結婚式 ジャケット。 新郎が主役の演出!《ジャケットセレモニー》を知っていますか?*

<結婚式でベージュのジャケットを羽織ることについて、賛成です...

結婚式 ジャケット

きちんと感が増す。 年齢的にジャケットの方が安心(二の腕など、気になるところを隠せる)。 他のシーンにも着回せそう。 確かにボレロやストールに比べて、ジャケットには上記のようなメリットがあります。 でも、どんなジャケットでも良いというわけではなく、やはり 結婚式にふさわしいジャケットというものがあるのです。 次にそのポイントをご説明しましょう。 結婚式にふさわしいジャケットの形とは 着丈・袖丈は短めがおすすめ 結婚式やパーティーに着ていくジャケットは、 着丈や 袖丈が短めのほうがよいです。 ドレスとのバランスがすっきりとするためです。 特に、袖丈は 七分袖くらいで手首を出すイメージです。 着まわしを考えて長袖ジャケットを選びたい方は、 袖が折り返せるタイプを選ぶと、シーンによって調節ができて便利です。 襟なしか襟付きか 次に悩むのがジャケットの襟。 合わせやすさで選ぶなら ノーカラーが人気です。 カッチリとし過ぎず、女性らしく優しい雰囲気にまとまります。 また、よりきちんと感を演出したい時、ドレスが甘めで全体を引き締めたい時は、 テーラードカラーや ショールカラー(タキシードカラー)がおすすめです。 ドレスに合わせやすいジャケットの色とは 結婚式などのフォーマルシーンにおいて、羽織りの3大カラーというものがあります。 それは ベージュ(ゴールド)、グレー(シルバー)、ブラックです。 この3色から選んでおけば、だいたいのドレスに合わせられます。 靴やバッグの色も、その3色がドレスに合いやすい定番カラーです。 ドレスとジャケット、色合わせのコツは? そして最後のポイントはドレスとジャケットの色の合わせ方。 上下を同系色でまとめる合わせ方もありますが、 上下で濃淡のバランスを取るのが基本です。 上下の色合わせのコツは、やはり画像でお見せするのが1番わかりやすいと思います。 結婚式で人気のジャケットを8点、画像でご紹介します。 色の合わせ方を是非参考にしてみてください。 結婚式で人気のノーカラージャケット5選 フリルがエレガントなノーカラージャケット 落ち着きのブラックの中に、さりげないデザインの演出 濃色ドレスに外せないシャンパンゴールドもノーカラーで ブラック、ゴールドともにさりげない光沢感が上品な素材。 衿ぐりと前立てのフリルデザインが胸元に華やかさを演出する。 <ここがポイント!> ほんのりしわ加工素材で、堅いイメージになりがちなジャケットもほどよい着くずし感が表現できる。 