生理用品 軽減税率。 「パンか生理用品か」消費税軽減、学生呼びかけ署名3万:朝日新聞デジタル

【消費税増税】日用品は軽減税率8%の対象外!化粧品・おむつ・生理用品も値上がり

生理用品 軽減税率

「おもつ」「生理用品」「トイレットペーパー」は軽減税率の対象外 いま軽減税率に関する不満の声が多く上がっているのは、生活必需品である ・おもつ ・生理用品 ・トイレットペーパー などが対象外であることが主な原因の一つです。 実際にtwitterなどのSNSでは、このおもつや生理用品が軽減税率の対象外であることへのあまり良い印象を受けていないように思います。 以下は実際の利用者の方のツイートの一部です。 新聞紙が軽減税率適用で、トイレットペーパーやおむつ、生理用品は適用されないから、もう全部新聞柄にしたらっての見た。 笑 日用品が適用外? 新聞?え?新聞こそ贅沢だよね? 新聞取ってないけど問題ないよ。 以下は生理用品が軽減税率の対象外であるのに加えて、新聞が減税の対象となっていることを疑問視する声の一つといえます。 生理用品が10月からの軽減税率対象でない話。 何年も前から散々国会で追求してきた利権。 「どうして生活必需品の前に新聞が?」が正確な争点。 経済先行きからも増税延期して解散総選挙すべきだった。 — 丸山ほだか maruyamahodaka このように、意外なものが消費税増税の対象外となったり、減税対象になった方がいいというものが軽減税率の対象となったりしていることが、人々の不満を大きくしているといえます。 なぜ新聞は軽減税率の対象なのか それでは、この新聞のような意外なものが消費税増税の対象外となるのでしょうか。 この理由について調査してみました。 大手電機メーカーのCASIOのHPの情報(以下)によると、ヨーロッパなどの海外の国では新聞に対して、軽減税率が対象としていることが多いようです。 より引用 なお、こちらの情報源での海外で新聞が軽減税率の対象となる理由としては、「新聞は思策の食料や栄養源」といった概念が元となっているようです。 ただ、私達の生活においてネット情報を見る割合が徐々に進んでいることを考えますと(特に若い世代では)、この「新聞を主な情報源と捉えているために軽減税率の対象」と海外と同様の扱いをしてしまうのは少し強引と、私は思います。 いずれにしても、 現段階では軽減税率の対象に新聞は含まれるという事実があるため、今の段階ではこの認識を覚えておくといいです。 そもそも軽減税率の対象品目は何があるのか このように、 ・おもつ・トイレットペーパー・生理用品などの生活必需品は消費税増税の対象 ・新聞が軽減税率の対象 となっていることで話題となっているのですが、そもそもどのようなものが軽減税率の対象となるのでしょうか。 国税庁のHPを参考に調べてみました。 より引用 ここでは、 ・酒類・外食を除く飲食料品 ・新聞 が軽減税率の対象となっているのです。 飲食料品が軽減税率の対象となるのはありがたいことです。 ただ、おむつや生理用品などの生活必需品を差し置いて、新聞が対象に入っているのは、疑問の声が出ても仕方ないともいえます。 外食を除く飲食料品とは?具体的に調査してみた なお、外食を除く飲食料品とは具体的にどのようなものが相当するのか、さらに調べてみました。 まず、通常のスーパーやコンビニなどで購入するような飲食料品は、軽減税率の対象となるようです。 さらに、 テイクアウトや宅配などでも軽減税率の対象となるとのことです。 これは私的には意外かなと感じました。 一方で、 外食となると軽減税率の対象外となるようですね。 これでは、外食産業がより厳しくなる可能性が高まるといえます。 同様に、ケータリング食堂も外食のようなものなので、軽減税率の対象外(消費税増税の対象)と認識しておくといいです。 ただ、 例外として老人ホームにおける飲食では対象外となるようです。 今後加速されていく高齢化への対策といったところでしょうか。 このように、 ・普通の飲食料品では軽減税率の対象となる ・外食などでは軽減税率の対象外(消費税増税の対象)となるものと違うものがある ことを理解しておくといいです。 なお、車や住宅などの大きな金額がかかるものもこのような消費税の軽減の対象外となることから、購入のタイミングは十分に考慮していきまでしょう。 まとめますと、 ・おむつや生理用品などの生活必需品は消費税増税の対象 ・新聞や飲食料品のみが軽減税率の対象 ・飲食料品でも外食やケータリング食堂では軽減税率の対象外 となることを抑えておきましょう。 なお、新聞が軽減税率の対象となるのは海外では一般的なことのようですが、今の若い世代への新聞の普及率の低さなどを考慮すると、少し疑問に思います。 現在では、このような新聞がなぜ軽減税率に入るのに、おもつや生理用品などの生活必需品がなぜ対象外となるのかが理解できずに不満を持っている方がいるようです。 消費税増税は他人事ではないので、きちんと何が対象となるのか学んでいきましょう。

