無一郎受け。 時透無一郎の刀の色は?特徴は?

鬼滅の刃 第118話「無一郎の無」感想・考察

無一郎受け

時透無一郎プロフィール• 名前:時透無一郎 (ときとうむいちろう)• 誕生日:8月8日 14歳• 身長:160cm• 体重:56kg• 特徴:風の呼吸から派生した霞の呼吸の使い手 主人公の竈門炭次郎(かまどたんじろう)よりも年下ではありますが、 刀を握って2か月余りで鬼殺隊の柱にまで登り詰めた天才剣士です。 柱の中では珍しく隊服そのまま着用。 これだけでまじめな感じが漂ってきますね(笑) サイズは大きめでダボっとした感じに着こなしているが鬼に手の長さや位置などを気付かせないためと、戦いにおいて自分の衣服すら武器にしてしまう天才っぷりです。 過去の出来事から記憶喪失に陥り、その影響からかぼんやりしたりすぐ物事を忘れてしまったりしてしまいます。 しかしお館様には忠義を尽くしています。 そこは忘れないみたい(笑) 【鬼滅の刃】霞柱・時透無一郎の強さと霞の呼吸と型 玉壺「貴様ら百人の命より私の方が価値がある 選ばれし!! 優れた!! 生物なのだ 弱く!! 生まれたらただ老いるだけの!! つまらぬくだらぬ命を私がこの手!! 透き通る世界により動きの先読みができ首を切らずとも鬼に致命傷を与えることが可能になります。 上弦の鬼と2度も死闘を繰り広げた経験値と「透き通る世界」「赫刀」を合わせると始まりの呼吸の剣士たちをも凌ぐ強さを持ち合わせているのではないでしょうか。 無一郎の持っている型は合計で7つの型があります。 7つ目は無一郎の完全オリジナルの技です。 いったいどこまで天才なのでしょうか。 壱ノ型・垂天遠霞(すいてんとおかすみ)・天に向かって刀を一突きする技• 弐ノ型・八重霞(やえかすみ)・斬撃を連続繰り出す技• 参ノ型・霞散の飛沫(かさんのしぶき)・剣を素早く回転させて攻撃する技• 肆ノ型・移流切り(いりゅうぎり)・敵に向かって流れるように移動し刃を振るう技。 伍ノ型・霞雲の海(かうんのうみ)・高速で連撃を繰り出し、敵を何度も切断する技。 陸ノ型・月の霞消(つきのかしょう)・霞に覆われたように広範囲にわたって高速で刃を振るう技。 漆ノ型・朧(おぼろ)・無一郎オリジナルの技。 高速移動と低速移動を繰り返し敵に隙を作り首を切断。 正義感の強い天才剣士 邪魔になるからさっさと逃げてくれない? 鬼滅の刃、時透無一郎くん模写しました!色はいろいろ調べてそれっぽいので塗ったのでもしかしたら違うかもしれないです。 — 黒神 kurokami0314 正義感の強い無一郎。 通常柱になるには5年以上の時間を費やすところ無一郎はなんと2か月で登り詰めた天才です。 天才といえどその才能におごることなく日々厳しい鍛錬を続け、1週間で刀を使いつぶしてしまうこともあるくらい必死に鍛錬に励みます。 さらに無一郎は 鬼の攻撃から非戦闘員をかばうときに躊躇なく自分の体を盾にして守ります。 自分に厳しく他人にやさしく。 そのことは双子の兄、有一郎(ゆういちろう)が関係しているのかもしれません。 無一郎は10歳のころに両親を亡くし双子の兄の有一郎と2人暮らしをします。 兄の有一朗は言葉がきつくいつも無一郎に「 無一郎の無は無能の無だ」きつく当たります。 無一郎が鬼殺隊の勧誘を受けた時も有一朗は「お前には何もできない」と一蹴。 以降口を利かなくなりました。 