ライオンズ ブログ。 dandelionS Blog

埼玉西武ライオンズ 人気ブログランキングとブログ検索

ライオンズ ブログ

クルマネタではないですが、ライオンズ70周年特集のナンバー買っちゃいました。 ライオンズが所沢に来た当時、西武線沿線の子供はみんなライオンズ友の会に入るのが当たり前でした。 私も入ったんですが、野球はそれほど好きでもないし、それまでテレビでも野球中継なんか見たことなかったけど、テレビ埼玉で野球中継を見たりはしていました。 野村、田淵、江夏とか石毛、伊東、辻、金森、松沼兄弟、工藤、デストラーデそんな選手はよく覚えています。 もちろん清原もね。 特に金森は普通に西武線に乗っていたのが印象的です。 最初は全然気がつかなかったけど普通に席に座ってたんですよね。 しかしもともと野球に興味がない私なので、だんだんテレビ中継も見なくなり。 それでも車に乗っている時にNack5で中継をやっていれば周波数を変えずにそのまま聴いていたのでやっぱりライオンズは好きなんでしょうね。 ついうっかり こんな雑誌を買っちゃいましたが、読んでみると結構懐かしいものですね。 松崎しげるも出ていたしね。

次の

ロータリークラブ・ライオンズクラブ 人気ブログランキングとブログ検索

ライオンズ ブログ

クルマネタではないですが、ライオンズ70周年特集のナンバー買っちゃいました。 ライオンズが所沢に来た当時、西武線沿線の子供はみんなライオンズ友の会に入るのが当たり前でした。 私も入ったんですが、野球はそれほど好きでもないし、それまでテレビでも野球中継なんか見たことなかったけど、テレビ埼玉で野球中継を見たりはしていました。 野村、田淵、江夏とか石毛、伊東、辻、金森、松沼兄弟、工藤、デストラーデそんな選手はよく覚えています。 もちろん清原もね。 特に金森は普通に西武線に乗っていたのが印象的です。 最初は全然気がつかなかったけど普通に席に座ってたんですよね。 しかしもともと野球に興味がない私なので、だんだんテレビ中継も見なくなり。 それでも車に乗っている時にNack5で中継をやっていれば周波数を変えずにそのまま聴いていたのでやっぱりライオンズは好きなんでしょうね。 ついうっかり こんな雑誌を買っちゃいましたが、読んでみると結構懐かしいものですね。 松崎しげるも出ていたしね。

