、気をつけて覚えておきましょう。 「お体に気をつけて」なのか「お身体に気をつけて」なのか…。 この差っていったいなんなんでしょう? 使い分けのポイントは、『常用漢字かどうか』。 さらに細かく言うなら、漢字が意味する範囲にも違いがあります。 少し複雑な表記分けですが、文字に起こす際は「お体に気をつけて」としてくださいね!返答は以下の記事を参考にどうぞ。 毎年欠かせない年賀状でも「お体に気をつけて」の文言はよく使いますね。 季節ごとの手紙などでも、そのシーズンごとの挨拶に合わせて「寒い日が続きますので、どうぞお体に気をつけて…」というように締めくくりの一文としてよく用いられます。 ここでも「ご自愛ください」は大活躍。 年上・年下・男性・女性問わずオールラウンドに使える敬語なので、押さえておくとよいでしょう。 ただ、病気療養中や入院中の方には不適切な言葉ですので、くれぐれも気をつけておきましょう。 またシンプルに「健康に気をつけて良いお年をお迎えください!」のような言葉もいいですね。 口頭・メール・年賀状・手紙などでの使い方や文例• いつも親切にしていただき、ありがとうございます。 お体に気をつけてますますお元気でいてください。 久しぶりに会えるのを楽しみにしております。 健康に留意し、良い毎日をお過ごしくださいね。 ご無沙汰しております。 寒くなりましたので、お風邪など召されぬよう気をつけてくださいませ。 夏の疲れが出る時期ですので、どうぞご自愛くださいますようお願いいたします。 昨年は大変お世話になりました。 皆さまのますますのご発展とご健康をお祈りしています。 【手紙】暑中お見舞い申し上げます。 暑さ厳しい折、くれぐれもご自愛の上お過ごしください。 【手紙】末筆ながら、何卒お気を付けて年末をお過ごし下さいませ。 「お大事になさってください」と逆のパターンが「お体を大切に」の言葉。 こちらは主語ではなく術語を略しており、詳しく言うなら「お体を大切にして元気でいてくださいね」です。 目上の人に対しては最初から最後まできちんと文章にして伝えるのが良いですが、わかりやすく、簡潔に伝えるならこの言葉を使っても大丈夫です。 後輩や部下に対しても別れのシーンなどでは「体を大切にして、元気で過ごしてください」というように丁寧にあいさつするとき、とてもわかりやすくていいですね。 二人きりで話すときも、たくさんの人の前で話すときもどちらでも使える万能フレーズのひとつです。 「お体に気を付けて」と同じ意味の違った言い方• お大事になさってくださいね。 お体を大切になさってください。 くれぐれもお体にはご留意ください。 くれぐれもお体を一番にお過ごしくださいませ。 ご健康にお気をつけください。 お風邪など召されないよう、お気をつけください。 体調などお気をつけください。 「お体に気をつけて」という言葉は、相手を気遣うフレーズであるということがよくわかりましたが、英語でも言葉に込められている想いは同じです。 また、英語には日本語のような敬語や謙譲語などの使い分けがあまりないので、幅広くひとつの言葉を使うことができますよ。 もちろん状況や相手により使う言葉は変わってきます。 例えばくしゃみをした時。 日本ではくしゃみをした人に「大丈夫?風邪ですか?」なんて声をかけますよね。 英語でも同じ。 くしゃみした人には「Bless you!」と言葉を使うのが通常です。 もしもそう言ってもらったときには「Thank you」と返しましょう。 他にも病人に対しては労りの言葉として「Get well. 」これは「良くなってね」という表現です。 別れのシーンでは「Mind yourself. 」「体に気をつけて」というように使います。 英語でも多くの表現の仕方があるので、その時に合わせて使えるフレーズをいくつか覚えておきましょう。 英語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その1……「Take care of yourself. 目上や上司にも使える「お体に気をつけて」 その2……「Look after yourself. 手紙やメールで使える「お体に気をつけて」……「May you keep in good health. 親しい友人に使えるフラットな「お体に気をつけて」……「Take care. 風邪の人に使える「お体に気をつけて」……「Take care of that cold. 病人を励ます時に使える「お体に気をつけて」……「We'll get through this together. くしゃみをした人に使う「お大事に」……「Bless you! 」「Gesundheit! 」 韓国語でも日本語とおなじように気遣いの言葉として使われている! 韓国語での意味も日本とあまり変わらず労りや心遣いの言葉として口にされている「お体に気をつけて」というフレーズ。 韓国語には「健康でいてね!」という意味合いが含まれています。 また「ご飯をきちんと食べてね~」の言葉も、韓国では「お体に気をつけてね」といいう意味として広く使われています。 韓国では挨拶がわりに「ごはん食べた?」と聞かれる方も多くいるので、もし「まだなんだ」なんていうと「だから元気ないんだよ~」という感じでおいしいごはんを食べたら健康になるよ!という想いが込められているようです。 韓国語での「お体に気をつけて」の使い方や文例• 「健康でいてね」という意味で使える…「건강 하세요. 」読み方は コンガン ハセヨ. 「お元気でね」という意味で使える…「잘 계세요. 」読み方は チャル ケセヨ. 「お体に気をつけて」という意味で使える「몸에 조심하세요. 」読み方は モメ チョシマセヨ. 「ごはん食べました?」という意味で使える「식사 했어요?」読み方はシクサ ヘッソヨ?• 「風邪に気をつけてください」という意味で使える「감기 조심하세요. 」読み方は カムギ チョシマセヨ.

