きた あかり 特徴。 じゃがいもの種類・特徴➁/新品種~きたあかり・インカのめざめなど|食材/食品ハンター

【じゃがいも】べにあかり/特徴や調理感想など

きた あかり 特徴

紲星あかり(キズナアカリ)とは、および用の、またはそのである。 にが発売。 0にが発売された。 を担当するのはの氏。 概要 の生みの親であるのにて初開された。 以下、に掲載された。 ・: ・年齢: ・: ・: ・: 0のにて氏がを担当していることが開された。 昨年の「記念・6」より中であることが知らされていたが、次のも間近に迫ったでの開、と同じである事などで大きなを呼び、発表当日には「紲星あかり」でのトド入りも果たした。 同日は本製品の販売元であるのの日でもあり、第回となる放送内にはのである氏らも出演し、紲星あかりについて様々なが展開された。 販売開始直前のにが行われた。 放送内では紲星あかりのサンプル版を使ったも行われた。 特徴 のっぽい艶やかなに対し、は お小遣いをあげたくなっちゃうような元気な可らしいをして創られている。 の作成方針として、• そのを元にの案を出す この時点でマケッンに加え、も参加• したと容姿から名前を決定する というステップが踏まれており、の時と同じく、の開発もこのような形で行われたらしい。 なおでこそあるが、 いわゆる感情表現 のはまだされていないようだ。 の数だけ開発作業が倍以上に増えるため、その負担を考慮してのことと思われる 余談だが『紲』と書いて『』と読むのは少々苦しいようにも思えるが、氏く「つけちゃえ! 」「です だけに 」などと話している。 カップリングの際 あるが別のとされる際、一般的には下の名前から2を取りCとされる であれば『ゆか』、であれば『きり』など が、紲星あかりに関しては『あか』を取ってきてしまうとと被ってしまうことから、下の名前ではなく、から『きず』が取られているのが特徴のひとつとしてある。 、きず、きりど 関連動画 関連動画 ユーザー 関連静画 関連立体 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 外部リンク•

次の

じゃがいもの種類・特徴➁/新品種~きたあかり・インカのめざめなど|食材/食品ハンター

きた あかり 特徴

1987(昭和62)年に新品種として出願され、1988(昭和63)年に品種登録されました。 1987(昭和62)年には農林水産省育成農作物新品種となり、北海道の奨励品種にも採用され、今日に至ってはホクホク系ジャガイモの代名詞的な存在にもなっており、「黄金男爵」や「クリじゃがいも」などとも呼ばれています。 もう10年以上前のデータしかわかりませんが、2007年の時点で全国の栽培面積は約3435haで馬鈴薯の作付面積に占めるシェアは4%足らずとなっています。 現在はもっと広く作られていると思われます。 一般のスーパーでも「きたあかり」という品種名で売っているのをよく目にするようになりました。 違いはよく見ると目の部分がほんのりと赤みがあるのが分かり、ここで見分けが付きます。 芽は赤紫色なので、出ていればもっとよく分かります。 果肉は男爵よりも黄色く、肉質は粉質で、加熱調理するとホクホクした食感が味わえます。 また、男爵よりも甘味が強いのも特徴です。 この色や甘さなどからクリジャガイモなどとも呼ばれ、人気が高くなっています。 写真は皮ごと茹でてから皮をむき、軽く押しつぶした状態です。 粉質でほくほくしている様子が分かると思います。 逆に、粉質のため、煮崩れしやすいと考えた方が良いです。 煮物に使う場合はとろ火でイモが踊らないように注意しなければなりません。 粉ふきイモやポテトサラダにもお勧めです。

次の

なつあかりといういちごの品種の特徴とは?

きた あかり 特徴

ツニカ、という品種の原産はドイツで、北海道農業試験場で育成されていた品種です。 ジャガイモの害虫の中にジャガイモシストセンチュウがあり、 このジャガイモシストセンチュウは対処が困難なものでした。 ツニカはジャガイモシストセンチュウに対して抵抗性を持つことから、 色々なジャガイモの交配親として使われました。 キタアカリはエゾアカリという品種と共に初めて日本で育成された、 ジャガイモシストセンチュウ抵抗性品種です。 キタアカリの名前には、北の大地(北海道)を、 センチュウ被害から守ってくれますように、という思いが込められています。 ツニカの特徴を引き継ぎつつ、男爵薯の特徴も引き継いでいます。 早生品種で、初期成育が早く、収量は男爵薯よりやや多いのが特徴です。 ・男爵薯との見分け方 表面は男爵薯を変わらない色、形ですが、見分けるポイントがあります。 よくみると、芽の部分がやや赤色をしています。 芽が大きくなると赤紫色になるので、より判断しやすくなります。 ・ホクホクの食感と甘み 男爵薯特有のホクホクの食感が引き継がれています。 粉質で果肉は黄色く、甘みが強いです。 黄色い果肉と甘みから、クリジャガイモと呼ばれ人気が高いです。 密植するより、やや間をあけて植えつけるようにします。 ・病害虫対策をする 疫病に弱いほか、青枯病、そうか病に弱いです。 事前の対策や早くからの対処が大切です。 ジャガバターなどシンプルな料理に向いています。 熱するときは電子レンジを使うと、ジャガイモの香りを生かすことができます。 男爵薯より煮崩れしやすいので煮込み料理には不向きです。

次の