次の

おもつなどの生理用品は軽減税率の対象外!新聞や飲食料品のみが対象|白丸くん

生理用品 軽減税率

性転換したら毎日が生理クマ 私は、性同一性障害です。 男性として生まれましたが、手術をして女性になりました。 性転換してから、戸籍も「女性」に変えています。 術後しばらくは、患部から大量出血。 何十センチの穴を作るわけですからね。 それに加えて、傷口を塞ごうとする粘液も分泌されます。 私の心もパンツも、グチャグチャなわけ。 生理用品は、絶対に必要になります。 術後、患部が安定するまでは。 毎日、生理用ナプキンをする必要があるのですが。 私の場合、それだけでは終わりません。 穴を作るのに、腸の一部を利用した為……。 粘着性のある消化液が、常にダダ漏れ状態になります。 腸を再利用した場合のメリットは色々とあるのですが。 話が生々しくなるので、ここでは割愛。 おかげさまで、患部は常に湿っている状態です。 イメージとしては、腸の中なんで。 ヌメヌメのヌメです。 ですが、ヌメ太郎なので。 間違えました、ヌメ子ちゃんなので。 常に生理用ナプキンは欠かせません。 何度も言いますが、腸の一部を再利用してるんですよ。 絶えず腸液がダダ漏れ状態になると。 悔しいですが、私は死ぬまでヌメ子。 生理用ナプキンを手放せなくなりました。 スポンサーリンク もう限界クマ!私の生理は地獄 「生理って大変だよね~」 よく女性が不満を漏らしますが、それって月に1回ですよね。 私の場合は、毎日。 常にナプキンが欠かせないとか。 それ、もう地獄ですか!って話です。 本家の女性は出血するけど、私は腸液……。 消化液とか、悲しすぎて言葉も出ないわ。 しかも、私の場合は永遠に続きます。 死ぬまで、一生。 腸はずっと活動して、今日も元気に消化液を出し続けます。 もし、生理用ナプキンをつけなかったら。 私の下着は残念な感じになるから。 やっぱり、外せない。 例えばお風呂とかで、患部をキレイに洗ったりすれば。 数時間くらいなら、清潔に保てるよ。 でも、それは一瞬。 腸の活動が停止することはないので。 また時間が経てば、腸液でグチャグチャ。 結局のところ、生理用ナプキンを手放せないのです。 元男性の私に、女性ホルモンは体内で作られず。 ホルモンバランス崩れまくりで、すでに重度の更年期障害なのに。 女性の生理の100万倍くらい、過酷すぎやしないかい!? 性同一性障害を自覚したあの日から。 「女」になろうと決めたあの時から。 いつだって人生ハードモードだったけど、さすがにもう限界クマ。 スポンサーリンク 生理用品に軽減税率はなしクマ 性転換した私にとって、生理用品は絶対に必要! 一般女性に比べて、メチャクチャ大量に使います。 エブリデイの苦しみ、なめんなよ。 消費税が10%になる、我が国ジャパン。 そして、なんと……。 生理用品は、軽減税率の対象外だと発表されました。 オーマイガー。 別に大した金額じゃないけどさ。 月に数百円くらいだけどさ。 新聞は軽減税率の対象に含まれて。 生理用品は、対象外って。 マジですげーな、おいおい。 最大のやらかし政権。 A・BE。 一番の微笑みは、新聞を毎日読むおっさん支持者の笑顔だけだぞ。 別にさ、生活必需品。 それら全てを軽減税率にしなくてもいいけど。 なんで、新聞代はOKやねん。 こんな国じゃ、ドリームを届けられんぜよ。 絶望しか届かないぜよ。 私は、とても悲しい。 そもそも、消費税を上げないで! 10%て、10%て、 マジっすか、シンゾーさん。 心臓がドキドキしちゃうよ。 これからも、ドンドンと税金が上がっていくんだから。 不安で不安で、なんか楽しくなってくるね。 夢はどうクマ!? そにあるクマ!? 今の私にある感情は、絶望だけクマよ。 スポンサーリンク.

次の

生理用品が軽減税率対象外なのはなぜ?海外では?理由をわかりやすく解説!