ベージュのドレスに合わせるためブラックを購入しましたが、 本当は他の色も欲しかったくらいです。 フォーマル以外にも使えそうです。 ハイウエストで絞られたデザインや、縁周りのフリルも可愛過ぎず華やかに見せてくれると思います。 結婚式・披露宴用に購入しましたが、食事会等にも使えそうです。 二次会やパーティーで軽やかに着たい一着。 娘の方の顔合わせにも使う予定です。 とても軽く優しい着心地です。 緊張する席でも疲れが軽減されそうです。 丈もウエストが細く見える長さで後ろ姿もキレイに見えます。 カラーはオフ系のベージュとネイビーが合わせやすさで人気。 これから結婚式、七五三、卒園式、入学入園式とイベントが多いのでたくさん着たいと思います。 年齢的に落ち着いた雰囲気だけど可愛いものを探していて大満足です。 サイズもちょうどよかったです。 さりげないラメレースがフォーマル感を演出し、全体をやわらかい印象にしてくれる。 <ここがポイント!> ちょっと長めの袖丈でも折り返しが簡単にできれば、様々なシーンに着回しが可能。 <購入した人はこんな感想を!> 購入者レビュー:ベージュを購入しました。 光沢があり素材もしっかりしていてこの季節でも寒そうにみえませんでした。 赤いワンピースに合わせましたが、ラメも品良く落ち着いた華やかな雰囲気に着られて良かったです。 とても着回しの効く一品。 とても上品で丁寧な作りで購入して良かったです。 リバーシブルになっているので、今回はレースを表にして着ました。 デザインも年齢を問わないと思うので、大切に着ていきたいです。 結婚式やセレモニーで温度やシーンに合わせて活躍しそうで、満足しています。 理由は、そもそもシンプルなタキシードタイプが欲しかったことと、家族にもこちらが似合うと言われたこと。 そして縫製もしっかりしていたからです。 生地がやわらかく着心地が良いです。 ドレスのデザインのじゃまをせずに、シャープにまとめてくれるボレロです。 シャープなラインと絶妙のボレロ丈で、もっさり重たい感じにならず着られ、とても気に入っています。 布地は軽く柔らかく、着心地も良いです。 これは、パーティーや式典が季節を問わず屋内で行われ、服装も屋内での着用を想定しているためです。 寒い季節だからといって厚手のものを着こんだりはせず、一年中薄手のスタイリングとなります。 でも、 素材で季節感を表現することはとても大切です。 ボレロではフェイクファー付きをよく見かけますが、ジャケットの場合は 「ベロア素材」がおすすめ。 伸縮性があり、ベロア独特の光沢感はフォーマルらしさと高級感を演出してくれます。 高級感ある結婚式スタイル!ベロアジャケット 羽織るだけで秋冬スタイルが完成するベロアジャケット。 どんなワンピースにも合うノーカラーがおすすめ。

