ほっかほっか亭 ほっともっと。 【2020年7月最新版】人気の弁当チェーンのキャッシュレス対応状況(ほっともっと,オリジン弁当,ほっかほっか亭,本家かまどや,日本亭)

「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」ってどう違う?2つの関係は?

ほっかほっか亭 ほっともっと

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年1月) を皮切りに、"Honesty"(まじめに)"Hot"(つねにあたたかいお弁当)"Heart"(こころをこめて)の『3H』を基本理念として、銘柄米を使った炊きたてのと作りたてのという、それまでの弁当販売の概念を覆すメニューを提供した。 (昭和53年)4月に株式会社化。 (昭和56年)に 株式会社を設立し、各事業会社が同社のフランチャイジーとして店舗を運営する形態に変更した。 2008年(平成20年)5月時点では、株式会社ハークスレイが・以外ので、・九州地方・山口県エリアでは株式会社が、として店舗を運営(直営ないし加盟店への委託)していた。 しかしプレナスが2008年(平成20年)5月14日をもってフランチャイズ契約を解消した。 (詳しくは「」の項目を参照のこと)。 これにより、同社の直営・加盟店を合わせて3,294店あった店舗のうちの2,028店と、サンコー株式会社が運営する茨城地区の50店の、合わせて2,078店が新ブランド「」に転換したため 、(平成20年)5月15日時点での店舗数は1,363店となった。 約2,300店を展開していたが持ち帰り弁当業界首位に浮上し、ほっかほっか亭は業界3位に転落した。 しかしプレナスのエリアから完全に店舗がなくなったわけではなく、一部の店舗がほっかほっか亭として存続したほか、解約後、当エリア内にほっかほっか亭としての新規出店も行われている。 ほっかほっか亭は2018 年現在も持ち帰り弁当店の店舗数は3位である。 なお、(平成27年)10月現在、・・・・・・には店舗がない。 エリアフランチャイズにより地域ごとに運営会社が異なっているため、メニューなども地域ごとに違っている。 2008年(平成20年)より新ブランドロゴへ一新された(ブランドカラーの赤と黄色は以前と同様継続し、「3H」を模した3つの「H」が描かれている)。 以前は、ほっかほっか亭の頭文字の「H」をデザイン化し、側面には「HOKKAHOKKATEI」と書かれていた。 店頭のブランドロゴは順次、新ブランドロゴへ入替中ではあるが、現在 [ ]でも旧ブランドロゴで営業している店舗もある。 にほっかほっか亭総本部はハークスレイの完全子会社となり、同年に同社に合併され消滅した。 これによりほっかほっか亭は、かつてフランチャイジーだったハークスレイがフランチャイザーとなって運営する店舗に移行した。 各地区本部 [ ] 2015年(平成27年)9月30日以前の各地区本部については「」を参照 東日本(旧・株式会社ほっかほっか亭総本部直轄)・山口県・九州エリアはかつてプレナス直営・加盟店だった。 プレナスがフランチャイズ契約を解約したため、鹿児島県にある鹿児島食品サービスは総本部直轄の地区本部となり、他地域は総本部が、直営店を含めたほっかほっか亭へ残留した店舗の運営・管理指導を行ってきた(解約当時は、熊本県にあるマルコフーズがほっかほっか亭熊本地区本部を設立し運営していたが、自己破産を申請したためハークスレイの運営となった)。 2008年(平成20年)4月、はほっかほっか亭総本部と新規契約しほっかほっか亭宮崎地区本部を設立、同年7月には西日本畜産株式会社とも新規契約し、前述の2社とあわせて九州地区の各地区本部となった。 運営会社 地区 株式会社ハークスレイ (直轄) 当初から運営 、、、、、 、、(除く)、、 、、、、 旧・株式会社ほっかほっか亭総本部ほか 、、、、、、 、、、、、 株式会社ハークスレイ福岡支店 (旧・株式会社ほっかほっか亭総本部福岡支店) 、、 連結子会社 株式会社鹿児島食品サービス (ほっかほっか亭鹿児島地区本部) 業務提携 株式会社ほっかほっか亭京滋地区本部 、 株式会社ほっかほっかフーヅ (ほっかほっか亭四国地区本部) 、、、、兵庫県(淡路島のみ) 株式会社みちのくジャパン (ほっかほっか亭岩手地区本部・青森地区本部) 、 西日本畜産株式会社 (ほっかほっか亭大分地区本部) 株式会社ほっかほっか亭宮崎地区本部 弁当メニュー [ ] メニューやキャンペーンは、運営会社・地区により異なっている。 岡山県のラジオ局の場合は四国の一部や兵庫県の一部でも受信できる為に「四国・淡路島は対象外となります」というアナウンスが最後に入る。 問題 [ ]• (平成19年)11月10日 - 山梨県の山梨万力店(旧プレナス管理店)にて、店長の指示によるの改竄が行われていたことが、同店に勤務していたパート店員のにより発覚。 パート店員は店長に対して改竄をやめるよう進言したところ、店長により解雇された。 ほっかほっか亭は、同店店長を無期出社停止にすると同時に、内部告発したパート店員を別店舗にて再雇用すると発表した [ ]。 脚注・出典 [ ].

