セブン ペイペイ。 「セブンイレブン」でPayPay(ペイペイ)は使えるけど、使い方やチャージ方法は?キャンペーンは?

セブンイレブンでPayPay(ペイペイ)は使える!2020年6月もお得に決済

セブン ペイペイ

もくじ• 以下のものは支払えません。 ・セブンネットショッピング以外のインターネットショッピング商品店頭受取り時の店頭払い ・インターネット代金収納(宅配商品のコンビニ前払い含む) ・公共料金等の収納代行 ・マルチコピー機でのサービス ・切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ ・クオ・カード ・テレホンカード ・プリペイドカード ・プリペイド携帯カード ・ビール券・酒クーポン券 ・映画券・前売券 ・地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券 ・他金券等に準ずるもの ・nanacoカード発行手数料 ・各種電子マネーへの現金チャージ 税金・公共料金等収納代行の支払いは不可(【nanaco】のみ) 「セブンイレブン」で税金や公共料金を払いたい場合は、【nanaco】か現金での支払いになります。 【nanaco】で公共料金・税金等の収納代行の支払いをしても、nanacoポイントは付きませんが、【nanaco】へのチャージでポイント付与されるクレジットカードからチャージすれば、その分お得になります。 ・PayPay残高またはYahooカードで支払った場合の、基本となる付与率が0. 5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%) ・前月に100円以上の決済回数が50回以上あった場合、付与率が0. 5%アップし1%(または1. 5%) ・前月の決済金額が10万円以上だった場合は、付与率がさらに0. 5%アップし、最大1. 5%還元率~ Yahoo! 5%~です。 セブンイレブンアプリ提示で セブンイレブンでは、「セブンイレブン」アプリでバーコードを提示するとポイント(セブンマイル)が貯まります。 「セブンマイルプログラム」で200円(税抜)=1セブンマイル(1円相当)が貯まります。 5%還元率) 「PayPay(ペイペイ)」は現金と併用できない 「PayPay(ペイペイ)」は残高が足りないからといって、現金と併用払いはできません。 他にもクレジットカード、nanaco、Suica等も併用できません。 基本的に他の支払い方法とは併用できないと考えておいたほうがよいでしょう。 <併用できない支払い方法> ・nanaco ・交通系電子マネー ・楽天Edy ・QUICPay ・iD ・クレジットカード ・バーコード決済 ・現金 「セブンイレブン」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう 「セブンイレブン」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。 詳細は公式サイトで 「セブンイレブン」の支払い方法はどれがお得か、キャンペーン等の情報は、以下の記事を参考にどうぞ。

