桐島 かれん インスタ グラム。 桐島かれんさん 母の生きざまから多くを学んだ

【桐島かれんさんインタビュー】大切にしている「別荘暮らし、花を生けること、旅の時間」

桐島 かれん インスタ グラム

Contents• プロフィール 日本名:渚、洋名:Zoe、 1964年8月20日 神奈川県横浜市出身のモデル、歌手、女優、タレント、インテリアショップ House of Lotus ハウス オブ ロータス のオーナー。 父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフ。 弟は写真家の桐島ローランド。 妹はエッセイストの桐島ノエル。 子供の頃は横浜中華街に住んでいたこともある。 母は作家の桐島洋子さん。 ハーフなんですね。 どうりで日本人離れした顔つき。 モデルさんというのも納得な感じです。 横浜出身で子供の頃は中華街に住んでいたこともあったそうで。 出身地だけでなんかおしゃれですね。 なんでだろうw 2017年現在、年齢は52歳。 すごい!! 個人的な感想でいくと、年齢を感じさせない「美魔女」ってことです。 1983年、上智大学に帰国子女枠で入学するが中退。 1984年、エスモード・ジャポンに入学するが中退。 在学中に学生モデルを経験する。 1985年、セツ・モードセミナーに入学するが中退。 1986年、資生堂のキャンペーンガールとしてモデルデビュー。 同年の高橋幸宏のツアーにもゲストとして参加。 1993年、写真家の上田義彦と結婚し、その後、3女1男の子供をもうけた。 2013年、インテリア雑貨、オリジナルウエア等を扱うライフスタイルショップ House of Lotusを広尾にオープン。 ここで驚いたのは、モデルだけじゃなく歌手としてバンドデビューしているところです。 学生時代からモデルとして活動し、資生堂のキャンペーンガールからバンドボーカルってなんか想像できないですよね! 才能あふれる方なんだなと思いました。 この後旦那さんについて触れていこうと思います。 旦那( 夫)はどんな人? 旦那さんは写真家の上田義彦さん。 かれんさんの本名は上田かれんさんになりますね。 わかりやすいところで、サントリーのウーロン茶、伊右衛門、無印良品、資生堂、日本郵政グループ、NTTdocomo、UNIQLO、TOYOTA、Canon、などの広告に携わっていらっしゃる方です。 夫が写真家で妻はモデル。 ん〜やっぱりおしゃれ!! 「at Home」という写真集を出版されています。 結婚から、4人の子供の誕生で家族が6人になるまでの13年間の軌跡を夫の上田義彦上田義彦が写真で。 妻のかれんさんが日記文で。 大切な家族との時間が記された本です。 自分の家族の写真を見返したくなるような本ですね。 とても仲のいいご夫婦だそうですよ。 かれんさんも本を個人で出版されていますので、ぜひ見てみてください。 子供は 娘が3人、 息子1人 子供は4人。 三女1男です。 お仕事もあって大変ですよね! ですが、かれんさんは仕事のスケジュールは子供との時間、子育て優先で組んでいるそうです。 ご自身の幼い頃のハーフというコンプレックス。 有名人の子供というレッテル。 母子家庭のような暗い思い出があったので、一般サラリーマンのいわゆる普通の家庭というものに憧れがあったそうですよ。 自分と同じような思いはさせたくないって、親なら誰もが考えますね。 子供の 名前 長女 上田 森曾 (もりえ) 次女 上田はんな 三女 上田像繪 (ぞえ。 かれんさんの洋名から撮っているそう) 長男 上田麟太郎 (りんたろう) ネット上でも驚かれているのは、三女のぞえちゃん。 ぞえってすごい名前です。 まず日本人の発想にはないですね。 かれんさんの洋名からとっている名前ですので。 「ぞえ」って呼びやすいし、かっこいいですよ。 漢字はちょっと難しいですが・・・w ユニクロの CMに親子で 出演 長女の森曾 (もりえ)さんとかれんさんはユニクロのブラトップのCMに出演。 話題になっていました。 やっぱり絵になりますよね!とても美しい親子です。 年齢を感じさせないですねー 自宅がすごい! アジア・アフリカ雑貨を中心に扱うセレクトショップ「ハウスオブロータス」のオーナーでもあるかれんさん。 以前に伊勢丹でかれんさんの自宅部屋を再現したショップが期間限定でオープンしていました。 世界各国の家具や雑貨があって、北欧家具がお気に入りだそうなんですが、雑貨などはアフリカやアジアのものがあり、独自のセンスでミックスされていて、かれんさんの世界観がとても素敵です。 また葉山に別荘を持っていて、そちらもとても素敵なお宅です。 もともと古い家が好きなんだそうです。 古いものに新しいものをや、自分の好きなものを取り入れて、それが独自の世界観になる。 リフォーム、リノベーションで古民家を再生して、小さな自分たちのこだわりを詰め込んだ場所だそうです。 身の回りを自分にとって好きなもの、素敵なものでいっぱいにする。 これほど幸せなことはないかもしれないですね。