次の

「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」の違いを教えてください。

ほっかほっか亭 ほっともっと

弁当チェーンのほっかほっか亭を展開するほっかほっか亭総本部と同チェーンから離脱し、ほっともっとを展開する株式会社プレナスのフランチャイズ契約を巡る裁判の上告審で、最高裁は3月31日プレナスの上告を棄却した。 これによりプレナスに約11億円の支払いを命じた控訴審判決が確定した。 対立の経緯 ほっかほっか亭とフランチャイズ契約を結び、九州地区を中心に弁当販売を行っていたプレナスが東日本を統括する株式会社ほっかほっか亭を吸収合併、さらにほっかほっか亭総本部の買収を目指した。 「ほっかほっか亭」の商標権を保有する株式会社ほっかほっか亭を買収したプレナスは、商標権使用料をほっかほっか亭総本部に請求したが、総本部は独占的使用権を主張してこれを拒否。 両者の関係は悪化し、総本部はプレナスにフランチャイズ契約の更新拒否を通知するに至った。 2008年プレナスはほっかほっか亭から離脱し、ほっともっとを立ち上げた。 裁判の流れ 総本部は、プレナスがフランチャイズ契約更新拒否の通知を受けたにも関わらず、営業を続けたのは競業禁止条項に違反するとして約100億円の損害賠償請求を東京地裁に提訴。 2010年同地裁はプレナスの契約違反は認められないとして、請求を棄却した。 総本部は請求額を約23億円に減額し控訴した。 2012年東京高裁はプレナスが契約終了前に「ほっともっと」に変わりますと記載したポスターを掲示したり名札や帽子を従業員に着用させるなどして「ほっともっと」の宣伝を行い競業禁止条項に違反したとして、一審判決を変更しプレナスに約11億円の支払いを命じた。 2014年3月31日上述のお通り、プレナスの上告が棄却され東京高裁の判決が確定した。 なお、プレナスは総本部によるフランチャイズ契約の不当な打ち切りにより、新たなチェーンの立ち上げを余儀なくされたとして、総本部に対して損害賠償を求める訴訟を起こしている。 2012年一審東京地裁は「契約更新を期待できる状況にあり更新の拒絶は許されなかった」とし総本部に約5億円の支払いを命じた。 これに対し二審東京高裁は、プレナス側に信頼関係を破壊する行為があったと認定し、「両社の共同事業はもはや困難で契約更新の拒否には正当な理由があった」としプレナス敗訴の判決を下している。 本部と加盟店の間で3回にわたり、ロイヤリティーの支払いを約する覚書が交わされ、支払いの猶予期間も与えられていた。 加盟店はブランド価値の維持義務違反を主張した。 本部はフランチャイズシステムの信用、名誉、のれんを傷つける行為を行ってはならない契約上の義務があるとしたものの、義務違反と損害との因果関係は否定された(東京地裁平成22年7月14日).