次の

夏の結婚式でクールビズはどこまでOK?ジャケット無しの注意点を書いてます|結婚式を安くする節約婚ブログ

結婚式 ジャケット

CONTENTS• ドレスのシルエット・デザイン別 結婚式ジャケット選びのポイント 着こなしの主役はあくまでも「ドレス」。 ジャケットはドレスに合わせて選ぶのがポイントです! 大切なドレス装飾に被った・・・。 コーディネートが重たい雰囲気に仕上がってしまった・・・。 ショールや、柔らかなシフォン素材のボレロが一番ですが、どうしてもジャケットを合わせたい場合は、ボタンのない丸みフロントのジャケットや、ぱりっとしない柔らかな生地のものを選びましょう。 袖ありドレスの場合はジャケットの袖丈に注意! ドレスのお袖がジャケットから見えてしまうと不格好になります。 必ずジャケットの袖丈とドレスの袖丈は比較して選びましょう。 シンプルですっきりとしたブラックのパンツドレス。 柔らかな生地感と適度な光沢感でシーンにぴったりな華やかさを演出できます。 トレンドのケープ袖デザインのジャケットは、シンプルで洗練されたスタイルへと導いてくれます。 毛皮や革素材のジャケット 結婚式で毛皮や革素材のジャケットを着ると、マナー違反になります。 毛皮や革の素材は「殺生」をイメージさせるからです。 たとえフェイクでも、見た目が毛皮や革に見える素材は避けましょう。 白いジャケット ドレスと同じくジャケットも、花嫁カラーの白はNGです。 白はブラックやネイビーのドレスと相性が良いのでつい選んでしまいがち。 ジャケットで明るい色をあわせたいときは、ベージュやシャンパンカラー、シルバーを選びましょう。 「ジャケットくらいならいいんじゃない?」と思う方も油断禁物です! 座り姿や上半身だけ映った写真を見ると、白の服を着ている人に見えてしまうことも。 後悔しないためにも白以外のカラーを選びましょう。 カジュアルな素材のジャケット デニムやニット素材のジャケットはカジュアルな印象が強く、結婚式のフォーマルな雰囲気とはミスマッチ。 マナー的にもNGです。 ハリのある素材やとろみ素材、光沢感のある素材を選びましょう。 ジャケットは上半身の印象を大きく左右します。 結婚式の雰囲気にあったデザイン・素材を選ぶのが上手な選び方のポイントです。 シンプルジャケットはきちんと感抜群! 結婚式定番のデザイン ジャケットは定番のシンプルデザインのものから、トレンドデザインまでと幅広くあります。 ここからはシンプルデザインとトレンドデザインのジャケットをそれぞれご紹介! まずはおすすめのシンプルデザインジャケット3選のご紹介です! シンプルデザインの7分袖ジャケット シンプルデザインのジャケットの良いところは、どんなドレスとも相性抜群なところ。 さらに7分袖はほどよく暖かく、腕の一番細いところを見せてくれるので細見えも叶います! 結婚式のボレロジャケット 【立場別コーディネート術】 結婚式参列のお立場に合わせた、人気の高いジャケットをここでご紹介します。 立場別に決まった選び方はございませんので、基本はお好みのジャケットを選んでOK。 ダークカラーのドレスなら明るいお色味のジャケット、カラードレスならブラックカラーのドレスを選ぶ女性が多いですよ。 ベージュ・アイボリーのジャケット ブラックやネイビーなどの落ち着いたお色味のドレスが好まれる親族のお立場。 ジャケットは明るいお色味を選んで、少し華やかさをだすと素敵です。 確かに夏の結婚式のジャケットは移動時や、お外での記念撮影の時にとても暑いもの・・・。 しかし男性参列者もみんなスーツなのをお忘れなく! 挙式会場や披露宴会場内は空調設備が整っておりますので、ジャケットでも安心して心地よくお過ごしいただけます! 友人&会社関係の結婚式 人気のボレロジャケット 結婚式で友人のお立場なら、シフォン素材のボレロを選ぶ方が多いです。 会社関係の結婚式の場合なども、上司としてきちんと感を出したい時は選んでも良いかもしれません。 その場合はあまり固すぎない、少しこだわりを感じさせるジャケットを選びましょう。 ベージュ・アイボリーのジャケット 友人のお立場ならベージュカラーのジャケットが人気高いです。 ドレス&ジャケットの同系色コーディネート.

次の

秋の結婚式にぴったりのジャケットってどれ??マナーにも注意!!

