ユーチューバー ヒカル 炎上。 ヒカルVALU詐欺で大炎上!インサイダー取引疑惑も浮上し逮捕の可能性も?

ヒカル大炎上のVALU騒動の真相/黒幕とは?復帰までをわかりやすく紹介。結局何が悪いの??

ユーチューバー ヒカル 炎上

日経ビジネスは9月11日号ので、トレンドの発火点であり続ける若者の消費行動の現在とその深層に迫った。 スマートフォンやSNS(交流サイト)の普及の影響で、彼ら彼女らの行動は大きく変化する一方、「〇〇離れ」という先入観に縛られた企業がその心をつかめない実態も浮き彫りになっている。 日経ビジネスオンラインでは本特集と連動し、取材班が特に印象に残った人物のインタビューや企業の戦略を詳報する。 第1回目は、今回の特集でインタビューしたユーチューバー、ヒカル氏を取り上げる。 若者の消費行動に多大な影響力を持つ「インフルエンサー」の代表格として知られる一方、自身の歯に衣着せぬ言動や行き過ぎた行動力が災いし、9月4日に無期限の活動休止に追い込まれた人物だ。 取材班では騒動前の8月前半に2度にわたってヒカル氏にインタビューを実施。 2016年3月にユーチューブでチャンネルを開設し、同年11月にはユーチューバー事務所「NextStage(ネクストステージ)」を設立。 9月4日に謝罪と活動休止を発表する動画を公開。 ネクストステージを解散した。 9月4日夜、ある一本の動画がユーチューブに投稿された。 14分弱の動画に登場したのは、黒のスーツを着てネクタイをつけた3人の男性。 神妙な表情で中央に座り、手に持った紙を淡々と読み上げていったのは、ヒカル氏その人だった。 動画でヒカル氏らが触れたのが、8月中旬からネット業界のみならず、金融業界にも飛び火して波紋を広げてきた新興ネットサービス「VALU」を巡る騒ぎについてだ。 個人が発行する仮想の株式を売買できるサービスとして注目を集める一方、その仕組みやルールの不備が問題視され、大きな騒動となった。 その騒動の発火点となったのが、まさにヒカル氏だ。 VALU騒動の経緯や問題点については、日経ビジネス本誌の8月28日号で取り上げているため、詳細はそちらをお読みいただきたい()。 ヒカル氏やその関係者は8月中旬、VALUにおいて自身の仮想株式の価格を上昇させた上で放出。 関係者が事前に売り抜けていたことで数千万円の利益を得ていた。 この事実が明るみに出て以降、その手法が「詐欺的」だとしてネット上などで多くの批判が寄せられていた。 ヒカル氏は9月4日の動画でこの件について謝罪。 責任を取る形で、活動休止を発表した。 この件は現在、VALUの運営会社とヒカル氏らとの間で訴訟の可能性もある事案となっており、その法律上の是非についてこの記事で取り上げることはしない。 ただ、ヒカル氏は「たくさんのファンの皆さまを不安にさせてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした」と何度も頭を下げた。

次の

YouTuberヒカルの「VALU大炎上」とは何だったのか ヒカルがTwitterで経緯説明、暴落したVAは最高値で買い戻すと謝罪

ユーチューバー ヒカル 炎上

日経ビジネスは9月11日号ので、トレンドの発火点であり続ける若者の消費行動の現在とその深層に迫った。 スマートフォンやSNS(交流サイト)の普及の影響で、彼ら彼女らの行動は大きく変化する一方、「〇〇離れ」という先入観に縛られた企業がその心をつかめない実態も浮き彫りになっている。 日経ビジネスオンラインでは本特集と連動し、取材班が特に印象に残った人物のインタビューや企業の戦略を詳報する。 第1回目は、今回の特集でインタビューしたユーチューバー、ヒカル氏を取り上げる。 若者の消費行動に多大な影響力を持つ「インフルエンサー」の代表格として知られる一方、自身の歯に衣着せぬ言動や行き過ぎた行動力が災いし、9月4日に無期限の活動休止に追い込まれた人物だ。 取材班では騒動前の8月前半に2度にわたってヒカル氏にインタビューを実施。 2016年3月にユーチューブでチャンネルを開設し、同年11月にはユーチューバー事務所「NextStage(ネクストステージ)」を設立。 9月4日に謝罪と活動休止を発表する動画を公開。 ネクストステージを解散した。 9月4日夜、ある一本の動画がユーチューブに投稿された。 14分弱の動画に登場したのは、黒のスーツを着てネクタイをつけた3人の男性。 神妙な表情で中央に座り、手に持った紙を淡々と読み上げていったのは、ヒカル氏その人だった。 動画でヒカル氏らが触れたのが、8月中旬からネット業界のみならず、金融業界にも飛び火して波紋を広げてきた新興ネットサービス「VALU」を巡る騒ぎについてだ。 個人が発行する仮想の株式を売買できるサービスとして注目を集める一方、その仕組みやルールの不備が問題視され、大きな騒動となった。 その騒動の発火点となったのが、まさにヒカル氏だ。 VALU騒動の経緯や問題点については、日経ビジネス本誌の8月28日号で取り上げているため、詳細はそちらをお読みいただきたい()。 ヒカル氏やその関係者は8月中旬、VALUにおいて自身の仮想株式の価格を上昇させた上で放出。 関係者が事前に売り抜けていたことで数千万円の利益を得ていた。 この事実が明るみに出て以降、その手法が「詐欺的」だとしてネット上などで多くの批判が寄せられていた。 ヒカル氏は9月4日の動画でこの件について謝罪。 責任を取る形で、活動休止を発表した。 この件は現在、VALUの運営会社とヒカル氏らとの間で訴訟の可能性もある事案となっており、その法律上の是非についてこの記事で取り上げることはしない。 ただ、ヒカル氏は「たくさんのファンの皆さまを不安にさせてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした」と何度も頭を下げた。