次の

PayPay|セブン‐イレブン~近くて便利~

セブン ペイペイ

第2弾100億円キャンペーンで話題を集めたPayPay。 ファミリーマートに続き、2019年3月26日からは全国のローソン店舗がPayPay決済に対応しました。 さらに2019年7月1日からはコンビニ最大手のセブンイレブンもPayPay決済への対応を開始し、大手コンビニのすべてがPayPay決済可能になりました! 2020年2月にPayPay残高またはヤフーカードで支払った場合のポイント還元率が0. 5%ものポイントが貯まります 還元率は店舗によって異なります。 この記事では、それぞれのコンビニでPayPayを活用する方法について解説していくので、増税を機にコンビニでもPayPayを活用しましょう。 PayPay ペイペイ を使ってコンビニで決済する方法をご紹介! PayPay決済が可能なコンビニは、2020年3月現在、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ、セブンイレブン、 セイコーマート、デイリーヤマザキです。 2018年にPayPayのサービスが提供開始されて以来、PayPayの利用可能店舗が続々と拡大されてきましたが、ついにセブンイレブンがPayPayに対応したことでコンビニでの利便性は大幅に向上したといえます。 それによって、今後コンビニでもPayPayを活用していきたいと考えるようになった方は多いでしょう。 いざ決済しようとしたときに使い方がわからず混乱してしまうことがないよう、それぞれのコンビニでの利用方法をご説明します。 PayPayの支払方法には、「スキャン払い」と「コード支払い」の2通りがありますが、コンビニでは「コード支払い」が主流です。 コンビニでの基本的な支払方法は共通しています。 まずはアプリ起動後、店員にPayPay決済することを伝え、アプリの「支払う」をタップしてください。 お買い物の前に、アプリのダウンロードと支払い方法の登録を忘れないようにしてください。 PayPay残高で支払う場合は、残高をチャージしておきましょう。 2019年10月以降も「ヒートテック1枚買うともう一枚無料」のなど非常にお得な「ワクワクペイ」のキャンペーンがどんどん実施される予定です。 普段の生活で身近なコンビニでのお買い物もPayPayを利用すれば、現金で支払うよりもずっとお得になるでしょう。 PayPayのキャンペーン以外にも、それぞれのコンビニでPayPayの使い方を工夫すればさらにお得に利用できるので、ここからはおすすめの使い方をご紹介します。 ファミリーマートでの使い方 ファミリーマートは、PayPayで支払う前に またはTカードを提示することで とPayPayボーナスのポイント二重取りが可能です。 他の電子マネー、クレジットカードとの併用はできません。 1日あたりの支払い金額の上限は 4,000円となっているので、上限を超えないようご注意ください。 食品や飲料などほとんどの商品はPayPay決済できますが、公共料金の支払いやFamiポート取り扱い商品・サービス、プリペイドカード、宅急便、切手、はがきなど一部利用できない商品があります。 ローソンでの使い方 PayPayの利用可能な店舗には、ローソンに加え、ローソングループのナチュラルローソン、ローソンストア100も含まれます。 ローソンでは、PayPayで支払う前に を提示すればPontaポイントが付与され、dポイントカードを提示すれば dポイントが付与されます。 しかし、Pontaポイントとdポイントどちらも貯めることができないので注意が必要です。 したがってPontaポイント、またはdポイントとPayPayボーナスのポイント二重取りが可能です。 他のクレジットカードや電子マネーとの併用はできません。 クレジットカード払いの場合、1日の利用金額の上限は5,000円ですが、3Dセキュアによる本人認証が完了していれば、利用金額は直近24時間で20,000円まで、直近30日間で50,000円まで引き上げることができます。 利用金額が高めな方は、お買い物の前に本人認証を完了しておくと安心ですね。 ローソンのPayPay決済対象外商品には、テレホンカード類、バスカード、各種乗車券・回数券、各種商品券、QUOカード、切手、ハガキ、印紙、一部のLoppi取次サービス、公共料金・収納代行票での支払いなどがあります。 ミニストップでの使い方 ミニストップは、PayPayで支払う前にWAON POINTカードを提示すれば、 とPayPayボーナスのポイント二重取りが可能です。 他のクレジットカードや電子マネーとの併用はできません。 クレジットカード払いの場合、1日の利用金額の上限はローソンと同じで、本人認証前は5,000円、3Dセキュアによる本人認証が完了していれば直近24時間で20,000円まで、直近30日間で50,000円まで利用可能です。 ミニストップのPayPay決済対象外商品は、MINISTOP Loppi取り扱いサービス・商品、はがきやギフトカードなど金券類、公共料金の収納代行、ゆうパックなどがあります。 ポプラでの使い方 ポプラでは、PayPayで支払う前に楽天ポイントカードを提示することで、楽天ポイントとPayPayボーナスのポイント二重取りができます。 楽天ポイントを貯めたい方は、楽天ペイで支払えばすべて楽天ポイントで貯めることも可能です。 