面接自己紹介。 【徹底攻略】英語面接でそのまま使える!自己紹介フレーズ&例文をご紹介 AmazingTalker®

面接の自己紹介とは?好印象を与える6つのポイントやNG例文などを紹介

面接自己紹介

転職面接における「自己紹介・自己PR」の基本とは まずは、「自己紹介・自己PR」の基本を押さえましょう。 どうして「自己紹介・自己PR」が行われるのか、どのタイミングで聞かれるのかなどを理解しておくことで、慌てずに回答できるようになりますよ。 面接の流れをチェックしよう 中途採用における面接の一般的な流れを知っておきましょう。 自己紹介に関しては、聞かれるなら「初回の面接の導入部分」とほとんどが決まっています。 ただ、その後の内容は企業や選考段階によって変わるため、必ずしも自己紹介を求められるとは限りません。 まずは導入として今回取り上げる自己紹介を行います。 その後、職務経歴を聞かれ、あなたがなぜ転職しよう敏孝の理由を問われます。 そのあとに志望動機を聞かれ、企業ごとの細かな質疑応答に入ります。 あとは面接官から募集内容の説明や条件の確認をされます。 最後に逆質問があって、終了となります。 面接において自己紹介の役割とは? たまに勘違いしている方がいるのですが、特に転職面接においては、「面接を受けるのはこんな人物です」と伝えることに終始すればよいのです。 自己紹介では詳しい経歴の説明や自己PRは過剰に行わず、1~3分程度で簡潔に自分のことを伝えてください。 これまでの業務内容や経験・スキル、転職の理由などはその後行っていきますから、自己紹介のタイミングですべてを伝えようと身構えなくて大丈夫です。 採用担当者との信頼関係を築くことを念頭に置いて、落ち着いて簡潔に伝えるようにしましょう。 面接官が自己紹介・自己PRを求める理由 自己紹介で面接官があなたを見るとき、どのような目線で見ているか気になりますよね。 基本的に、あなたが一体どんな人なのかを知りたがっているのです。 自己紹介は、面接官にあなたが入社後に活躍できる人か教える第一歩と考えていいでしょう。 そのなかで、応募者のビジネスパーソンとしてのコミュニケーションスキルも確認しています。 つまり、自己紹介・自己PRの話し方で与えた第一印象がよければ、内定に一歩近づくといっても過言ではないのです。 さらに詳しく見ていきましょう。 理由その1 自分自身を客観的に捉えられているか見たい 自己紹介や自己PRは、自分はどんな人間で、どんなことが得意かなどを客観的に話します。 それがうまくできているかを確認したいと思っているのです。 なぜなら、仕事において客観的に自分を捉えられない人は、物事を俯瞰的に見られず、仕事能率も悪いといえるからなのです。 一緒に働く上で自分を見つめられている人と働きたいと思うのは、企業にとって当然です。 自己紹介では、自分自身を客観的に捉えられている人材かを見せるように心がけましょう。 理由その2 経験やスキルが自社とマッチするか確認したい 自己PRや自己紹介では、個人が持っているスキルや強みを見られます。 その内容と会社が求める内容がマッチしているかを面接官は確認しているのです。 さらに、自己PRで言われたことを面接官がその後の面接で深掘りすることで、さらに深く、企業とのマッチレベルとスキルの習熟度をチェックしようとしています。 そのため、先述のとおり、あまり多くを語る必要はなく、簡潔さを求められるわけです。 面接で話す自己紹介・自己PRはどんな内容を話すべき? それではさっそく、自己紹介・自己PRの内容について見ていきましょう。 面接官に優秀な人材だと思ってもらえる、第一印象が良くなる自己紹介のアピールポイントを解説していきます。 どのような点をピックアップして話せばいいか、ふたつの基準に照らし合わせてチェックします。 仕事上の実績・スキルは「裏付け」があるものを話す 自己紹介においてやってしまいがちなのですが、「いつも明るく前向き」「優しいと言われる」などといった人柄的な強みは不要です。 自己紹介・自己PRでこれまでの仕事で上げた実績やスキルを話すときは、具体的な数値に裏付けられたものだけに絞ってください。 数値やキーワードでシンプルに伝えられるものがいいでしょう。 いままでの経歴や頑張ったことも、ここでは言う必要はありません。 基本的に面接官は仕事で残した実績や成果を知りたいので、アピールする点は仕事上の強みに絞って話すことが重要です。 応募先の会社・職種で活かせる内容に絞って話す 二つ目の基準が、「応募先の会社・職種で活かせる内容に絞って話す」です。 これはどういうことかというと、自己紹介やPRをする際に自分の実績やスキルばかりを話してしまうのはNG,ということです。 