次の

ヒカルは反社より危険!?詐欺容疑とセクハラで文春砲食らい炎上! | SandoraNEWS

ユーチューバー ヒカル 炎上

この記事の目次• ヒカルは反社よりもヤバい? 宮迫博之さんの復帰がテレビではなく、ひとまずYouTubeだということで非常に注目が高まっていますが、気になるのは ヒカルさんとのコラボだということ。 ネット上では。。 「ヒカルは反社みたいなもの」と同類と指摘するツイートや、 「ヒカルは反社」と断言するものまで。 また 「詐欺師」というツイートも非常に多いようです。 ヒカル、2度の文春砲で大炎上 ヒカルさんに対しての好き嫌いもありますが、ヒカルさんが危険なダークサイドの人間だというイメージを持つ人も非常に多いようです。 なぜそのようなイメージが一部の人たちに定着してしまっているのでしょうか?理由はこ以下の2つにあると考えられます! 詐欺!?2017年8月の『VALU騒動』 ヒカルさんの反社イメージを最も植え付けてしまっている原因となっているのが、2017年8月に起きた 『VALU騒動』です。 これは文春でも報じられました。 「VALU」とは、簡単に言うと 個人の「信用」をお金に換える仮想通貨です。 もう少しちゃんと説明すると。。 個人が株式会社のようにVAとよばれる擬似株式を発行することができ、売りに出されたVAは自由に売買することができる。 取引は全てビットコインを用いて行われる。 例えば、Aさんが10万円分のVAを発行しBさんがそれを購入すると、BさんからAさんに10万円分の仮想通貨 ビットコイン が入るということです。 ヒカルさんは2017年8月にVALUで上場し、買い注文が殺到するようTwitterで扇動しました。 しかしこの直後事件が起こります。 ヒカル氏らが突然、何の告知もなく所持していた全VAを自ら売りに出し、それまで高騰していたVAは暴落。 ラファエル氏、いっくん氏もほぼ同時期に全VAを放出し、結局、ごく初期にVAを買っていた一部の人を除けば、株主(VALU保有者)のほとんどが大打撃を受ける形になりました。 しかし、VALUの運営から損失を被った人への損害賠償・損失補填の勧告をされ、ヒカルさんは売り出した全ての自社株を最高値で買い戻しました。 全てのビットコイン(5465万円相当)を使って自社株買いを行います! — ヒカル kinnpatuhikaru• 法律違反はしていない• 損失をした人への補填・謝罪はきっちりしている このことから「詐欺師」でも「犯罪者」でもないのですが、人間の感情として『人を貶めて金儲けをした』ヒカルさんへの批判の意味を込めてそう言われているのだと思います! 2019年1月のネットセクハラ事件 また、2019年1月にヒカルさんは女性関係で2度目の文春砲を食らいます。 内容は、チェキ会 有名人と2ショット写真を撮ることが出来る会 で出会ったファンに、TwitterのDMで• 「お前は奴隷だ」• 「調教しておねだりしてみろ」• 「エッチな写真を送れ」 など女性の立場を貶めた上に、卑猥な写真を送るよう強要したとして問題となったのです。 どうやら、このやり取りしたこと自体は 事実だそうです。 しかし! 後にヒカルさんとこのやり取りをした女性が YouTuber・コレコレさんのYouTube動画に登場し、この『ネットセクハラ事件』の真相が明らかになりました。 まあ、ヒカルさんが送ったメッセージがヤバいことには変わりないのかもしれませんが、相手の女性も喜んでいたので セクハラとは言えない気がします。 結論・ヒカルは反社よりヤバ… 2度の文春砲の内容を踏まえ、ヒカルさんが反社よりもヤバいかどうかで言うと… 全然ヤバくも危険でもないという結論に至りました! 性格がぶっ飛んでいるとか、金儲けに目がくらんでしまった瞬間があったかもしれませんが、かといって反社会勢力の人間というわけでもありませんし、法律上詐欺行為と認められたわけでもありません。 VALU騒動に関しては被害者への損失補填と謝罪も済ませています。 「詐欺師だ!」「反社だ!」と言っている方は、おそらく感情的にそう言っているだけか、「知らない」だけだと考えられます。

次の