次の

ほっかほっか亭

ほっかほっか亭 ほっともっと

「ほっともっとvsほっかほっか亭」分裂や裁判とは? 今の若い世代の方は知らないと思いますが、ほんの10年前までは 「ほっともっと」というお弁当屋は存在していませんでした。 元は 「ほっかほっか亭」だけが存在していたのですが、商標権の支払いを巡って対立が始まります。 話し合いでは決着がつかずに裁判沙汰に発展。 最終的に「ほっかほっか亭」との契約を解約して「ほっともっと」を立ち上げることに。 こうして「ほっかほっか亭」と「ほっともっと」の2つに分裂してしまいました。 なお、店舗数は「ほっともっと」の方がだいぶ上回っています。 「ほっともっと・ほっかほっか亭」隣どうしの奇跡の2店舗! 問題の店舗は千葉県千葉市中央区の問屋町という場所に存在します。 千葉のシンボルである「ポートタワー」のすぐ近くです。 さすがに他県の人は「ポートタワー」は知らないだろうな。 そしてコチラが実際に現地に出向いて撮ってきた写真になります。 隣どうしのほっともっと・ほっかほっか亭 驚いた!! 同じ敷地内というよりは完全に隣り合って営業されています。 普通から考えるとお弁当屋さんが2軒並んでいるだけでも珍しいのに分裂までしたライバル店がこのような状態で営業しているのはすごく興味深いです。 とは言っても実際に働いている社員さんやバイトさんには分裂の話は関係ないので隣どうしでも問題はないとは思いますが。 近所の人は2店舗から選べるのですごく便利そうな気がします。 2店舗が並ぶことで注目も高まるので良い相乗効果がでてるのかもしれないですね。 ここからは管理人が2店舗の外観から受ける印象を比較してみます。 「ほっともっと」 「ほっかほっか亭」 今風のシャレたカフェのような作りで、一見すると弁当屋とは思えないような外観。 都会やオフィス街でも違和感なく馴染みそう。 女性でも入店しやすそう。 昔ながらのお弁当屋さんという外観。 オシャレな感じはしないがなぜかホッとして懐かしい感じがする。 店の外観を見ただけで弁当が想像できワクワクする。 「ほっともっと」と「ほっかほっか亭」どちらも同じお弁当屋ですが、見た目から受ける印象が全くといっていいほど違ってきます。 「のり弁当」どっちがおいしい?違いを比較! 両方のお店で1番安い 「のり弁当」を購入してきました。 ほっかほっか亭の「のり弁当」はタルタルソースが最初から付属されているためほっともっとより多少価格が高くなります。 「のり弁当」 ほっかほっか亭 ほっともっと 360円 300円 共通の具材 白身フライ・ちくわ天・きんぴら・のり・ご飯 具材や付属品の違い きゅうりの漬物 おかか昆布 タルタルソース付き たくわん 花かつお ソース付き 価格的には300円と、安くてキリのいい「ほっともっと」の方が魅力的です。 多少の違いはありますが、お弁当の内容はほとんど一緒となっています。 食べ比べてみた結果、「具材がほぼ同じ・ボリュームも同じ」なので勝敗がつけづらいです。 どちらもおいしい、、 ただ、管理人的には「ほっかほっか亭」の花かつおに醤油ダレの方がシンプルでご飯との相性が良かったです。 ちなみに、ほっともっとにもタルタルソース付きの「特のりタル弁当」というメニューはあります。 のり弁当のほとんどを家族にしぶしぶあげることに、 くぅ~、食べたい ダイエットや糖質制限中の方はお弁当を注文するときに 「 おかずのみ」にすれば糖質を大幅にカットでるのでおすすめです。 「おかずのみ」は、ほっともっと・ほっかほっか亭ともに対応しています。 いままでの争いを考えると同じ敷地内に隣どうしというのは確かにヤバそうな感じでしたが、実際に出向いてみると驚きはあるものの至って普通の雰囲気でした。

次の