格安 sim iphone ライン モバイル。 ドコモでiPhoneを使っている人が格安SIMに乗り換える方法

ドコモでiPhoneを使っている人が格安SIMに乗り換える方法

格安 sim iphone ライン モバイル

大雑把な流れは、最初に対応するiPhoneを用意して、格安SIMを申し込んで、最後に届いた格安SIMをiPhoneに入れて少し設定します。 注意点は設定をするときにWiFi接続が必要な点です。 設定時にWiFiさえつなぐことができれば、簡単にiPhoneで格安SIMを運用できます。 ドコモ、au、ソフトバンクのiPhoneを使っている場合、ほとんどの場合でそのiPhoneで格安SIMが使えます。 eSIM対応のiPhoneならやIIJmioのeSIMプランでも使うことが出来ます。 iPhoneを持っていない場合でも、最新最速のiPhone SE 第2世代なら4万4800円で買えます。 格安スマホと比較してもiPhoneは比較的手頃に入手できます。 上記はで音声通話は、データ通信はギガ使い放題ので運用している写真です。 普通に快適に使えます。 ここではiPhoneを格安SIMで使うのに必要な手順を、詳しく解説します。 iPhone 6以下の古いiPhoneを使っている場合は新しいiPhoneを購入してください。 iPhoneで格安SIMの目次• 全てはSIMロック解除から始まります。 SIMロックの解除はネットで10分くらいで出来ます。 もしSIMロック解除をせずに格安SIMに乗り越えたら、あとで超面倒な事になる可能性があります。 とにかくSIMロック解除です。 iPhone6s以上のモデルならSIMロックを解除できます。 iPhone6以下は捨てて新しいiPhoneをアップルストアで買ってください。 キャリアショップでiPhoneを分割払いで購入すると、100日経過後にSIMロックの解除ができます。 一括払いや、毎月の料金をクレジットカードで支払っている場合は購入即日からSIMロックの解除ができます。 UQモバイル、ワイモバイル、BIGLOBEモバイル、LINEモバイルのiPhoneもSIMロックの解除をします。 SIMロックを解除すると、、、、で使えます。 テザリングも普通にできます。 格安SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。 au回線の格安SIMのmineoまたはQTモバイルを選ぶ場合は、LTE用SIMだと使えない場合があるので、VoLTE用SIM マルチSIM を選びます。 アップルストアのiPhoneを持っている場合 アップルストアのiPhoneはSIMロックされていないので、最初から全ての格安SIMで使えます。 アップルストアのiPhoneは、、、で使えます。 テザリングも普通にできます。 格安SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。 Step1のケース2:iPhoneを持っていない&MVNOで買う場合 iPhoneはMVNOでセットで購入するか、新品はアップルストア、安い中古はヤフーショッピングやヤフオクなどで購入できます。 MVNOでセットで購入するメリットは簡単なことと間違えないことです。 デメリットはiPhoneをセットに販売しているMVNOが少ないことと、選べるiPhoneが限られていることです。 MVNO以外で買うメリットは全てのiPhoneから選ぶことができること、そして中古ならかなり安く手に入ることです。 デメリットは、適当に選ぶと格安SIMでは使えない組み合わせになっている場合があることです。 おすすめNo. 1:UQ mobile、iPhone7が1万8000円 UQモバイルでは手頃な価格で買えるiPhone7を販売しています。 iPhone7のUQ価格 ・32GB版:1万8000円 ・128GB版:2万8800円 UQ mobileでiPhoneを申し込むと格安SIMも一緒に届いて、あとは格安SIMを入れるだけです。 他の格安SIMだと構成プロファイルをインストールする必要があったりと、少しだけ難しいところがありますが、UQ mobileなら格安SIMを入れるだけで使えます。 超簡単です。 UQ mobileなら通信速度もとても速いので、快適に簡単にiPhoneを使うことができます。 おすすめNo. 2:OCNモバイルONE、通話SIMとセットで中古のiPhoneをかなり安く買える OCNモバイルONEでは中古のiPhoneを取り扱っています。 iPhone7からiPhoneXSまで幅広いiPhoneを扱っています。 OCNモバイルONEは、通話SIMとセットだと格安スマホを割引価格で買えるキャンペーンを行っています。 今なら初期費用込みで・・ ・Redmi Note 9S;実質1万9353円 税込 ・OPPO Reno3 A:実質2万7713円 税込 ・ZenFone Max M2:実質1万5173円 税込 さらに他社からの乗り換えなら上記の価格から5500円引きになります。 おすすめNo. iPhoneの価格はUQモバイルよりも少し高いくらいですが、人によっては割引が適用されずかなり割高な価格になる場合があります。 詳細は下記にまとめているので参考にしてみてください。 5の付く日に申し込むとPayPayがたくさんもらえるキャンペーンをしています。 