手足 口 病 大人。 大人も注意“手足口病” 髄膜炎を発症することも

手足口病がうつる期間と感染経路。予防法も!大人も注意|医師監修

手足 口 病 大人

手足口病は大人も感染する! 手足口病は、 コクサッキーウイルス A6型、A10型、A16型、 エンテロウイルス 71型と、 原因となるウイルスは複数あります。 その名の通り、症状は 手、足、口に 水疱が出るのが特徴とされています。 また、 発熱も起こりますが、子供の場合は 数日で快方に向かうのが一般的です。 手足口病は、一つのウイルスに感染すると 終生免疫を獲得しますが、 他のウイルスの 感染は防げないことや、 免疫を獲得していても身体が弱ると機能しなくなることがあるため、一生のうちに複数回かかる人もいる病気です。 中には、大人になってから 何度も再発したという人もいるくらいです。 このように、子供の頃に手足口病を経験した人でも、大人になってから感染する可能性はゼロではありません。 しかも、夏に大流行する病気ではありますが最近では 秋〜 冬に小さく流行することも今では珍しくないため、常に 注意が必要なのです。 子供の症状とどう違う? 大人の手足口病が厄介だと言われる理由は、その 症状の重さです。 12月中旬に患った手足口病の後遺症で、手の爪が剥がれかけてきた。 グラグラでこわい…。 足の皮はまだむけきってないし。 おそるべし大人の手足口病。 — tomo 息子1. そして、高熱に伴う 頭痛や 筋肉痛も深刻な状態になることが多いそうです。 また、妊婦さんの場合は手足口病のせいで 流産や 死産することは無いものの、 胎児に異常を来す可能性は完全には否定できないとのことです。 妊娠中はどんな感染症にも注意が必要ですが、手足口病も気を付けたい病気の一つということですね。 他の病気と見分けるポイントは 手足口病は大人にかかる印象が薄いため、発症しても別な病気だと勘違いされることがあります。 よく勘違いされる病気との 見分け方をご紹介します。 まずは、子供の場合も勘違いされやすい「 あせも」。 手足口病は夏場に多いので、汗をたくさんかくせいですね。 あせもは汗をかきやすい身体の外側、肘や膝の内側、お腹などの やわらかいところに集中的に出やすいですが、 手足口病は手先、足先、そして口の中に出るという特徴があります。 口の中に 発疹があるかどうかを確認するのがわかりやすいですね。 また、 溶連菌感染症も手足口病と間違えやすいと言われています。 こちらは、 喉の違和感や いちご舌と呼ばれる舌の赤い発疹が手足口病に似ているほか、 全身に発疹が出て、発熱があるという共通点があります。 大人の手足口病は高熱になりやすいので、溶連菌と特に症状が似ているようです。 溶連菌には リンパや 扁桃腺の 腫れが起こりやすいのに対し、手足口病には見られないという違いがあります。 また、溶連菌は全身の発疹、手足口病は手、足、口とお尻のあたりと局所的な発疹に留まります。 こちらの記事でも手足口病について詳しく説明しています。 仕事はいつ復帰するべき? 手足口病は伝染病の一つですが、 子供の場合でも発症したからと 出席停止期間が設定されている病気ではありません。 そのため、大人も 自己判断で仕事が不可能だと思う期間だけお休みするのが一般的となります。 仕事復帰も、目立つ発疹が治まったら復帰するという人が多いようです。 ただ、会社の就業規則で手足口病の休業日数について定められていたり、 保育園や幼稚園など、子供に感染させる可能性がある職場については、上長の指示を仰ぐ必要があります。 手足口病はインフルエンザなどとは違い、 治癒証明書などは 必要ないところが多いようですが、 就業規則で必要とされていたり、上長に提出を求められた場合はお金はかかりますが病院で発行してもらいましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 以下のように、 手足口病は大人にはかからないという認識が強い病気です。 下の子が溶連菌感染と手足口病を併発してるのでお休み頂きました と、思ったら自分の手足にもプツプツとなんか出てきた。 口内炎もひどいし、なんか移ってる? 普通、手足口病は大人はかからないはずなんだけど・・・ — Ainosuke Ainosuke1119 気のせいではないと思うのは 英語やフランス語でも書かれている場合 手足口病もヘルパンギーナも、健康な大人はかからないみたい 免疫低下ひどい場合に、かかるみたいだから注意 風邪、インフルエンザに何度もかかる人も注意 免疫低下は、被ばくが原因です — 311 311gohan0 でも、免疫が無かったり、あっても身体が弱って免疫が機能していないときには、やはり感染するリスクはあります。 大人が手足口病にかかるルートは、子供の看病時にうつされることが多いようです。 でも、子供が治ったと思ったら、大人がもっとひどい症状で倒れることになったなんて洒落になりませんよね。

次の

大人の手足口病を早く治す方法|いつ治る?仕事は?病院いくべき?

