頂戴いたしました メール。 間違いも多い「いただきました」の意味と敬語表現・使い方と例文

「受領いたしました」の使い方・敬語での言い方|ビジネスメール

頂戴いたしました メール

「頂戴いたします」という言葉は、二重敬語です。 そもそも「頂戴する」という言葉自体が「もらう」という言葉の謙譲語、つまり敬語です。 そして、「いたします」も敬語になるため、それを組み合わせた「頂戴いたします」は、敬語を2つ使った表現になります。 敬語の使い方に厳しい相手であれば、二重敬語に不快感を示す場合があります。 二重敬語はかつて天皇や皇族などに用いられていた では、なぜ「頂戴いたします」などの二重敬語を使ってはいけないのでしょうか。 それは、日本における敬語の歴史が起因しています。 かつて、日本語において最上級の敬意を表す言葉として、最高敬語というものがありました。 天皇・皇族などに用いる表現の一つが、二重敬語だったのです。 現代では、ごく限られた場面でしか二重敬語は使われなくなっています。 また、二重敬語は丁寧すぎて耳障りであるという理由もあるようです。 「頂戴いたします」は「頂戴します」に言い換えるべき 本来は二重敬語となるため、あまり使われるべきでないですが、ビジネスの様々な場面で「頂戴いたします」という表現は使われています。 その多くは、「頂戴します」と言い換えるべきです。 しかしながら、「頂戴いたします」の方が正しい表現だと捉えられている傾向もあります。 例えば、「お客様」も厳密には二重敬語ですが、多くのビジネスシーンで使われているのと同様なのでしょう。 ビジネスでは「名刺を頂戴いたします」という表現がよく使われる ビジネスでよく使われる例として、「名刺を頂戴いたします」という表現があります。 おそらく、ほとんどの人が二重敬語であると意識せずに使っているでしょう。 ただし、名刺交換の場合は、言葉遣いの他にも、立ち位置や名刺の高さ、礼などのマナーの方が重視されるので、あまり気にしなくても良いかもしれません。 その時に、「お名前を頂戴してもよろしいでしょうか?」と言うのは避け、「お聞かせ下さい」と言い換えましょう。 シーンに応じて敬語を使い分ける ここまで見てきたように、「頂戴いたします」という言葉は、本来は二重敬語でありながら、ビジネスシーンで普通に用いられる表現になっています。 そのため、あまり正しい使い方にこだわらなくても良いかもしれません。 ただし、フォーマルな場では、できるだけ正しい敬語を使う方が良い場合もあります。 例えば、お茶会に出席する場合は「お茶を頂戴いたします」ではなく、「お茶を頂戴します」と言うべきです。 トラブルやクレーム対応で用いるのは有効 本来は、「頂戴いたします」よりも「頂戴します」の方が正しい敬語です。 そのため、できる限り言い換えた方がビジネスマナー上は良いでしょう。 ただし、例外もあります。 例えば、顧客とのトラブルや、クレーム処理に対応する場面です。 こちらに非があるような時は、本来の敬語の使い方にとらわれず、できる限り丁寧な表現を使った方が上手くいきやすいです。 意図的に「頂戴いたします」などの表現を使った方が、相手の怒りを抑えられるでしょう。 「頂戴いたします」は二重敬語だがクレーム対応などのできる限り丁寧な表現が求められる場面では有効 いかがでしたか。 「頂戴いたします」という言葉は、二重敬語です。 ですが、「お客様」のようにかなり定着している二重敬語もありますし。 また、会社の中で「頂戴いたします」という表現が普及している中で、「頂戴します」と言うとかえって違和感を覚えられるかもしれません。 そのため、場面によって「頂戴いたします」と「頂戴します」を使い分けられると一番良いでしょう。