公式サイトで申し込むと事務手数料3300円が無料、アウトレットやタイムセールで格安スマホをかなり安く買えます。 ワイモバイルは速度も超速く、Yahooショッピングの買い物が相当お得に使えるようになります。 おすすめではない:LINEモバイル、iPhone7が4万800円 割高すぎる LINEモバイルの価格 ・iPhone7の32GB版:4万800円 ・iPhone7の128GB版:4万6800円 ソフトバンク回線を申し込む場合にiPhone7を購入できますが割高すぎです。 LINEモバイルで新しいiPhoneが必要なら、アップルストアでiPhone SE 第2世代を買って、LINEモバイルではSIMのみ申し込んで使うのがおすすめです。 LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。 さらに最大1万円相当 実質7300円相当 のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。 キャンペーン終了日は未定です。 Step1のケース3:iPhoneを持っていない&MVNO以外で買う場合 iPhoneは格安SIMとセットで申し込むと簡単で確実ですが、選べる格安SIMやiPhoneが限られてしまいます。 自由にiPhoneを選びたい場合は、でiPhoneを購入するのが一番おすすめです。 安くiPhoneを手に入れたい場合は、やヤフオク等でSIMロック解除済みの中古のiPhone6s以上を検討してみてください。 上記のiPhoneなら、、、、で使えます。 テザリングも普通にできます。 格安SIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。 中古のiPhoneを購入する場合、「iPhoneを探す」機能がONになっているとろくでもないことが発生するので、「iPhoneを探す」機能がOFFになっているiPhoneを購入してください。 を一通り確認しておけば、ヤフオクで落札したからといってひどい目に会うことはほとんどないです ただし自己責任でお願いします。 おすすめのiPhoneは? アップルストアで4万9800円で買えるSIMフリーのの128GB版が一番おすすめです。 iPhoneの中でコスパ最高です。 よくわからないなら、これを選んでおくのが鉄板です。 電池持ちを最重視する場合は、少し重くなりますがiPhone 11がおすすめです。 iPhoneでカメラ性能を最重視する場合は、広い範囲を撮れる超広角レンズと、遠い風景をズームできる望遠レンズを搭載しているiPhone 11 Proを検討してください。 Step2 格安SIMを申し込む eSIM対応のiPhoneの場合:楽天モバイルのアンリミットの利用を検討する eSIM対応のiPhoneを使うなら、のeSIMを利用することをおすすすめします。 eSIM対応のiPhone:iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MAX、iPhone SE 第2世代 楽天アンリミットは先着300万人まで1年間無料でギガ使い放題でネットが出来ます。 パートナーエリアだと月5GB&低速1Mbps。 2年目は月2980円になりますが、楽天アンリミットの使い勝手がいい場合は、楽天に完全に乗り換えるのがアリな感じです。 eSIM経由でデータ通信ができるので、今使っているスマホ会社のギガを消費せずにネットが使えるので、今使っているスマホ会社の料金プランを一番安いプランに変更できます。 事前準備:携帯電話 スマホ の電話番号をそのまま使い続けたい場合 今のスマホやガラケーの電話番号を格安SIMで使いたい場合は、格安SIMを申し込む前にMNP予約番号を手に入れます。 MNPをする場合はいくつか注意点があるのでMNP予約番号の入手の仕方を含めて下記を参考にしてください。 携帯電話やスマホを持っていない人、新しい電話番号でもかまわない人、データ専用で運用したい人は、MNP予約番号は必要ありません。 格安SIMを選んで申し込む SIMロック解除済みのiPhoneなら全ての格安SIMで使えます。 下記でキャンペーンでお得に使える格安SIMをまとめているので参考にしてみてください。 通信速度を重視する場合は、も合わせて参考にすることをオススメします。 それぞれの格安SIMのざっくりとしたサービス内容の特徴はでもまとめています。 iPhoneXR以上だとパートナーエリアでSMSを使うには必要があります。 通話SIMとデータSIMの選択 MNPで番号を移行する人、または新しく携帯電話の電話番号がほしい人は、通話SIMを選びます。 電話番号はいらない人はデータSIMを選びます。 通話SIMを申し込む場合は、本人確認書 運転免許証、健康保険、パスポート等 をスマホ等で撮ってアップロードする必要があります。 MNPをする人は、それに加えてMNP予約番号の入力が必要です。 データSIMを選ぶ場合は、SMSに対応したデータSIMを選ぶことをオススメします。 通話SIMかデータSIMか悩んだ場合は、自宅に電話がない場合は通話SIMを選ぶのが無難です。 データSIMの場合は110番や119番が使えないので、緊急時に非常にマズイことになります。 