結婚式 ジャケット

結婚式にOKなジャケットの特徴1つ目は、黒やベージュの色味のジャケットです。 まず第一印象が決まる上着の色味は、派手すぎなくてどんなパーティードレスとも合うものを選びましょう。 上品かつどんなドレスとも相性が良いのは黒、ベージュの他に上品なゴールドやネイビーなどが挙げられます。 他にワンピースの色と合わせるように淡い色のジャケットを選ぶと良いですね。 結婚式でのお呼ばれワンピースをコーディネートする際は、露出を控えることがマナーとなります。 その為、披露宴中も上着を脱がないことを前提にイメージすることが必要です。 上品な色のジャケットをチョイスしてくださいね。 スーツスタイルにおいてはカジュアルになりがちな短い丈のデザインですが、パーティードレスに合わせればバランス感もバッチリですよ。 ドレスの裾は広がるデザインのものが多いので、短めの羽織物でスタイル良く魅せると良いですね。 女性ならではのパーティースタイルでの着こなしとして、ジャケットの前の部分は開けたままで着てもマナー違反にはなりません。 その為、短めの丈のジャケットを羽織物として着こなすことでスタイル良く魅せることが叶いますよ。 逆に袖丈は、元が長ければ少し折るとスマートに魅せると良いでしょう。 女性はパンツスーツスタイルであればバランスよくスタイリッシュに魅せることが必要となります。 またパーティードレスにジャケットを合わせる場合に、「手持ちのスーツを羽織った感」は見せてはいけません。 使いまわしている印象が失礼になってしまうのですね。 ドレスにピッタリなジャケットを合わせたいのであれば、もし袖丈が普通であれば短く見えるように1~2回ほど折り返すとスマートな印象の着こなしになり、おすすめですよ。 またドレスに合わせてジャケットを新調するのであれば、袖丈だけではなくウエストにかかる丈も短めなものをチョイスすると良いですよ。 パーティードレスとして人気なのが、年齢を選ばないロング丈のワンピースです。 特にウエストラインを美しく魅せるAラインのドレスは、スタイルを美しく魅せてくれるのが嬉しいポイントです。 しかしロングスカートタイプのパーティードレスは袖丈短くバランスを取っているものが多いので、季節にもよりますが羽織物が不可欠なのですね。 ロング丈のドレスはそれだけで上品さが感じられますので、羽織物は敢えてバルーン袖で可愛らしさを演出しましょう。 丈も短いものでスタイルも良く魅せるとより良いですよ。 女性のゲストとして多いのがドレスコーディネートですが、スタイルに合ったカッコいいスーツを着こなすことでクールなコーディネートを楽しむことが出来るのですね。 周りとは一味違った印象になりますよ。 パンツスーツは「サイズが合っているか」「マナー違反のないデザイン性が備わっているか」が衣装選びの大きなポイントとなります。 足長効果を狙うならパンツはサイズが合うものを選びます。 ジャケットは敢えてヒップラインが明確にならない長めのデザインがベターです。 普段は着ることのないデザインがカッコいいですよ。 大人の上品アレンジとしては、「やりすぎない」のがおすすめです。 袖がしっかりしている上着であれば、ドレスの丈は長めでも短めでも合わせることが出来ますよ。 ドレスやワンピースに合わせるのであれば、ジャケットの前部分はあわせることがありません。 ウエストははっきりしないドレープデザインのドレスも、首元からウエストラインは羽織物に邪魔されることなく縦長効果でスタイル良く見えますよ。 フレアスリーブは優しい印象も魅せることが出来るおすすめデザインですね。 ケープタイプの上着は、しっかり着込むというよりも肩に引っ掛けている印象でドレスのイメージを崩しません。 しっかり硬さのある生地でケープとジャケットの良いとこどりが出来ますよ。 ケープはウエストあたりまでの長さがあるデザインを選ぶと裾が揺れてスタイルアップ効果が期待出来ます。 写真のように明暗ハッキリした色の違いでケープとドレスの境目を魅せるとケープの素敵さを発揮することが出来るので、同色を選ぶのではなくてハッキリした色遣いでチョイスするのがおすすめです。 かっちり肩の形が決まっているものが特におすすめです。 意外とどんなデザインのドレスにも「キチンと感」をプラスしてくれるのが襟付きのジャケットですね。 袖はぶかつかないサイズピッタリのものをチョイスしてくださいね。 しっかり襟付きのジャケットは、パンツに合わせるとボーイッシュになってしまいがちですが、ワンピースに合わせることで心地よい違和感のあるコーディネートが叶います、結婚式の場ですので、オシャレ感はありながらフォーマルのイメージは大切にしたいものです。 