次の

違和感のある「お体に気をつけて」意味・使い方を解説!

体調 に お気 を つけ て

「お体に気をつけて」の意味と使い方 相手の健康、体調を気遣う言葉 普段の生活において、夏の暑い時期や冬場の寒い時期などの挨拶には「体に気をつけてね」という気持ちを込めて、「お体に気をつけて(付けて)」という言葉を使いますよね。 ビジネスシーンにおいても、相手の体や体調を気遣う意味を込めて挨拶などの中で使います。 意味としては読んで字の如く「体に気をつけて欲しい」「健康でいて欲しい」という相手を気遣う、健康を祈る気持ちを表す意味となります。 「お体に気をつけて」の使い方 実際の使い方としては、年賀状やメール、手紙などの文末の締めの挨拶の中で、「まだまだ寒い日が続きます、お体に気をつけてお過ごしください」と使ったり、退職や転職をする方へのお別れの挨拶において「これからもお体に気をつけて、益々元気にご活躍ください」などといったように、「お体に気をつけて(付けて)」の前後に、「何故」体に気をつけるのか、体に気をつけて「どうする」のかなどの言葉を付けて、相手の健康や、体調を気遣う文章にして使います。 「体」と「身体」の違い 「体」は肉体を指す言葉として、「身体」は心を含めた身体全体の事を指します。 辞書では「体」は「頭から足までの全体。 身体」とあり、「身体」は「体」とあるので、意味としては同じになります。 そのためどちらを使っても問題はありませんが、一般的には常用漢字とされている「体」を使います。 「体調に気をつけて」との違い 「体」と「体調」の違いとしては、「体」は肉体を指し、「体調」は体の調子を指します。 一般的には年賀状やメール、挨拶などでは純粋に「体に気をつけて欲しい」という意味で「体」を使います。 一方、体調を崩している方へのお見舞いのメールや、お手紙、挨拶などには「体調」を使って、体の調子を心配する気持ちを表現する場合もあります。 「お体に気をつけて」を使う場面 年賀状やメール、手紙など 「お体に気をつけて(付けて)」を使う場面としては、年賀状で使用する際には、「お体に気をつけて、良い年をお過ごしください」というように、文末での締めの挨拶として使います。 同様にメールや手紙でも同様に締めの挨拶で使いますが、冬場に出す手紙などの場合は、「まだまだ寒い日が続きます、どうぞお体に気をつけてお過ごしください」というように表現します。 このように気候による体調の変化を気遣う文章は、一年を通して使えるフレーズですので、覚えておくと便利です。 退職や転職をする方への挨拶 口頭で使う場面としては、退職や転職などで現在の場所を離れる方へのお別れの挨拶の際、「これからもお体に気をつけてお過ごしください」というように、相手の体を気遣いながらエールを送る意味で使います。 「お体に気をつけて」の敬語表現 「お体に気をつけて」は敬語として使えるのか 「お体に気をつけて(付けて)」は「体に気をつけてね」という相手を気遣う気持ちを表した文章を「お体」と表現することにより、敬語表現にしたものです。 そのため目上の人に使っても失礼のない言葉と言えます。 目上の人に使う時 実際に目上の人に使う場合は、「どうぞ」や「くれぐれも」などを付けて、より気持ちを具体的に伝えるようにしましょう。 「どうぞお体に気をつけてお過ごしください」、「くれぐれもお体にお気をつけください」というように表現して使います。 