参考記事: SIMのサイズ 格安SIMの申込み時にSIMのサイズの指定が必要になります。 間違えると面倒なことになるので、間違わないようにしましょう。 iPhoneのSIMのサイズはナノSIM、またはマルチSIMです。 VoLTE用SIMと書いてある場合もあります。 au回線の格安SIMのmineoとQTモバイルだけ、LTE用SIMがありますが、これは選んではいけません。 Step3 格安SIMをiPhoneに設定する 格安SIMがなくても、iPhoneが準備できたらできるところまで進めておきましょう。 iPhoneを起動して下準備 基本的な設定やデータ移行など をする 初めてiPhoneを使う場合や、今まで使っていたiPhoneを買い換える場合は、まず最初に格安SIMで使うのに用意したiPhoneを起動して下準備をしておく必要があります。 詳しいやり方は下記のページで記載しています。 ただし、格安SIMが届くまで新しいiPhoneで通話やデータ通信はできません 2. 格安SIMカードをiPhoneに挿入する 格安SIMが届いたら、SIMカードをiPhoneに挿入します。 今回はiPhone SE 第2世代にIIJmioのSIMカードを入れてみました。 ピンをiPhoneの横にある小さい穴に押し込むと、SIMスロットが取り出せるようになっています。 ピンがない人は、ペーパークリップで代用できます。 SIMカードをSIMスロットにセットして、iPhoneに挿入します。 するとiPhoneは下記のように表示されます。 数秒だけ圏外と表示された後に、docomo表示になりました。 それから10秒くらいすると下のように変わります。 を参考にしてください。 docomo 4Gと表示されます。 ネットにつながった?と思ってSafari等を起動すると下記のエラーメッセージが出てきます。 データ通信機能を起動できませんでした PDP認証に失敗しました ドコモの電波は拾ったけど、設定がおかしい!というメッセージです。 このままだとデータ通信ができないのでネットもできません。 プロファイル APN というものをiPhoneにインストールするとデータ通信ができるようになります。 プロファイル APN をiPhoneにインストールには、iPhoneがネットにつながっている必要があります。 そのため、まず最初にiPhoneにWiFiを設定してあげる必要があります。 WiFiを設定する 設定する上で、ひっかかる場所があるとしたらここです。 格安SIMをiPhoneに設定するにはWiFiが必要です。 家に無線LANがある人なら、それを使いましょう。 家に無線LANがない場合は、家族や知人のスマホをテザリングしてもらって、それを経由してWiFiの設定をすることができます。 よくわからない人は、スマホを持っている人に、テザリングの仕方知ってる?と聞いてみてください。 知っている場合は、WiFiの設定をしてくれると思います。 家に無線LANもなく、近くにテザリングをしてくれる人もいない場合は、セブンイレブンです。 セブンイレブンに無料の無線LANが設置されている場合があります。 セブンイレブンの無料の無線LANを使うには、事前にユーザ登録が必要なので、ネットが使えるうちにユーザ登録をしておきましょう。 無線LANが使えるセブンイレブンが近くにない場合、スターバックスでも同じようなサービスを行っています。 他にもやっていそうなところがあると思うので、事前にWiFiのあてをつけておいてください。 セブンスポットを含めた無料のWi-Fiについてはで詳しく解説しているので、そちらも参考にしてみてください。 プロファイル APN をiPhoneにインストールする 届いた格安SIMの中に設定ガイドみたいな用紙が入っているので、それにしたがって設定するだけです。 今回はドコモのiPhone 5sとIIJmioのタイプDの格安SIMを使って設定します。 他の格安SIMやiPhoneでも基本的に同じやり方になります。 iPhoneをWiFiでつなげて、サファリを起動します。 格安SIMごとにインストールするプロファイルは異なるので、自分の格安SIMの利用ガイドに記載されているプロファイルをダウンロードしましょう。 格安SIMの名前 楽天モバイルとかIIJmio等 プロファイル iPhoneで検索すれば出てくると思います。 au系の格安SIM、UQ mobile、IIJmioのタイプA、mineoのauプランのプロファイルだけ迷う場合があるので、下記をインストールしてください。 下記はIIJmioのタイプDの例になりますが、格安SIMなら基本的に流れは同じです。 iPhoneをWiFiでつなげて、サファリを起動する 2. にアクセスする 3. 構成プロファイルをダウンロードする 4. 以下、画像と一緒に説明 構成プロファイルをダウンロードしたら、iPhoneの設定からプロファイルをインストールします。 これで格安SIM経由でネットができるようになっているので、WiFiの接続を切って試してみてください。 以上、iPhoneで格安SIMを使うための完全ガイドでした。 もしこれでもデータ通信や電話ができない場合は、他社からMNPで乗り換えている場合で、開通手続きをし忘れている場合もあるので確認してください。 格安SIMを使ったiPhoneだと無料でテザリングができる 格安SIMで運用しているiPhoneでもテザリングができます。 