菊の紋ニュース なんj。 眞子さまは運動神経抜群でスキー検定1級を取得!皇室ご一家“スポーツの秋”秘話

眞子さまは運動神経抜群でスキー検定1級を取得!皇室ご一家“スポーツの秋”秘話

菊の紋ニュース なんj

日本唯一の立法機関・国会。 僕たち庶民はなかなか立ち入る機会さえないこの場所で、さまざまな「おみやげ」が売られていることをご存じだろうか。 今回は、Jタウンネット編集部が(別件の取材で訪れた)衆院議員会館の地下売店で入手した、ユニークな国会おみやげ10種を紹介したい。 まんじゅうから爪切り、Tシャツも... こうした国会おみやげが売っているのは、やその関係施設にある売店だ。 ほとんどのお店は普段は入れないが、国会見学のときなどには一般人でも買い物ができる。 また、団体バス用の駐車場にある売店「新美堂」なら、手続きなしでも入れるので、おみやげだけが目当てならここに行くのもあり。 第10位:国会議事堂限定焼 というわけで、まず第10位は「国会議事堂限定焼」。 きっとどこに着て行っても、違和感しかないだろう。 部屋着にするのにもちょっと抵抗がある。 日常生活でも使えそうな爪切りやボールペン、食べれば腹が膨れる饅頭やせんべいと違い、「おみやげ」以上の使い道が思い浮かばない。 まさに純度100%の「国会おみやげ」なのだ。 というわけで、誰かこのおみやげもらってください ただいま、Jタウンネット編集部のT編集長のデスクには、Tシャツをはじめ使い道の思いつかない国会グッズが転がっております。 「ほしい!」という方おられたら、食べ物以外でしたら差し上げますので、ツイッターやFacebookなどでご一報ください。 麹町の編集部まで来られる方に、先着順で差し上げます。 Tシャツはちゃんと洗濯しますので。 外部サイト.

次の

【悲報】眞子さまうつ病にあそばされる

菊の紋ニュース なんj

「菊焼残月」(「麻布 菊園」HPより) 11月9日に行われた園遊会の舞台となる赤坂御苑は、赤坂御用地のほぼ中央に位置する回遊式の庭園だ。 明治時代の「観桜会」「観菊会」を起源に持ち、戦中の中断を経て、戦後の1954年に園遊会として復活。 最初は秋のみだったのが、1965年から年2回の開催になった。 「招待状をいただいたのは、園遊会のおよそ1か月前。 その少し前に、肩書や経歴を確認する連絡がきました」 そう話すのは、2015年の秋の園遊会に招待された東京工業大学名誉教授の赤堀侃司(かんじ)さん。 今回、体験談を明かした。 「招待状には金色の菊のご紋がついており、私と妻に対して両陛下からのお招きがあることが宮内庁長官の名前で綴られていました。 招待状のほかにはドレスコードなどについての注意書きや、黄色の駐車券が入っていました。 駐車券の色によって、入場する門が振り分けられていました」(赤堀さん) 両陛下や皇族方が登場されるシーンが印象深いが、招待客たちは赤坂御用地に入場してから、思い思いに時間を過ごすという。 「私たちは、お声掛けの1時間ほど前に受付を済ませました。 受付で招待状を見せると、名簿で確認して名札を渡してくれます。 赤坂御苑までの100mほどの道のりは、木々に囲まれてとても爽快な気持ちにさせるものでした。 会場には大きなテントがずらっと並び、そこで立食用の細巻きやサンドイッチ、焼き鳥やジンギスカンのほか、一口サイズのケーキなども準備されていました。 料理やドリンクはしっかりとした白いお皿やガラスのコップで提供され、サービスするスタッフもたくさんいました」(前出・赤堀さん) 都心にあって、赤坂御苑まで喧噪は届かない。 楽団による演奏が優雅な空気感を演出する。 登場のアナウンスのあと、両陛下を先頭に皇族方が姿をお見せになる。 「皇族方は一団でいらっしゃるのではなく、上手に間隔を取られて、満遍なく招待客との交流の時間をもたれていた印象です。 私たちは漫画家のさん(78才)のすぐ後ろに位置することになりました。 「帰路につく際には、受付でお土産をいただきました。 菊の焼き印が入った半円状のどら焼きのような和菓子で、包装紙も何もついていない真っ白な箱に入っていたのが印象的でした」(前出・赤堀さん) これは「菊焼残月」という宮中の儀式の引き出物として古くから用いられている伝統的な和菓子で、宮内庁大膳課出身の料理人が開業した『麻布 菊園』(千葉市若葉区)で購入することも可能だ。 「園遊会にお招きいただいたことは大変な名誉です。

次の

上皇后美智子、インターネット上の批判的な書き込みに「これほど辛いことはない」

菊の紋ニュース なんj

日本唯一の立法機関・国会。 僕たち庶民はなかなか立ち入る機会さえないこの場所で、さまざまな「おみやげ」が売られていることをご存じだろうか。 今回は、Jタウンネット編集部が(別件の取材で訪れた)衆院議員会館の地下売店で入手した、ユニークな国会おみやげ10種を紹介したい。 まんじゅうから爪切り、Tシャツも... こうした国会おみやげが売っているのは、やその関係施設にある売店だ。 ほとんどのお店は普段は入れないが、国会見学のときなどには一般人でも買い物ができる。 また、団体バス用の駐車場にある売店「新美堂」なら、手続きなしでも入れるので、おみやげだけが目当てならここに行くのもあり。 第10位:国会議事堂限定焼 というわけで、まず第10位は「国会議事堂限定焼」。 きっとどこに着て行っても、違和感しかないだろう。 部屋着にするのにもちょっと抵抗がある。 日常生活でも使えそうな爪切りやボールペン、食べれば腹が膨れる饅頭やせんべいと違い、「おみやげ」以上の使い道が思い浮かばない。 まさに純度100%の「国会おみやげ」なのだ。 というわけで、誰かこのおみやげもらってください ただいま、Jタウンネット編集部のT編集長のデスクには、Tシャツをはじめ使い道の思いつかない国会グッズが転がっております。 「ほしい!」という方おられたら、食べ物以外でしたら差し上げますので、ツイッターやFacebookなどでご一報ください。 麹町の編集部まで来られる方に、先着順で差し上げます。 Tシャツはちゃんと洗濯しますので。 外部サイト.

次の