年賀状やメール、手紙などで使う時 年賀状で使う場合は、文末での締めの挨拶に使います。 「今年もお体に気をつけて、お仕事に邁進されてください」や「今年もお体に気をつけて、健やかにお過ごしください」というように、今年一年健やかに過ごす事をお祈りする文章として使います。 メールや手紙などでも、文末の挨拶として使う事ができます。 「それではお体に気をつけてお過ごしくださいませ」や「くれぐれもお体に気をつけて、健康にお過ごしください」のように、前後に気持ちを明確にする言葉を付けて使います。 「お体に気をつけて」の類語 年賀状やメール、手紙で使える類語 年賀状やメール、手紙で使える「お体に気をつけて(付けて)」の類語としては、相手の体や体調に対する気遣いを込めて、健康を祈る意味の類語となります。 皆様のご健勝をお祈り申し上げます• ご自愛ください• 健康に留意してお過ごしください• お体大切にお過ごしください• お元気にお過ごしください 口頭で使える類語 口頭で「体に気をつけて欲しい」旨を伝える場合は、退院したばかりの人や、ご年配の方を気遣う意味でお声を掛ける際にも使う事ができます。 そのため「お大事にしてください」という言葉の類語にもなります。 お大事になさってください• ますますお元気でお過ごしください• 健康にご留意ください• 体調にはお気をつけください• どうぞお大事にお過ごしください 「お体に気をつけて」を使った例文 年賀状やメール、手紙で使える例文 年賀状やメール、手紙で使える例文としては、相手を気遣う気持ちを表す言葉を前後に付けて、より明確な気持ちを具体的に表現して使います。 今年もどうかお体に気をつけて、良い一年をお過ごしください• くれぐれもお体に気をつけて元気にお過ごしください• 充分にお体に気をつけて、健康にお過ごしください• どうぞ皆様お体に気をつけて、健やかな毎日をお過ごしください• 何卒お体にお気をつけください 口頭で使える例文 口頭で使う場合は、言い方に気をつけて熱意を込めてストレートに表現すると、目上の人にも使える文章になります。 但し、気軽に声をかけることの出来ない目上の方や、重要な取引先の方に対しての挨拶としてはこの限りではありませんので注意が必要です。 お体に気をつけてお過ごしくださいね• くれぐれもお体にお気をつけください• 充分にお体に気をつけてください• 皆さんお体に気をつけて毎日を元気に過ごしてください• お体に気をつけて、風邪などひかないように過ごしてくださいね まとめ 相手の健康や体調を気遣う「お体に気をつけて(付けて)」の意味や使い方、類語や例文を見てまいりました。 相手を気遣うという意味で、前後に付ける言葉に留意して使えば、目上の人にも使える言葉です。 年賀状やメール、手紙だけでなく、口頭で使う場合にも色々な言い方で表現できる事もわかりました。 ビジネスシーンにおいては、取引先への年賀状や暑中見舞い、メールや書面でのやり取りで多く使われている言葉です。 また退職や転職をされる方へのお別れの挨拶でも使う機会の多い言葉です。 ビジネスマンとしても人間としても、相手を気遣うための表現方法は多く持っている事に越した事はないですよね。 相手の健康や体調を気遣い、更に活躍して欲しいという願いを込めて「お体に気をつけて(付けて)」という言葉が、自然と心から溢れ出てくる人間になりたいものです。

次の

「お体に気をつけて」のビジネスでの使い方。例文や言い換え、返事の仕方も紹介|MINE(マイン)