別途申し込んだり、追加で料金が取られることなく無料でテザリングが使えます。 テザリング中ということで青いバーが上のほうに出てきて、問題なくテザリングができました。 eSIM対応のiPhone 11シリーズ、XR、XS、XS Max、SE第2世代なら、eSIMで楽天モバイルとIIJmioを便利に使える eSIMに対応しているiPhone 11シリーズ、XR、XS、XS Maxなら、eSIMでSIMカードの抜き差しなしで、楽天モバイルのアンリミットとIIJmioのeSIMプランが使えます。 eSIMで楽天モバイルのギガ使い放題が使える 楽天モバイルのeSIMなら先着300万人まで1年間無料でギガ使い放題です。 eSIM対応のiPhoneに楽天アンリミットのeSIMを設定して使うことが出来ます。 楽天アンリミットなら音声通話もできます。 パートナーエリアで楽天アンリミット経由でSMSを使うにはパソコンで設定する必要がありますが、DSDSで他社のSIMカードを入れていれば、パートナーエリアでも他社のSIMカード経由でSMSの送受信ができます。 eSIM対応のiPhoneを使っている場合は、楽天モバイルのeSIMを使わないと結構もったいないです。 eSIM対応のiPhoneを使っている場合は、eSIMに楽天アンリミットを設定して使うことをオススメします。 2年目は月2980円になりますが、楽天アンリミットの使い勝手がいい場合は、楽天に完全に乗り換えるのがアリな感じです。 楽天モバイルでは本人確認手続きが必要なため、eSIMを申し込んでもその場ではすぐに使い始めることはできません。 初回は郵送で本人確認用のQRコードが送られてきて、そのQRコードをiPhoneで読み込んでログインすればeSIMが使えるようになります。 eSIMでIIJmioのデータ通信がすぐに使える eSIMに対応しているiPhoneなら、ネット経由で設定を書き込むことができるので、IIJmioのeSIMプランを契約するとすぐにIIJmioのeSIMプラン経由でデータ通信ができます。 他にはIIJmioは月1520円で6GB使えるeSIMプランも提供しています。 IIJmioのeSIMプランの詳細は下記に記載しているので参考にしてみてください。 音声通話やSMSはできません。 1インチ Liquid Retina HD 5. 8インチ Super Retina HD 6. 5インチ Super Retina HD 4. 7インチ Retina HD 背面カメラ 広角1200万画素 F値1. 4 広角1200万画素 F値1. 8 前面カメラ 前面1200万画素 F値2. 2 前面700万画素 F値2. 2 電池持ち 動画17時間 動画18時間 動画20時間 動画13時間 サイズ 150. 9 x 75. 7 x 8. 0 x 71. 4 x 8. 0 x 77. 8 x 8. iPhone 11はiPhone XRと比べて最大1時間長いバッテリー駆動時間、iPhone 11 ProはiPhone XSより最大4時間、iPhone 11 Pro Maxは最大5時間長いバッテリー駆動時間になっています。 カメラ性能は超広角1200万画素 F値2. 4 が加わり、広い範囲の写真が撮れるようになりました。 ProとPro Maxの望遠レンズの性能がアップしました。 前面カメラも1200万画素の高画素にアップしました。 防水性能も前モデルよりもアップしています。 iPhone SE 第2世代 は外見はiPhone8ですが、CPUがiPhone 11と同じくA13 Bionicを使っています。 iPhone SE 第2世代 は顔認証には対応していませんが、指紋認証には対応しています。 アップルストア 64GB 128GB 256GB 512GB iPhone 11 7万4800円 7万9800円 9万800円 iPhone 11 Pro 10万6800円 12万2800円 14万4800円 iPhone 11 Pro Max 11万9800円 13万5800円 15万7800円 4万4800円 4万9800円 6万800円 ヤフーショッピングだとポイントがたくさんもらえます。 8インチ Super Retina HD 6. 5インチ Super Retina HD 6. 1インチ Liquid Retina HD 背面カメラ 広角1200万画素 F値1. 4 広角1200万画素 F値1. 8 前面カメラ 前面700万画素 F値2. 2 電池持ち ネット12時間、動画14時間 ネット13時間、動画15時間 ネット15時間、動画16時間 サイズ 143. 6 x 70. 9 x 7. 5 x 77. 4 x 7. 9 x 75. 7 x 8. iPhone Xと比べて、iPhone XSは電池持ちが最大30分、XS Maxは最大1. 5時間長くなりました。 iPhone 8 Plusと比べて、iPhone XRは最大1. 5時間電池持ちが良くなっています。 カメラ性能のスペックはiPhone Xとあまり変わりませんが、A12 Bionicチップの強力なISPにより、実際のカメラの実性能はかなり上がっているようです。 アップルストア 64GB 128GB 256GB 512GB iPhone XR 6万4800円 6万9800円 ヤフーショッピングだとポイントがたくさんもらえます。 