しまかぜ予約状況。 レストラン列車『特急しまかぜ』の【 時刻表・料金・予約方法・空席状況・お得な割引 】まとめ

観光特急しまかぜ|近畿日本鉄道

しまかぜ予約状況

運転日 近鉄観光特急「しまかぜ」は始発駅事に運休日があります。 大阪難波発は火曜日が運休日 京都発は水曜日 近鉄名古屋発は木曜日が運休ですが運用上別途運休になる場合もあるようです。 2020年2月までの運転日は下記の通りです。 運転日については近畿日本鉄道のホームページや市販の時刻表を再度ご確認下さい。 時刻表・停車駅 近鉄観光特急「しまかぜ」の時刻と停車駅は下記の通りです。 運行日については近畿日本鉄道のホームページでご確認下さい。 発売開始日・予約方法・空席照会 近鉄観光特急「しまかぜ」の予約開始日はご乗車日の1か月前(前の月の同じ日)の10時30分から発売です。 発売箇所は近鉄の駅及び主な旅行会社・インターネットで発売しています。 但し、しまかぜの展望席など席番指定をする場合、近鉄の駅以外では発売と同時に席番指定予約が出来ないようなのでご注意下さい。 又個室は3名以上サロン席は4名以上からの予約となりますのでご注意下さい。 空席照会はインターネットでも可能です。 車両編成 編成は1号車から6号車までの6両編成 全景とエンブレム 左はサロン席と個室の車両 右がカフェ席の車両外観です。 車内へのご案内 近鉄観光特急「しまかぜ」の車内へご案内いたします。 プレミアムシート席 6号車の座席の様子です。 座席ですが座り心地は抜群にいいですね。 2時間座ってもお尻は痛くなりません。 一番驚いたのはデビュー後3年を経過したにも関わらず車両の状態がすこぶるいいですね。 近鉄さんのメンテナンスには驚きました。 名古屋ー賢島間の特別料金が1,030円 JRさんと比較するのは心苦しいですが普通列車の グリーン料金が51キロ以上で平日事前購入で780円ですから、いかに安いか! 伊勢志摩へ訪れる際は乗車をお薦めします。 和室の個室です。 鳥羽あたりで下車されたようです。 空いていたので撮影出来ました。 今回、洋室は在室でしたので撮影が出来ませんでした。 又の機会に サロン席の様子です。 この路線は海の車窓を多く見られる路線ではありませんが サロン席は山側に配置されています。 カフェの様子です 左が2階席 右が1階席です 1号車・6号車はハイデッカーの為、上り階段に 右は備付けられたロッカー 簡単な座席表も掲載します。 ご参考に! 展望席からの車窓 左は名古屋出発直後 タブレットで前面展望を同時中継です 右は「さいくう平安の杜」を通過中と運転席の様子です。 左は鳥羽駅手前で英虞湾が見えます。 右は鳥羽駅入線前の様子。 鳥羽駅出発後、左にミキモト真珠島が見えてきます。 乗車特典 近鉄観光特急「しまかぜ」の記念の乗車証です。 アテンダントさんがご丁寧にスタンプを押して持って来てくれました。 タブレットやスマートフォンで前方映像などが楽しめます。 利用できるコンテンツは ・現在の走行地点 ・音楽 ・お子様向け動画 ・運転台カメラ映像 ・沿線観光地のご案内 ・車内設備のご案内 運賃・料金 近鉄観光特急「しまかぜ」は全車指定席 1・2・5・6号車はプレミアムシートを採用した特別車両です。 特別車両の為、運賃の他に特急料金と特別車両料金が必要です。 例:大阪ー賢島 運賃:大人2,350円 子供1,180円 特急料金:大人1,640円 子供820円 特別車両料金:大人1,050円 子供530円 又3号車(名古屋発着)4号車(大阪・京都発着)は個室(洋風1室・和風1室)とサロン席があります。 個室(洋風・和風)は上記料金とは別に1室1,050円が必要です。 オススメ座席 個人差や旅の目的にもよりますが(しまかぜの場合は個室もあるので)やはり展望席ではないでしょうか。 出発地によって号車が違いますのでご注意下さい。 下り 名古屋発は6号車9番 大阪・京都発は1号車9番 上り 名古屋行きは1号車1番 大阪・京都発は6号車1番 1列シートがA 2列シートはBは通路側 Cが窓側です。 因みに運転手の後ろ席になるのは 下りが2列席 上りが1列席です。 展望席の予約 今回は閑散期の月曜日で狙ってましたので近畿日本ツーリストでも予約出来ましたが、通常の場合であれば 駅で予約する事をお薦めします。 なので関西圏以外の方は時期を狙わないと 展望席を取るのは容易ではないと思います。 その他 今回は名古屋発に乗車 入線は10時18分頃でした。 アテンダントさんのお出迎えです。 車内の案内のパンフレットです。 車内メニューです。 アテンダントさんが注文を聞きに回ってきます。 商品は後で届けて頂けます。 折角なのでしまかぜ弁当を頂きました。

