ワード 箇条書 き ずれる。 Word(ワード)の箇条書き、段落番号の使い方

Word(ワード)の箇条書き、段落番号の使い方

ワード 箇条書 き ずれる

・に続く文字の間のスペースを消す方法 ・の後に出来るスペースを消す方法です。 まずは、スペースの後の文字を選択します。 そして、選択した文字の上で右クリックして リストのインデントの調整を選択します。 番号に続く空白の扱いにある タブ文字をクリックします。 すると、このように今設定した部分の スペースが無くなりました。 選択範囲全てのスペースを消す方法 箇条書きになっている全てのスペース後の文字を選択すると、 一気に全部のスペースを無くす設定をすることが出来ます。 に続く文字の間のスペースを消す方法 やり方としては箇条書きの際の設定方法と同じです。 スペースを消したい範囲を選択して、 右クリックして リストのインデントの調整を選択。 番号に続く空白の扱いにある タブ文字を なしを選択して、 OKをクリック。 これで、選択範囲のスペースが無くなります。 1か所設定すれば後にも引き継がれる 一度スペース なし の設定をすれば、 改行をするだけで同じくスペースなしの状態が引き継がれます。

次の

Wordの「勝手に箇条書きになる」などの余計な機能をオフにする方法

ワード 箇条書 き ずれる

・に続く文字の間のスペースを消す方法 ・の後に出来るスペースを消す方法です。 まずは、スペースの後の文字を選択します。 そして、選択した文字の上で右クリックして リストのインデントの調整を選択します。 番号に続く空白の扱いにある タブ文字をクリックします。 すると、このように今設定した部分の スペースが無くなりました。 選択範囲全てのスペースを消す方法 箇条書きになっている全てのスペース後の文字を選択すると、 一気に全部のスペースを無くす設定をすることが出来ます。 に続く文字の間のスペースを消す方法 やり方としては箇条書きの際の設定方法と同じです。 スペースを消したい範囲を選択して、 右クリックして リストのインデントの調整を選択。 番号に続く空白の扱いにある タブ文字を なしを選択して、 OKをクリック。 これで、選択範囲のスペースが無くなります。 1か所設定すれば後にも引き継がれる 一度スペース なし の設定をすれば、 改行をするだけで同じくスペースなしの状態が引き継がれます。

次の

【Word】勝手に動く?「オートコレクト」機能の解除&便利に設定する方法

ワード 箇条書 き ずれる

- もくじ -• そうはいっても、いざオフにするのはどうでしょう。 実は使い方さえ間違わなければ、かなり作業効率を上げることが可能な機能でもあるのです。 まずは「おせっかいだな」と感じやすい機能の見直しから始めてみましょう。 ・その1:「アルファベットの頭文字」 たとえば「iPhone」のように小文字から始まる英単語などで、勝手に先頭を大文字にしてしまうことも。 これは「文の先頭文字を大文字にする」というチェックを外せばOKです。 ・その2:「箇条書き」 オートコレクト機能では、文頭に「(1)」などの番号を振って改行すると、自動的に(2)以降の数字を振ってくれます。 意図して箇条書きにしたい場合はいいのですが、それ以外では不要。 そんなときは「オートコレクトのオプション」から「入力オートフォーマット」へ移動し、「箇条書き(行頭文字)」「箇条書き(段落番号)」をオフにしてください。 これは「入力中に自動修正する」のチェックを外せばオフにできますが、もし一部のみ不要という場合は、その項目を選択して削除してください。 ・その1:「自動修正」 いつも使っている日本語ならまだしも、英語、特にたまにしか使わないような単語のスペルをいちいち調べるのは少し面倒……。 そんなときはオートコレクトの出番です。 特に「入力中に自動修正する」にチェックを入れて有効にし、間違いやすい単語を登録しておけば、自動で修正してくれます。 苦手な単語などは、あらかじめ登録しておくと便利です。

次の