39GHz RAM 2GB 3GB ROM 64GB、256GB Antutuスコア 約250,000 ディスプレイ 4. 7インチ 5. 5インチ 5. 8インチ 背面カメラ 1200万画素 F値1. 8 広角1200万画素 F値1. 8 広角1200万画素 F値1. 4 前面カメラ 前面700万画素 F値2. 2 電池持ち ネット12時間、動画13時間 ネット13時間、動画14時間 ネット12時間、動画13時間 サイズ 138. 3 x 67. 1 x 7. 4 x 78. 1 x 7. 6 x 70. 9 x 7. ワイヤレス充電にも対応しました。 iPhone Xは画面上部に凹凸があるノッチ付きのベゼルレスのスタイルになり、ホームボタンと指紋認証が廃止され顔認証を搭載しました。 LITTLE 2. 33GHz RAM 2GB ROM 32GB、128GB、256GB Antutuスコア 約180,000 ディスプレイ 4. 7インチ 5. 5インチ 背面カメラ 1200万画素 F値1. 8 広角1200万画素 F値1. 8 前面カメラ 700万画素 F値2. 2 電池持ち ネット12時間、動画13時間 ネット13時間、動画14時間 サイズ 138. 3 x 67. 1 x 7. 2 x 77. 9 x 7. カメラも全モデルで光学手ぶれ補正に対応して、カメラのF値が1. 8に向上したので、暗いところでも綺麗に写真を撮りやすくなりました。 CPUの性能的には前モデルのiPhone 6sシリーズよりも少しアップしたくらいであまり変わらないのですが、省エネ性能が良くなったので、電池持ちがiPhone 7シリーズからざっくり2割アップしました。 85GHz RAM 2GB ROM 16GB、32GB、64GB、128GB Antutuスコア 約150,000 ディスプレイ 4. 7インチ 5. 5インチ 4インチ カメラ 1200万画素 F値2. 2 電池持ち ネット10時間、動画11時間 ネット12時間、動画14時間 ネット13時間、動画13時間 サイズ 138. 3 x 67. 1 x 7. 2 x 77. 9 x 7. 8 x 58. 6 x 7. 一般的な人なら、あと2年くらい使えます。 iPhone6sがここまで長く使える理由は、前モデル iPhone 6 から性能が超大幅アップしているためです。 CPUの性能も大幅アップしていますが、それ以上に重要なのがRAMです。 RAMが1GBから2GBに増えて、より高性能なLPDDR4というメモリになりました。

次の

LINEモバイルの格安SIMカードの評判・利用レポート

格安 sim iphone ライン モバイル

格安SIM会社のキャンペーン 公式確認済み Yahoo! キャンペーン詳細は 公式確認済み 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 詳しいキャンペーン情報は キャリア版を購入しても格安SIMで使うことは可能だけど、場合によってはSIMロック解除も必要になるから、iPhone SE2をキッカケに格安SIMに乗り換えるなら最初からSIMフリー版の購入した方がこの先簡単だよ! 不要なiPhoneがあれば下取りに出せるよ! 「iPhone SE2」を購入する際にいままで利用していたiPhoneは下取り額が改定されました。 2020年6月1日時点の価格• iPhone XS Max:40,000円• iPhone XS:37,000円• iPhone XR:28,000円• iPhone X:28,000円• iPhone8 Plus:23,000円• iPhone8:16,000円• iPhone7 Plus:16,000円• iPhone7:9,000円• iPhone6s Plus:9,000円• iPhone6s:6,000円• iPhone6 Plus:7,660円• iPhone6:4,000円• iPhone SE:2,000円• iPhone5s:リサイクル• iPhone5c:リサイクル• iPhone5:リサイクル 不要であれば下取りに出しても構いませんし、お古をそのまま格安SIMでお子さんに使わせる方法もあります。 もし、お子さんに使わせる場合はSIMロック解除をしておくと後々便利なのでやっておきましょう。 格安SIM会社のキャンペーン 公式確認済み Yahoo! キャンペーン詳細は 公式確認済み 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 旧iPhoneからiPhone SE2へデータを移したい方は、クイックスタート&データ転送で完璧! iPhone SE2があなたのiPhoneデビューなら関係ありませんが、いままで使っていたiPhoneからiPhone SEへ機種変更する方はデータを移行しなければなりません。 でも安心。 iOS12. 4以降であれば「クイックスタート」と「データ転送」が使えるので、超簡単に旧iPhoneからiPhone SE2へのデータ移行が行えちゃうんです。 (ちょうど父親の誕生日が近かったので、このままプレゼントしました。 iPhone6sからの移行です。 ) 格安SIM会社のキャンペーン Yahoo! キャンペーン詳細は 1年間基本使用料が無料!