生理用品 軽減税率

軽減税率がなぜ、議論に上ったか? 軽減税率はなぜ、適用されるのでしょう? どのような目的で、軽減税率は作られたのでしょう? によれば、財務省の回答は以下のようです。 合理的な線引ができるか• 消費税の逆累進性の抑制• 日々の生活での利用頻度 低所得者の負担を軽くする、というのが軽減税率の趣旨のようです。 しかし論理的に考えれば……この趣旨は「おかしい」事に気が付きます。 2015年当初の軽減税率議論が始まったときの、自民党の議論をフォーカスしてみましょう。 軽減税率議論当初の自民党案は「大増税」だった 軽減税率の議論が始まった当初、自民党案は「生鮮食品のみ軽減税率」という主張でした。 加工食品や調味料などは、除外されていたのです。 具体的にはパン、そばや素麺などの麺類、各種調味料ほぼ全て、カップラーメン、お惣菜などは「対象外」だったのです。 この自民党案は、いくつもの問題点があります。 一人暮らしで、毎日自炊をする人は3割しかいない• ワーキングプアほど、自炊頻度は低くなるのでは• 一人暮らしの自炊理由の7割弱が「手早く作って、節約したい」 参照: 私は毎日自炊です。 やはり手軽ということで、どうしても麺類などが多くなります。 自炊派の中でも「お惣菜を買ってきて、ご飯と味噌汁だけ作る」なんて人も多いでしょう。 自民党の当初の軽減税率案は、生活実態や実感を踏まえない「増税したい案」だったといわざるを得ないでしょう。 不思議と軽減税率対象品目に選ばれなかった生理用品 毎日、一番多く使う紙は? といわれれば「トイレットペーパー」でしょう。 印刷業者さんとか以外は。 じつはトイレットペーパーは、軽減税率の対象ではありません。 生理用品全般が、対象外になっています。 参照: 生理用品は何をどう考えても、生活必需品です。 財務省に取材したでは、財務省の回答も存在します。 「生理用品は、合理的な線引が難しい」 とのこと。 思わず「はい?」と言ってしまいました。 そもそも電気やガス、生理用品などは記事によれば「議論すらされなかった」そうです。 したがって「合理的な線引が難しい」との回答は「言い訳」でしょう。 なぜか新聞には軽減税率が適用される不思議 軽減税率は大雑把にいって「食料品 酒類除く と新聞」が対象です。 軽減税率の趣旨は「低所得者の逆進性抑制のため」だったはずです。 であれば「生活するために必要なモノすべて」が議論されていないとおかしいでしょう。 では書籍が軽減税率の対象外なのは、なぜでしょう? 有害図書の問題があり、線引ができないからだそうです。 有害図書とは「性や暴力の表現で、青少年の人格形成に有害であると判断された本」だとか。 私にはスポーツ新聞のアダルト面も、該当するのでは? なんて思ってしまいますが、スポーツ新聞も当然ながら「軽減税率対象」です。 なぜこうまで、軽減税率の理屈は矛盾を抱えるか 政府や与党としては「増税ありき」です。 自民党の当初案から察するに、本当は「おまけ程度の軽減税率で、増税したかった」のでしょう。 軽減税率のお題目は「低所得層の負担が大きくならないため」です。 ところが消費税そのものが逆累進性が大きいため、低所得層の負担を本気で軽くすると、税収が下がります。 消費税は、消費懲罰という面もあります。 需要を低下させる働きが存在します。 一般的にマクロ経済を考えれば、需要減はデフレ圧力となり、国民の所得下落を促します。 端的にいえば、消費税とは「低所得へ下落する国民を、生産し続ける税制」です。 では「生産した低所得層へ、配慮をするとどうなるか?」は明確です。 消費税の目的である「安定財源」が「不安定」になるに決まっています。 論理的に考えれば、消費税そのものが「矛盾を孕んだ、欠陥税制である」と解釈するしかありません。 欠陥の上に加速を積み重ねればどうなるか? あまり想像したくない結末が、待ち受けているに違いありません。 でも今どき、新聞協会の言うそんな屁理屈を真に受けている人なんているんでしょうか?売上が下がる一方の新聞の更なる売上減少を食い止める(という無駄なあがきの)ために、財務省の撒いたエサに食いつき、その代償として「消費増税反対の論陣を張らない」という裏取引による動機以外には全く考えられないんですが。。。 しかし、軽減税率の導入は末端の消費者にとっても実質的にはほとんどメリットが感じられません。 せいぜいやらないよりはマシという程度。 というのも、今年の4月~6月にかけて食料品、それも生活必需品ともいえる種類のものが相次いで値上げしましたが、これは軽減税率に備えて、前もって本体価格それ自体を値上げしておこうという魂胆がみえみえです。 あまり想像したくない結末が、待ち受けているに違いありません。 こんな自明の理がわからない、あるいはわからないふりをして、消費増税を強行し、あるいは賛同する勢力(政治家、官僚、経済界、メディア、エコノミストども)と、いまだに財政破綻論を真に受け、消費増税已む無しとして政権与党に投票するような情弱民衆が、日本国家と日本国民を奈落の底に突き落とす元凶です。

次の