次の

dandelionS Blog

ライオンズ ブログ

クラブに入会して 28年 、会長職にはきっと就くことなくいけるだろうと安心していた折、縁あって 第60代会長に就任することになりました。 私を支えてくれる頼もしい四役、そして各委員長と共に一丸となり、 来年6月30日 迄の1年間を、会員の皆様の友愛と寛容の精神に助けていただき努めたいと思っています。 今般のコロナ禍により、ライオンズクラブにも多大な影響をもたらしている今この時に、拝命したタイミングにも何か意味があるのだと感じています。 これまでの奉仕事業、クラブ活動も十分にできない状況の中、社会も我々の行動、意識にも変革を余儀なくされ、とてもストレスの溜まる毎日を過ごしています。 考えれば暗い材料ばかり並べてしまいますが、クラブは今期 結成60周年を迎えることになります。 チャーターメンバー、諸先輩方の想いを次の1年へ紡いでいく責任があります。 我がクラブらしく、そして私らしさも忘れず、様々な奉仕を生み出したいと思います。 肩の力を抜いて、こんな今だからこそ会員同士、また地域社会との絆が強く感じられる、そんな1年に なります様頑張ります。 皆様、どうぞご協力お願い致します。 この度、第59代西条ライオンズクラブ会長に就任させて頂くこととなりました。 会員の皆さん、LLの皆さん、そして、執行部、事務局さん1年間宜しくお願い致します。 また、、各委員会の委員長、副委員長の皆様、就任依頼をご快諾頂きまして心よりお礼申し上げます。 今年度のスローガンは、 『 60周年に向けて、楽しく We Serve 』とさせて頂き、キーワードは、『 調和 』と致しました。 諸活動は、経済力のみならず、知恵と工夫と労力をもって、会員の絆がより強固なものとなるような奉仕活動事業を行いたいと考えており、それが延いては60周年への布石となれば幸いなことだと思っております。 また、重要事項の会員の拡大は、3名以上の入会を目標に取り組みたいと考えており、そのためにも今以上に魅力あるライオンズクラブに皆様の力で育てていかなければと思っております。 そして、今期は 2R-RCを明比紳一郎さんに務めて頂くようになっておりますので、クラブを挙げてバックアップしようではありませんか。 最後になりますが、当クラブの活動に、2Rの応援に、1年間一生懸命頑張って参りたいと思います。 どうぞ、会員の皆さん、ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。 第58代会長を務めさせていただくこととなりました、森下雄一です。 この歴史ある西条ライオンズクラブの会長を、私の様な若輩者に務まるのか、自問自答しながら、日増しに高まる緊張感に苛まれながらも、クラブメンバーの皆様に支えていただきながら、頑張っていこうと決意を固めております。 スローガンは、「 一緒に 懸命に We Serve 」とさせていただきました。 今期は、我が街 西条で 地区年次大会が開催されることもあり、クラブメンバーが一致団結し、成功させるためにも一緒に懸命にご協力を宜しくお願いします、という気持ちからこの言葉をスローガンにとしました。 また、夏にはトルコからの YCE来日生受入も決定しております。 とても大変な1年になることは間違いないと思う一方、メンバーの記憶に残るような笑顔の絶えないクラブ運営を心に、精一杯の気持ちをもって会長職に取り組んでまいります。 もちろん、楽しい例会運営にも工夫、努力したいと思っております。 皆様、重ね重ねよろしくお願い申し上げます。 本年度7月1日より、この歴史ある西条ライオンズクラブの会長を務めさせて頂きます植木光夫です。 どうか一年間宜しくお願いいたします。 ライオンズの歴史は古く、我々の母体であるライオンズ国際協会は昨年度 100周年を迎え、今年度より新たなる 100年への一歩を踏み出しました。 現在では世界に 46,000のクラブと 140万人の会員を擁し、 We Serve(われわれは奉仕する)をモットーに奉仕を通じてそれぞれの地域に貢献しています。 西条ライオンズクラブも今年度 57年目を迎え、この地域に根ざした社会奉仕活動を行ってまいりました。 スポーツを通した青少年の健全育成事業、献血推進事業、震災に際しての復興支援事業など。 今年度は例年の事業に加え、愛媛で開催される国体にライオンズらしい協力が出来ればと考えております。 これからもライオンズ活動にご理解ご協力を宜しくお願いいたします。 平成29年3月7日(火)10時~16時、西条市総合福祉センターエントランス前にて献血車2台で献血活動を行いました。 献血者目標200名に対し、献血受付172名、採血者150名と多くの方にご協力頂きました。 今回の日本赤十字社の目標は110名でしたので、良い結果となりました。 今回は、受付をされましたが「服薬中」「空腹(食事なし)」「体重50kg以下」等々の理由で献血をご遠慮いただいた方が22名でしたが、来年もこれに懲りずご協力の程お願い申し上げます。。 この度、第 56代会長を務めさせて頂く事になりました。 皆さん、執行部ともども1年間よろしくお願いいたします。 また、本年度はライオンズクラブが誕生して 100周年の年に当たります。 その節目の年に会長をさせて頂く事は、大変光栄であると同時に大変な年に会長になったなと複雑な思いです。 メンバーの皆さんと共にコミュニケーションをとりながら、一致団結して奉仕活動に専念してまいります。 ご協力よろしくお願いいたします。 さて、スローガンですが 「忘れない! 笑顔と感謝 100年分の思いやりを We Serve」とさせて頂きました。 「笑顔と感謝」単純でありきたりな言葉ですが、常に意識していないと疎かになってしまいます。 初めに「忘れない」と付け加えたのは、時間がたつとだんだんと気持ちが薄れていってしまうからです。 人は暗い顔、難しい顔をしている人には近づかないものです。 逆に普段から明るく元気で笑顔を絶やさない人には自然と人が集まってきます。 常に明るく笑顔で奉仕活動を行っていきたいと思います。 キーワードは 「出会い」といたしました。 出会いといいましても、いろいろな出会いがあります。 もちろん、人との出会い、家族との出会い、ライオンズとの出会い、仕事との出会い、言葉との出会い、趣味との出会い、また楽しさや成功との出会いもあれば、失敗、悩み、苦労、病気という負の出会いもあります。 これから先も様々な出会いがあります。 ものの考え方として、その出会い全てに対して、 笑顔と感謝の気持ちを忘れずに、100年分の思いやりを込めて、執行部一同邁進していきたいと思います。 みなさん、我々執行部と1年間お付き合いご協力よろしくお願いいたします。 皇室ゆかりの深い寺 ( 門跡寺院) 「御室御所」 平成28年4月10日(日曜日)、世界遺産でもある 京都・ 仁和寺において、西条ライオンズクラブ 「 結成55周年記念事業」として、これまでに他界された会員の方々のご冥福を祈り、 『 物故会員追悼法要 』 が執り行われました。 現在、当クラブの終身会員である「 瀬川大秀 L. (西条・王至森寺)」が、総本山京都 仁和寺執行長・真言宗御室派宗務総長をされている縁で、京都・仁和寺の国宝の『金堂』において「物故会員追悼法要」を執り行うことが出来ました。 また、昌泰2(899)年には宇多天皇が東寺で受戒した後に仁和寺に入って法皇を名乗り、以後、明治にいたるまで皇室ゆかりの人物が住職を務める門跡寺院として最高の格式を誇っていました。 4月に咲く京都一の遅咲きといわれる「 御室桜(おむろざくら)」は、仁和寺の境内にしかなく、高さ3メートルほどで成長が止まるのが特徴です。 樹齢360年を超す木もあります。 お蔭をもちまして、 119名の方々に献血のご協力を頂きました。 一人の献血時間は、5~6分です。 血管の大きさ、体調、緊張度により長い方で20分で終了します。 来年もさらに、多くの皆様に献血のご協力を頂けるよう頑張りますので、よろしくお願い申し上げます。 日本郵便 特殊切手 「第99回 ライオンズクラブ国際大会」の発行 日本郵便株式会社は、第99回ライオンズクラブ国際大会が開催されることを記念して、特殊切手を発行します。 紅梅は「未来」、紫は「華やかさと尊厳」を表し、中心に配置された青い波のシルエットには「この大会が現在から未来にライオニズム精神を繋(つな)ぐ架け橋となる」という願いが込められています。 また、水滴で表した玄界灘を行き渡る風はライオンズクラブが持つ行動力を、紅梅の五つの花弁はアメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアの5つの大陸をイメージしており、これらの世界中の地域からライオンズクラブメンバーが福岡で一堂に会し、ライオニズムの大輪を咲かせることを表現しています。

次の