実機レビューは。 詳しいキャンペーン情報は >MGSさん こんにちは! なるほど!ソフトバンクユーザーさんだったのですね! 確かにソフトバンクさんからだとYahoo! モバイル経由は対象外になりますね。 でも、Softbankからですと「Y! ) また、ソフトバンクユーザーさんは光回線も紐づいている方も多いとよく聞きますので相性は良いですよね! 更にソフトバンクからワイモバイルへのMNPだと「MNP予約番号」も不要となります。 その他にも「家族割引サービス」など色々ありますが、ここでご紹介するとてんこ盛りになるので、公式サイトを覗いてみて頂けたらと思います。 >白猫さん 初めまして! コメントありがとうございます! >現在iPhone6をauで契約しているのですが、データ移行を行なってからauを解約して その後格安SIMを申し込めばいいのでしょうか? データの移行はMNP前でも後でもできますが、 僕はいつも格安SIM側へのMNPが完了した後に行っています。 なので、auを解約する前でも後でもデータ移行自体はできちゃいます。 iPhone6は最新でギリiOS12. 1なのでクイックスタートが使えます。 iOSの状態確認は「設定」>「一般」>「情報」>「バージョン」で確認できます。 LINEアプリのトークなどの引継ぎは別途必要になります。 詳細は別記事にて解説しているので、合わせて参考にして頂けると幸いです。 >ふうちさん コメントありがとうございます! 記事はまだ執筆中ですが、いま僕もUQモバイルのSIMカード(マルチSIM)で試しました。 ふうちさんの状況が直接見えないのですが、もしかして旧SEで使っているSIMタイプは「LTE用 nanoSIM」でしょうか? 現在のUQモバイルの動作確認上では「マルチSIM」なので、その辺りが気になりました。 通常であれば、 ・一度再起動してみる ・機内モードに入れてみる ・プロファイルを確認してもう一度インストールしてみる でほとんどの場合が直ります。 よろしくお願い致します。 >白ネコさん 良かったですね!! 僕もちょうど届いたので色々SIMを入れて試しています! >オススメはありますか? これはその方のライフスタイルによって変わるので、 一概には言えないんですよね苦笑 純粋に毎月に金額だけにフォーカスするのであれば、 現状は「楽天モバイル(アンリミット)」が1年間無料なのでこれは素直に凄いです。 ただし、白ネコさんの住んでいる地域がサポートエリアだとするとiPhoneの場合はSMSの送受信が使えないので注意です。 現在auをお使いとのことなので、人気の流れとしてはauの方は同じau回線のUQモバイルへ流れる傾向が強いです。 また、PayPayやYahoo! プレミアムなどYahoo関連サービスをよく利用するのであれば、ワイモバイル一択になります。 なかなか難しいですよね苦笑 ただ、現在は昔のように2年縛りもありませんので、 実際に試してみて「何か違うなー」と感じても出費を抑えて再度MNPすることも可能です。 もう少し具体的なご相談であれば、「お問い合わせ」からメール頂ければと思います! >あこ桜さん コメントありがとうございます! >この場合は、AppleでSIMフリーのiPhoneSe2を購入し、SiM入れ替えを行うだけでしょうか? 一応ご確認ですがこちらは、 ・現在キャリアを使っていて、格安SIMへMNPする ということでよろしいでしょうか? でしたら、Appleストアで購入したSIMフリー版のiPhone SE2にMNPした格安SIMを挿して使うことになります。 >あと、SEからSE2へのデータ移行はiCloudしかないですか? iPhoneSE(第一世代)は最新でiOS 13. 3までOKなので「クイックスタート」が使えます。 手順は別記事でレビューしているので、そちらを参考にして頂けると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

次の

動作確認済み端末検索|LINEモバイル【公式】選ばれる格安スマホ・SIM

格安 sim iphone ライン モバイル

乗り換えでスマホを変える人は引き継ぎが必要 LINEなどのアプリは、スマホを乗り換える時に「引き継ぎ」を行うのが当たり前。 LINEのアカウント情報は、手持ちのスマホ端末に紐づいているため、乗り換えに伴って端末が変わると、LINEのデータは自分で引き継ぎ設定をしなければいけません。 しかし、例えばキャリアから格安スマホに乗り換える場合には、現在使用している端末を使い続けることが可能。 この場合には、LINEアカウントの引き継ぎ操作は必要ありません。 一方で、格安スマホに乗り換えた際に スマホ端末も変える場合は要注意。 LINEアカウントの引き継ぎ、あるいは新規登録をする必要があります。 LINEアカウントの引き継ぎは、MNP転入で同じ番号を使い続ける場合も、乗り換えを機に新たな電話番号を取得する場合でも可能です。 一方の新規登録は、新たな電話番号で新規にアカウントを作ることになります。 しかし、格安スマホで新規登録をするのは手間がかかるため、なるべく避けたいところ。 特別な事情が無い人は、わざわざ新規登録を選ぶのではなく、「アカウント引き継ぎ」をすることをおすすめします。 