手足 口 病 大人

概要 手足口病とは、口のなかや手足に(ほっしん)が現れる感染症のひとつで、夏季を中心に流行します。 4歳くらいまでの幼児が発症しやすく、なかでも2歳以下で発症する子どもが多いとされています。 代表的な手足口病の原因ウイルスには、コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型などがあります。 多くの子どもは、小学校に入学する年齢を迎える頃までに、これらのウイルスに感染しており、免疫を獲得しているとされます。 そのため、大人になってから手足口病を発症するケースは、子どもに比べると多くはありません。 手足口病は、基本的には良好な経過をたどって自然に治る病気です。 しかし、発疹などの症状がみられた場合は医療機関を受診し、経過観察することが大切です。 経過中に強いや嘔吐、強い全身倦怠感やむくみが現れた場合は、や、などの重い合併症がないか確認するためにも、医療機関を早期に受診する必要があります。 原因 原因ウイルス 手足口病の原因ウイルスは、大人の手足口病と同様、一種類ではありません。 代表的なウイルスとしては、コクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型が知られています。 また、日本では2009年以降、コクサッキーウイルスA6型が原因となる手足口病が増えています。 どのようなウイルスに感染するかにより、引き起こされやすい合併症などは異なります。 感染経路 原因となるウイルスは、次の経路を介して感染します。 飛沫感染 感染している人が咳やくしゃみをした際に、唾液や鼻水などに混ざって排出されたウイルスを取り込むことで、感染することがあります。 経口感染・糞便感染 手足口病の原因ウイルスは、感染している人の便や皮膚にできた水疱(水ぶくれ)の中にも含まれます。 これらのものに触れた手を介し、ウイルスを取り込むことで感染が成立することもあります。 お子さんの排泄物を処理した後は手を洗う、日頃から手洗いうがいを習慣づけるといった一般的な対策が、手足口病の予防においても重要です。 症状 原因ウイルスに感染してから、3~5日程度の潜伏期間 *を経て、次のような症状が現れます。 *コクサッキーウイルスA16型、エンテロウイルス71型の潜伏期間です。 水ぶくれ状の発疹 手足口病では、手のひら・足の裏・口のなかに小さな水ぶくれが生じます。 この水ぶくれを水疱(すいほう)とよびます。 水疱はおしりやひざに生じることもあります。 口腔内のはすぐに破れて潰瘍性になります。 熱は出ないことが多いとされます。 手足口病の症状は、3~7日ほど経つと消えていき、治癒に向かいます。 手足口病の水ぶくれは、(すいとう)と異なり、消退までの過程で「かさぶた」にならないという特徴があります。 爪の症状 手足口病の原因となっているウイルスにより、特徴的な症状がみられることもあります。 たとえば、コクサッキーウイルスA6による手足口病では、水疱のサイズが比較的大きく、発症後数週間を経て爪が剥がれる「爪脱落」がみられる場合もあると報告されています。 以下の症状が出た場合はご注意ください 子どもの手足口病患者さんの大半は、合併症を来すことなく治癒に向かいます。 しかし、まれに、、手足のしびれ、ギランバレー症候群、など、重い合併症が生じることがあります。 お子さんに次の症状がみられる場合は、すみやかに医療機関を受診しましょう。 元気がない• 吐いた• 発熱が2日以上続いている• 強い全身倦怠感を伴うむくみ、腹痛など 治療 手足口病そのものを治す治療薬は存在しないため、基本的には症状を抑えることを目的とした治療が行われます。 たとえば、口内の水疱による痛みや、脱水をコントロールするために、薬や点滴による治療が行われることがあります。 これを対症療法といいます。 脱水への対応 水分補給・食事の工夫 手足口病を発症しやすい年齢層(主に4歳頃まで)の子どもは、脱水状態に陥りやすい傾向があるため、こまめに少量ずつ水分を与えることが大切です。 口のなかにできた水疱は強い痛みを伴うため、口から飲食物を摂ることを嫌がる患者さんもいます。 このような場合は、痛み止めの薬を使いながら、柔らかく薄味の食べ物を与えることなども必要になります。 主治医の説明をよく聞き、必要に応じて食事内容を工夫しましょう。 点滴 脱水が進行し、口からの飲食物の摂取が難しい場合は、点滴による水分の補給も検討されます。 合併症の治療 手足口病は、多くの場合数日で治癒に向かいますが、まれにや、麻痺、などの合併症を発症することがあります。 通常の手足口病とは異なる様子がみられた場合には、その患者さんの状態に応じた治療方法が検討・追加されます。

次の

大人も要注意? 深刻化する手足口病とは?