次の

ビジネスでの「受け取る」の敬語の使い方と例文19選、英語表現6選

頂戴いたしました メール

「頂戴」の意味 《1》「もらう」の謙譲語(敬語の一種) 「頂戴」には、 ・頭上に物をいただきささげること。 ・もらうことの謙譲語、賜ること、いただくこと ・食べることをへりくだって言う という意味があります。 「頂」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「いただき」と読みます。 「頂」は「物の最も上の部分」「山頂や登頂」を意味しています。 「戴」は音読みだと「タイ」、訓読みだと「いただく」と読みます。 「戴」は「頭の上にのせる」「うやうやしく上にささげて持つ」を意味しています。 「頂戴」は「賜ること・いただくこと」という意味で、 「もらう」の謙譲語になります。 また「頂戴」は、食べることをへりくだって言う言葉でもあります。 主に、目上の人から物をもらったときに「頂戴します」と言うことができます。 《2》(文末に置いて)ください 「頂戴」は「もらう」の謙譲語だけではなく、 物をくれるよう・また何かをしてくれるよう、親しみを込めて相手に促す言葉でもあります。 「頂戴」は元々謙譲語で丁寧な表現ですが、文末に付けて使う「頂戴」は現代ではカジュアルな響きがあります。 例えば、「お菓子頂戴」「それ安く売って頂戴」は元々は丁寧な表現でしたが、現代ではとてもカジュアルなニュアンスがあり、目上の人に使うのは不適切です。 「頂戴」は漢字を使うべきか?平仮名を使うべきか? 「頂戴」か「ちょうだい」を漢字とひらがなで使い分けることは必要なのでしょうか? 結論としては「頂戴」は漢字でもひらがなでも問題ありません。 「ちょうだい」と書いても、「頂戴」と書いても意味は同じです。 「頂戴」は元々「頂戴する」と動詞で使われていたものが、「~して頂戴」と補助動詞として使われるようになった言葉です。 「~してください」だったり「〜していただき」と平仮名で書くことが増えているのと同様に、「~してちょうだい」も今では平仮名で使われることが増えてきています。 ただ「ちょうだい」とひらがなで書くと、少し幼い感じが出てしまうので、なるべく漢字表記の方が良いでしょう。 ビジネスシーンでの「頂戴」の使い方 「頂戴」は主に物品のやりとりの際に使われる言葉です。 「頂戴」を使う使用場面の例としては以下のようになります。 「頂戴」は日常会話だけではなく、メールや手紙などでも使われることが多い言葉です。 「頂戴」の言い回し ・頂戴する ・頂戴します ・頂戴しております ・頂戴したく存じます ・頂戴願います ・頂戴することは可能でしょうか ・頂戴願いますでしょうか ・意見を頂戴しても 「頂戴」の使用上の注意点 「頂戴」を使用する上で、注意しなければいけない点があります。 「お名前を頂戴する」は誤用 ビジネスシーンで名前を尋ねるときに、「お名前を頂戴する」と使用することもありますが、実はこの使い方は間違いです。 「お名前を頂戴する」とすると、「相手の名前そのものをもらう」という意味合いになってしまいます。 「名前」はものではないのと、目上の人から名前をもらうことはできないので、「お名前を頂戴する」という使い方は間違っていることになります。 名前を聞くときの正しい表現は、以下の通りになります。 ・お名前をお聞かせください ・お名前をお教えください ・お名前をお聞かせ願いますか ・お名前をお聞きしてよろしいでしょうか ・お名前をお聞かせいただけますか ・お名前を伺ってもよろしいですか ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか ・お名前をお教えいただけますでしょうか 「頂戴いたします」は二重敬語 二重敬語という言葉をご存知でしょうか? 二重敬語とは、同じ種類の敬語が二つ以上含まれた表現のことです。 敬語には3つの種類があります。 「頂戴します」をより丁寧な表現にしようと「頂戴いたします」と使うことがあります。 実際、相手からものをもらうとき「頂戴いたします」とした方がより丁寧に聞こえることもありますが、「頂戴いたします」は間違った使い方になります。 理由としては「頂戴」も「いたします」も謙譲語のため、 「頂戴いたします」とすると二重敬語になってしまいます。 また「ご頂戴」としても、「ご~する」は謙譲表現のため、二重敬語になります。 相手によっては二重敬語を使用することに、「まわりくどい」と不快感を示したり場合があるので注意して使用するようにしましょう。 