このような引き継ぎ作業は、格安スマホに限らずキャリアのスマホ同士で乗り換える際にも必要な作業です。 基本的に、格安スマホでもキャリアでも、LINEの使い方に大きな違いはありません。 しかし、格安スマホでLINEを利用する際には、1点だけ気をつけなければいけないポイントがあります。 実は、 格安スマホではLINEで連絡先を増やす際に使う機能「ID検索」が使えません。 これは、格安スマホとキャリアは利用しているSIMカードの違いが原因となっています。 では、なぜ格安スマホのSIMカードではID検索ができないのか、理由を詳しく見ていきましょう。 格安スマホでは年齢認証とID検索ができない! LINEのID検索は、友達追加に必要な機能の1つです。 LINE上で自分の好きなIDを設定し、友達がそのIDを検索することによって友達を追加できる仕組みです。 ID検索をするためには、 LINE内で年齢認証を行わなければなりません。 auやドコモ、ソフトバンクなどの大手携帯会社では、希望に応じてLINEに年齢を開示することができます。 しかし、格安スマホ会社 MVNO は、異なる会社間での個人情報の規制が厳しいため、年齢を開示することができません。 その結果、 格安スマホでは年齢認証を行えず、ID検索することができない状態になるのです。 とは言うものの、LINEに友達を追加するには、ID検索以外にも多くの方法があります。 そのため、格安スマホでID検索が使えないからと言って、大きな不便を感じることはないはず。 ID検索以外を使う対策法については、後で詳細を詳しく紹介します。 その前に、まずはLINEを格安スマホに引き継ぐ方法を見ていきましょう。 LINE ライン を格安スマホに引き継ぎ・新規登録する方法 先ほどもご説明した通り、格安スマホに乗り換える際に機種変更をすると、LINEの引き継ぎが必要。 そして、もし格安スマホに引き継ぎをしない場合には、新規登録をしなければいけません。 LINEの引き継ぎを行うと、今までのアカウントや友達リスト、スタンプなどを引き継ぐことができます。 ただし、トーク履歴も引き継ぐためには、バックアップをとっておく必要があります。 必ずやっておきたい下準備• 自分のLINEアカウントに、電話番号、メールアドレス、パスワードの登録• LINEアカウントとFacebookの連携 これらの作業をやっておかないと、後々の引き継ぎ作業でうまくいかなくなった時に、対策がとれなくなってしまいます。 どちらも、 LINEの設定 歯車マーク にある「アカウント」から登録できる、忘れずにやっておきましょう。 特に、格安スマホに変える際に見落としがちなのが、 「メールアドレス」です。 LINEのアカウントをキャリアメール(auやドコモ、ソフトバンクなどのメールアドレス)で登録している場合は、前もってLINEアカウントのアドレス変更作業が必要になります。 格安スマホに乗り換えた後にも確認できるアドレスに変更しましょう。 もしメールアドレスを「 gmail. com」や「 icloud. com」で登録している場合には、変更する必要はありません。 パスワードを忘れてしまった場合は、 事前準備で登録していたメールアドレスを使って問い合わせることができます。 ここでメールアドレスを使うため、引き継ぎを開始する前に必ず古いスマホでメールアドレスを確認しておく必要があるのです。 無事パスワードも入力し終わったら、あとは画面に出てくる質問に答えていくだけで終わり。 「友だち追加」や「トーク履歴の復元」など、自分の希望に沿って進めていってください。 SMS機能が付いていないSIMの場合の対処法 格安スマホでは、SMS機能がついていない 「データ通信専用SIM」なども取り扱っています。 人によっては、料金が安いなどの理由で、格安スマホをデータ通信専用SIMで契約した方もいるかと思います。 このような方は、LINEの引継ぎの際に必要な「認証番号」をSMSで受け取ることができません。 これでは、引き継ぎどころかLINEアカウントの新規作成さえできないのでは…と心配になる方もいるでしょう。 しかし、ご安心ください。 LINEの引き継ぎは、 アカウントを「Facebook」と連携させることで問題なく行うことができます。 Facebookでログインを選択すると、「認証確認」が表示されるため、「排除して認証」を選べば完了です。 このように、SMSがない格安スマホでも、Facebookと連携すればLINEの引き継ぎは問題ありません。 データ通信専用SIMを選んだ方は、Facebookの認証で引き継ぎましょう。 新規でLINEアカウントを登録する方法 ここからは、 格安スマホでLINEを新規登録する方法をみていきましょう。 基本的には、LINEアカウントの引き継ぎを行う際と手順は変わりません。 アカウント名や、プロフィール写真などを自分の好きに設定しましょう。 初期設定の「年齢確認」だけは格安スマホでは実行できないため、「あとで」というボタンをタップして下さい。 SMSがないSIMはFacebookで新規登録 SMS機能がついていないタイプの格安SIMを契約した方は、LINEの引き継ぎと同様に、 Facebookアカウントで新規登録をすることが可能です。 方法は、LINEをインストール後、アプリを最初に立ち上げたときに「Facebookでログイン」を選択するだけ。 