グリーン リーフ レシピ。 【みんなが作ってる】 グリーンリーフのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

【みんなが作ってる】 グリーンリーフ サラダのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

グリーン リーフ レシピ

みずみずしいものを選ぼう グリーンリーフを購入するときは、葉の色が鮮やかな緑色で弾力がありパリっとしていてみずみずしいものを選ぶようにしましょう。 またグリーンリーフは秋から冬にかけて多く出回るため、旬を意識して今まで購入していなかった方も購入してみるのもおすすめです。 乾燥させないように保存 グリーンリーフを含めレタス類は乾燥にとても弱く、すぐにしなびてしまうため保存するときは乾燥を防ぐことがポイントです。 湿らせた新聞紙などでグリーンリーフを包んでからポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。 可能であればグリーンリーフを立てた状態で保存すると長持ちしますが、出来るだけ早めに使用するようにしましょう。 スポンサードリンク ミネラルが豊富 グリーンリーフはレタスの仲間ですが、レタスよりもカリウムやカルシウム、ビタミンCといったミネラル類が豊富に含まれて、緑黄色野菜と同じくらいの栄養価があると言われているため、積極的に摂取するようにしましょう。 おすすめレシピ グリーンリーフは葉ざわりが良いため、サラダだけでなく炒めものやメイン料理の付けあわせとしてもおすすめです。 いくつかおすすめレシピをご紹介しますので参考にしてみてください。 焼き肉屋などのサラダの味が手軽に自宅でもできるので、いつもと違うサラダを食べたいときにおすすめです。 あらかじめ豚肉とにんじんを湯通ししておき、フライパンで全ての材料を合わせ炒めれば完成です。 グリーンリーフの量は好みでもう少し多くしても美味しく食べることが出来ます。 簡単にできるので夕食のおかずの1品として活躍しそうです。 まとめ グリーンリーフは栄養価が豊富でサラダだけでなく、炒め物にも最適です。 乾燥に弱いため保存するときは、湿らせた新聞紙で包んでからポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に保存しましょう。 保存スペースに余裕があれば立てて保存すると日持ちします。 check スポンサードリンク.

次の

グリーンリーフレシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

グリーン リーフ レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

【みんなが作ってる】 グリーンリーフ 大量消費のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

グリーン リーフ レシピ

サラダに使われることが多い「リーフレタス」を炒めることで予想以上に大量消費できるエスニック風料理をご紹介します。 リーフレタスは生のままだとあまり食べれないことがありますが、火を通すことでカサが減ってとても食べやすくなります。 リーフレタスの料理というと、割と主役にあまりなれない存在が多いように感じれれます。 今回ご紹介の料理では、リーフレタス1株をペロリと食べきれるので普段あまり食べないという方もあっという間に食べきれてしまう仕上がります。 今回のレシピで覚えておきたい ポイントは3つ!• リーフレタスは手でちぎって使う• 豚肉からでる"脂"で炒める• リーフレタスはあまり炒め過ぎない! このポイントを頭の隅においてレシピをご覧くださいね。 記事後半ではそれぞれを詳しく解説しています。 リーフレタスは手でちぎって使う• 豚肉からでる"脂"で炒める• リーフレタスはあまり炒め過ぎない! では、くわしく解説していきます リーフレタスは手でちぎって使う リーフレタスを使うとき、うっかり包丁を使ってしまいそうですが、切り口が金属と接触することで変色してしまうため、必ず手でちぎって使います。 今回はリーフレタスを取り上げていますが、レタスの仲間も同様にちぎって扱います。 豚肉からでる"脂"で炒める 炒めることで豚ばら薄切り肉から"美味しい脂"が十分出てくるので、サラダ油など使わずに調理してください。 リーフレタスはあまり炒め過ぎない! 火を加えるとリーフレタスはびっくりするくらいカサが減ってくるので、長時間炒めず、サッと火を通すことでシャキシャキとした歯応えを残して仕上げることができます。 元々生で食べることができる野菜だからです。 銀木のひとりごと! リーフレタスは生のままでは(恐らく)1株を食べきるのは、かなり容易ではないかと思います。 ただ、火を通すことで面白いくらいにカサが減り、とても食べやすくなるので気づいたら食べきっていた…。 という感じの今回の料理。 味付けにも少し工夫をして、ご飯と相性の良いピリ辛味にしています。 なにより、豚ばら薄切り肉を使っていることで、お箸で挟むようにリーフレタスや玉ねぎを一緒に食べることができるのでなかなか葉物野菜が苦手で食べにくいと思っている方にもおすすめできる一品です。 味付けはエスニック風ですが、実はシンプルな調味料を合わせたものばかりなので思い立ったらすぐ!できます。 今回使用した中華調味料は「」ですが、同じく中華調味料で有名な「」でも美味しく仕上がります。 blogspot. blogspot.

次の