くれ ない の 二 尺 伸び たる 薔薇 の 芽 の 針 やわらか に 春雨 の ふる。 教科書の短歌/中学校教材に収録の近代歌人の作品/正岡子規斎藤茂吉若山牧水石川啄木与謝野晶子

沼津市立第四中学校

の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針 の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針

⚒ 第一のポイントはここ。 その他、この短歌に使われている表現技法やリズムの工夫などがありましたら 教えていただきたいです。

10

先生の現代文授業ノート「近代短歌/正岡子規」

の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針 の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針

👈 ) しかし、この授業だと、回を追うごとに飽きてくる生徒が出てきてしまい、騒ぐ生徒を怒鳴って、むりやりさせることがしばしばありました。 「気になるくらい気にいった」ということなんですけれど・・・ 自分だけをみてくれる 誠実な人であってほしいという願いがこの台詞に隠れています。

くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の 針やはらかに春雨の降る(正岡子規)

の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針 の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針

🤟 中学校で国語の講師をしています。

16

先生の現代文授業ノート「近代短歌/正岡子規」

の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針 の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針

👣 くれなゐの二尺伸びたる薔薇 二尺は約60cm。 紅と薔薇とくれば、薔薇は咲いてしまう。 しかも、末尾の「春雨の降る」についても、上接の「春雨」に意味上の重点をおく「が」格ではなく、敢えて「の」格を使うことで言い切りの力を弱めなお一層の「やはらかさ」を導いていると見る事もできるのではないでしょうか。

正岡子規の短歌 100選 -春夏秋冬ー

の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針 の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針

✊ 読者は薔薇の花を想像した上で、「なんだ。

美しい日本語の世界5 解説

の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針 の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針

💕 当時の暦は旧暦を使っていました。 その中でも、この短歌は一番印象が変わったと作品の一つだ。

5

【瓶にさす藤の花ぶさみじかければたたみの上にとどかざりけり】徹底解説!!意味や表現技法・句切れ・鑑賞文など

の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針 の の 薔薇 くれ 春雨 たる 二 ふる 伸び の やわらか 芽 尺 ない に の 針

💕 「なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな」は、「なんとなくあなたが待っているような気持ちがして外へ出てみたら、花の咲く野辺に出た。 しかし、どうなのでしょう。 しかし、花は花、短いことも短いこと……自然なことではないか」 ここまで解釈すると、正岡子規が、病床で作品を造り、病床から抜け出すことなく病死したという知識が入っていますが、作者は、「客観的」に「花ぶさの短いこと」「自分のいのちも短いこと」などを、何気ない情景を描写するように詠っていることになります。

10