次の

お盆に観光特急『しまかぜ』は取れるのか?近鉄の予約に悪戦苦闘

しまかぜ予約状況

名古屋・京都・大阪の各地と「伊勢志摩」をつなぐ最上級のおもてなし列車「特急しまかぜ」の内容・料金・空席状況・予約方法などをまとめました。 シートや設備だけでなく、スタッフのきめ細やかなおもてなしが特長の人気観光列車です。 カフェ席でいただける車内販売メニューは「海の幸ピラフ」「松坂牛カレー」「特製うな重」など地元の名物ばかり。 通常の座席でも「特製しまかぜ弁当」や「押し寿司」などの名品をいただけます。 車イス対応席もあるバリアフリー対応列車です。 広告 料金と予約方法 料金 料金はつぎの表のとおりです (カッコの1段目が乗車料金・2段目が特急料金・3段目がしまかぜ特別車両料金)• 大阪〜賢島の料金表• 京都〜賢島の料金表• 名古屋〜賢島の料金表 (画像:近鉄)• 近鉄の 【 お得なきっぷ 】については〈〉に一覧が載っています。 予約方法・空席状況• 特急券は、 近鉄主要駅窓口や 主要旅行会社で購入できます。 また インターネット予約の場合は〈〉から予約できます。 しまかぜのすべての列車 空席状況は 〈 〉から確認できます(各ダイヤの項目に『 残席状況はこちら』の表示があります) 詳細について 列車の詳細はからも確認できます。

次の

伊勢へは近鉄特急の観光列車の旅 新型観光特急「しまかぜ」が豪華な旅を演出します。

しまかぜ予約状況

目次-Contents-• 近鉄観光特急 しまかぜ しまかぜ 近鉄の観光特急「しまかぜ」は志摩に吹く風の爽やかさと、車内で過ごす時間の心地よさから名づけられました。 使用される車両は近鉄50000系電車。 2013年3月、その年に伊勢神宮の第62回神宮式年遷宮が挙行されるタイミングに合わせて大阪難波、近鉄名古屋の両駅から三重県伊勢志摩地方に位置する賢島駅間で営業運転を開始し 、翌2014年10月からは京都発着便も設定されました。 しまかぜの特急料金は、通常の車両でも特急料金のみのレギュラーシート設定は無く、特急料金としまかぜ専用料金(1,030円)が必要となっています。 座席はアーバンライナーのデラックスシート以上の座席を配しており、両先頭車は展望室のあるハイデッカー構造としたほか、近鉄の伝統である2階建て構造のカフェテリア車両及びグループ向けのサロン席と和洋個室を設けるなど、利用者のニーズを全面的に取り入れた設備を設けられています。 2019年4月にはお召列車として使用されました。 旅行会社のパックツアー以外は近鉄窓口も旅行会社窓口もすべて同じ条件なので、事前に会員登録をし何度か入力の練習しておくのも必要です。 会員予約はキャンセルがあるので、決まった日が取れなかったときはこまめにチェックすることも忘れずに。 あと、日帰りで往復の予約が難しいときには、どちらに乗るのかを絞るべきか、2人以上でどちらか手分けして予約をするということも効果的です。 最近はトップシーズンを外せば、平日などは比較的とりやすくなっているようです。 関連: カテゴリー• 106• 122• 117•

次の