トイレ スッポン 使い方。 トイレが詰まった時の対処法は?スッポンの使い方とアフターケアは?

トイレつまりはスッポンで解消!使い方のコツやお手入れ方法を紹介|生活110番ニュース

トイレ スッポン 使い方

ラバーカップを選ぶポイント 用途に合った形状を選ぶ ラバーカップは用途によって形が異なります。 100均で販売されているような半円のようなタイプは、台所の排水口やトイレの和式用のラバーカップです。 洋式用トイレの場合は少し形が変わります。 通常のラバーカップの底に小さいカップがついたような形になっているのが洋式用トイレ用のラバーカップです。 通常のタイプでも使うことができますが、専用の方が悩み解消をする確率が高いのでおすすめです。 トイレで使う場合にはサイズに注意する 小さいタイプから特大サイズまであるので、使いたい場所にサイズが合ったものを選ぶと良いでしょう。 特にトイレの詰まり解消に使う場合は、柄が短すぎると手に水が触れてしまう可能性があるので注意が必要です。 カバーがあると常備しやすい 出典: 100均で購入した場合は、使い捨てにしても良いかもしれませんが、価格が高い商品もあるので一回使って捨てるのはもったいないですよね。 そこでおすすめなのがカバーが付いているタイプのラバーカップです。 何度使ってもカバーをして収納できるので、必要なときに出して使うことができます。 グリップ付きがおすすめ 持ちやすさは作業をするのにとても大切です。 持つ部分にグリップがついていたり、握りやすくなっているデザインのものもあります。 商品によって持ち手の部分の長さも異なるので、自分の持ちやすいタイプを使うと効率的に作業をすることができます。 ラバーカップの使い方 洋式トイレが詰まったときのラバーカップの使い方を紹介します。 STEP1:ラバーカップを押し込む ラバーカップをトイレの排水口に向かって中心部分が凹むまでゆっくり押し込みます。 STEP2:引っ張る ラバーカップを引っ張って、何度か押し込んでは引っ張る作業を繰り返します。 どうしてもトイレの詰まりが解消しない・硬いものなどを詰まらせたという場合は、業者に頼んで修理をすることになります。 ラバーカップをうまく使ってトイレの詰まりを解消させましょう。 ラバーカップを代用する方法 ラバーカップが無いという場合でも家にあるもので代用できれば、もしものときにも助かります。 代用として使えるものはペットボトルです。 ペットボトルの底をカットして、便器に突っ込んで使えば代用することができます。 ラバーカップでの作業よりも手間はかかりますが、家にあるもので解消できるのは嬉しいですね。 ラバーカップの保管方法 ケースが付いていない場合の保管方法をご紹介します。 STEP1:洗う 使ったラバーカップを洗い、アルコール除菌スプレーなどをかけて清潔な状態にします。 STEP2:干す 雑菌が繁殖するのを防ぐために、天日干しをします。 水滴が残らないよう、しっかりと乾かしましょう。 STEP3:ビニール袋に入れる 乾いたラバーカップをビニール袋に入れて袋を縛って収納します。 ラバーカップのおすすめ7選.

次の

トイレつまりはスッポンで解消!使い方のコツやお手入れ方法を紹介|生活110番ニュース

トイレ スッポン 使い方

トイレのすっぽんの使い方 トイレのすっぽんは、「 ラバーカップ」という名称で呼ばれています。 その他、すっぽん、通水カップなど、英語ではプランジャーとも呼ばれています。 種類は大きく分けて、和式便器用と洋式便器用があります。 和式用は、先端のゴム部分がお椀型、洋式用は先端のゴム部分のお椀型に出っ張った突起があります。 サイズは、大中小、またSなどの表記がメーカーそれぞれにありますが、これはお椀型のゴム部分のサイズであり、洋式用についている突起部分のサイズは変わりません。 ラバーカップを効果的に使うには、いかにトイレの排水口にいかに ラバーカップのゴム部分を密着させるかにかかってくるので、トイレの 排水口のサイズにぴったりあったものを使うことがポイントです。 詳しくはこ地らの動画をご覧下さい。 ラバーカップの使い方が詳しく解説されてあります。 ラバーカップを使う前に、便器内に水が溜まっている場合、そのままの状態で行うと水が溢れ出る可能性があります。 バケツを用意し、水は減らしておきましょう。 ラバーカップのお椀部分がギリギリ水に浸かっているくらいが理想的です。 水が多い時は減らし、また少なすぎる時は足しましょう。 また作業中、汚水が飛び散る可能性があるので、便器の周りに雑巾やビニールシートを敷いておきましょう。 便器の上もビニールで覆い、真ん中に穴をあけて、そこからラバーカップを通して作業すると汚水の飛び散りを防げます。 準備ができたら、まず、ラバーカップの先端部分を排水口と平行になるようにくっつけ、排水口にフィットさせます。 うまくフィットしない時は、サイズが合っていない可能性があります。 効果的に使うには、真空状態を作ることが重要です。 ゴム部分を水に浸しながら、排水口との隙間を減らし、ラバーカップとの密着度を高めていきます。 静かにゆっくり行いましょう。 ゴム部分が水に浸かっていることを確認したら、排水口に対し、ラバーカップを垂直にたててゆっくり真下に押します。 これ以上押せない真空状態を確認したら、勢いよく力を入れて引っ張ります。 これを4~5回繰り返しましょう。 たまっていた水がごぼごぼと音をたててスーッと引き出したら、詰まりが解消されたサインです。 詰まっていたものが出てきたら、流さず取り出しましょう。 取り出したら、バケツに用意した水を使って流してみましょう。 スムーズに流れるのが確認できたら、トイレタンクからの水で流してみましょう。 これで完了です。 トイレの詰まりがどうしても直らない場合 上記のト解消法を試しても、トイレの詰まりが解消されない場合は、プロに依頼する事をお勧めします。 無理やり詰まりを直そうとしてしまって、更に悪化させてしまったという事例も少なくありません。 プロに依頼する場合は、無料で見積もりが取れて、出張費が掛からない業者さんに依頼するのが良いでしょう。 こちらの業者さんは、見積もりも出張費も無料で、土日祝日も対応しており、全国対応しているので、おススメです。 直してもらうかどうかは別として、ひとまず相談だけしてみるというのも一つの手ですよ。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回 トイレのすっぽんの効果的な使い方から保存方法までをご紹介しました。 トイレのすっぽんを効果的に使うためには、和式、洋式、ともに排水口にしっかり密着させて、 真空状態を作り出すことがポイントです。 また、 詰まりを「引っ張る」というイメージが大切です。 そしてすっぽんは、使い終わったら、水でキレイに洗い流して、しっかり乾かして保存しておきましょう。 そうする事で、すっぽんも長持ちします。 是非試してみて下さいね。 今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の