まずは求人情報をベースにして、「求める人物像」「業務内容」「成し遂げてほしいミッション」とに自分が近いかどうかを一度考えてみてください。 そして、それに関係のある実績やスキルを選んでアピールすることで、面接官の評価が上がります。 転職面接においてやりがちなミスが、テンプレート化した自己紹介です。 同じ職種や業務内容であったとしても、企業によって重視するポイントは異なるため、応募先の企業で求められている人材がどんなものなのかは必ず確認してください。 どうしてもアピールポイントが見つからない場合 経験職種への転職ならいざ知らず、異業種、異職種への転職にチャレンジする場合、アピールできるポイントが見つからないこともあるでしょう。 そんな時は、企業そのものではなく、その「仕事」においてどんなことが必要とされているか、自分が持っている実績、スキルとの共通点がないか探してみましょう。 仕事というのは、必ず何かを達成しなくてはなりません。 自分が今までどんな目標に挑戦し、成し遂げてきたかを話すことで、どこかで必ず応募先企業、応募職種とリンクするはずです。 そうすれば、面接官の質問意図に沿った回答となり、応募職種にも応用できることを伝えられます。 面接での自己紹介・自己PRの伝え方 面接で大事なのはコミュニケーションです。 自分がいかに優秀であっても、それを上手に伝えられなくては何の意味もありません。 面接官から良い評価を得るための自己紹介・自己PRの伝え方のポイントを学んでおきましょう。 結論から話し始めるのが鉄則 社会人になって、業務の報告をするときにダラダラしている人がいますよね。 それはなぜなのか、その理由は「結論から話していない」ことにあります。 ビジネスの基本として、結論から話し始めるのが鉄則です。 なぜなら、今から話すことが何なのか整理され、相手に伝わりやすくなるからです。 「自己PRをしてください」と言われたら、まずは一番アピールしたい実績やスキルを結論として話しましょう。 そこに続いて、その実績を達成するために具体的にどのような行動をしたのかを説明します。 具体的な行動、将来の展望につなげる そこからさらに、実績を達成するための具体的な行動を伝えます。 ここで、その実績を達成するために使ったスキルの詳細を話してもいいですね。 最後に、今後の展望を話しましょう。 ポジティブな印象を与えられるよう、今後自分が、今話したことをこの仕事でどのように活かしたいと考えているかを伝えるといいですね。 これらを話すときは、簡潔に話すことを心がけてください。 いくつも紹介すると長くなるので、面接官へ本当に伝えたかった部分が伝わらない場合もあります。 時間を自分で測り、シミュレーションしながら調節しましょう。 また、簡潔に述べることで、面接官自身が気になる点を深掘りしてくれる余白も生まれます。 はきはきと話し、明るく謙虚な姿勢で伝える 面接全体を通じて言えることなのですが、基本的に前向きに明るく話すことは大前提です。 緊張しているのはよくわかりますが、やはり怖い面持ちの人よりも、柔らかな雰囲気の人と働きたいと思うのは当然でしょう。 自分の実績やスキルを話すとき、上から目線になったり不遜な態度をとったりするのも絶対にNGです。 謙虚な姿勢を心がけてください。 人間的に尊敬できない人とは、誰だって一緒に働きたくないと思うでしょう。 もし自分にスキルが不足していても、高慢な態度や横柄な物言いをする人より謙虚な人のほうが、組織は求めています。 時間は1分〜3分の間で調整する 基本的に、自己紹介と自己PRは1-3分の間で行うのが定番です。 稀に、企業から時間指定をされる場合もありますが、ない場合はこの時間で留めれば問題ないでしょう。 長く話したいけれど時間がないからと言って早口で喋らないようにしてください。 聞き取りやすいスピードで、笑顔も忘れずに話しましょう。 一文字1秒くらいを目処に原稿を作るのがベターです。 質問したくなるような部分を含めておく 自己紹介や自己PRのあと、それについて必ず面接官から深掘り質問がされます。 そのため、再三言っているように「詳しく話しすぎない」ことが大事になります。 さらにもう一点、「それはどういうこと?」と、面接官の興味を引く部分も含められれば上級者です。 私が面接官の立場の時に興味を惹かれたのは、「使っているSNSはあるか」という事前質問に対して、「SNSはやったことがありません」ということでした。 若い方だったためどうしてなのか聞いてみたくなり、質問したところ「なぜか登録するとエラーになる」という返答で、場が和みました。 フランクな面接ではありましたが、その人のひととなりが分かる一場面でした。 自分を飾りすぎず対策をしっかり行うことで、印象を良くしましょう。

