雇用保険 追加給付 詐欺。 厚生労働省から郵便が届いた。

【追加給付】還付金詐欺にご注意ください! :社会保険労務士 室岡宏 [マイベストプロ東京]

雇用保険 追加給付 詐欺

詐欺と疑う人もいるのでは」といぶかしがる声が届いた。 同じような通知は最近、記者にも届いた。 追加給付のきっかけは昨年、大きく報じられた「毎月勤労統計の不適切調査」。 厚労省の調査方法が長年、対象事業所を不当に絞っていたため、雇用保険などが2004年8月以降、過少給付されていた。 これに伴い、厚労省は昨年秋から、追加給付すべき対象者に通知を出し、振込先などを確認する必要書類の返信を求めている。 記者は長女が生まれた際に育児休業を取得。 04年から05年にかけ、雇用保険の「育児休業給付」と「職場復帰給付金」を受け取っており、追加給付の対象になる可能性があるという。 厚労省雇用保険課によると、通知の対象者は全国で1860万人に上り、発送は膨大な事務作業。 新型コロナウイルス感染症の影響で3月~5月中旬は中断を余儀なくされ、同課は「送付完了は7月上旬までずれ込みそう」とみる。 追加給付に便乗した詐欺への備えとして厚労省は、正規の発送用封筒や返信用封筒の写真をホームページで公開している。 返信先の私書箱の番号も明記され、「届いた封筒と照らし合わせてほしい」と同課。 追加給付なので、通知を受け取った人に振り込みを要求するようなことはあり得ないとしている。 S編には「返信後、いつまでたっても振り込みがないし、国からの連絡もない」との声も寄せられた。 返信された書類は厚労省でチェック後、該当するハローワークに送られ、そこから追加分が口座に振り込まれる仕組み。 同課は「件数が膨大なため、給付まで数カ月かかる場合もある」と説明している。 追加の給付額は個人差があるものの、1人千円強の場合が多いという。 「本来の額を受け取るべきだ」と思う一方で、追加給付の事務処理にも税金が使われていることを考えると、少し複雑な気持ちになった。 (太路秀紀).

次の

厚生労働省 職業安定局雇用保険課から謎の薄い黄色い封筒が届いた!詐欺の可能性ってあるの?

雇用保険 追加給付 詐欺

Contents• そもそも、なぜこんなことになったの? 厚生労働省が実施している統計調査は全数調査をする必要があります。 ところが、 一部で「抽出調査」をおこなっていたため統計に誤差が出たことが始まりです。 というのも、毎月勤労統計調査の「500人以上規模の事業所」については、全数調査をしなくてはいけませんでした。 ところが、2004年以降、 「東京都に対して厚生労働省が抽出した事業所名簿を送付し、当該名簿に基づき抽出調査を行うこと」となぜかなっていました。 さらに、2017年までの集計は全国均一の抽出率という前提で行われていましたが、抽出調査が行われていた東京都分について復元すら行われていませんでした。 例えば、全数の3分1しか調査していない場合なら、調査事業所における合計支払い額を3倍にする必要があります。 ただし、これでも全数調査ではないため誤差が生じることはいうまでもありません。 素人でも、こんな間違えしないと思うのですが・・・ しかも、こんな適当な仕事を 「何年もやっていた」というありえないことが、明るみになった問題というかこれはもう「事件」です。 さて、それでは実際にどういった書類が届いたのか見ていきましょう! 同封書類は?• 払渡希望金融機関指定(変更)届• 払渡希望金融機関指定(変更)届記入例• 雇用保険制度の各種給付の概要(リーフレット)• 返信用封筒 以上の書類が同封されていました。 簡単に言えば、 「足りていなかった給付分を返すので、口座を教えてね!」ということでした。 私の場合は、10年間務めた福祉業界から別の業種へ転職しましたが、その際ハローワークを利用しました。 ちなみに、私の受給時期は2017年1月ですが、封書に入っていた案内の1つに 「お客様の情報」という蘭があり、ここに記載されていますので確認することができます。 対象者は? 《追加の支払い対象者》• 基本手当• 再就職手当• 高年齢雇用継続給付• 育児休業給付 などの雇用保険給付を、「平成16年8月以降に受給された方のうち一定の条件を満たす方」とあります。 つまり、10年以上という長期にわたるためかなりの人が対象者に含まれることになります。 (対象になる可能性がある人についても郵送されています) この郵送自体は、 2019年11月頃から順次進められていたようです。 どれくらいの金額が返ってくるの? 正直、大きな問題点の1つはここにあります。 それでは、それぞれの給付の平均額について見ていきましょう。 さて、これはあくまでも「平均」ですので、もっと少ない額の人がたくさんいることはいうまでもありません。 とりあえず、平均1,000円以上返ってくる給付は平均が示されている中で、「1・10・11・12」の給付であることが分かりました。 * 雇用保険の追加給付対象者は約1,900万人。 注意事項は? 追加給付に係る簡易計算ツール 私の場合は、2017年1月が対象期間ですので当時33歳となります。 計算ツールは、こちらの で確認することができます。 詐欺にひっかかるかも・・・ こちらも大きな問題の1つです。 今回は、全国を対象にして国が大々的に追加給付をおこないます。 つまり、詐欺集団にとってはかっこうの 「飯の種」になります。 このままいけば、おそらく2次被害がでてしまうでしょう。 こちらの厚生労働省のHPにある、 から郵送書類のサンプルを確認することができます。 上記で紹介した書類サンプルを確認してから郵送するようにして下さい。 その他• 引っ越しなどで、複数のハローワークから支給を受けた場合は、複数の「お知らせ」が届く。 個別の支払い額は、回答できない。 対象の方が亡くなっている場合、ご遺族が届出ることができる。 対象の金融機関として7,6000件以上の対象金融機関がExcelでまとめられていますが、多すぎてあきらめました。 最後に もしも、書類自体が偽物なら記載されている電話番号にかけることは危険です。 電話をかけるなら 、 自分で専用ダイヤルを確認してから、連絡して下さいね。 たった数百円の追加給付のために、何万円も詐欺に遭ってしまえば泣くに泣けません。 今後、マイナンバーカードを利用した追加給付を実施するなど、安全性や経費削減のことも考えれば郵送に頼らない方法を模索していく必要があるでしょう。

