エクセル 印刷 ショートカット。 覚えなきゃ損!印刷関連のエクセルショートカット

Excel 2013 ショートカットキー一覧

エクセル 印刷 ショートカット

エクセル仕事はショートカットキーを使うことで素早く行うことができるようになります。 このときエクセル作業をマクロ化してショートカットキーで呼び出せるようにすると、エクセル仕事を3倍早くこなすことができます。 しかしエクセルマクロと聞くと、マクロ入門者にはハードルが高いと感じる人は少なくありません。 そこでエクセル初心者であっても「 15分でマクロを作成し、ショートカットキーとして呼び出せるようになる」方法を紹介します。 実際、この方法を使って私も年間で数時間分は仕事を効率化してきました。 その方法について動画を含めて解説をしていきます。 エクセルマクロ初心者であっても、今すぐに実践できるように丁寧に解説をしているので、ぜひ最後まで読んでくださいね。 たとえば、「セルを黄色にする」というエクセルマクロを作成しておきます。 ショートカット設定で、作業のストレスは減らすことができる 普通に使っていると、マウスでエクセルの上の方をカーソルを合わせてクリックしないといけません。 しかも選択するセルを間違えて、作業をやり直すことは少なくありません。 実際、マウスでやるとセルを黄色にするには、 3,4秒かかってしまいます。 では、ショートカット設定しておくとどうでしょう? キーボードを押すだけなので、 1秒かからずに黄色にできます。 しかもマウスの操作ミスも気にしなくていいので、作業が一気に効率化されます。 このようにショートカット設定しているかどうかで、 3秒の差が生じるのです。 わずか15分の設定で、年間10時間分の作業を時短 たとえば1日20回、ショートカットキーを使って操作するとします。 そのため、10コのショートカットキーを設定すれば、年間で30時間の時短が可能になることが分かります。 しかも、ショートカット設定は15分で終わります。 設定方法の詳細は、最初に紹介した動画で詳しく解説しているので、そちらをご覧になることをおすすめします。 ただ動画ではなく文字で理解したい人もいると思いますので、以下ではショートカット設定方法を文字で紹介します。 ショートカット設定の実例 マクロのショートカット設定として、「セルを黄色にする」を紹介しました。 しかし、登録できるマクロのショートカットは、これだけではありません。 ここでは私が実際に活用しているマクロのショートカットの実例を紹介します。 しかし、普通にエクセルを使うと、マウスを動かして、エクセルのリボン部分を探してクリックして、マウスを動かして・・・とする必要があります。 イライラして大変ですよね・・・ 汗 この10コを組み合わせて使うだけで、とんでもない効率化が達成できることがイメージできるはずです。 ここではよく使う10コを紹介しました。 僕の場合、実際には他のショートカット設定を行っています。 しかし、まずはここで紹介しているものを使ってください。 それだけで、一気に効率化できます。 ちなみに、ここで紹介したマクロの中身 ソースコード も、この記事の中で紹介していますので、ぜひこのまま読みすすめていってくださいね。 今すぐ実践!マクロショートカット設定マニュアル それでは、設定マニュアルを紹介します。 ここでは 選択したセルを黄色で塗りつぶす のマクロショートカットキーを割り当てる場合を紹介します。 これで、マウスなしで、一瞬でエクセル作業をこなせるようになります。 このようなショートカットキーをこっそり仕込んでおくことで、仕事を加速できます。 まずはお試しで、この記事で紹介した10コを登録して使ってみるといいでしょう。 お手軽ですが、ボディーブローのように効いてきます。 もし、あなたがエクセルマクロをしっかり学びたいなら、がオススメです。 初心者のための動画講座で、今すぐ始めることが出来ます。 本や教材より時間も節約できて、経済的です。 ぜひ試してみてください。 作業を効率化したいあなたへ!その他のワザを紹介 さらに仕事を効率化させるためには、他にもいろいろな技があります。 以下に紹介していますので、ぜひ合わせてよんでみてください。 エクセルマクロについて詳しく知りたいなら gene320.