楽天ペイとPayPayのポイント還元率はキャンペーンの実施状況によって異なるので、最新情報をチェックしお得な方を利用しましょう。 ポプラのPayPay決済対象外商品には、切手、印紙、ハガキ、ギフトカード、プリペイドカード、チケット、回数券、宅配便、地域ゴミ袋、ゴミ処理券、料金収納代行票での支払いなどがあります。 セブンイレブンでの使い方 2019年7月1日から全国20,925店舗のセブンイレブンで、PayPayやその他「メルペイ」、「LINE Pay」などのバーコード決済が利用可能となりました。 セブンイレブンでは、PayPay以外の支払い方法の併用ができません。 そのためnanacoポイントを貯めたいときは、PayPayではなくnanacoで支払いましょう。 しかしセブンイレブンの電子決済サービス、「7pay」が終了したことで、今後ポイント還元制度が変更される可能性もあります。 少しでも多くのポイントをゲットするため、今後発表されるお知らせには十分注意しておきましょう。 コンビニでPayPay ペイペイ が使えないときの原因は? PayPayならスマホ一つ持っていればコンビニでお買い物ができますが、会計時になぜか決済できず、ひやっとするようなトラブルも起きる場合があります。 PayPay決済ができなくなる場合、次のような原因が考えられるので、特に現金やクレジットカードを持ち歩かない方は事前に対処しておくようにしましょう。 PayPay ペイペイ の上限金額を超えている まとめ買いや高めの商品を購入した際には、PayPayの上限金額を超えてしまい、PayPay決済できなくなることがあります。 ファミリーマートでは1日あたりの上限金額が4,000円となっているように、コンビニ独自で上限が定められている場合もありますが、基本的にPayPayであらかじめ定められている上限金額が適用されます。 上限金額は支払い方法によって異なり、不正利用防止のために本人認証が必要となったことで、本人認証の前後で利用可能な金額に違いができました。 また、PayPayの発表によると、特定の条件を満たしたユーザーは青バッジが付与されます。 青バッジユーザーになると支払いの上限金額はアップします。 ただし青バッジユーザーになる条件は公表されていません。 支払方法ごとの上限金額は以下のとおりです。 本人認証前 直近24時間 本人認証前 直近30日間 本人認証後 直近24時間 本人認証後 直近30日間 Yahoo! JAPANカードからのチャージ 利用不可 利用不可 2万円 5万円 Yahoo! JAPANカードからのチャージ 青バッジユーザー 利用不可 利用不可 25万円 25万円 銀行口座からのチャージ 50万円 200万円 - - 本人認証とは、事前にクレジットカード会社に登録したパスワードを買い物時に入力することにより、「なりすまし」などの不正利用を防ぐためのサービスです。 本人認証を済ませることで上限金額が増額されますが、利用金額が大きくない方でもセキュリティ強化のために本人認証をおこなうことをおすすめします。 ただし、 クレジットカード払いの場合、上限金額は本人認証前だと1日に5,000円までで、本人認証後でも1日に2万円まで、1カ月間に5万円までしか利用できません。 コンビニでの買い物のように少額しか利用しない方なら問題ないかもしれませんが、家電やホテル宿泊費など大きな額を利用する方は残高支払いが向いているでしょう。 残高支払いをする場合は事前に残高チャージをしておいたほうがいいです。 銀行口座からの残高チャージは、1日に50万円、1カ月間に100円まで可能です。 現金を持ち合わせいないときに買い物が必要となる場面もあるかもしれないので、即チャージができるよう銀行口座の登録を済ませておくだけでも安心できます。 PayPay ペイペイ に登録したクレジットカードの限度額を超えている 登録したクレジットカードの限度額を超えている場合はPayPayで決済することができません。 PayPayの支払方法をクレジットカードに設定している場合、クレジットカードの利用限度額を超えないようご注意ください。 クレジットカードの限度額は個人によって異なりますが、一般カードの場合、10万円から100万円程度に定められていることが多いです。 ご自分のクレジットカードに設定されている利用限度額は、各クレジットカードのマイページで確認が可能なので、一度ご確認ください。 PayPay ペイペイ での決済が対象外の商品を買おうとしている コンビニではPayPay決済が対象外となる商品があります。 コンビニによって対象外となる商品は異なるので、お買い物の際、店員に確認してみてください。 PayPay決済ができない主な商品は次のとおりです。 これで、無事にPayPayへのチャージが完了しました。 チャージ額についてはPayPayアプリから確認できるので、操作が終わったらチェックしましょう セブン銀行ATMを利用すれば、レジに行かなくても気軽にチャージができます。 PayPayチャージに時間の制限はありませんので、休日や年末年始でも安心です。 PayPay ペイペイ とコンビニの関係のまとめ PayPayをコンビニで利用する方法について解説させていただきました。 ファミリーマートやローソン、ミニストップ、ポプラなどの大手コンビニではPayPayが導入されていて、指定のポイントカードを提示すればポイント二重取りも可能だというメリットがあります。