この場合は、「お釣りを出すまでお預かり金でしかありません」という意味合いになります。 企業の受付担当者も名刺は「頂戴する」ではなく「預かる」が無難 「頂戴する」は名刺交換の際に使うことが多い言葉になります。 相手が名刺を差し出してきたときは「頂戴します」言って受け取ることが一般的です。 また会社のフロントにいる受付担当者が、業務として初めて来社した方に対して名刺を求めることがあります。 これは、各担当者に相手の社名や名前を詳しく伝えるためです。 この場合は、受付担当者が名刺を「頂戴する」と使用することは不適切であるとしています。 理由としては本来名刺を「頂戴する」のは初めて来社した方を対応するのはあくまでも各担当者であり、受付担当者は名刺を「預かる」だけと考えられているからです。 したがって、受付担当者は「名刺を頂戴する」ではなく、「名刺を預かる」という表現を使うのが適切になります。 <受付担当者が名刺を受け取るときの表現> ・恐れ入りますが名刺をお預かりできますでしょうか。 ・恐れ入りますが名刺をお持ちでいらっしゃいますか。 ・恐れ入りますが名刺をお預かりしてもよろしいでしょうか。 「頂戴」の類語との違い 頂く(いただく) 「いただく」には、 ・頭にのせる、かぶる、頭上にあるようにする ・敬意を表して高く捧げる ・崇めて大切に扱う、敬い仕える ・興行が不入りである、恥をこうむる ・苦労もなく、手に入れる ・「もらう」「〜してもらう」「食べる、飲む」「買い受ける」の謙譲語 といった意味があります。 いただく」を漢字にすると、「頂く」になります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」にする場合、 「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 「頂く」は「頂戴」とほぼ同じ意味ですが、「頂戴」の方が丁寧な表現になります。 ・こないだ頂いたお煎餅は美味しかった。 賜る(たまわる) 「賜る(たまわる)」は、 「もらう」の謙譲語と「与える」の尊敬語の2つの意味があります。 「もらう」の謙譲語としての「賜る」は、「目上の相手からものをいただく・ちょうだいする」という意味を持ちます。 「与える」の尊敬語としての「賜る」は、「目上の相手が物などをくださる」という意味を持ちます。 目上の人が、目下の人になにかをくれる(与える)という状態を表します。 「賜る」は、目上の相手の厚意からくる、物品や意見などの言葉を受け取る際に使います。 「賜る」や「賜ります」は、比較的相手を敬う意味合いが強いので、ビジネスシーンで使うことが多いです。 とても丁寧な表現になるためとてもスケールが大きくなります。 そのため、上司などから受けた厚意であっても親しい間柄や何度もあるようなことで使うことは、かえって軽い印象になってしまうので使い方や使い過ぎには注意が必要です。 過剰な敬語使用とみられたり、慇懃無礼(いんぎんぶれい)な印象を与える場合があります。 「賜る」と「頂戴」はほぼ同じ意味ですが、「賜る」の方が相手を敬う気持ちが大きく、硬い場面で使用することが多いです。 例文 ・結構なお中元の品を賜り、ありがとうございました。 ・この度は、お心尽しの品を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・立派なお品を賜りまして、本当にありがとうございます。 たいへん重宝しております。 拝受 「拝領」は、「受領する」という意味で、 受けることの謙譲語になります。 「受領」には「品物やお金を受け取る」という意味があります。 「拝」は音読みだと「ハイ」、訓読みだと「おがむ」と読みます。 「拝」には「頭を下げて礼をする」「あがめる」「ありがたく受ける」を意味しています。 「受」は音読みだと「ジュ」、訓読みだと「うける」と読みます。 「受」は「うけとる」「与えられる」を意味しています。 例えば「拝受」は、大切なクライアントから送られてきた資料に対し相手方から「資料は届いたでしょうか」と問われた場合に「拝受しました」というように使うことができます。 「拝受します」が正しい使い方になりますが、「拝受いたします」という言い方もよく使われます。 「拝受いたします」は厳密には二重敬語ですが、一般的によく使われているので使用して問題ないです。 「拝受する」は「頂戴」と比べたらあまり使用する言葉ではありません。 例文 ・本日パンフレットを拝受しました。 迅速なご対応、誠にありがとうございます。 取り急ぎご報告申し上げます。