そこへ突然鬼が襲い掛かり二人は瀕死の重傷に、、、 ですが鬼の一言に激怒した無一郎は激変して鬼を撃退。 かろうじて生きていた有一朗は弟だけは助けてほしいと神に祈ります。 弟は心の優しい人間だと。 そして「 無一郎の無は無限の無なんだ」と言葉を残し、息を引き取ります。 兄の死のショックから無一郎は記憶喪失となり以降、兄の有一朗の性格が無一郎の性格の一つとなりました。 ですが鬼殺隊に入隊する前にお館様の御内儀(おないぎ)であるあまねから、 自分が一番始まりの呼吸・日の呼吸の使い手の子孫ということを教えられました。 無一郎の先祖である鬼、上弦の壱・黒死牟との戦い ちゃんと痣ある黒死牟さん再掲 — 贖罪 Me04l そして上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)との戦いで無一郎は黒死牟の子孫であることが明かされます。 これにはかなり驚きました! しかもその黒死牟の人間のころの名前は継国厳勝(つぎくにみちかつ)であること。 その弟が 日の呼吸の使い手であり日柱の継国縁壱(つぎくによりいち)であるという事実もでてきました。 つまり時透無一郎は日柱の子孫であることが証明されました。 無一郎が天才的な剣士としての才能があるのはこの日の呼吸の末裔であるからなのかもしれませんね!! 時透無一郎は今はもう死んでいる?無一郎の最後とは 本日最後のリクエスト 無一郎さん! なんで絵を描くと腹が減るんだろう…😲 — うちわ🐔 uzakiboy 無一郎は上弦の壱・黒死牟との戦いでなくなります。 黒死牟は柱3人と不死川玄弥と対峙しても互角以上に戦う、まさに鬼舞辻を除く最強の鬼でした。 黒死牟との戦いの中、無一郎は透き通る世界と赫刀を発現させました。 最強の鬼黒死牟に対し致命傷を与えることに成功した無一郎ですが、その過程で両腕・片足・胴体を切断されてしまいます。 最終的には柱3人と玄弥でとどめを刺すことに成功しますが、 無一郎は命を落としてしまいます。 14歳で生涯を終えた無一郎であったがあの世で兄の有一朗と再会。 兄は無一郎に厳しい口調で「こっちに来るな」戻れと放ちますが傷つけるためではなく「無一郎に長く生きてほしかった」という愛情あふれる言葉でした。 一方で無一郎は頑張ったことに対して褒めてくれない兄困惑・ 仲間のために命を懸け逃げずに戦ったことを無一郎は後悔していませんでした。 「無駄死にだ」と兄に言われますが鬼殺隊の仲間や家族とと過ごした時間を思い出しながら「 自分は幸せだった」と兄に告げます。 無一郎が無駄死にではないことは兄の有一朗も心の底では理解していましたが無限の可能性を秘めた無一郎に「 ごめん…。 だけど無一郎だけは死なないで欲しかったんだ」と無一郎に伝えました。 そして最後は「長寿」という花言葉を持つイチョウが降り注ぎ2人が抱き合うシーンで生涯を終えます。 齢14歳にして壮絶な人生を送った時透無一郎。 彼の過去には恵まれない出来事、不運な出来事が数多くありました。 ですがそんな人生にも負けず、鬼と戦うことに覚悟を決め柱まで登り詰め、上弦の壱・黒死牟を倒すという偉業を成し遂げこの世を去りました。 最後は兄の有一朗とも互いの思いを認め合い仲良く生涯を終えた姿には涙腺が崩壊していました… 以上、鬼滅の刃の柱・無一郎の読み方は?どんな人物?まとめでした!.