FacebookログインでLINEに登録しても、Facebookの友達が自動的に追加されたり、LINEの情報がFacebook上に表示されたりすることはないので、安心です。 または、 音声電話による認証も可能です。 格安スマホ端末でアプリを起動して電話番号を入力したあとに、「通話による認証」を選択して下さい。 音声ガイダンスで6桁の認証番号が流れるので、その番号をLINE上で入力すればOKです。 以上のように、格安スマホにLINEを引き継ぐ・新規登録することは難しくありません。 格安スマホでもぜひLINEを利用してみましょう。 ただし、引き継ぎをせずに新規登録をして新しいアカウントを作ってしまうと、前のアカウントで購入したスタンプや、友達リストのデータなどはすべて引き継ぎできなくなってしまいます。 その点だけ注意して、忘れずにLINEの引き継ぎ手続きを行いましょう。 格安スマホでID検索を使うには? さて、冒頭で説明した「格安スマホではID検索が使えない」という問題について、ここから対策法を解説します。 LINEには友達を追加する方法がいくつか用意されており、その場に居合わせていない人ともLINEで友達になることが可能です。 では、方法を見ていきましょう。 ID検索以外でLINE ライン に友だちを追加する方法 ID検索以外でLINEに友だちを追加する方法は、4つあります。 もちろん、格安スマホ以外でも利用できるため、活用してみて下さい。 自分のURLを発行する 自分のLINEのURLを発行し、友達になりたい相手にSMS・Emailで送ることで友だち追加をする方法です。 URLを送る際には、 自分の格安スマホの「連絡先」に入っている友達からしか送り先を選ぶことができません。 そのため、まずLINEで友達になりたい人の電話番号もしくはEmailアドレスを連絡先にいれておく必要があります。 また、LINEがスマホから連絡先情報を同期できるように、プライバシー設定を変えておきましょう。 連絡先に友達の情報を追加したら、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「招待」を選択します。 そうすると、URLの送信方法を「SMS」か「E-mail」のいずれかから選択できるので、好きな方を選択。 そのあと、連絡先から友達になりたい相手を選べばOKです。 QRコードを利用する これは、相手に自分のQRコードを見せて読み取ってもらう、または自分が相手のQRコードを読み取ることで友達になる方法です。 QRコードを利用するには、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「QRコード」を選択します。 表示された画面で「OK」をタップすると、QRコードリーダーが表示され、友達のQRコードを読み取ることが可能になります。 自分のQRコードを表示したい場合は、QRコードリーダーのカメラが表示されている画面の右下の「マイQRコード」をタップします。 「ふるふる」を使う ふるふるとは、お互いのiPhone同士を振ることで友達になるという方法です。 ふるふるを使う方法は、まず、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「ふるふる」を選びます。 位置情報のアクセスは「今はしない」を選択すれば問題ありません。 最後に、隣にいる友達とスマホ端末やiPhoneを振れば、友達追加完了です。 パソコン版のLINEでのみID検索を行う 実は、 パソコン版のLINEでは年齢認証が不要。 そのままID検索をすることができます。 他の方法がどうにも上手くいかなければ、LINEをパソコンにインストールして、パソコンでID検索を行ってみましょう。 ID検索を使える格安スマホがある ID検索をするにはキャリアの契約情報をもとに年齢認証が必要なので、格安スマホは年齢認証ができません。 しかし、格安スマホの中でも年齢認証・ID検索を検索ができるブランドがあるのです。 それが、 「LINEモバイル」と「Y! mobile」。 LINEモバイルは、ソフトバンクとLINEの子会社です。 一方のY! mobileは、格安スマホとは言え、ソフトバンクが運営するサブブランドという立ち位置のため、キャリアと同様にユーザーの契約情報と照合をとれるのです。 多くの格安スマホ会社がありますが、現在、格安スマホでLINEの年齢認証とID検索が行えるのは、この2社のみ。 もしどうしても格安スマホでID検索が必要なら、LINEモバイルかY! mobileを選ぶことをおすすめします。 おすすめはSMS付きSIM・LINEモバイル・Y! mobile 今回は、格安スマホでLINEを使う方法を解説してきましたが、いかがでしたか? LINEの引き継ぎの際には、SMS付きSIMの格安スマホは簡単に行うことができます。 端末ごと格安スマホに乗り換えるのであれば、引き継ぎは絶対に必要になるため、忘れずに行うようにしましょう。 格安スマホで友達追加をする際に、今まで通りID検索を利用したい方は、年齢認証・ID検索が行える格安スマホ会社 「LINEモバイル」や「Y! mobile」がおすすめ。 とはいえ、ID検索だけを理由に契約する格安スマホ会社を選ぶことはないかと思います。 そこまで不便を感じないのであれば、様々なプランを比較した上で格安スマホ会社を選んでみて下さい。

次の