ご検討いただけますと。 「ご検討」の言い回しで丁寧さを加える、ビジネスでの使い方

「ご検討いただければ幸いです」の意味とビジネスメールでの使い方、例文、類語、英語

ご検討いただけますと

「検討させていただきます」は、「検討」に「させてもらう」の謙譲表現である「させていただく」、さらに丁寧語である「ます」を付けたもので、文法的には正しい敬語です。 「検討させていただきます」と同様に、ビジネスシーンで広く使われている敬語表現である「検討いたします」は、「検討」に「~する」の謙譲表現である「~いたす」、さらに丁寧語である「ます」を付けたもので、こちらも文法的に正しい敬語です。 「検討させていただきます」も「検討いたします」も丁寧な敬語表現ですので、連絡手段や前後の文とのバランスも考えて、適切に使うようにしましょう。 以下の記事では、「する」の尊敬語・謙譲語・丁寧語を詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 「持ち帰って検討させていただきます」(社外で要望やクレームを受けた時)• 「社内にて検討させていただきます。 返事をする意思があることを伝えるために、「恐れ入りますが、一週間ほどお時間をいただけないでしょうか」のように添えると、回答までに少し時間がかかったとしても、相手に安心感を与えることができます。 期限を伝える場合には具体的な日時ではなく、「何日ほど」「何週間ほど」のように、あいまいに伝えるのがポイントです。 自分に最終的な決定権がないのに回答期限を勝手に決めてしまうと、後々大変なことになってしまう可能性もありますので、十分気を付けましょう。 「お見積書を送付していただき、ありがとうございます。 社内にて精査の上、前向きに検討させていただきます」• 「お見積書のほう、本日確かに受領いたしました(拝受しました)。 お見積り内容につき弊社内にて検討し、改めてご連絡いたします」 こちらから資料や見積書の送付を依頼した場合は、それらを受け取ったらすぐに、送付してくれた相手にお礼メールを送るのがマナーです。 まず、「お見積書を送付していだたき、ありがとうございます」のように、確かに資料や見積書を受け取ったことに加え、送付してくれたことに対してお礼を伝えます。 次に、「社内にて精査の上、前向きに検討させていただきます」と結びます。 このメールの目的は、送付物の受け取り報告とそれに対するお礼です。 とりあえず「これから検討する」という旨を伝えておけば十分ですから、相手から指定されていない場合は、具体的な回答期限を設定する必要はありません。 つまり、こちらの意思に関係なく、「本当に検討する気があるのか」と相手に思われてしまう可能性があるのです。 メールの場合は、定型フレーズとしてあまり気にせずに使って構いませんが、会話で「検討させていただきます」を使う場合には、相手を安心させるために、相手の表情や口調から要望を的確に把握し、言葉を選んで対応することが大切です。 検討に必要な期間の目安や、検討後に日を改めて連絡する旨をしっかり伝えることを基本に、柔らかい口調で、真摯さが伝わるような態度で接しましょう。 以下の記事では、検討に必要な時間を伝える際などで使いたい「取り急ぎ」について紹介しています。 例文や使い方をぜひ参考にしてみてください。 RELATED ARTICLE 「検討させていただきます」をもっと活用して円滑なコミュニケーションを 「検討させていただきます」は正しい敬語表現で、「じっくり考えたい」という文字通りの意味としてだけではなく、返事の保留や断りを入れる時にも使われます。 ビジネスシーンに相応しく、使い勝手の良い言葉ですが、複数の解釈ができるため相手に誤解を与えることもあります。 そのため、「検討させていだきます」を使う時には、同じ意味でより簡潔な表現である「検討いたします」を使ったり、社交辞令と受け取られないように、前後に言葉を補ったりするなどして、こちらの真意を正確に伝えるための工夫が必要です。 言われた相手がどのように感じるかも意識しながら、円滑なコミュニケーションの実現のために、「検討させていただきます」の使い方を見直してみましょう。

