気象庁 山形。 東北地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報と個人的予想(北部・南部)

東海や九州北部など大雨警戒 低気圧や前線で―気象庁:時事ドットコム

気象庁 山形

東北地方の梅雨明け2018年はいつ?気象庁予報(北部・南部) 先ほども言いましたように東北の梅雨入りは平年で南部6月12日、北部6月14日です。 そして7月も平年同様に曇りや雨の日が多く、8月に入ると晴れの日が多い。 つまり、梅雨明けも平年どおりの7月末の可能性が高そうです。 降水量についても、南部も北部も太平洋側も日本海側もほぼ平年並みということです。 ごくごく一般的な梅雨って予報ですね。 平成30年の東北地方の梅雨明けはいつ?ウェザーニューズ見解 それでは気象庁に続き、世界最大の民間気象情報会社ウェザーニューズの2018年の東北地方の梅雨の見解を見てみましょう ウェザーニューズは、6月は周期的に天気が変化し、中旬には梅雨入りし曇りや雨の日が多くなると言っています。 月末は大雨に要注意。 7月に入っても梅雨空は広がるものの、南部は中旬、北部は下旬に梅雨明けし、夏休みとともに夏到来との予想です。 そして、梅雨時期の気温は6月はやや高めで7月はやや低めとのこと。 ウェザーニューズの予想は7月17日、私の予想は7月25日でしたのでウェザニューはいい線いってましたね。 東北北部の梅雨も明けました! 7月20日 これにて、日本全国夏空全開! ウェザニュー予想が7月22日、私の予想が7月28日でしたので、こちらもウェザニューはいい線ついてます。 他の地域の梅雨明けも含め、どれくらいの的中か整理しておこうと思います。

次の

総雨量25万ミリ、西日本豪雨上回る 気象庁分析 :日本経済新聞

気象庁 山形

熊本県と鹿児島県の一部で大雨特別警報が発令された4日朝、気象庁が会見を開き「命を守るために最善を尽くさなければならない状況。 指定された避難場所に向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた頑丈な建物などに避難する判断を」と最大限の警戒を呼びかけた。 特別警報の発令は昨年10月の台風19号以来で、熊本県、鹿児島県とも発令は初という。 気象庁によると、九州南部に停滞した梅雨前線に向かって南と西から暖かい湿った空気が流れ込み、大気が不安定な状態となった。 積乱雲が次々と線状に発達して激しい雨を降らせる「線状降水帯」が発生した可能性もあるという。 大雨特別警報が発令されているのは、熊本県の宇城八代、天草、芦北、球磨地方、鹿児島県は出水・伊佐地方。 気象庁のレーダー観測では、熊本県天草市では1時間に98ミリの猛烈な雨を記録し、観測史上1位の記録を更新。 同県水俣市では24時間降水量が400ミリ、宮崎県えびの市で320ミリ、鹿児島県鹿屋市で280ミリを超えた。 気象庁予報課の中本能久課長は会見で「既に災害が発生している可能性が高く、避難が困難になっている場所もある」と説明。 特別警報は今後ほかの市町村にも拡大する可能性もあるという。 梅雨前線は4日夜にかけてゆっくりと南下していき、現在特別警報が出ている地域の猛烈な雨のピークは4日午前中までとみられている。 5日午前6時までの24時間予想降水量は、熊本県の多いところで150ミリ、鹿児島県で180ミリ。

次の

酒田 天気 気象庁

気象庁 山形

熊本県と鹿児島県の一部で大雨特別警報が発令された4日朝、気象庁が会見を開き「命を守るために最善を尽くさなければならない状況。 指定された避難場所に向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた頑丈な建物などに避難する判断を」と最大限の警戒を呼びかけた。 特別警報の発令は昨年10月の台風19号以来で、熊本県、鹿児島県とも発令は初という。 気象庁によると、九州南部に停滞した梅雨前線に向かって南と西から暖かい湿った空気が流れ込み、大気が不安定な状態となった。 積乱雲が次々と線状に発達して激しい雨を降らせる「線状降水帯」が発生した可能性もあるという。 大雨特別警報が発令されているのは、熊本県の宇城八代、天草、芦北、球磨地方、鹿児島県は出水・伊佐地方。 気象庁のレーダー観測では、熊本県天草市では1時間に98ミリの猛烈な雨を記録し、観測史上1位の記録を更新。 同県水俣市では24時間降水量が400ミリ、宮崎県えびの市で320ミリ、鹿児島県鹿屋市で280ミリを超えた。 気象庁予報課の中本能久課長は会見で「既に災害が発生している可能性が高く、避難が困難になっている場所もある」と説明。 特別警報は今後ほかの市町村にも拡大する可能性もあるという。 梅雨前線は4日夜にかけてゆっくりと南下していき、現在特別警報が出ている地域の猛烈な雨のピークは4日午前中までとみられている。 5日午前6時までの24時間予想降水量は、熊本県の多いところで150ミリ、鹿児島県で180ミリ。

次の