次の

「拝受」「拝受いたしました」の正しい意味と使い方 【例文付き】

頂戴いたしました メール

ひらがなで表記する「いただく」の意味は補助動詞として使用している場合です。 意味は「~をしてもらった(~してもらう)」の謙譲語です。 このような使い方をしている例には、「お越しいただきましてありがとうございました」「ご覧いただきありがとうございます」などがあります。 補助動詞なので、「来る(お越しになる)」や「見る(ご覧になる)」といった動詞に謙譲語の「いただきました(~してもらった)」を合わせた形で使います。 ただし通常、補助動詞は文部科学省でひらがなで表記すると定められています。 そのため「お越し頂きましてありがとうございました」や「ご覧頂きありがとうございます」はこのように漢字表記にするのではなくひらがなで表記するのが適切であるといえるのです。 頂きましたの意味とは? 「頂く」の漢字を表記する場合の「いただく」の意味は、いくつかの意味があります。 1つ目は「食べる(食う)、飲む」の謙譲語です。 また敬って自分の上のものとして迎える、あがめ仕えるという意味もあります。 食べる、飲むの謙譲語としては「もう十分いただきました」のようにもらった相手を敬って表現する場合と「少しはお酒もいただきます」などのように自分の飲食をへりくだり、上品に使うときがあります。 2つ目は「もらう」の謙譲語です。 「上司から結婚祝いの品をいただきました」のように使います。 他には簡単に手に入れる、(この試合はいただいたも同然だ)叱られる(小言をいただきました)といった意味でも使われることがあります。 「いただきました」という言葉は謙譲語なのですが、どうぞ頂いてくださいといったように尊敬語として使う人がいます。 本来であれば間違っている使い方なのですが、現在ではこのような使い方をする人も増えてきています。 戴きましたの意味とは? 「戴く」という漢字を使う「いただきました」は常用漢字ではないためあまり使われることはありませんが、ありがたく受け取る、もらうの謙譲語の意味があります。 例えば「お土産を戴きました」などのように行動などではなく実際に品物などをもらったときに使います。 いただくという「頂」と「戴」という漢字を合わせると「頂戴(ちょうだい)」という言葉になります。 この「頂戴」という言葉も「もらう」という言葉の謙譲語として使われています。 例えば「結構なお品物を頂戴しましてありがとうございました」「お叱りを頂戴しました」などです。 「婚約指輪頂きました」という文面を使う場面は、指輪を頂いたお礼の手紙やいただいたことを報告するといった場面が考えられます。 この場合も「もらった」という謙譲語になりますので、漢字で表記してもひらがなで表記しても間違いではありません。 通常であれば手紙の文章は「婚約指輪をいただきました」というようにひらがなで表記したほうが柔らかな印象になるのでひらがな表記がおすすめなのですが、「婚約指輪」は高価なものですね。 この場合は、高価なものに対してのお礼の手紙になるので漢字で表記したほうがよりきちんとした印象を相手に与えることができるでしょう。 また、まだ家族になっていない関係なので優しい印象より、きちんとした印象を持ってもらうことで相手により好印象を感じてもらうことができるのではないでしょうか。 「いただきました」という言葉をひらがなで表記したほうが適切な場合は、補助動詞として使っている場合です。 謙譲語として使っているのか補助動詞として使っているのか迷ったときは、「いただきました」の前に来ている言葉が「見る」「来る」といった動詞を表している言葉であるかを確認してみましょう。 「食べる(食う)、飲む」の謙譲語や「もらう」の謙譲語として使う場合は、漢字で表記してもひらがなで表記してもどちらでも間違いではありません。 そのため漢字でも表記することが可能な言葉をビジネス文書や手紙などで使用する場合、漢字にするかひらがなにするかと悩む人が多くいます。 一般的にはあまり漢字を多用すると全体の文章のイメージが硬くなる印象になるため、「いただきました」という言葉に関しては、漢字よりもひらがなで表記することが多いです。 漢字で表記してもひらがなで表記しても間違いではない場合は、使う相手や使う場面によってどちらの印象の文章にしたいのかという視点で使い分けするとよいでしょう。

次の