次の

PayPay|セブン‐イレブン~近くて便利~

セブン ペイペイ

第2弾100億円キャンペーンで話題を集めたPayPay。 ファミリーマートに続き、2019年3月26日からは全国のローソン店舗がPayPay決済に対応しました。 さらに2019年7月1日からはコンビニ最大手のセブンイレブンもPayPay決済への対応を開始し、大手コンビニのすべてがPayPay決済可能になりました! 2020年2月にPayPay残高またはヤフーカードで支払った場合のポイント還元率が0. 5%ものポイントが貯まります 還元率は店舗によって異なります。 この記事では、それぞれのコンビニでPayPayを活用する方法について解説していくので、増税を機にコンビニでもPayPayを活用しましょう。 PayPay ペイペイ を使ってコンビニで決済する方法をご紹介! PayPay決済が可能なコンビニは、2020年3月現在、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ、セブンイレブン、 セイコーマート、デイリーヤマザキです。 2018年にPayPayのサービスが提供開始されて以来、PayPayの利用可能店舗が続々と拡大されてきましたが、ついにセブンイレブンがPayPayに対応したことでコンビニでの利便性は大幅に向上したといえます。 それによって、今後コンビニでもPayPayを活用していきたいと考えるようになった方は多いでしょう。 いざ決済しようとしたときに使い方がわからず混乱してしまうことがないよう、それぞれのコンビニでの利用方法をご説明します。 PayPayの支払方法には、「スキャン払い」と「コード支払い」の2通りがありますが、コンビニでは「コード支払い」が主流です。 コンビニでの基本的な支払方法は共通しています。 まずはアプリ起動後、店員にPayPay決済することを伝え、アプリの「支払う」をタップしてください。 お買い物の前に、アプリのダウンロードと支払い方法の登録を忘れないようにしてください。 PayPay残高で支払う場合は、残高をチャージしておきましょう。 2019年10月以降も「ヒートテック1枚買うともう一枚無料」のなど非常にお得な「ワクワクペイ」のキャンペーンがどんどん実施される予定です。 普段の生活で身近なコンビニでのお買い物もPayPayを利用すれば、現金で支払うよりもずっとお得になるでしょう。 PayPayのキャンペーン以外にも、それぞれのコンビニでPayPayの使い方を工夫すればさらにお得に利用できるので、ここからはおすすめの使い方をご紹介します。 ファミリーマートでの使い方 ファミリーマートは、PayPayで支払う前に またはTカードを提示することで とPayPayボーナスのポイント二重取りが可能です。 他の電子マネー、クレジットカードとの併用はできません。 1日あたりの支払い金額の上限は 4,000円となっているので、上限を超えないようご注意ください。 食品や飲料などほとんどの商品はPayPay決済できますが、公共料金の支払いやFamiポート取り扱い商品・サービス、プリペイドカード、宅急便、切手、はがきなど一部利用できない商品があります。 ローソンでの使い方 PayPayの利用可能な店舗には、ローソンに加え、ローソングループのナチュラルローソン、ローソンストア100も含まれます。 ローソンでは、PayPayで支払う前に を提示すればPontaポイントが付与され、dポイントカードを提示すれば dポイントが付与されます。 しかし、Pontaポイントとdポイントどちらも貯めることができないので注意が必要です。 したがってPontaポイント、またはdポイントとPayPayボーナスのポイント二重取りが可能です。 他のクレジットカードや電子マネーとの併用はできません。 クレジットカード払いの場合、1日の利用金額の上限は5,000円ですが、3Dセキュアによる本人認証が完了していれば、利用金額は直近24時間で20,000円まで、直近30日間で50,000円まで引き上げることができます。 利用金額が高めな方は、お買い物の前に本人認証を完了しておくと安心ですね。 ローソンのPayPay決済対象外商品には、テレホンカード類、バスカード、各種乗車券・回数券、各種商品券、QUOカード、切手、ハガキ、印紙、一部のLoppi取次サービス、公共料金・収納代行票での支払いなどがあります。 ミニストップでの使い方 ミニストップは、PayPayで支払う前にWAON POINTカードを提示すれば、 とPayPayボーナスのポイント二重取りが可能です。 他のクレジットカードや電子マネーとの併用はできません。 クレジットカード払いの場合、1日の利用金額の上限はローソンと同じで、本人認証前は5,000円、3Dセキュアによる本人認証が完了していれば直近24時間で20,000円まで、直近30日間で50,000円まで利用可能です。 ミニストップのPayPay決済対象外商品は、MINISTOP Loppi取り扱いサービス・商品、はがきやギフトカードなど金券類、公共料金の収納代行、ゆうパックなどがあります。 ポプラでの使い方 ポプラでは、PayPayで支払う前に楽天ポイントカードを提示することで、楽天ポイントとPayPayボーナスのポイント二重取りができます。 楽天ポイントを貯めたい方は、楽天ペイで支払えばすべて楽天ポイントで貯めることも可能です。 