次の

時透無一郎 (ときとうむいちろう)とは【ピクシブ百科事典】

無一郎受け

【鬼滅の刃】剣を握って2ヶ月で柱に!?霞柱・時透無一郎とは? 週刊少年ジャンプで連載中の 【鬼滅の刃】に本格的に登場し、活躍し始めた謎多き少年、時透無一郎!天才型の無表情少年ってミステリアスで惹かれますよね~!年齢は明らかになっていませんが、 炭治郎より年下なので12歳~14歳くらいだと私は予想しています。 音柱の宇随さん曰く、なんと 刀を握って僅か二ヶ月で柱になった天賦の才能を持つ剣士。 とは言え…柱合会議でチラっと登場した時は、ぼんやりとした印象が強く、まさかそんな才能を持った少年だとは…って感じでした。 それから再登場となったのは 第101話『内緒話』での事。 また、最年少の柱というポジションがキャラを際立たせますね~! 周りは個性豊かな柱達ですが、ぼんやりとした無一郎も負けじと癖のある人物!特徴的な髪型も気になる所ですが、霞柱である無一郎くん、実は… 今後のストーリーに深く関わるであろう出生の持ち主だったのです。 でも長男の夢で後継者がいないって言ってたし、血の繋がりがあるかどうか怪しいもんだけどな。 炎の呼吸ならなんらかの関連性がありそうだけど風の派生の霞の呼吸だし。 — 月見月まい FE風花雪月? 炭治郎との血縁関係もあるんじゃ!?と、出生が明らかになった時に盛り上がりをみせましたが、まだその点ははっきりとしないまま…。 なぜ日の呼吸じゃないんだ!?と、子孫だと知った時は「???」状態でしたが、彼の過去を知る事で答えが見えてきます。 霞柱である無一郎くんが直々に里に来た目的は… 絡繰人形<緑壱零式>を手に入れる為!しかし、ここで炭治郎とちょっとした衝突を起こした無一郎くん。 緑壱零式の鍵を持つ子鉄くんへの態度を注意されましたが…炭治郎を小うるさいと感じたのか手刀で一撃! 無一郎くんいわく… 『君がそうやってくだらないことをぐだぐだぐだぐた言ってる間に何人死ぬと思っているわけ?柱の邪魔をするっていうのはそういうことだよ柱の時間と君たちの時間は全く価値が違う自分の立場を弁えて行動しなよ赤ん坊じゃないんだから』だそう。 一人称だけではなく、口調も荒々しくなったりと 1人の身体の中にまるでもう1人いるんじゃないかと思うほどの変わりよう!この点については後述する 兄弟の存在が関係するのではないかと…私は考えています。 上弦の鬼との戦いの中で、ふと記憶が甦った無一郎くん… そこには炭治郎と同じように赫い瞳を持つ父親の顔がありました。 母親は具合が悪いのを押して働き、肺炎になって亡くなったのだとか…そして、母親の命を救うために嵐の晩に薬草を取りに行った父親は 崖から落ちて亡くなるという悲劇。 残された子供はたまったもんじゃないですね!10歳の時に両親を亡くした無一郎くん…この時はまだ目に光もあり本来の性格が伺える表情を浮かべている少年でした。 一つ救いがあるとしたら… 無一郎くんには兄弟がいたという事でしょうか…。 でも、よくみてみると気が強そうな眉毛の形をしていました。 そんな兄をよそに弟の無一郎くんは父親が遺した言葉で有一郎くんを否定します。 『人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ』 双子の間に険悪なムードが漂う中、 産屋敷耀哉様(お館様)の御内儀あまね様が2人の元へとやってきました。 この頃、夢見がちだった無一郎くんは、自分たちが凄い剣士の子孫だという事実にテンアゲ状態。 しかし、有一郎くんはというと… 脳天気な弟の様子に怒りが最高潮に達してしまいます。 そして、運命の日…突然の鬼の襲来です。 真っ先に襲われたのは兄の有一郎くんでした。 片腕をもがれた有一郎くんの姿を見て、こみ上げた怒りが爆発した無一郎くん! 薪や枝切り鋏、鎌に岩と…手当たり次第の物を使い鬼を半殺しに…。 最終的には日の光によって消えていきましたが、我を忘れた無一郎くんヤバいですね。 半殺しの鬼の図を見て思ったのはやっぱり丸太(薪)ってつえーな…でした。 しっかりしたお兄ちゃんだったんですね、有一郎くんは…! 記憶の欠片を取り戻した無一郎くん、新たに手にした刀は霞柱の名に相応しい輝きと儚さを放っていました。 ちなみに、無一郎くんの過去ストーリーを読む事ができるのは第118話~119話にかけてになります。