次の

面接の自己紹介とは?好印象を与える6つのポイントやNG例文などを紹介

面接自己紹介

就職活動の面接では、基本的に冒頭で「自己紹介をどうぞ」と質問されることが多いです。 その際、自己PRとごっちゃになってしまい、どんなことを話せばいいのかわからない人もいるかもしれません。 自己紹介は「面接への入口」にあたります。 そのため、面接を上手く進めていくにはこの 自己紹介がカギを握るのです。 しっかりと紹介ができれば、自分にとって有利に面接を進めることができますが、そうでなければ不利に働くでしょう。 そのため、面接では「つかみ」が重要になります。 自己紹介で面接官の興味を引くことができれば、その後の志望動機といった質問も答えやすくなるはずです。 自己紹介のつかみ次第で面接の展開は変わっていくため、そのテクニックを知っておきましょう。 面接で「自己紹介をどうぞ」と言われた際は、自己PRとなるべく区別しなければなりません。 経歴や特技などは伝えるべきですが、新卒の就活生に関してはそこまで詳しく取り上げなくても問題ないでしょう。 ただし、 PRをメインにして長く話し過ぎるのは逆効果です。 簡単な意気込みを伝えるのはOK 自己紹介で簡単な意気込みなどを伝えるのはOKです。 自己PRなどのように細かなエピソードや情報を盛り込まなくてもよいでしょう。 自己紹介はあくまで「つかみ」であり、経歴などを簡単に伝えることが求められます。 どこまで意気込みを伝えるかは質問の仕方によって異なるため、 面接官に興味を引かせながら次の展開につながるようにしましょう。 最初からアピールしすぎるのは逆効果 面接の自己紹介で最初からアピールし過ぎるのは逆効果です。 あまり長く回答しても面接官にとっては伝わりづらく、印象もあまり良くありません。 また、上述したように質問の意図を理解しているか、コミュニケーション能力あるかが見られているため、アピールばかりだと「質問を理解していない」「聞く耳を持たない」との 悪印象を抱かれかねません。 面接は相手にどう聞こえるかや受け取られるのかも意識しなければいけないため、どんな項目を話すべきか念入りに確認しておきましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 自己紹介では、特技や趣味など話のネタを持っておくとよいでしょう。 面接官が興味を持ってくれれば、話が広がるきっかけになるかもしれません。 自己紹介する時は、 趣味や特技についても簡単に盛り込んでみるのがおすすめです。 質問されてもある程度答えられる項目にしておきましょう。 自己分析と並行しながら検討する 自己紹介の内容を考える際は、自己分析と並行して進めてください。 簡単な意気込みなどを伝えるに、自己理解や企業分析が必要だからです。 アピールにつなげるためには、自分にどんな特徴・強みがあるかどうかを理解しておかなければなりません。 しっかりと 自分の強みと企業が求めている人材像との関連性を検証しながら、作業を進めましょう。 自分を一言で紹介するキャッチコピーを作る なかなか高度なテクニックかもしれませんが、タレントのように自分を一言で表せるようなキャッチコピーを作るのも、魅力的な自己紹介になるコツのひとつです。 キャッチコピーがありきたりなものだと、面接官の興味を引くことは難しいかもしれません。 もっと知りたいと思わせるキャッチコピーができれば、その後の面接を有利に進められるでしょう。 抽象的な表現は避ける キャッチフレーズを考える際に注意しておきたいのが、抽象的な表現です。 「協調性がある」、「社交的」などという言葉は、志望者の自己紹介を聞いた面接官が、 相手の感想をメモするときに使う言葉になります。 文字数が短い分インパクトは強いのですが、自己紹介をする側から言うべき言葉ではありません。 自己紹介は、例文のように文章にして書き出して、そのまま丸暗記するという方法をとる人も多いかもしれませんが、伝えたいことを箇条書きにしましょう。 文章をそのまま丸暗記すると、話したときに棒読みのように聞こえてしまいます。 また、途中で忘れてしまったりした場合、リカバリーが難しくなってしまうでしょう。 箇条書きした内容をもとに練習をしておくことで、構成が予定と異なっても 軸がぶれずに自然に話すことができるのです。 60秒程度で話しきれるのが目安 自己紹介では、伝えるべき項目を漏れなく盛り込まなければいけませんが、ダラダラと長い文章は必要ありません。 時間の目安は60秒程度です。 文字数でいうと、 250~300文字がちょうどいいでしょう。 速すぎないスピードでハキハキと話して、60秒程度になるよう調整してください。 ただし、企業によっては時間指定があるので、2分、3分といくつか設定しておくとよいでしょう。 話すスピードや抑揚を意識する 自己紹介では、話すスピードや抑揚を意識してみましょう。 話すスピードが早すぎると、面接官も聞き取りづらいです。 そのため、早口にならないように注意しなければなりません。 また、自己紹介で強調したいポイント、キーワードになるところは抑揚をつけることがポイントです。 話し方に緩急をつけると相手にとっても聞き取りやすいので、ぜひ意識しましょう。