次の

【保存版】エクセルショートカット一覧【ランク付】

エクセル 印刷 ショートカット

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 毎週木曜日更新。 でも、この「コピペ」すら省略できるショートカットキーがあるとしたら... 使ってみたくありませんか? 【 エクセル時短】第20回では、データ入力時に効く厳選ショートカットキーを5つ紹介します。 連続するデータの「端」までジャンプできるので、表以外でも利用する機会が多いと思います。 セルA1への移動は[Ctrl]+[Home]キーが便利。 表の右下に移動したいなら、[Ctrl]+[End]キーです。 [Shift]キーと組み合わせればセル範囲の選択にも応用可能。 アクティブセルから、上端、末尾、右端、左端、セルA1、表の右下までのセル範囲をまとめて選択できます。 なお、行選択の[Ctrl]+[Space]キーと、列選択の[Shift]+[Space]キーも覚えておくと便利です。 [Ctrl]+方向キーを押せば、アクティブセルを表の上端、末尾、右端、左端に移動できます。 また、[Ctrl]+[Home]キーでセルA1へ、[Ctrl]+[End]キーで表の右下へ移動できます。 [Ctrl]+[D] 上のセルと同じデータを入力する すぐ上のセルのデータをもう一度入力するなら[Ctrl]+[D]キーがおすすめ。 コピペよりも確実に速く入力できます。 あらかじめ行を選択しておけば、上の行と同じデータをそのまま入力することも可能。 同様のショートカット[Ctrl]+[R]キーなら、左側のセルと同じデータを入力できます。 [Ctrl]+[D]キーを押せば、すぐ上のデータをもう一度入力できます。 ここでは1行選択してから[Ctrl]+[D]キーを押して、すぐ上の行の内容をコピーしています。 データを再利用できるだけでなく、データの入力間違えを防ぐメリットもあります。 [Ctrl]+[Enter] 複数のセルにデータを入力する 複数のセルに同じデータを入力するなら、[Ctrl]+[Enter]キーを覚えておきましょう。 データを入力したいセル範囲を選択し、1つのセルで入力を確定するときに[Ctrl]+[Enter]キーを押すと、ほかのセルにも一気に入力できます。 セル範囲を選択してデータを入力しました。 ここで[Enter]キーではなく、[Ctrl]+[Enter]キーを押すと...... 選択していた複数のセルにまとめてデータを入力できます。 このテクニックは、連続していないセル範囲でも使えます。 [Ctrl]キーを押しながらセルをクリックし、飛び飛びのセル範囲に同じデータを入力してみましょう。 入力済みのセルをまとめて修正したいときにも有用です。 [Ctrl]キーを押しながらセルをクリックすると、連続しないセル範囲を選択できます。 この状態でデータを入力して[Ctrl]+[Enter]キーで確定します。 [Ctrl]+[;]キーで現在の日付、[Ctrl]+[:]キーで現在の時刻を入力できます。 地味なショートカットですが、すばやく正確に日時を入力できるのは便利です。 TODAY関数やNOW関数とは違い、ファイルを開き直しても再計算されません。 日付や時刻を全角で入力してしまい、いざ日時の計算をしようとしたらエラーになってしまった、ということもあります。 また、連続した日付を入力したいときにも、今日の日付を入力してから修正したほうが時短できます。 このショートカットキーはコメントでも使えるので、コメント入力時のタイムスタンプとして使うのも便利ですね。 [Ctrl]+[;]キーを押した瞬間、現在の日付を入力できます。 [Enter]キーを押して確定すると...... セルの表示形式にあわせた形になります。 [Ctrl]+[:]キーなら現在の時刻です。 以上のショートカットキーを覚えて、アクティブセルの移動やデータの入力の時間を省略すれば、作業効率を確実にアップできるはずです。 ふだんの業務にぜひ取り入れてみてください。

次の

Excel 2013 ショートカットキー一覧

エクセル 印刷 ショートカット

エクスプローラをショートカットキー一発で起動する まずは、 『エクスプローラ』を一発で起動するショートカットキー。 『Windows』キーと『E』を同時に押すだけで、次のようにエクスプローラが起動されます。 『E』はエクスプローラ(Explorer)の『E』なので、覚えやすいですよね。 また、『Windows』+『E』を押すたびに新しいウィンドウ(エクスプローラ)が開かれていきます。 そもそも、スタートメニューやタスクバーのショートカットアイコンからも『エクスプローラ』は起動できます。 でも、やっぱり マウス操作よりもキーボード操作の方が断然早いので、このショートカットキーをおすすめします。 エクスプローラを閉じる場合のショートカットキー 開いた『エクスプローラ』は『ALT』+『F4』のショートカットキーで閉じることができます。 ちなみに、このショートカットキーは 『エクスプローラ』に限らず、いろんなアプリで使えるショートカットキーなので、覚えておいて損はないと思います。 エクスプローラのアドレスバーを選択できるショートカットキー 続いては、 エクスプローラのアドレスバーを一発で選択できるショートカットキーです。 エクスプローラで『ALT』+『D』を押すと、アドレスバーがアクティブ(選択された状態)になります。 普通はアドレスバーをマウスでクリックして選択しますが、これもショートカットキー『ALT』+『D』で一発で選択することができ、続けてコピーやペーストの操作ができるので便利です。 このショートカットキーを使うと、ブラウザなどからアプリをダウンロードする時に指定のフォルダパスに簡単にダウンロードさせることができます。 フォルダパスの貼り付けを使えば、保存したいフォルダパスをドライブのパスから1つずつ指定しないで済むので、かなり効率よくフォルダパスを指定することができます。 アドレスバー選択のショートカットキーはブラウザでも使える 実は、アドレスバー選択のショートカットキー『ALT』+『D』は、すべてのブラウザ(Chrome、Firefox、IE、Edge)でも使えます。 お気に入りのページがあった場合、『ALT』+『D』を押してコピーすれば、テキストファイルやメールに簡単にアドレス(URL)を貼り付けることができるので、なかなか便利です。 エクスプローラで便利なショートカットキーのまとめ.

次の