次の

デルフィーヌ=麻衣子・シャンピ(岸恵子の娘)夫や孫の年齢?インスタ

桐島 かれん インスタ グラム

Contents• プロフィール 日本名:渚、洋名:Zoe、 1964年8月20日 神奈川県横浜市出身のモデル、歌手、女優、タレント、インテリアショップ House of Lotus ハウス オブ ロータス のオーナー。 父親がアメリカ人で母親が日本人のハーフ。 弟は写真家の桐島ローランド。 妹はエッセイストの桐島ノエル。 子供の頃は横浜中華街に住んでいたこともある。 母は作家の桐島洋子さん。 ハーフなんですね。 どうりで日本人離れした顔つき。 モデルさんというのも納得な感じです。 横浜出身で子供の頃は中華街に住んでいたこともあったそうで。 出身地だけでなんかおしゃれですね。 なんでだろうw 2017年現在、年齢は52歳。 すごい!! 個人的な感想でいくと、年齢を感じさせない「美魔女」ってことです。 1983年、上智大学に帰国子女枠で入学するが中退。 1984年、エスモード・ジャポンに入学するが中退。 在学中に学生モデルを経験する。 1985年、セツ・モードセミナーに入学するが中退。 1986年、資生堂のキャンペーンガールとしてモデルデビュー。 同年の高橋幸宏のツアーにもゲストとして参加。 1993年、写真家の上田義彦と結婚し、その後、3女1男の子供をもうけた。 2013年、インテリア雑貨、オリジナルウエア等を扱うライフスタイルショップ House of Lotusを広尾にオープン。 ここで驚いたのは、モデルだけじゃなく歌手としてバンドデビューしているところです。 学生時代からモデルとして活動し、資生堂のキャンペーンガールからバンドボーカルってなんか想像できないですよね! 才能あふれる方なんだなと思いました。 この後旦那さんについて触れていこうと思います。 旦那( 夫)はどんな人? 旦那さんは写真家の上田義彦さん。 かれんさんの本名は上田かれんさんになりますね。 わかりやすいところで、サントリーのウーロン茶、伊右衛門、無印良品、資生堂、日本郵政グループ、NTTdocomo、UNIQLO、TOYOTA、Canon、などの広告に携わっていらっしゃる方です。 夫が写真家で妻はモデル。 ん〜やっぱりおしゃれ!! 「at Home」という写真集を出版されています。 結婚から、4人の子供の誕生で家族が6人になるまでの13年間の軌跡を夫の上田義彦上田義彦が写真で。 妻のかれんさんが日記文で。 大切な家族との時間が記された本です。 自分の家族の写真を見返したくなるような本ですね。 とても仲のいいご夫婦だそうですよ。 かれんさんも本を個人で出版されていますので、ぜひ見てみてください。 子供は 娘が3人、 息子1人 子供は4人。 三女1男です。 お仕事もあって大変ですよね! ですが、かれんさんは仕事のスケジュールは子供との時間、子育て優先で組んでいるそうです。 ご自身の幼い頃のハーフというコンプレックス。 有名人の子供というレッテル。 母子家庭のような暗い思い出があったので、一般サラリーマンのいわゆる普通の家庭というものに憧れがあったそうですよ。 自分と同じような思いはさせたくないって、親なら誰もが考えますね。 子供の 名前 長女 上田 森曾 (もりえ) 次女 上田はんな 三女 上田像繪 (ぞえ。 かれんさんの洋名から撮っているそう) 長男 上田麟太郎 (りんたろう) ネット上でも驚かれているのは、三女のぞえちゃん。 ぞえってすごい名前です。 まず日本人の発想にはないですね。 かれんさんの洋名からとっている名前ですので。 「ぞえ」って呼びやすいし、かっこいいですよ。 漢字はちょっと難しいですが・・・w ユニクロの CMに親子で 出演 長女の森曾 (もりえ)さんとかれんさんはユニクロのブラトップのCMに出演。 話題になっていました。 やっぱり絵になりますよね!とても美しい親子です。 年齢を感じさせないですねー 自宅がすごい! アジア・アフリカ雑貨を中心に扱うセレクトショップ「ハウスオブロータス」のオーナーでもあるかれんさん。 以前に伊勢丹でかれんさんの自宅部屋を再現したショップが期間限定でオープンしていました。 世界各国の家具や雑貨があって、北欧家具がお気に入りだそうなんですが、雑貨などはアフリカやアジアのものがあり、独自のセンスでミックスされていて、かれんさんの世界観がとても素敵です。 また葉山に別荘を持っていて、そちらもとても素敵なお宅です。 もともと古い家が好きなんだそうです。 古いものに新しいものをや、自分の好きなものを取り入れて、それが独自の世界観になる。 リフォーム、リノベーションで古民家を再生して、小さな自分たちのこだわりを詰め込んだ場所だそうです。 身の回りを自分にとって好きなもの、素敵なものでいっぱいにする。 これほど幸せなことはないかもしれないですね。