次の

厚生労働省から郵便が届いた。

雇用保険 追加給付 詐欺

毎月勤労統計調査は統計法第2条に定められる基幹統計です。 2004年以降、公表された調査手法と異なる形で調査が行われ、また、統計的処理として復元すべきところを復元していなかったという不適切な取扱いが分かりました。 とのことです。 本来おこなわれるべき調査方法とは異なる形で雇用保険受給決定の計算が行われたため、修正と追加給付がある場合はそれを支払うための調査を行っているとのことです。 対象者は1,800万人にも上るそうで、順次案内を発送しているとはいえ通知時期にはかなりの差があるようです。 人によっては今年の2月に届いている人もいれば、筆者のように6月に届く人もいます。 今後も通知される人はまだまだいるのかもしれません。 詐欺グループはこういった状況をチャンスととらえ巧妙に仕掛けてきます。 封書が本当に厚生労働省から届いたものか充分に見極めましょう。 詐欺かどうかの判断するポイントは• 送り主や回答票の送付先が厚生労働省と判断できるか• 雇用保険の受給期間は該当期間(平成16年8月以降)であったか• 書類に記載されている自身の個人情報に誤りはないか などです。 一概に「こうであれば詐欺!」「こうでなければ詐欺じゃない!」と言えませんが(それほどまでに詐欺は巧妙化しています)、最低限の確認は行うようにしてください。 書類の内容は? 書類の内容は2種類に分けられるそうです。 本人を特定できている場合• お知らせとお願い(口座確認)• 口座確認の送付用・返信用封筒• 払渡金融機関変更届• 払渡金融機関届記入例• リーフレット「これまで、雇用保険の各種給付を受給した皆さまへ」 本人を特定できていない場合• お知らせとお願い(ご本人確認)• 本人確認の送付用・返信用封筒• 回答票及び払渡金融機関届(表裏)• 回答票記入例及び払渡金融機関届記入例(表裏)• リーフレット「これまで、雇用保険の各種給付を受給した皆さまへ」 筆者は青い封筒だったので以下の通りでした。 ・お知らせとお願い(ご本人確認) ・本人確認の送付用・返信用封筒 ・回答票及び払渡金融機関届(表裏) ・回答票記入例及び払渡金融機関届記入例(表裏) ・リーフレット「これまで、雇用保険の各種給付を受給した皆さまへ」 記入例があるので、回答票に必要事項を記入例に沿って記入して、返信用封筒で送ればいいだけです。 記入内容は多くないので5分もあれば完了します。 いくら追加給付されるの? 追加給付の金額は確認でき次第、通知が別途届くらしいです。 現時点では追加給付の金額はわかりませんでした。 (詳しい方なら計算で割り出せるのかもしれませんが…すみません、筆者はそこまでわからず・・・) 調査の結果追加給付がない場合もあるようですね。 その場合は今回提出した書類が返送されるとのこと。 追加給付結果 追加給付の結果が出たらまた更新します。 2020年7月2日に回答票を発送しました。 まとめ 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願いが届いた場合、基本的には詐欺ではないですが、詐欺の可能性もゼロではないため記載されている内容は充分注意してください。 筆者自身も7年前のことですし、人によってはもっと前ということもあるのでしょう。 すっかり忘れ去ったことを今更と少し警戒してしまいますが、きちんとした調査に基づくものですので回答を忘れずに行ってくださいね。

次の