トイレのスッポン(ラバーカップ)の正しい使い方と詰まりを直すコツとは!?

トイレ スッポン 使い方

トイレのすっぽんの使い方 トイレのすっぽんは、「 ラバーカップ」という名称で呼ばれています。 その他、すっぽん、通水カップなど、英語ではプランジャーとも呼ばれています。 種類は大きく分けて、和式便器用と洋式便器用があります。 和式用は、先端のゴム部分がお椀型、洋式用は先端のゴム部分のお椀型に出っ張った突起があります。 サイズは、大中小、またSなどの表記がメーカーそれぞれにありますが、これはお椀型のゴム部分のサイズであり、洋式用についている突起部分のサイズは変わりません。 ラバーカップを効果的に使うには、いかにトイレの排水口にいかに ラバーカップのゴム部分を密着させるかにかかってくるので、トイレの 排水口のサイズにぴったりあったものを使うことがポイントです。 詳しくはこ地らの動画をご覧下さい。 ラバーカップの使い方が詳しく解説されてあります。 ラバーカップを使う前に、便器内に水が溜まっている場合、そのままの状態で行うと水が溢れ出る可能性があります。 バケツを用意し、水は減らしておきましょう。 ラバーカップのお椀部分がギリギリ水に浸かっているくらいが理想的です。 水が多い時は減らし、また少なすぎる時は足しましょう。 また作業中、汚水が飛び散る可能性があるので、便器の周りに雑巾やビニールシートを敷いておきましょう。 便器の上もビニールで覆い、真ん中に穴をあけて、そこからラバーカップを通して作業すると汚水の飛び散りを防げます。 準備ができたら、まず、ラバーカップの先端部分を排水口と平行になるようにくっつけ、排水口にフィットさせます。 うまくフィットしない時は、サイズが合っていない可能性があります。 効果的に使うには、真空状態を作ることが重要です。 ゴム部分を水に浸しながら、排水口との隙間を減らし、ラバーカップとの密着度を高めていきます。 静かにゆっくり行いましょう。 ゴム部分が水に浸かっていることを確認したら、排水口に対し、ラバーカップを垂直にたててゆっくり真下に押します。 これ以上押せない真空状態を確認したら、勢いよく力を入れて引っ張ります。 これを4~5回繰り返しましょう。 たまっていた水がごぼごぼと音をたててスーッと引き出したら、詰まりが解消されたサインです。 詰まっていたものが出てきたら、流さず取り出しましょう。 取り出したら、バケツに用意した水を使って流してみましょう。 スムーズに流れるのが確認できたら、トイレタンクからの水で流してみましょう。 これで完了です。 トイレの詰まりがどうしても直らない場合 上記のト解消法を試しても、トイレの詰まりが解消されない場合は、プロに依頼する事をお勧めします。 無理やり詰まりを直そうとしてしまって、更に悪化させてしまったという事例も少なくありません。 プロに依頼する場合は、無料で見積もりが取れて、出張費が掛からない業者さんに依頼するのが良いでしょう。 こちらの業者さんは、見積もりも出張費も無料で、土日祝日も対応しており、全国対応しているので、おススメです。 直してもらうかどうかは別として、ひとまず相談だけしてみるというのも一つの手ですよ。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回 トイレのすっぽんの効果的な使い方から保存方法までをご紹介しました。 トイレのすっぽんを効果的に使うためには、和式、洋式、ともに排水口にしっかり密着させて、 真空状態を作り出すことがポイントです。 また、 詰まりを「引っ張る」というイメージが大切です。 そしてすっぽんは、使い終わったら、水でキレイに洗い流して、しっかり乾かして保存しておきましょう。 そうする事で、すっぽんも長持ちします。 是非試してみて下さいね。 今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の