次の

桐島洋子の自宅と家系が凄すぎ!本で書かれた波乱の人生とは?

桐島 かれん インスタ グラム

別荘でくつろぐ桐島さん この葉山の別荘を買ったのは、10年以上前のこと。 私は横浜育ちで海の側にはなじみがあり、母(作家・桐島洋子さん)は葉山で暮らしていたこともあるので、ゆかりのある土地がいいなと思っていました。 もともとは明治時代の政治家・金子堅太郎さん宅の敷地内にあった別宅です。 当時、すでに京都の古民家を移築したものだったので、原型はいつの時代のものなのか、正確にはわかりません。 下の部分が農家造りで梁が太く、上は数寄屋造りという面白い家。 買ってから、京都の宮大工さんを呼んで、夫(写真家・上田義彦さん)が監督しながら2年くらいかけて今の状態にしました。 普通のリノベーションだと、古い家を新しく変えていく作業だと思うのですが、この家の場合は古い形に戻す作業をしました。 例えば、プラスチックになっていた雨どいを真鍮のものに変えたり。 窓のサッシもアルミが嫌いなので、すべて木枠に変えたり。 木製の時代物の建具を集めてきて、窓のサイズに合わせてつくり直しているんです。 桐島かれんと夫、上田義彦さんの葉山の別荘 2年かけて改装したこの葉山の別荘は、家の中もずいぶん手を入れています。 ダイニングキッチンは、夫(写真家・上田義彦さん)が見つけてきた古民家の太い梁を組み、暖炉は同じく梁と地元の佐島石でつくりました。 特徴的な床は、海外のホテルで見て素敵だったデザインを、私がアレンジして大理石でつくったもの。 女性は食卓の上のテーブルウェアとか、細かいところにこだわることが多いと思いますが、私は比較的、家そのものや部屋など、広い空間にこだわるほうです。 夫はさらに空間が広くて、庭も含めてこだわっています。 室外機が家の外観を損ねるということで、クーラーはこのダイニングキッチンにだけ許されていて、寝泊りしている母屋には、いっさいないんですよ。 だから私がこの葉山の別荘でいちばんお気に入りの場所は、このダイニングキッチン(笑)。 キッチンそのものは、新しいシステムキッチンを採用しているのですが、韓国の欄間のような木工細工に合わせて収納をつくったり、クーラーもその欄間のようなもので目隠しをしたり、さらに古く見せるような演出をして統一感を出しています。 別荘の庭でくつろぐ桐島かれんさん ここまでこだわって手を入れ続けた別荘ですが、実は、私は売ってしまってもいいと思っているんです。 子供たちが大きくなって、ここに来る回数も減ってきました。 家は使わないと意味がないですから。 私はあまり所有欲がなく、その時々に合わせていちばんしっくりくる家が好きだから、老後はホテル暮らしがいいなと思っているくらいなんですね。 でも夫はやはり男性ならではというか、この別荘も「自分の城」という思いがあって、手放す気はないんじゃないかな。 別荘に来ると半日は庭の手入れや掃除でつぶれますし、大変なんですけどね(笑)。 東京では、12年ほど前に、建築家の坂茂(ばん・しげる)さんにお願いして、新築でモダンな家を建てました。 でも、家って終わりがないんですね。 建てたら建てたで住みにくいところが出てきて、今も東京の家は改装を続けています。 