手足 口 病 大人

Sponsored Link 大人の手足口病の初期症状は? 大人の手足口病は、まず 初期症状として水疱(水ぶくれ)が現れます。 病気の名前の通り、手や足、口の中に水疱が出来ますが、体などの他の部位に水疱が出来ることはありません。 水疱が出来やすい部位は、手のひら、足の裏、口の中全般ですね。 特に口の中は唇の裏から喉の奥、舌の付け根などにも水疱が現れる場合があります。 初期症状として 発熱が出る場合もあるのですが、およそ3人に1人出るかどうかといったところですので、人によるところが大きいと言えるでしょう。 また、水疱が出るより前に痛みやかゆみを感じる場合もありますので、 喉の痛みや口の中のかゆみなどにも注意をすると良いですね。 Sponsored Link 大人の手足口病の症状や経過について 大人の手足口病で出てくる症状は、基本的には子供とほとんど同じと考えておきましょう。 ただ、 子供に比べると症状はひどいことが多く、微熱で済むところが高熱になったり、口の中の痛みが激しいといったことが少なくありません。 初期症状も含め、大人の手足口病でよく現れる症状は以下の通りです。 手・足・口の中の水疱• 口の中や喉の痛み• かゆみ(口の中が多い)• 発熱(高熱になることが多い)• 体のだるさ• 口内炎(口の中の水疱が割れることによる)• 食欲低下 初期症状の時にもお話した通り、 手足口病で必ず出る症状は手足や口の中の水疱です。 大人の場合はこの水疱による症状がひどいケースが多く、水疱が潰れて出来る口内炎が原因で口の中や喉にひどい痛みを感じることも少なくありません。 口内炎による痛みは、多くの場合3~5日目あたりにピークを迎えます。 症状がひどい間は口に物を入れるだけでも激痛が走り、食事もままならないといった状態になりがちですね。 また、 足に水疱が出来た場合は、体重がかかって痛い、こすれて痛いといったことも多いです。 その他、大人の手足口病では高熱も合わせて出てくることが多いですね。 熱が出るのは3人に1人といったところですが、 いざ発熱することになると高熱になりやすいと考えておきましょう。 大人の手足口病のその他の症状 上に書いたもの以外の症状として、 下痢や嘔吐、頭痛、筋肉痛、悪寒などの症状が現れる場合もあります。 下痢や嘔吐などはまれな症状ですが、ウイルスが胃腸にも感染した場合に起こることがありますので、一応注意しておきましょう。 あとは指などに発疹が出た場合、 発症から1~2ヶ月後になって爪がはがれることも少なくありません。 爪がはがれると聞くとゾッとしますが、さほど痛みなどはなく、新しい爪も自然に生えてきますので、それほど心配はしなくても大丈夫です。 手足口病の経過について 症状の大まかな経過としては、 発熱は発症から2~3日、水疱や口内炎は発症から7~10日ほど続くと考えておきましょう。 発熱と水疱はほぼ同時、もしくは水疱が少し遅れて現れ始めますが、 口内炎は水疱が潰れて出来るため、2~3日遅れて熱が下がる頃に出てくることが多いです。 口内炎が出始めてからは、口の中や喉の激痛が出てきます。 おそらく口内炎がひどくなる前も喉の痛みは多少あったかと思うのですが、 ここで出てくる痛みはこれまでとは比較になりません。 口内炎による痛みのピークは発症から3~5日目あたりで、あまりに痛いので食事を口に入れるのも辛い状態が続きます。 そして、 発症から6日目あたりから徐々に口の中や喉の痛みが軽くなっていき、7~10日あたりで痛みがほぼ落ち着くといった経過をたどることが多いですね。 最終的に、水疱や口内炎が枯れた段階で完治と言えるでしょう。 ただ、経過や現れる症状は人によっても変わってきますので、必ずしも同じような経過をたどるとは限りません。 ここに書いた内容は、あくまで参考程度として読むようにしてください。 大人の手足口病の治療法と対処法について 手足口病には、いわゆる特効薬のようなものを使った治療方法はありません。 そのため、一般的な風邪などと同じで、症状を緩和する 「対症療法」が中心に行われています。 大人の手足口病で言えば、 高熱に対する解熱剤、痛みに対する鎮痛剤、かゆみに対するかゆみ止めなどですね。 つまり、 治療はあくまで自然に治るのに任せる形で、症状がひどい時だけ薬に頼るというイメージを持っておけば良いでしょう。 