体調 に お気 を つけ て

「お体に気をつけて」の意味 「お体に気をつけて」は他人の健康を気遣う言葉 「お体に気をつけて」は、 相手の健康を気遣う言葉です。 「気をつける」は「ある物事を心にかけること」を意味します。 「お体に気をつけて」は「体に注意を払ってほしい」「健康でいてほしい」という意味になります。 相手の体調を気遣ったり、健康を祈っている気持ちが込められています。 「お体」と「お身体」の違い 「お体」も「お身体」もどちらも「 おからだ」と読みます。 「体」は「頭から足まで、肉体全体」、「身体」は「肉体だけではなく、心も含めたもの」を意味します。 「体」は「肉体全般」を表していますが、「身体」は「 肉体だけではなく心」を表します。 「お身体」とすると、「心も体も」という意味になります。 細かい違いはありますが、ほとんど意味は同じです。 「体」でも「身体」でも大きな違いはありません。 どちらを使っても特に問題はありませんが、一般的には「お体」を使います。 「体調に気をつけて」との違い 「体」は「肉体」を意味しているのに対して、「体調」は「からだの具合、状態」を表します。 「お体に気をつけて」は相手を気遣ったり、健康を祈るために使う表現なのに対して、 「体調に気をつけて」は実際に体調を崩していたり、怪我をしている人を心配する場合に使う表現です。 「お体に気をつけて」は必ずしも相手が病気だったり怪我をしているという訳ではありませんが、「体調に気をつけて」は本当に体調を崩している人に使います。 ただ「お体に気をつけて」も「体調に気をつけて」も、相手の体を気遣う表現なので、同じように使われています。 「お体に気をつけて」の使い方と敬語 「お体に気をつけて」は上司などには使えるが丁寧さに欠ける 「お体に気をつけて」には丁寧を意味する接頭語「お」が就いているので、正しい敬語表現となります。 よって、「お体に気をつけて」は目上の人に対し使える表現です。 しかし、「お体に気をつけて」だけでは少しフランクな印象になってしまいます。 親しい上司などに対してはよいでしょうが、お客様や取引先に対しては、 ・お体に気をつけてください ・どうかお体に気をつけてください ・くれぐれもお体に気をつけてくださいませ などとより丁寧な表現を使いましょう。 「お体にお気をつけて」は二重敬語ではなく正しい敬語 「お体にお気をつけて」という表現は「お」が2回使われているので二重敬語ではないか?と思う方もいるかもしれませんが、正しい敬語になります。 二重敬語とは1つの動詞に対して同じ種類の敬語が複数かかってる状態を言います。 「お体」の「お」は丁寧語、「お気をつけて」の「お」は尊敬語です。 敬語の種類も違いますし、敬語がかかってる語も異なりますので、明らかに二重敬語にはあたりません。 「お体にお気をつけて」も正しい敬語表現となります。 「お体に気をつけて」は年賀状や手紙、メールの結びの言葉 「お体に気をつけて」は年賀状や手紙、メールにおいて結びの言葉として用います。 例えば、「お忙しいとは存じますが、お体に気をつけてください」などと、文末の締めの挨拶で使うことができます。 手紙だけではなく年賀状においても「お体に気をつけて、素晴らしい一年をお過ごしください」と使えます。 最後に 「お体に気をつけて」と入れることで、相手の体への配慮を示すことができます。 「お体に気をつけて」は春であっても冬であってもいつでも使うことができます。 「お体に気をつけて」の前後には、その季節に合った言葉や相手を気遣う表現を述べます。 例文 ・まだまだ寒い日が続きますので、お体に気をつけてお過ごしください。 ・今年もどうかお体に気をつけて、充実した一年をお過ごしください。 ・寒暖の差が激しいですが、くれぐれもお体に気をつけてくださいませ。 「お体に気をつけて」は退職や転職、異動する人に対しても使う 「お体に気をつけて」は退職や転職、異動する人に対して使うこともできます。 例えば、退職する人に「これからもお体に気をつけてください。 新天地でのご活躍をお祈り申し上げます」などと使います。 「お体に気をつけて」を使う場合は、体に気をつけなくてはいけない理由や、体に気をつけてどうしてほしいかなどを述べます。 そうすることで、相手の体調を気遣ったり、健康を祈ります。 体調を気遣うだけではなく、「これからも頑張ってください」と相手のことを応援している気持ちも込められます。 退職する人や、異動する人に対してのお別れの挨拶として「お体に気をつけて」を使う場合は、話し言葉として用いることができます。 手紙やメールにおいても使えます。 例文 ・これまで大変お世話になりました。 今後もお体に気を付けて頑張ってください。 ・これまでご指導いただき本当にありがとうございました。 くれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。 お体に気をつけて、新天地でご活躍されますようお祈り申し上げます。 「お体に気をつけて」はお見舞いでは使わない 入院している方のお見舞いなど、すでに体調が悪い人・怪我をしている人に対して「お体に気をつけて」は使いません。 「お体に気をつけて」は、今後体調を崩さないように気遣う言葉です。 お見舞いの言葉には下記のような表現があります。 