楽天ペイとPayPayのポイント還元率はキャンペーンの実施状況によって異なるので、最新情報をチェックしお得な方を利用しましょう。 ポプラのPayPay決済対象外商品には、切手、印紙、ハガキ、ギフトカード、プリペイドカード、チケット、回数券、宅配便、地域ゴミ袋、ゴミ処理券、料金収納代行票での支払いなどがあります。 セブンイレブンでの使い方 2019年7月1日から全国20,925店舗のセブンイレブンで、PayPayやその他「メルペイ」、「LINE Pay」などのバーコード決済が利用可能となりました。 セブンイレブンでは、PayPay以外の支払い方法の併用ができません。 そのためnanacoポイントを貯めたいときは、PayPayではなくnanacoで支払いましょう。 しかしセブンイレブンの電子決済サービス、「7pay」が終了したことで、今後ポイント還元制度が変更される可能性もあります。 少しでも多くのポイントをゲットするため、今後発表されるお知らせには十分注意しておきましょう。 コンビニでPayPay ペイペイ が使えないときの原因は? PayPayならスマホ一つ持っていればコンビニでお買い物ができますが、会計時になぜか決済できず、ひやっとするようなトラブルも起きる場合があります。 PayPay決済ができなくなる場合、次のような原因が考えられるので、特に現金やクレジットカードを持ち歩かない方は事前に対処しておくようにしましょう。 PayPay ペイペイ の上限金額を超えている まとめ買いや高めの商品を購入した際には、PayPayの上限金額を超えてしまい、PayPay決済できなくなることがあります。 ファミリーマートでは1日あたりの上限金額が4,000円となっているように、コンビニ独自で上限が定められている場合もありますが、基本的にPayPayであらかじめ定められている上限金額が適用されます。 上限金額は支払い方法によって異なり、不正利用防止のために本人認証が必要となったことで、本人認証の前後で利用可能な金額に違いができました。 また、PayPayの発表によると、特定の条件を満たしたユーザーは青バッジが付与されます。 青バッジユーザーになると支払いの上限金額はアップします。 ただし青バッジユーザーになる条件は公表されていません。 支払方法ごとの上限金額は以下のとおりです。 本人認証前 直近24時間 本人認証前 直近30日間 本人認証後 直近24時間 本人認証後 直近30日間 Yahoo! JAPANカードからのチャージ 利用不可 利用不可 2万円 5万円 Yahoo! JAPANカードからのチャージ 青バッジユーザー 利用不可 利用不可 25万円 25万円 銀行口座からのチャージ 50万円 200万円 - - 本人認証とは、事前にクレジットカード会社に登録したパスワードを買い物時に入力することにより、「なりすまし」などの不正利用を防ぐためのサービスです。 本人認証を済ませることで上限金額が増額されますが、利用金額が大きくない方でもセキュリティ強化のために本人認証をおこなうことをおすすめします。 ただし、 クレジットカード払いの場合、上限金額は本人認証前だと1日に5,000円までで、本人認証後でも1日に2万円まで、1カ月間に5万円までしか利用できません。 コンビニでの買い物のように少額しか利用しない方なら問題ないかもしれませんが、家電やホテル宿泊費など大きな額を利用する方は残高支払いが向いているでしょう。 残高支払いをする場合は事前に残高チャージをしておいたほうがいいです。 銀行口座からの残高チャージは、1日に50万円、1カ月間に100円まで可能です。 現金を持ち合わせいないときに買い物が必要となる場面もあるかもしれないので、即チャージができるよう銀行口座の登録を済ませておくだけでも安心できます。 PayPay ペイペイ に登録したクレジットカードの限度額を超えている 登録したクレジットカードの限度額を超えている場合はPayPayで決済することができません。 PayPayの支払方法をクレジットカードに設定している場合、クレジットカードの利用限度額を超えないようご注意ください。 クレジットカードの限度額は個人によって異なりますが、一般カードの場合、10万円から100万円程度に定められていることが多いです。 ご自分のクレジットカードに設定されている利用限度額は、各クレジットカードのマイページで確認が可能なので、一度ご確認ください。 PayPay ペイペイ での決済が対象外の商品を買おうとしている コンビニではPayPay決済が対象外となる商品があります。 コンビニによって対象外となる商品は異なるので、お買い物の際、店員に確認してみてください。 PayPay決済ができない主な商品は次のとおりです。 これで、無事にPayPayへのチャージが完了しました。 チャージ額についてはPayPayアプリから確認できるので、操作が終わったらチェックしましょう セブン銀行ATMを利用すれば、レジに行かなくても気軽にチャージができます。 PayPayチャージに時間の制限はありませんので、休日や年末年始でも安心です。 PayPay ペイペイ とコンビニの関係のまとめ PayPayをコンビニで利用する方法について解説させていただきました。 ファミリーマートやローソン、ミニストップ、ポプラなどの大手コンビニではPayPayが導入されていて、指定のポイントカードを提示すればポイント二重取りも可能だというメリットがあります。

次の