ただ、自然治癒するとは言っても、早く治すためには適切な対処法を行う必要があります。 自宅で対処する際には、以下の3つのポイントをおさえておきましょう。 水分補給を行いつつ休養する• 口内炎による痛みがひどい場合も食事を食べる• イソジンでうがいをして喉を消毒する 1. 水分補給を行いつつ休養する 大人の手足口病は、症状が重症化しやすいことで知られています。 下手に動いて免疫力を落としてしまうと悪化の危険性がありますので、 まずはしっかりと休むようにしましょう。 会社や仕事のことが気になる方もいるかもしれませんが、下手に出勤しても辛い上に周囲の人にうつしてしまう可能性がありますから、止めておいた方が無難です。 また、熱や下痢といった症状が出た場合には脱水症状を起こすことがありますので、 水分補給もこまめに行うようにしましょう。 飲み物は塩分も合わせて補給できる 「経口補水液OS-1」がおすすめです。 他の病気になった際にも使えますので、まとめて購入しておくと便利ですね。 口内炎による痛みがひどい場合も食事を食べる 口内炎による痛みがひどい場合、何かを口の中に入れるだけでも激痛が走るので、どうしても食欲低下を起こしてしまいがちですよね。 ただ、 痛みがひどいからといって食事を食べないでいると、栄養が足りずなかなか口内炎が治らないといったことにもなりかねません。 ですので、 口内炎がひどい期間でも出来るだけ食事は食べるようにしましょう。 熱いものや塩味のあるもの、酸味のあるもの、香辛料の入ったものなどは痛みがひどくなりますので、 冷ましたおかゆやうどん、たまご豆腐など、のど越しが良く柔らかい食べ物がおすすめです。 のど越しの良いものですら厳しい場合は、 冷やしたプリンやコーヒーゼリー、アイスクリームなどが食べやすいことが多いです。 多少冷えているものの方が痛みを鈍感にしてくれますので、どうにも食べるのが辛い場合には試してみると良いでしょう。 イソジンでうがいをして喉を消毒する イソジンには殺菌作用があるので、口の中や喉の口内炎に効果的です。 余計な菌が繁殖しないようにしてくれますので、 雑菌が入って口内炎が悪化してしまうのを防ぐ働きがあると言えるでしょう。 ただ、イソジンはあくまで殺菌消毒用のうがい薬であって、ネット上でよく書かれているような 口内炎の痛みを直接抑える効果はありません。 口内炎が悪化しなければ治りも早いので、結果的に痛みが少なく済むことはありますが、痛みを抑える保証があるわけではないことを覚えておいてくださいね。 また、口内炎にイソジンを使うのは、いわば傷口を消毒するようなものですから、 人によっては強くしみる場合があります。 口の中は元々雑菌が繁殖しにくい場所ですから、ひどくしみるのであれば無理にイソジンを使う必要はないでしょう。 Sponsored Link 大人の手足口病で仕事は出勤停止になる? 手足口病はうつる病気ではあるものの、特に会社を出勤停止になるような病気ではありません。 そのため、一般的には 症状がある程度落ち着けば仕事に出勤しても問題ないと言えるでしょう。 具体的には、 熱が下がって1~2日経過しており、食事が食べられる状態であれば出勤しても大丈夫ですね。 大人の場合、水疱や口内炎が多少残っていても感染する可能性は低いですから、 手洗いやうがい、マスクの着用といった感染予防対策をしておけば感染のリスクも高くありません。 ただ、 子供と直接関わる保育士などの仕事の場合は注意が必要です。 子供は手足口病のウイルスに免疫を持っていないことが多いので、感染を広げないように水疱や口内炎が枯れて跡になる程度まで待ってから仕事を再開した方が良いでしょう。 手足口病の感染期間や感染経路、予防法については、以下の記事で詳しくお話していますので合わせて読んでおいてくださいね。 感染率は低いとはいえ、大人から大人に感染することもありますから、軽い症状であっても無理に仕事に出勤しないよう注意してくださいね。 また、発熱や痛みなどの症状がひどい場合には、必要な薬を処方してもらうためにも 一度病院を受診しておくことをおすすめします。 何科に行くか迷ったときは 「内科」を受診すると良いでしょう。 なお、妊婦が手足口病に感染した場合については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、参考にしてくださいね。

次の