人生のさまざまなフェーズによって快適な家というのは変わっていくと思うので、最適な状態にしていくことは私のライフワークなのかなと。 木工細工など旅先で買い求めたものたち こちらは、若いときの旅の思い出コーナー。 欄間みたいな木工細工など、今でも好きなものはあまり変わっていませんね。 自宅だけでなく事務所など、いろんなところに花を生けて回っているので、香りだけで「私が来た」とわかることもあるみたい(笑)。 生け花をきちんと習ったことはないのですが、お花をゆがみがあるものとないものとで選別して配置する、という自分なりのコツを確立しています。 好きなのは1種類で生けてもかわいいもの。 アレンジメントはクリスマスやホームパーティーなど、特別な機会くらいで、普段はあまりやりません。 花を生ける桐島かれんさん 初夏の季節は、好きなお花が多くてうれしいもの。 ふだん葉山で生ける花は、お花屋さんよりもいいものが安くそろっているので、鎌倉の農協市で買うことが多いです。 たくさん買うのが好きで、ゴールデンウィークにも菖蒲を200本買って生けました。 今日のお花も、その市場で買ったシャクヤク。 少し量が足りなかったので、360度見られるようにするのではなく、正面をつくる感じに生けようと思いました。 少しお花の茎を曲げて、ちょっと下に垂れる部分をつくったりすると、雰囲気がアップするんですよ。 使っている花瓶は、おそらくイタリアの物で独身のころから使っています。 特に高価なものではないのですが、どんな花でも生けやすくて重宝しています。 旅先の写真を見ながら振り返る、桐島かれんさん 現地の人と知り合って交流したい、一生の思い出をつくりたい、など旅の目的は人それぞれ。 でも私の場合は、そういう希望はまったくなくて。 特別なことを何もせずに、エトランジェ(異邦人)として、その土地をすり抜けていきたいんですよね。 だれも私のことを知らず、なんのしがらみもない状態で、赤ちゃんのように自由な感覚で新鮮な刺激を味わいたい。 ゆっくり同じホテルに滞在するバカンスよりも、毎日滞在先を変えるような移動型の旅のほうが好みです。 観光名所よりも、普通の人の日常生活や、市場などを見るのが一番の刺激ですね。 出産して子供たちと一緒に旅行に行くようになってからは、ハワイやグアムのプールサイドで過ごす旅の楽しみ方もわかりました。 家族で旅行に行くときは、やっぱりなんでもそろっているほうが楽なんですよね。 買い付けの旅も、子供がある程度大きくなるまでは、ずっと一緒に連れて行かざるを得ませんでした。 数年前、17年ぶりにひとりで海外に買い付けに行ったんですね。 飛行機に乗ったとたんに「わあ! ひとりの時間だ!」って、ものすごく感動しました。 今は子供が21才、19才、16才、13才になりましたが、それでもふだんの朝はお弁当づくりなど、ルーティンなことで過ぎていく日々です。 ひとりの時間なんて、旅に出たときくらいしかゆっくり取れない。 今はそういった意味でも旅は大切な時間です。 でも、晩ご飯の献立について電話したり、旅先にいても完全に家から離れることはできないんですけどね(笑)。

次の