お見舞いの言葉の例 ・一日でも早いご回復をお祈りいたします ・ご無理をなさらず、くれぐれもご静養なさますようお願い申し上げます ・一日でも早く快方に向かわれますようお祈りいたします ・お体の回復を第一に、ご無理をなさらずご養生ください ・焦らず、この機会にゆっくりとご静養ください 「お体に気をつけて」に対する返信・返事 まずお礼を述べる 「お体に気をつけて」に対する返信・返事は、お礼を言ってから相手の健康を気遣う言葉を述べます。 「お体に気をつけて」を言われた場合、まず「 お気遣いありがとうございます」とお礼を述べます。 相手は自分のことを思って「お体に気をつけて」と言っているので、そのことに対して感謝の気持ちを述べるのが適します。 単に「ありがとうございます」と述べるよりも、「お気遣いありがとうございます」と言った方が、相手に対して感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 その後に相手の健康を気遣う お礼を述べた後は、相手の健康を気遣う言葉を述べます。 「お体に気をつけて」の類語 ご自愛ください 「ご自愛ください」は「 ごじあいください」と読みます。 「ご自愛ください」は「 あなた自身の体を大事にしてください」という意味です。 「あまり無理しないでください」「健康でお元気にいてください」という意味合いが含まれている、相手の健康を気遣う表現です。 「〜なのでご自愛ください」「〜の折りご自愛ください」といった形で、手紙やメールの末尾で、相手の健康を気遣う結びの言葉として使われます。 「ご自愛ください」はいつでも使うことができる表現ですが、前後にその季節にあった言葉を入れる必要があります。 「ご慈愛ください」と表すのは間違いなので注意してください。 また「お体に気をつけて」と同様、すでに体調を崩している人には使えません。 例文 ・風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛ください。 ・これからも暑い日が続きますので、体調を崩されませんようご自愛ください。 お体お大事になさってください 「お体大事になさってください」は「 体を大切にしてください」という意味です。 「お体お大事になさってください」は、体調を崩している相手を気遣う表現になります。 「怪我や病気が早く治るように祈っています」と健康を祈る気持ちが含まれています。 「お体お大事になさってください」は健康な人ではなく、病気の人や怪我をしている人など体調が悪い人に対してのみ使います。 病院などでも診察が終わった後、お医者さんが「お大事に」と声をかけてくれますよね。 「お大事に」だけでは丁寧さに欠けるので、「お大事になさってください」と省略せずに使います。 例文 ・入院されたと聞いて大変驚いております。 ご無理なさらず、お身体お大事になさってください。 ・ご病状はいかがでしょうか。 まだまだ寒い日が続きますが、お体お大事になさってください。 お体にはご留意ください 「ご留意ください」は「気に留めて欲しい、気にして欲しい」という意味です。 「留意」は「ある物事を気にかけて気を配ること」を意味します。 「ご留意ください」とすると「心にととどめて、気にかけてください」と相手にお願いする表現となります。 「お体にはご留意ください」は 健康を気に留めて欲しい、体調を気にして欲しい」という意味になります。 「お体にはご留意ください」は相手の健康を気遣います。 非常に丁寧な表現のため、目上の相手に対して使うことができます。 例文 ・季節の変わり目で暑い日が続いておりますので、くれぐれもお体にはご留意ください。 ・お忙しいとは存じますが、どうかお体にはご留意ください。 ご健勝をお祈り申し上げます 「ご健勝」は「 ごけんしょう」と読みます。 「ご健勝をお祈り申し上げます」は「 健康であることをお祈りします」という意味です。 「ご健勝」は「体調が優れていて、健やかであること」という意味で、相手の健康を気遣ったり願う言葉です。 「ご健勝お祈り申し上げます」は、手紙やメールの結びの言葉として用います。 個人の健康を気遣う言葉なので、企業や団体に対しては使うことができません。 例えば、「御社におかれましてはご健勝のこととお祈り申し上げます」と使うのは間違いです。 例文 ・皆様のますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 Please look after yourself. (イギリス英語) 「 Please look after yourself. 」という表現もあります。 これは主にイギリス英語で使われる表現で、米国ではあまり使われません。 Stay safe! 「Stay safe! 」という表現もあります。 この「stay」は「滞在する」という意味ではなく、形容詞と一緒に使い「 〜のままでいる」という意味です。 有名なフレーズに、スティーブ・ジョブズ氏の「Stay hungry. Stay foolish. (貪欲であれ。 馬鹿であれ)」がありますよね。 この「stay」も同じ用法です。 「hungry」「foolish」はともに形容詞です。 「Stay safe」の直訳は「安全であれ」で、「安静にしてください」というニュアンスになります。

次の