襟付きのジャケットならフォーマルの印象も感じられますよ。 シースルーの透明感や軽やかさは、女性が着てこそ美しく感じられる生地感と言えるでしょう。 特に黒などの濃い目のドレスには羽織物でやわらかさを表現するとバランスが良いのですね。 あまりに透けているものは結婚式の場にふさわしくないとも言われますので、肌の色味が透けない程度のシースルー生地をチョイスしてください。 一般的なパーティードレスの上着として多く用いられている素材ですので、挑戦しやすいですね。 どんなワンピースにも合わせやすいので、一着持っていると使い勝手が良いですよ。 ノーカラージャケットは結婚式のみではなく、女性のスーツスタイルにもお馴染みの上着です。 オシャレなデザインであればスーツからジャケットのみをワンピースに合わせても素敵です。 ノーカラージャケットは首元がスッキリして見えますので、首元のアクセサリーを美しく魅せることが出来ますね。 またしっかり着込まず羽織物として肩からかけることで大人の女性のこなれ感を演出することも出来ます。 ノーカラーと言うだけでレディの可愛らしさが出ますので、クールなデザインのドレスにも合いますよ。 ぺプラムデザインはここ何年かで急激に流行ってきたデザインですね。 ウエストジャストの位置で一度キュッと締めて、その下がふんわり広がるデザインで、ウエストラインを美しく魅せる効果があります。 ぺプラムデザインはレディースの様々なファッションアイテムに応用されており、普段から目にする機会も多くなっています。 その為、ジャケットにこのデザインを取り入れると一気にトレンド感が増すのですね。 ふんわりした裾がエレガントですので、ワンピースを惹き立てるのにも一役買ってくれますよ。 全体的にレースを用いると普段着としては畏まってしまいがちですが、ドレスに合わせるとしっくりきます。 またドレスはすっきりとしたデザインをチョイスすることで、ジャケットの繊細さが際立つことでしょう。 つるんとした生地感のクールなドレスや、ふんわり柔らかいドレスがレースジャケットには合いますね。 色味はベージュや明るい色目も優しい印象にしてくれるのが嬉しいデザインです。 細かい柄が繊細で、美しいコーディネートを活かしてくれますよ。 ワンピースに明るいカラーをチョイスするのであれば、明るいカラーのボレロを選ぶことで全体が光るような印象になりますよ。 またお顔元に光が集まるため、ボレロが女優ライトの効果を発揮し顔色を良く魅せてくれるのです。 ピンクやゴールドのような明るいお色の中でも、アンティークカラーは年齢も選ぶことがありません。 柔らかい雰囲気となりますね。 結婚式のおめでたい雰囲気にもマッチしますので、明るいカラーで統一するコーディネートにチャレンジしてみましょう。 ボレロの軽やかさが感じられるデザインが可愛いですね。 ボレロは素材によっては女性の普段コーディネートにも活躍しています。 その為ゴージャスなデザインも多く販売されているのですが、パーティードレスと着こなすのであれば派手さよりも綺麗なラインを魅せることが必要となるのですね。 素材はすっきりさせて肩のラインを魅せるものがおすすめですので、しっかり体にフィットしながらも透けすぎない素材を選んでくださいね。 体の曲線を強調しないデザインとしてはフリルやレースも美しいですが、ポイント遣いしているメリハリデザインのものがフォーマルとして使用するのにおすすめと言えます。 ボレロはその柔らかさから、デザインによって肩から落ちてしまうこともあります。 固めのチュールボレロであれば、ボレロそのものの形をしっかりキープしながら露出を控えることが出来ますよ。 袖も元からあるデザインであれば、特にズレ落ちる心配もありませんね。 肩の部分を落とす着こなしはファッションとしてはカッコいいですが、結婚式のような正式な場ではNGです。 「着こなす」というのはマナーに沿ってこそ発揮されます。 キチンとコーディネートをキープすることで結婚式での印象も上品に魅せましょう。 コーディネートとしては、クールなドレスやワントーンのワンピースに合わせると良いでしょう。 女性のナチュラルで繊細なイメージを惹きたててくれるボレロですので、ドレスは敢えて引き算するのがおすすめですよ。 普段はレースのような素材を身に着けることがない女性も、ドレスに合わせてレースの上着でアクセントをつけることでより美しく魅せることが出来ます。 日常とのギャップは特別なドレスコーディネートを更に楽しむコツですね。 ドレスはシンプルなものをチョイスしたい女性にもおすすめのデザインですよ。 ドレスにジャケットを合わせてパーティーコーディネートしましょう.

次の