次の

「ご検討いただければ幸いです」の意味とビジネスメールでの使い方、例文、類語、英語

ご検討いただけますと

いざ使うという場面で迷わないように、正しい意味をきちんと知っておくことが大切です。 いただきます 頂きます の意味 「いただきます」は、「もらう」の謙譲語+ますとなり、「もらいます」を丁寧な敬語表現にしたものです。 「〇〇いただきますようお願いいたします」のように使用し、へりくだってお願いするような場面で使われます。 「〇〇して欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 いただけます 頂けます の意味 「いただけます」は、「いただけ/ます」と分割することができます。 上記と同様に「もらう」の謙譲語「いただく」と、可能形「〜できる」の「〜ける・れる」が付いた形で「いただけ」となり、さらにプラスして「ます」という文になります。 「〇〇いただけますか?」のように使用し、「〇〇できるならして欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 「いただけます」がより丁寧 それぞれの意味からもわかるように、どちらも丁寧な表現であり、お客様や目上の方に向けた言葉として適切です。 微妙なニュアンスの違いですが、「いただけます」の方が「可能ならばお願いしたい」という意味のため、「いただきます」よりも、よりへりくだった表現であるといえます。 日常的に使用されている言葉ですが、ちょっとしたニュアンスの違いによって、受け取る側の印象が変わってくることもありますので、気を付けて使用するようにしましょう。 「メールをご確認いただけますか」 「メールを確認して頂くことは可能ですか」というお願いしたい時に使われる表現です。 ここでは「いただけます」を使っていますが、「いただきます」を使った場合は、「メールを確認していただきますようお願い致します」のように使用し、「いただきますよう~」という表現を使うことが多いです。 「お水を一杯いただけますか」 「お水を一杯もらうことは可能ですか」という意味で、上記の例文同様お願いしたい時に、より丁寧に柔らかい印象を与える表現です。 「いただきます」を使う場合、問いかけの文となりますので、「お水を一杯いただきたいのですが、よろしいですか?」のように使用します。 「書類の内容をご確認いただけますか」 「書類の内容を確認してもらうことは可能ですか」という意味で使われています。 「出来たらお願いしたい」という気持ちが表現されていて、とても柔らかで丁寧な文です。 「いただきます」を使った場合「書類の内容をご確認していただきますようお願いいたします」のようになります。 間違った使い方 接客や電話応対などで、よく耳にする言葉でも、敬語の使い方として間違っている場合があります。 間違っているのに使ってしまいがちな言葉の例文と、間違いの理由、言い換えについて例文を交えて見ていきます。 「〜いただけますでしょうか」 「いただく」と「でしょうか」に分解できます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「〜でしょうか」は「です」の疑問形です。 謙譲語+丁寧語の組み合わせは二重敬語と呼ばれており、日本語としては誤りです。 周りくどい表現のためできるだけ避けるのが無難です。 「〜いただけますかが正しい」 上記の「~いただけますでしょうか」を正しい文に言い換えると「~いただけますか」となります。 例文として「ご確認していただけますか」、「〇〇を一ついただけますか」のように「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、語尾を「~ますか」にして疑問文にしています。 いただけますかの類義語 「いただけますか」の類義語にはどのようなものがあるでしょうか。 ここでは特に使用頻度の高い「くださいます」と「よろしかったでしょうか」について解説します。 なんとなく敬語を使うのではなく、意味や正しい使い方知っておくことが大切です。 「くださいます」 「くださる」は「与える」の尊敬語で、語尾を変化させて「くださいます」となります。 目上の方がしたことについて敬語で表現するときに使います。 「部長が〇〇をくださいました」「部長が〇〇をくださった」のように使います。 「よろしかったでしょうか」 「よろしいでしょうか」の方が正しい言い方であるとされていますが、過去にあった事柄について再確認する場合に使う言葉として誤りではありません。 レストランなどで、注文したメニューを再確認するような際には、現在の事実についての再確認となりますので「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」を使います。 まとめ 「いただけます」、「いただきます」について詳しく見てきました。 ちょっとしたニュアンスの違いで相手に与える印象が変わってくるということを認識することが大切です。 相手を敬う気持ちが強すぎて二重敬語になってしまわないように、敬語の意味と使い方を意識して使うようにしましょう。

次の

「見当」と「検討」の使い分けを教えていただけませんか? 例えば、 1. 先のことは(見当・検討)もつかない。 2. 大体の(見当・検討)はついている。 以上の例文は、どちら 一番 正しいですか?

ご検討いただけますと

締めの言葉として使われることが多く、角を立てずに 相手に催促をしたい時に便利な言葉です。 挨拶としてだけでなく、メールや会話が終わりである合図にもなります。 「ご検討ください」ではなく 「ご検討くださいませ」としたほうがよい ご検討を使ったシンプルなフレーズ 「ご検討ください」は、 丁寧ではありますが、命令しているような響きを感じる人も少なくありません。 ビジネスシーンでは 「ご検討くださいませ」とした方が、 より丁寧でビジネスで使うにふさわしいフレーズになります。 ご検討の後に続く言葉をこだわると ビジネスで良い印象を与えられる 「~くださいませ」は女性的な語感で、使うのに抵抗があるかも知れません。 ビジネスにもふさわしい「ご検討」を使った例文をご紹介します。 常套句として使えるので、まるまる覚えると表現力が広がります。 例文順に、より丁寧な表現になります。 「ご検討くださいませ」よりも、男性的で誰でも使えるシンプルなフレーズです。 間違ったフレーズではないですし、ある程度の丁寧さもあります。 同僚や近い上司にはいいかも知れませんが、相手によってはより丁寧な表現のほうが好ましい場合もあります。 最も使われる「ご検討」の言い回しフレーズでしょう。 まれに、「よろしく、ご検討のほどお願いいたします。 」とのフレーズも見られますが、「よろしく」は「お願いいたします」に掛かるべきなので、「ご検討のほど、よろしくお願いいたします。 」が正しいフレーズです。 「~のほど」との使い方は、断定を避けて表現をやわらげるので、「ご検討」よりも「ご検討のほど」の方が、丁寧さが感じられます。 「検討してもらう」を謙譲表現にしたフレーズです。 「幸いです」には謙虚なニュアンスもあるので、かなり丁寧な感じがあります。 Considerには、前向きに検討するニュアンスが含まれています。 Thank you for considering. Thank you for your consideration. Your consideration is greatly appreciated. ご検討に代わる言葉 「ご検討」に代わる言葉には、「お考え」「ご一考」「ご思案」などがあります。 お考えくださいませ。 ご一考、よろしくお願いいたします。 ご思案のほど、よろしくお願いいたします。 などと置き換えが可能です。 また、置き換えにより、フレーズの堅さに違いが出るので、場面に合わせて使い分けるのがいいでしょう。 まとめ 「ご検討」を締めの言葉として使うと、締めの挨拶と終わりの合図も兼ねた表現になります。 「ご検討」は、後に続く言葉で、フレーズの丁寧さのニュアンスが変わります。 ご検討ください。 順に、丁寧さが増します。 また、「ご検討」は「お考え」「ご一考」「ご思案」との置き換えが可能で、言葉によって文章に柔らかさが出ます。 ビジネスでは丁寧さは大切ですが、過剰な丁寧さは、かえって失礼になる場合もあります。 表現力を広げる語彙で良い印象を与えられれば、いいビジネスにも繋がります。

次の