次の

【鬼滅の刃 176話感想】無一郎&玄弥が死亡確定!?辛すぎる・・・

無一郎受け

【鬼滅の刃】剣を握って2ヶ月で柱に!?霞柱・時透無一郎とは? 週刊少年ジャンプで連載中の 【鬼滅の刃】に本格的に登場し、活躍し始めた謎多き少年、時透無一郎!天才型の無表情少年ってミステリアスで惹かれますよね~!年齢は明らかになっていませんが、 炭治郎より年下なので12歳~14歳くらいだと私は予想しています。 音柱の宇随さん曰く、なんと 刀を握って僅か二ヶ月で柱になった天賦の才能を持つ剣士。 とは言え…柱合会議でチラっと登場した時は、ぼんやりとした印象が強く、まさかそんな才能を持った少年だとは…って感じでした。 それから再登場となったのは 第101話『内緒話』での事。 また、最年少の柱というポジションがキャラを際立たせますね~! 周りは個性豊かな柱達ですが、ぼんやりとした無一郎も負けじと癖のある人物!特徴的な髪型も気になる所ですが、霞柱である無一郎くん、実は… 今後のストーリーに深く関わるであろう出生の持ち主だったのです。 でも長男の夢で後継者がいないって言ってたし、血の繋がりがあるかどうか怪しいもんだけどな。 炎の呼吸ならなんらかの関連性がありそうだけど風の派生の霞の呼吸だし。 — 月見月まい FE風花雪月? 炭治郎との血縁関係もあるんじゃ!?と、出生が明らかになった時に盛り上がりをみせましたが、まだその点ははっきりとしないまま…。 なぜ日の呼吸じゃないんだ!?と、子孫だと知った時は「???」状態でしたが、彼の過去を知る事で答えが見えてきます。 霞柱である無一郎くんが直々に里に来た目的は… 絡繰人形<緑壱零式>を手に入れる為!しかし、ここで炭治郎とちょっとした衝突を起こした無一郎くん。 緑壱零式の鍵を持つ子鉄くんへの態度を注意されましたが…炭治郎を小うるさいと感じたのか手刀で一撃! 無一郎くんいわく… 『君がそうやってくだらないことをぐだぐだぐだぐた言ってる間に何人死ぬと思っているわけ?柱の邪魔をするっていうのはそういうことだよ柱の時間と君たちの時間は全く価値が違う自分の立場を弁えて行動しなよ赤ん坊じゃないんだから』だそう。 一人称だけではなく、口調も荒々しくなったりと 1人の身体の中にまるでもう1人いるんじゃないかと思うほどの変わりよう!この点については後述する 兄弟の存在が関係するのではないかと…私は考えています。 上弦の鬼との戦いの中で、ふと記憶が甦った無一郎くん… そこには炭治郎と同じように赫い瞳を持つ父親の顔がありました。 母親は具合が悪いのを押して働き、肺炎になって亡くなったのだとか…そして、母親の命を救うために嵐の晩に薬草を取りに行った父親は 崖から落ちて亡くなるという悲劇。 残された子供はたまったもんじゃないですね!10歳の時に両親を亡くした無一郎くん…この時はまだ目に光もあり本来の性格が伺える表情を浮かべている少年でした。 一つ救いがあるとしたら… 無一郎くんには兄弟がいたという事でしょうか…。 でも、よくみてみると気が強そうな眉毛の形をしていました。 そんな兄をよそに弟の無一郎くんは父親が遺した言葉で有一郎くんを否定します。 『人のためにすることは巡り巡って自分のためになるって意味だよ』 双子の間に険悪なムードが漂う中、 産屋敷耀哉様(お館様)の御内儀あまね様が2人の元へとやってきました。 この頃、夢見がちだった無一郎くんは、自分たちが凄い剣士の子孫だという事実にテンアゲ状態。 しかし、有一郎くんはというと… 脳天気な弟の様子に怒りが最高潮に達してしまいます。 そして、運命の日…突然の鬼の襲来です。 真っ先に襲われたのは兄の有一郎くんでした。 片腕をもがれた有一郎くんの姿を見て、こみ上げた怒りが爆発した無一郎くん! 薪や枝切り鋏、鎌に岩と…手当たり次第の物を使い鬼を半殺しに…。 最終的には日の光によって消えていきましたが、我を忘れた無一郎くんヤバいですね。 半殺しの鬼の図を見て思ったのはやっぱり丸太(薪)ってつえーな…でした。 しっかりしたお兄ちゃんだったんですね、有一郎くんは…! 記憶の欠片を取り戻した無一郎くん、新たに手にした刀は霞柱の名に相応しい輝きと儚さを放っていました。 ちなみに、無一郎くんの過去ストーリーを読む事ができるのは第118話~119話にかけてになります。

次の