次の

【面接対策】美しい自己紹介の3つのポイント|玉川大樹|note

面接自己紹介

Contents• 面接における自己紹介・自己PRの違いとは? 出典:career-tasu. 宜しくお願い致します。 』と自分自身を名のることが目的です。 そのため、出身地や強み弱みを話すことは不要です。 自己紹介だけでも企業は相手が聞きたいもの(こと)を的確に把握するコミュニケーションスキルの有無をみています。 そして、次に自己PRとは『私はこんな強いや特技があります』自分自身を売り込むことです。 なので、自己紹介で伝えられなかった強みや弱みなどはこの自己PRの場面で伝えるようにしましょう。 自己紹介と自己PRには上記のような違いがありますが、自己紹介をする時には注意点があるので事前にしっかりと把握しておきましょう。 スポンサーリンク 新卒面接時の自己紹介の注意点は? 出典:gakumado. mynavi. jp 面接時の自己紹介にかける時間は、 30秒から1分を目安に簡潔にしましょう。 初対面の人間が、いきなり『自分はこんな特技があって……』と長々話しだしたら、印象が悪くなってしまいます。 それと同じように、自己PRをダラダラされても印象が悪くなってしまいます。 なので、自己紹介は氏名、年齢、出身校、部活を述べ、『よろしくお願い致します』と、適度に大きな声で話すようにしましょう。 自己紹介では、志望動機も自己PRも不要で、それらは別の機会に面接官から質問されます。 また、自己紹介で何を言っているのか分からないのも良い印象には繋がらないので、自己紹介の言葉は誰にでも分かる言葉を使いましょう。 このように、面接で自己紹介をするだけでもこれだけの注意点があるので、意識して臨みたいところ。 それでは、いよいよ上記の注意点などを踏まえた上で自己紹介を作成する際のポイントをご紹介していきます。 スポンサーリンク 自己紹介文をつくる際のポイントは? 出典:careerpark. jp 自己紹介は伝えたいことを文章でしっかりとまとめてしまうと上手くいかないことがあるので、 箇条書きでまとめるのがおすすめです。 仮に60秒間で話すときの目安となる文字数は、250文字から300文字程度なのですが、不安であれば事前に口に出して練習してみましょう。 また、本番では必ず緊張するので自然にスラスラと話せるようになるまで、練習を重ねておきましょう。 面接の自己紹介では、端的にハキハキと大きな声で話し、質問を求められたら、落ち着いて面接官が求めていることを理解して、慌てずに答えます。 このスタイルが企業の求める、コミュニケーションスキルなのです。 では、面接でも使える自己紹介の例文をご紹介していきます! スポンサーリンク 面接に使える自己紹介の例文は? 出典:tensyoku-now. com 先ほどもお伝えした通り、面接における自己紹介は自分に関する簡単なデータを伝えるだけで十分なのです。 そのことを踏まえて、どこでも使える簡単な自己紹介の例文はこちらになります。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 』 上記の自己紹介で、十分ですが面接官にもっと話を聞きたい、興味をもってもらいたい、と思う場合は自分が伝えたい方向に面接が進むよう以下の自己紹介のようにしてみましょう。 大学では主にサークルの幹部として運営に注力してまいりました。 今日はこのような経験から、私について知っていただけたらと思います。 本日はよろしくお願いいたします。 』 自己紹介も同じで、面接は事前の準備が結果を左右します。 なので、準備不足で後悔をしないためにも、最後まで気を抜かずしっかり練習をしておきましょう。 自己紹介の練習を一人でした後は、友人や家族に聞いてもらうと自分だけでは発見できなかったポイントが見つかり、より伝わりやすい自己紹介となります。 また、緊張も一人の時とは違ってきて、目線が面接官に向いているか、表情は柔らかいか、声は大きくハキハキとしているかなどをチェックしてもらいながら練習をしましょう。 面接で自己紹介を成功させるために必要なことは、自己紹介の内容と伝え方のどちらも魅力的であることです。 練習は必ず本番で活かすことができるはずなので、他の就活生に負けないよう日々特訓していきましょう! スポンサーリンク.

次の